右足ふくらはぎ痛でリスタート失敗【じっくり焦らずゆっくりと】

  • 2022.03.20
  • (更新日:2022.03.19)
  • 未分類
右足ふくらはぎ痛でリスタート失敗【じっくり焦らずゆっくりと】

ランニングの途中で右足ふくらはぎが痛みだしたので、途中で止まって公園内の球技場でサッカー観戦。ベルマーレ平塚のジュニアユースだと思われるチームが練習試合をしていました。最近ときどきボールを蹴りたくなります。今ならもっとうまくプレイできるんじゃないかって。

そのベルマーレの練習試合を見ていても、「いやいや、そうじゃないだろう」と感じたり。もっとも頭が進化しても体がついていかないので、まともなプレイはできないとは思いますが。どこかのタイミングで個人フットサルにでも行って、痛い目にあってこようかと。

それよりも気がかりなのはふくらはぎ。数週間前に同じことを左足のふくらはぎでやっています。このときは痛みがあるのにムリして走った結果、1週間近くまともに走れなくなったので、昨日はサクッと切り上げました。15kmジョグの予定が5kmで終了。

これが筋力アップの兆候ならいいのですが、脚が堪えきれなくなっているなら問題。ふくらはぎそのものが痛む理由はわかっています。そういう走り方をしているので、当然の結果ではあるのですが、このタイミングでなるとは思っておらず。

Advertisement

これだけケガが続くと、若くないんだなと実感。プロのアスリートが晩年、ケガが続いて引退を決意するのと同じような状態です。まぁ市民ランナーに引退なんてないわけですが。でもよく考えたら、そこで辞めなかった人の未来って誰も知らない。

キングカズくらいでしょうか。体力の限界を乗り越えて年齢に関係なくプレイしているのは。とても普通じゃないように思えますが、人間の筋力というのはきちんと鍛えていれば低下しません。低下するのは判断力だけ。だからランナーは何歳まででも走れるはず。

少なくとも40代でもう走れないというのはありません。いまケガをしたのだって新しいことに挑戦したからなっただけで、今まで通りの走りをしていれば、きっとケガをすることなく毎日楽しく走れていたはず。まぁ私の場合は現状維持で満足できないタイプなので、結局どこかでケガをしていると思いますが。

そうそう書き忘れていましたが、骨折は完治しています。お医者さんが「もう通院しなくても大丈夫」とお墨付きをいただいたので、きっと大丈夫。これから本格トレーニング再開……となった矢先に右足ふくらはぎを痛めたというお話。

Advertisement

仕方ないんですけどね。すべてが思い通りにいく人生なんて望んでいませんし、困難があるから楽しめるわけです。ただ100%で走れないのはつらいし、体重もどんどん増えていきます。できるだけ早い段階で1日20km走っていた頃の走行距離に戻したい。その焦りが出たのかもしれませんが。

何歳になっても待てないんですよね。急いだってどうにもならないって頭ではわかっているのに。ただ、右足も左足もやったということは、筋肉になんらかの変化が起きている可能性もあります。それがポジティブなほうに向いていればOK。

前回の傾向からすれば、数日休めば元に戻るのでとりあえず今日はノーラン。彩湖リレーマラソンで店番をするので、どちらにしても走りませんが。しっかり休んでリカバリーしてさらに強化する。1〜2年単位でそれを行えば、きっと走力はまだまだアップするはず。

走力が上がれば、もっと違った景色を見に行けます。日本中の美しい景色を自分の目で見ておきたい。すべてを見尽くすことはできなくてもひとつでも多く。そのためにはまだまだ鍛えなくてはいけません。ただしばらくはムリをせず、ゆっくりと鍛えていきます。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円(第1・3水曜日は無料)
申込:こちら

未分類カテゴリの最新記事