しげ のすべての投稿

『ハダシスト 東京と寝た男』を目指して思案中

8b57ea354cbc7d709f31d0006065f98c s

本気で東京進出を考えて、都内を走りながら不動産屋さんの前で物件探しをしていましたが、当然家賃が高いわけです。6万円台で見つけたと思ったら風呂なし。

最低でも7万円からというのが相場で、その金額を見ただけで萎えてしまいます。

もし東京で暮らすのであれば、その期間だけでも機械設計の仕事に戻る必要があります。もちろん派遣でいいんですが、でもそれだったら、ライターの仕事を1年間365日休みなく続けるほうがいいような気もします。

8万円の賃貸物件に暮らすなら月収は24万円必要です。1日8千円の稼ぎですから無理ではありませんが、取材をほとんど断らなくてはいけなくなります。最も都内に住めば移動時間を大幅に減らすことができます。

9a03dc82b3e6d1b962b9e910dfaab918 s

期間限定ですからシェアハウスというのも考えられますが、さすがに42歳でシェアハウスというのはどうかと思います。人生経験という意味ならなくもないのですが、そういうのは若いうちに済ませておくもの。

もっといい方法はないものかと模索中です。例えばシャワーだけなら、都内のランニングステーションの月会員が2000円くらいで入れます。

次に仕事場ですが、コワーキングスペースというものがあります。これに月額2万円くらい。ちょっと真面目に東京で暮らす新しい形が見えてきそうです。

あとはどうやって寝るかだけです。

Caf8ac89110cc9fc884bf27929f67344 s

24時間利用可能なコワーキングスペースで個室プラン…それは人としてあかん気がします。もっとも床さえあればどこでも寝ることができるわけですが。

こうなってくると風呂なしの激安部屋でも問題はないわけです。でもそれだったら、コワーキングスペースなんていらないわけです。だいたいそんなのは面白くもなんともないわけです。

あたり前のことをするなら鶴巻温泉で暮せばいいわけで、みんながバカバカしいと思うようなことをしてこその、ハダシストなわけです。守りに入るくらいなら、大人しく会社員をしておけばよかったんです。

寝床については、これから時間をかけて考えるとしましょう。

1c44384148eacb2b000678afd2f0e032 s

問題はやはり持ち物ですよね。東京で根無し草のように暮らすには、あれもこれも手放さなくてはいけません。まぁ鶴巻温泉のアパートを借りっぱなしにするという方法もありますが。

ただ、普段の生活に必要なものはかなり絞らなくてはいけなくなります。ミニマリストなんてなりたいとは思いませんが、それに準ずるくらいの荷物の量にしないといけません。

でも、ちょっとワクワクしてきます。

少し前に観た映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』を思い出しました。これはドキュメンタリーであり、実際にホームレスをしながら俳優やカメラマンという仕事に就いていたマーク・レイという男のお話です。

8f346cbef176aaa3b6a50778d26007af s

彼はすべての荷物をジムのロッカーに預けています。このアイデアは悪くありません。24時間使えて個人ロッカーもあると理想です。24時間使えるランステはありませんので、それならジムでも構いません。

マンハッタンの屋上のように東京のビルの屋上で眠れるのか。やはりそこは難問ですが、できないと最初から決めつけるのはナンセンスです。東京にだって快適に眠れる方法があるはずです。

それはともかく荷物の話です。こうなってくると本気で物を減らさなくてはいけません。ジムのロッカーに入るくらいの荷物で生活するわけですから。もちろん、コワーキングスペースのロッカーでも構いません。

わたしはあれもこれも持っていますが、人生に必要なものはそう多くないことも知っています。旅ランをしていれば、持っていなければいけないものなんて、本当に限られるのだということが分かります。

00f093a1434ae9f88e284039fb7e3c2c s

生活を便利にするあれもこれも、ただ消費を高めるだけにあります。もっとも誰かが消費しないと経済が回らないので、社会からドロップアウトしていない人たちには頑張って消費してもらわなくてはいけませんが。

東京でミニマムに暮らすなら、わたしは何を持ち、何を手放すべきなのか。

リアルにこの先のことと向き合ったとき、これまで以上に真剣に考えなければいけないという危機感が芽生えました。ここからは妄想ではいけません。本気の取捨選択が求められます。

それをしなければ前に進むことができませんから。現状維持でも生きていくことはできます。でもそれは、生きているだけで自分らしさはそこにはありません。変化し続けるからこそのわたしらしさです。

『ハダシスト 東京と寝た男』映画化できるかな?


ホームレス ニューヨークと寝た男
楽天ブックス:ホームレス ニューヨークと寝た男 [ マーク・レイ ]

東京の坂道を走るということ

P9220027 2

昨日は4回目の東京坂道ランをしてきました。もう涼しいので50キロくらい走れると思っていましたが、東京を舐めてました。

暑さはないんですが、今回走った文京区はとにかく坂道同士が近くにありすぎて、スピードに乗って走り続けることがまったくできず。

初回にかなりの距離走れたのはなんだったのでしょう?

でも、4回もやっているから見えてきたことがあります。東京坂道ランは距離なんてどうでもいいんです。朝から晩まで東京を知りながら走れれば。

P9220089 2

東京って知っているようで全然知らなかったりします。今回は文京区でしたので、次から次へと作家さんの名前が出てきます。

わたしはどんな出会いも必然であり、意味があるんだと信じているタイプの人間です。だから、今回の東京坂道ランで沢山の作家さんに触れたのには意味があるのでしょう。

今回は樋口一葉さんが何度も出てきて、最終的には終焉の地にまで導かれるようにたどり着きました。とても偶然とは言えない出会いです。

24歳でこの世を去った天才。美人薄命というのを象徴するような人です。でも、わたしは樋口一葉さんの文をきちんと読んだことがありません。

P9220180 2

でも、石碑に書かれていた短い文章には心が震えました。才能というのはこうも無慈悲なのかと。美しすぎる文体と言葉選びに叩きのめされた気分です。

42年も生きてるのに24年で生涯を閉じた人の足元にも及ばないという現実。

でもそれは決して不快なものではありません。むしろ心地よさもあります。力の差がはっきりしたのなら開き直ることもできます。

樋口一葉にはなれませんが、そうですね、物書きとして菊坂を拠点にして活動するレベルにはなれる気がします。いや、必ずなれます。

根拠はありませんが。

P9220080 2

菊坂という町も今回の東京坂道ランで初めて知りました。鶴巻温泉を離れて都内で暮らす時には谷根千のどこかと思っていましたが、物書きとしての気の巡りのようなものは、間違いなく菊坂にあります。

スピリチュアルのようなものには興味はありませんが、気の流れというのはわかります。谷根千のほうが気の流れはいいんですが、そちらは幸福感が高すぎます。

物書きというのは劣等感や、満たされない思いがなければ出来ないと思っています。わたしが最近ランニングの技術についてあまり書かないのは、技術に関する欠乏感がないからです。

技術的に方向性がはっきりしたから、後は詰めていくだけ。足りていないのは練習だけですから、あれこれ試行錯誤する必要もなく、記事にする意欲もありません。

P9220125 2

「何か足りない」これが物書きのモチベーションです。谷根千で暮らすときっと満たされてしまいます。菊坂にはどことなく儚さがあり、欠乏感もあります。だから歴代の物書きが集まったのでしょう。

たぶん、そこで暮らすと不幸になります。でも、不幸になることは物書きにとっては恵まれた環境です。普通の感覚だと分からないかと思いますが、少なくともわたしは、不幸から逃げようとは思いません。

あるテレビ番組で乃木坂46のメンバーが、東京の坂道でインタビューをしていました。そこで「あなたの人生はいま上り坂ですか?それとも下り坂ですか?」と聞いていました。

どうも、上り坂はポジティブで下り坂がネガティブな状態という雰囲気だったのですが、ランナーにとっては下り坂はチャンスで、上り坂は苦しいものなので、その質問自体に違和感がありました。

P9220130 2

幸か不幸かは、目の前にあるものをどう受け取るかということでしかありません。見方を変えれば、ネガティブもポジティブになり得ます。もちろんその反対も。

こういう気づきがあるから旅ランはやめられません。決まったコースを走り、制限時間のあるマラソン大会ではこうはいきません。集中力を高めて、足の動きを監視し続けなくてはいけません。

でも、東京坂道ランや街道ランにはそんなものはありません。1日かけて33キロしか走れなくても、まったく問題がないわけです。コースをその場で決めて、寄り道もその場で判断します。

こんな楽しいことがあるでしょうか。1日中ずっと発見の連続です。知識としての発見や、自分の内面の発見。走り終えたときの自分と、スタートしたときの自分はまったくの別人。

P9220047 2

なかなか終わりの見えない東京坂道ランですが、きっとすべての坂を走ってもまた違うルートで楽しめます。必ず新しい気づきがあるわけです。ぜひ他のランナーさんにもやってもらいたいんですが、現段階では敷居が高いかもしれません。

北京への旅情報サイトが完成したら、次は東京坂道ランのサイトを立ち上げようかと思います。こうやって自分の時間を削ってしまうのがわたしの悪いところですが、そこから生まれる何かもあります。

何が生まれるかなんて、いま考えても仕方ありません。自分でやるべきと思ったことをやるだけ。結果は後からついてくると信じて、全力疾走してみます。


ダーリンの東京散歩: 歩く世界
著者:小栗 左多里
楽天ブックス:ダーリンの東京散歩 歩く世界 [ 小栗 左多里 ]

個人事業主になって3年経過!ハダシストはこれからどこに向かうのか

Notebook 1284085 640

すっかり忘れていましたが、2回目の個人事業主になってから3年が経過しました。まずは3年頑張ろうと思っていましたが、あっという間に3年という時間が流れていきました。

会社を辞めたときには何も決めていませんでしたので、とにかく何とかして生き抜くことだけを考えていました。かなりの幸運に恵まれて、こうやって3年後に生きていられたわけですが、大事なのはここからです。

3年経過したところで、鶴巻温泉に留まるか東京に行くかを決めようと思っていました。これに関しては現時点では懐事情もあり動けませんが、やはり都内に行くつもりでいます。

ただし1年から2年限定で。

Shibuya 2328029 640

そのあと平泉に引っ越すというプランに変更するつもりでいます。ただし、引っ越しをするときには審査があり、現在の収入ではとても審査に通過できません。都内も住む場所を絞っているので、今のままでは家賃の支払いも無理です。

でも鶴巻温泉が終の棲家ではないことは3年間暮らして感じています。とても暮らしやすい街ですが、永遠に暮らしたいというわけではありません。

東京に行くというのは人生経験のようなものです。人生の中で1度くらい人が集まる場所で生活してみるというのもありなんじゃないかなと。物書きとしての幅を広げるためにも。

そして平泉。

Kyoto 3014833 640

ここが自分にとって最後の場所なのかは、やはり行ってみなければ分かりません。でも特別な場所であることははっきりしています。来シーズンは盛岡南部を中心にレースに出るつもりなので、その過程で何かが見えてくるでしょう。

プランが変更になったという点においては、もうひとつ大きく方向を変えるものがあります。走るのを教えるという選択肢を手放そうと思います。

これはまだ迷いもありますし、教えて欲しいという人を突き放すつもりもありません。ただ、積極的に教えるというのは3年経過したところで終わりにすることにしました。

ハルカススカイランのためのトレーニングをしながら強く感じたのは、結局自分の強い意志でトレーニングに向き合わないとそこに成長はないと感じたからです。

Sports 1962574 640

走り始めて10年以上経ちますが、この半年が最も成長した期間だと感じています。明確にハルカススカイランだけに絞ったことで、やることがはっきりした結果、体つきも走りそのものも変わっています。

練習している時間はこれまでとそれほど変わりません。でも、取り組む姿勢がまったく違います。

これを他の人に求めることはできませんが、これくらいの気持ちでやらなくてはいけないのだということを知ってしまった以上、定期的な練習会をすることにあまり意味を感じなくなってしまいました。

どうしても裸足でうまく走れるようになりたいから教えて欲しいというのであれば、それを拒否する理由はどこにもありません。強い意志をもってそれを望んでいるのですから、教える意味があります。

Isolate 1209275 640

でも、定期的な練習会は惰性になります。それに参加していればいいという安心感が生まれてしまいます。

そもそもわたしのランニング理論は特殊すぎて、体の使い方から教えなくてはいけません。その体の使い方も必要な筋肉をつけることから始めなくてはいけませんので、いくら理屈を教えても意味がありません。

短時間でコツだけを教えても意味がなく、やるならもっと本質的なところを伝えなくてはいけないと感じています。さすがにそこまでの熱量で学びたい人もいないでしょうから、教えるのはここでおしまいです。

頼まれもしないのに、おせっかいでアドバイスするのもやめようかなと。できれば本質的なところをブログで伝えていければと考えています。

Prayer 2544994 640

教えるのをやめようと思ったのは、わたし自身がいまクローズな状態にあるように感じているのもあります。自分がオープンになったりクローズになったりというのは周期的にやってきます。

他の人がどうなのかは知りません。わたしは何年かごとに開いたり閉じたりするのですが、会社を辞めて3年経過して自分がだいぶ閉じている状態にあるのを感じています。

こういうときは、自分が笑顔にしたい人たちとの時間を大切にするほうがいいことを、42年の人生で学びました。そして、自分が笑顔にしたい相手というのはそう多くはありません。

オープンなときにはどんどん人の輪を広げていけばいいのですが、少なくとも今はそういう周期ではありません。

Asahi 2359516 640

これからは自分と向き合う時間が長くなるような気がします。でもそれは自分がこれからの人生を生き抜くために必要な時間です。周りから見えないところで必死になってもがく時間。

そこから抜け出せたとき、今まで以上のモチベーションをもって活動ができるんじゃないかと思います。休養期間というのとはちょっと違うかもしれませんが、キモチの充電期間とでも表現しておきましょう。

いずれにしても3年が経過したわけです。

多少のプラン変更はあっても、このまま走り続けても大丈夫だという自信は持てました。あとはどこで飛び跳ねるかというだけのこと。勝負の時を逃さず常にいい準備をする4年目にしようと思います。


【マンガ】フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」
著者:高田ゲンキ
楽天ブックス:フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」 [ 高田ゲンキ ]

他人の意見を受け流し自分の信じた道をまっすぐに進む

Summerfield 336672 640

他の大会を批判してばかりで、万里の長城マラソンはもっとひどいじゃないかという指摘のメッセージをいただきました。言われていることはごもっともです。

もっとも、そんな批判ばかりはしてないつもりですが、そう思う人もいるということなのでしょう。

ただ、わたしの書いたことに対して、わざわざ時間をかけてメッセージを送るというのは、内容はともかくとして文章が人を動かすというのは本当にあるんだなと変なところで感心してしまいました。

わたしが書いた文章によって、怒ったり喜んだりする人がいるわけです。

Work 2005640 640

個人的には自分に影響力なんてものはないと思っています。このブログでも、自分で考えて行動することが大事といい続けています。そこにはもちろん、わたしの考えに影響なんて受けないで欲しいという思いも込めています。

もっとも、わたしが「自分で考えて」と言って、「そうか自分で考えよう」となるのはすでに自分で考えれてないので、ロジック的にはおかしなことになってしまいますが。

それはともかく、わたしは誰かの人生に影響したいとも思いませんし、誰かに影響されたくもありません(もちろんそれが成立しないことは理解していますが)。

本を読むのがとても好きなのですが、ライターという働き方をするようになってからは、好きな作家さんが書く小説ばかり読むというのを止めました。わたしは影響を受けやすいタイプですので、読んだものの影響をすぐ受けるからです。

Adult 1835799 640

そうなると、自分の言葉で文章を書いているのか、借りてきた誰かの文章で書いているのかが分からなくなるためです。

特にエッセイはほとんど読まなくなりました。読むとブログの書き方がほぼそのエッセイ寄りになってしまいます。好きな作家さんほど影響を受けやすいので、できるだけ読まないことを心がけています。

わたしの影響を受けてもらいたくないと言っているのは、わたしが発する言葉はわたしだけのもので、そこで思考停止するのではなく、そこから自分の言葉としてきちんと消化してもらいたいからです。

このブログなどで読んだことは考えるきっかけに過ぎず、そういう考え方もあるくらいのものでしかありません。だってわたしの頭の中という狭い世界の思考でしかないのですから。

African american 3650966 640

でも、やっぱり多少なりとも影響力はあるのでしょう。芸能人やユーチューバーのような立場の人からすれば、吹けば飛ぶような存在でしかありませんが、それでも1日1000〜2000PVあるブログですから小さくはありません。

そこに書かれている言葉が、まったく何の影響も与えないなんてことはないのでしょう。

だから発言には責任を持てとアドバイスしてくれる人もいますが、八方美人で書かれた文章なんて誰も読みたいとは思いません。ある程度の熱量のない文章は落書きと変わりません。

多くの人が忘れているようですが、この国では表現の自由が認められています。

Protest 1300866 640

だからといって何でも書いていいわけではありませんが、SNSが広まったことで表現の自由に大きく制限がかけられているような気がします。

どんな人でも発言には気をつけないといけなくなり、あらゆる方面に気を使って文章を書かないと、常にクレームをうけることになるわけです。

そうなると、ほとんどの人は表現することをやめるわけです。Facebookにみんなが書き込みをしなくなった理由のひとつがそこにあります。自分で表現したことに「それはおかしいんじゃないか」と書き込む人がいます。

そこから議論が発展するならいいのですが、ほとんどのケースで自分の正義を一方的に押し付けるだけです。そういう書き込みをした人が「自分が間違っていた」と言葉を取り下げるのをわたしは見たことがありません。

Stray cat 939367 640

わたしは曲がりなりにも表現者であると考えているので、何を言われようがあまり気にしませんが、普通の人がこれをやられるとひとたまりもありません。同意が欲しくて書き込みをしているのに、否定されるわけですから。

結局、みんなあれこれ気にしすぎなんじゃないかと、わたしは思います。

批判される側も批判する側も。自分に自信がないから自分に同調してくれないものに不満を感じるわけです。自分が正しいと思った道を進んでいるのであれば、誰に何を言われても揺らぐことはないはずです。

他人の意見を参考にするのはいいことだと思いますが、他人の意見を受け流すことも重要です。わたしたちは誰か知らない人の人生を歩んでいるのではなく、自分の人生を歩んでいるのですから。


「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント (光文社知恵の森文庫)
著者:水島 広子
楽天ブックス:「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント [ 水島広子 ]

ベルリンマラソンでの世界最高記録はレースに駆け引きが必要ないことを教えてくれる

Marathon 1649905 640

マラソンの世界最高記録が更新されました。ナイキのシューズでは世界最高記録は超えないかなと思っていたのですが、世の中の予想通りに達成しましたね。

わたしは、あのシューズで超えないと思っていたのは、完全に理にかなったシューズだからで、完璧すぎて条件が整わないと最高のパフォーマンスを出せないと考えていたからです。

でも結果はこれまでの記録を1分以上も縮めて2時間1分39秒。

もちろん、シューズも素晴らしいのでしょうが、やっぱりキプチョゲがずば抜けているのでしょう。同じシューズを履いているランナーもいて、残り17kmが独走だったわけですから。

Marathon 2366475 640

それに関しては、キプチョゲもレース後のインタビューで「速く走るのはシューズでなくランナーです」と答えています。もちろん、わたしもそう思います。

そろそろキプチョゲもシューズのことばかり取り上げられるのに、嫌気がさしてくるころかもしれません。自分の努力によって勝ち取った世界最高記録なのに、まるでシューズのおかげのような評価をされる。

シューズのレビュー記事を書いているわたしも、その責任が少しはあるのかもしれませんが、わたしのスタンスとしては履きこなすためのトレーニングが必要ということで一貫しています。

ナイキのヴェイパーフライ4%はとても癖のあるランニングシューズです。決められたように足を動かし続けなくては、シューズのポテンシャル、ランナーのポテンシャルを100%引き出すことができません。

Sports 210661 640

このため、これからのマラソンレースは駆け引きがなくなると書いてきましたが、まさに今回のレースがそれにあたります。キプチョゲは駆け引きを一切せずに、自分の決めたペースで最初から最後まで走り抜きました。

駆け引きをしてスピードの上げ下げをしていたのでは、最後まで走り切るのが難しいのがヴェイパーフライ4%です。そういう面では、マラソンでの勝負や駆け引きというのはしばらくは見れないでしょう。

おそらく、オリンピックや世界選手権のような暑い時期にメダルをかけて戦う場のみ、それぞれの存在を意識しながらレースが行われていくことでしょう。

面白いとか面白くないとかそういう世界ではありません。2時間の壁の向こう側に行くには、競い合っている場合ではありません。そういう意味では日本のマラソン界は世界から2周遅れくらいのところにいるのでしょう。

London marathon 2294023 640

大迫選手のように海外でトレーニングを積んでいる選手は別として、国内の実業団で駅伝をしながらマラソンもしているというような選手は、どうしてもレースに駆け引きを持ち込もうとします。

そうやってこれまでやってきたわけですから、いまさら「最初から最後まで自分のペースで走れ」と言われても、できるわけがありません。

でもマラソンに限らず、長距離レースというのはそういうものであるはずです。1kmを3分で走ればフルマラソンは2時間6分ちょっとで完走できます。でもレースの中で周りを引き離すためにペースを上げたり、体力を温存するためにペースを落としたりするわけです。

勝つためにそのような駆け引きをするわけですが、世界ではそんなことお構いなしにレース展開が進められるわけです。誰かの後ろに入って風よけに使うというようなことはしません。少なくともベルリンのような高速レースでは。

Marathon 498500 640

前半を61分で走ると決めれば周りがどうであれ61分で走るわけです。その過程で引っ張ってくれるランナーがいれば利用するわけですが、そのランナーが速すぎるならついていかないのも今どきのレース展開ではよくあります。

川内優輝選手などはその典型で、勝ちにこだわっても自分にとってオーバーペースになるなら先頭集団にはついていきません。無理のないペースで力を蓄えて最後に爆発させます。

でもマラソンをテレビなどで見ていると、いまだに「ここは気合でついていかなければいけません」なんてことを平気で言います。

気合でついていったら、そこでガス欠になっておしまいです。日本のマラソン会では根性でなんとかなると思っているところがあります。もちろん根性が不要なんてことは言いませんが、少なくともレースにおいて根性でついていかなければ行けない状態でついていくことは試合放棄と同じことです。

Marathon 3436329 640

自分のその日のコンディションを考えて、走りながら微調整をして自分のペースを導き出す。そして、周りに惑わされずに自分のペースを貫いてゴールを目指すのが現在のマラソンにおけるトレンドです。

そこに、根性なんて要素はどこにもありません。

レースにおける痛みは根性で耐えるのではなく、「集中して忘れる」のが世界で勝てるランナーの思考です。でも日本人は「痛みに耐えてよくがんばった」が大好きですから、根性論でなんとかしようとするわけです。

あのときの貴乃花だって、痛みに耐えたわけではなく集中して痛みを忘れていたのだと思うのですが、耐え忍ぶほうが日本人には喜ばれますので、その言葉だけがひとり歩きしています。

でも、マラソン界はそろそろ世界のトレンドを意識しないと大変なことになってしまいます。

いや、すでに手遅れなのかもしれません。マラソンの日本最高記録は2時間6分11秒。4分32秒の差を埋められる天才が誕生するを、わたしたちはただ待つしかありません。


それからの僕にはマラソンがあった (単行本)
著者:松浦 弥太郎
楽天ブックス:それからの僕にはマラソンがあった (単行本) [ 松浦 弥太郎 ]

丹後ウルトラマラソンは「国際親善」の看板を下ろしてはどうだろう?

P9160107 3

先日開催れた丹後ウルトラマラソン。正式名称は「国際親善大会第18回2018歴史街道丹後100kmウルトラマラソン」です。名前にあるように国際親善大会で、台湾の南横超級(ナンハンウルトラ)マラソンと提携しています。

わたしは100kmのウルトラマラソンを走るつもりはないので、今回は台湾からやってきたランナーをサポートする役割をしていたのですが、正直なところ「これで国際親善はない」というのが感想です。

レースそのものはゴール周辺しか見れていませんので、それに対してどうこう言うつもりはありません。いや、先にひとつだけ言っておきます。

この大会は基本的に信号を守って走ります。これはそう決まっているのだから、参加しているランナーに不満はないはずです。嫌なら別の大会に参加すればいいだけですから。

P9160111 2

でも、歩道のない車道を走るランナーを見ていて危なっかしいなとは感じました。18回の歴史があって、これまでに事故もなかったのかもしれませんが、ゴール手前の直線は細い道を車が交互に通過します。

そこをフラフラしたランナーも走ります。応援をしようにも車が通過するので、どうも気が削がれてしまいます。あのゴール手前の直線だけでも交通規制ができないものかと思うのですが、まぁこれはどうにもならないでしょう。

こういう部分に関しては、運営でもあるランナーズウェルネスが批判されがちですが、交通規制できるかどうかは地元の自治体と警察の関係で決まってしまいます。自治体がNGと決めると、交通規制なしでコース設定をしなくてはいけません。

そして、京丹後市はそれでいいと考えているわけですから、参加する人はできるだけ余力を残して、安全重視で走ってもらうしかありません。そういう意味ではコースもタフですので、かなりハイレベルで挑戦しがいのある大会ではあります。

P9150009 3

それはともかく、国際親善のお話です。

今回は台湾から30人近いランナーが参加しました。他の国からも参加しているかと思いますが、南横ウルトラマラソンを代表して参加した選手は、壇上で紹介されただけで一言も話をさせてもらえませんでした。

直前まで通訳も付けて話をする予定だったにも関わらず、理由も告げられず急に本部の判断でNGとなってしまいました。

決して時間がなかったわけではありません。南横ウルトラマラソンがどんな大会なのかPRする時間もなく、お互いの国の友好関係などについても語ることができません。

そして、大会関係者と話をする時間もありません。

P9150007 4

今回、30人の台湾人を迎え入れたのは丹後ウルトラマラソンの事務局ではなく、この大会と南横ウルトラマラソンが提携することになるきっかけとなった、わたしの友人でもある出口光くん個人でした。

彼が働きかけて、全員分のホテルを手配し、バスのチャーターや観光プランなどなど、すべて個人で行っています。

本来なら大会側が歓迎イベントを開催するのが「国際親善」の形であるはずが、1〜2分くらいの簡単な紹介で終わりという投げやりな対応では、とても友好関係を継続することはできません。

台湾を始め多くの外国人が、先日の台風で関空へのフライトの多くがストップした中、いろいろと苦労して来日してくれたわけです。それに対して「よく来てくれた」という一言すらないわけです。

P9160067 3

ちなみに今年の南横ウルトラマラソンでは、招待された日本人ランナーはVIPかと思うようなもてなしを受け、開会式で挨拶をしただけでなく、前夜には歓迎会を開いてもらっています(なぜかわたしも挨拶をすることになったわけですが)。

まさに熱烈歓迎を絵にしたような歓迎を受けたのに対して、丹後ウルトラマラソンは、ほぼ1人の参加者というような扱いをしているわけです。国際親善なら市長や大会ディレクターが出迎えて、始めて対等な関係になります。

ただ、そこまでしたくないというのが本音なのでしょう。

だったら、掲げた看板を下げればいいのにと思うわけです。別に好きで掲げているわけではないのでしょう。歓迎する気持ちがないのであれば、さっさと国際親善の看板を下げてしまえばこんな風に書かれることもありません。

P9160054 3

現場のスタッフはとても一生懸命動いていますし、リピートするランナーも多い大会です。とても魅力的な大会ではあるものの、この点に関してだけはもったいないなと、わたしは感じています。

国際親善でやるのであれば、もっと全力で取り組んでもらいたいところですし、ただ壇上で紹介する程度しかしたくないのであれば、友好提携を取りやめたほうが恥をかかずに済みます。

交通規制の問題と違って、少なくとも現状維持でいい問題ではありません。台湾の大会と友好提携をしておきながら台湾の旗ひとつなかった会場。

丹後ウルトラマラソンにとって国際親善っていったい何なんでしょう?


国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)
著者:ヤマザキ マリ
楽天ブックス:国境のない生き方 私をつくった本と旅 (小学館新書) [ ヤマザキマリ ]

新しいiPhoneの価格設定から見えてくる日本の未来

Smartphone 1894723 640 

新しいiPhoneが発表されて、その値段を見て愕然としました。そのほとんどが10万円以上という値段設定。高いものですとうちのアパートに8ヶ月も住むことができます。

もはやスマホはなくてはならないアイテムのひとつで、わたしの場合はMacを使っているのもあってAndroidよりもiPhoneのほうが使いやすいのですが、これではとても新しいモデルを買うことはできません。

ただ2世代前のiPhone7は定価を下げて販売を継続していて、こちらなら5万円台で購入できます。中古の価格も今回の発表でかなり下がりました。iPhone SEもお手頃価格です。

身の丈を知って、それに合った商品を選べということなのでしょう。わたしの場合は、非課税所得帯ですので最新のものを使うのは身の丈に合っていないということです。

Antique 2846276 640

わたしは写真を撮るのが好きなので、スマホのカメラにはちょっとこだわりたい派です。そうなるとやっぱり新しいモデルは魅力的です。でも新しいiPhoneの値段で、手を出せなかった高級レンズが買えてしまいます。

物の値段、物の価値というのは妥当性判断するのが難しいところですが、あれもこれも買えるわけではない身になって、物の値段というのをよく考えるようになりました。

それは本当に適正な価格なのか?誰にとって適正な価格なのかを考えるようになりました。

世の中はだいたい平均値の半額でなんでも買えますし、サービスも受けられます。例えばわたしの住むアパートの家賃は共益費込みで2万円です。新宿から乗り換えなしで1時間。

Airport 731196 640

台湾に行く飛行機は安く買えれば、空港利用料込みで1万5千円以内。LCCは飛行機の値段を大きく変えました。北京にはLCCが飛んでいないので、そのときだけANAなどを使いますが、両者に価格ほどの差は感じません。

外食だって、蕎麦や牛丼ならワンコインです。生ビールだって立ち飲み屋ですとかなり安く提供してもらえます。居酒屋だって格安でアルコールを提供してくれるお店が増えてきました。

ガジェット類も中国メーカーのものなら半額以下で、それなりのものが揃います。もちろんスマホも格安で手に入れることができます。

ブランドを重視する人ですと、このような格安のサービスとは縁がないのでしょうが、名よりも実を取るなら、どんなサービスも半額で済み、収入だって半分でいいわけです。

Food 1081707 640

東京で生きようとするから、辛い仕事をストレス溜めながら続けなくてはいけません。場所を選べば仕事量を大幅に減らすことができます。

ただ、こういう状態が日本の成長を停滞させているんだなとは思います。2010年からアメリカはほぼ毎年2%のインフレが起きています。2%のインフレは8年間で17%も物価を上げます。

それだけ給料も上がっているわけで、そこで暮らす人たちはそれほど不便を感じません。ところが、インフレも成長もない日本からすれば、同じ物の値段が17%も上がっているわけです。

iPhoneが高いというのは、実際に値上がりしているのもありますが、このようなインフレ率の違いもあります。

Coins 948603 640

今回は多くの人がiPhoneの値段を高いと感じていますが、日本はもう何十年も物価がほとんど変わっていません。10万円の価値が1990年代くらいからまったく変わっていません。

もし20年の間に毎年2%のインフレが起きていたら、現在の15万円が20年前の10万円と同じ価値ということになります。

日本国内だけで経済も物流もクローズしているなら問題はありませんが、日本は世界の中にあります。周りはどんどん成長していくのに、完全に取り残されていく未来。

20年後にまだスマホというものがあるなら、おそらく中華スマホですらわたしたちにとっては高級品に感じるのかもしれません。グローバルな資本主義経済で成長を止めるというのはそういうことです。

Shibuya crossing 923000 640

もっとも日本がどうなろうと、わたしの知ったことではありませんが。日本経済を、日本という国を憂いでいる余裕なんてわたしにはありません。余裕があっても考えませんが。

日本がこれからどんどん貧しくなっていく。そういう時代に個としてどう生きていくのか。わたしの興味はそこにしかありません。


日本の没落 (幻冬舎新書)
著者:中野 剛志
楽天ブックス:日本の没落 (幻冬舎新書) [ 中野剛志 ]

台北マラソン2018当選〜フルマラソンを走れるということ〜

PC170321

台北マラソン当選しました。2年ぶり3回目。フルマラソンは2回目です。ラン仲間のガイドをするのも兼ねてたので、当たらないほうが良かったのですが、日頃の行いがよっぽど悪かったのでしょう。

台北マラソンはもちろん裸足の河童です。頑張って走るわけではありませんので、時間いっぱい使っての小旅行……といいたいところですが、いま身体をかなり絞っているので黙っててもスピードが出るんでしょうね。

できるだけたくさんの台湾人とコミュニケーションを取りながら走りたいので、ちょっと作戦を考えなくてはいけません。万里の長城マラソン宣伝用のウェアもそろそろ新調しなきゃなので、中国語でメッセージを入れてみようかと。

「恋人募集中」って中国語でどう書けばいいんでしょう。

PC170260

あと「美味しい小籠包のお店を教えて」というのも必要ですね。この妄想タイムがマラソンにおいて一番楽しい時間だったりします。根が真面目なので走り出したら、フォームチェックとかそういうことばかり考えちゃいますし。

はっきり言って、台北マラソンのコースは退屈です。河川敷のコースも台湾ビールのエイドがあるから頑張れますが、あれがないとなるとただのガマン大会。

割り切ってハーフマラソンにエントリーすればよかったのですが、やはり少しでも長い時間を台湾のランナーと共有したいと思うと、フルマラソンを選ぶしかありません。

こういうとき、当たり前にフルマラソンを完走できるのはいいなと思います。これが完走できるかどうか分からないのであれば、スタート前に緊張しますし、あれこれ余計なことを考えなくてはいけません。

PC170301

どうあがいてもレース中にトラブルに合わない限り完走できる走力があるから、考えなきゃいけないのは朝ちゃんと起きて、ゼッケンとチップを身に着けてスタートラインに並ぶだけ。

フルマラソンを完走するのは誰でもできることですが、フルマラソンを余裕で完走するというのは、きちんと鍛えていないとできません。やっぱり42キロという距離は「普通」ではありません。

マラソン慣れしてしまうと初心を忘れてしまいがちです。初めて10kmのレースに出たとき、一緒にスタートしたハーフマラソンの部の人たちを超人だと思いました。

そうなるとフルマラソンは怪物か魔物。10kmの苦しさを知ったことで、フルマラソンは恐怖でしかありませんでした。その恐怖で頭がおかしくなり、フルマラソン前に24時間マラソンにエントリーしたのは11年前。

PC170368

そこからよくもまあここまでたどり着いたものです。

フルマラソンを走れるからこそ、国内だけでなく中国や台湾に友だちができました。フルマラソンを走れるからこそ、自由な生き方を手に入れることができました。

42キロを走れるようになるだけで、大げさではなく本当に人生が変わったわけです。

サッカーやフットサルだともっと狭いコミュニティ内での出会いで終わったのでしょう。もちろんその世界でも世界にはつながっていますが、マラソンほど可能性は広くありません。

PC170392

なぜか分かりませんが、マラソンの場合は個々の能力はそれほど重要ではありません。フルマラソンを2時間台で走る人も、6時間でゴールする人も基本的には平等にリスペクトしてもらえます。

それくらい走力が違う2人が仲良くなることも珍しくありません。

でもサッカーのような集団スポーツで、実力に差がありすぎる2人がつながることはほとんどありません。そもそも接点がありませんので、同じフィールドに立つこともありません。

マラソンの場合は、オリンピアンでも初マラソンの人でも同じコースに立ちます。同じ景色を共有することもできます。2時間台でも5時間台でもそれぞれに苦しみがあり、お互いを称えることができます。

そういう意味で素晴らしいスポーツだなと思います。

PC170419

それを強く感じられるのが台北マラソンです。言葉は通じなくても共走できますし、ずっと笑顔で走ることができます。国際交流なんて難しいことを考えたりはしませんが、走り終えるとまた台湾人が好きになります。

さて、今回の旅ではどんな出会いが待っているのでしょう?翌週の花蓮太平洋縦谷マラソンと合わせて、全力で楽しんでこようと思います。


大人の台湾案内 – 現地在住人オススメのルート通りに行くだけ! いちばんかんたん&たのしい
著者:台湾在住スタッフ編
楽天ブックス:いちばんかんたん&たのしい大人の台湾案内 現地在住人オススメのルート通りに行くだけ! [ 台湾在住スタッフ ]

台北マラソン抽選前夜にセブンイレブンの小籠包を買ってみた

P9120001 2

台北マラソンの抽選結果が出る日の前夜。ゲン担ぎではないですが、セブンイレブンの小籠包を買ってきました。台湾への愛を伝えるつもりで。

このセブンイレブンの小籠包はロケットニュースでも取り上げられ、かなり注目された商品です。

あふれ出す肉のジュース! セブンイレブンの「冷凍小龍包」が神うめぇぇええ!! 中華街が震撼して地割れを起こしかねないレベルッ!!

セブンイレブンの冷凍食品は、電子レンジが必要だと思っていて、電子レンジを持っていないわたしは敬遠していたのですが、蒸し器でも温められることがわかり、最近はときどき使っています。

で、小籠包です。これは電子レンジがいりません。いや電子レンジが使えません。冷凍食品なのにフライパンを使って温めます。冷凍食品の餃子のように、フライパンに並べて水と一緒に温めるだけ。

便利な世の中になったものです。

P9120014 2

4個入り(100g):185円(税抜)

栄養成分(100gあたり)
カロリー:239kcal
たんぱく質:8.2g
脂質:15.5g
炭水化物:16.4g
ナトリウム:469mg

原材料
豚肉、小麦粉、豚脂、玉ねぎ、長ねぎ、ゼラチン加工品、植物油脂、調製ラード、砂糖、オイスターソース、しょう油、老酒、食塩、ゼラチン、がらスープの素、大豆粉、ふかひれ、香辛料、イースト、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、増粘剤(アルギン酸)、ゲル化剤(アルギン酸Na)、乳化剤、着色料(カラメル、クチナシ)、(原材料の一部にごま、鶏肉を含む)

なんと、ふかひれが入っているじゃないですか。冷凍食品って添加物がいっぱいというイメージがありましたが、増粘剤のアルギン酸もゲル化剤のアルギン酸Naもたぶん危険性はほとんどないかと。

乳化剤に何を使っているかとか、そもそも豚肉の安全性とか言い出すときりがありませんが、冷凍食品の小籠包にあれこれ望むのは無粋というもの。

毎日食べるものでもありませんし、これくらいなら許容範囲。でも、食べ物関係の記事も依頼を受けて書いているのもあって、原材料の欄はどうしても気になります。

P9120003 2

栄養成分でいえば炭水化物がやや高めですが、スタンダードな糖質制限なら基本的には問題ありません。それよりも脂質がやや高め。ダイエット中の人は要注意です。

まぁダイエットしている人が、小籠包を食べるとは思えませんが。痩せたいなら葉っぱ食べてればいいんです(暴論)。

我が家には電子レンジはありませんが、フライパンはもちろんあります。テフロン加工が剥げて買い替えるのが嫌だから鉄のフライパン。別に鉄分を取ろうなんてことまでは考えていません。

裸足ランナーには鉄分が必要ですから、結果的には相性が良いわけですが。

P9120004 2

でも蒸すだけなら別にフライパンでなくてもいいような気がします。セブンイレブン的には、フライパンはどこの家庭にもあるものということなのでしょう。とりあえず1回目なので指示に従ってフライパン。

紙ごとそのままフライパンに並べて、水を入れたら8分蒸して完成です。これなら誰でも作れますね。問題は作り方じゃないんですよ。気になるのはおいしいかどうか。

というわけで、いざ実食!

 

 

 

これじゃない…

 

 

 

なんでしょうこれは?確かに小籠包っぽい何かです。ほぼほぼ小籠包ですが、小籠包として認めたくない。美味しいと美味しくないが共存している不思議な食べ物。

まず、不自然に味が濃すぎます。がらスープの素が多すぎる?

P9120012 2

ロケットニュースにあった「衝撃的なウマさ」ってなんだ?「中華街が震撼して地割れを起こしかねないレベル」って、中華街はどれだけ地盤が緩いんでしょう。

まぁ味覚は人それぞれですので、その記事を書いた人の口には合ってたのでしょう。あとライターとしては、そういう刺激的で大げさな表現できる方が受けるんでしょうが、わたしはそういうの書けません。

セブンイレブンなどのコンビニの食べ物って基本的にはっきりした味にする傾向にあるので、コンビニ弁当とかが好きな人には向いているかもしれませんが、わたしみたいにキャベツと豆腐ばっかり食べてる人間には合わないのかもしれません。

食べられないほど美味しくないわけではなく、わたしの望んでいる小籠包と違うというだけのこと。

これはもう、台北マラソンに当選して、本場の小籠包をお腹いっぱい食べてくるしかなさそうです。まぁ外れても行くから食べられるんですが。いや、外れたほうが参加費分浮くのでたくさん食べられ……

さてさて、結果はどうなるのでしょう?明日のブログで報告しますので、お楽しみにしていてください。


週末台北のち台湾一周、ときどき小籠包 (幻冬舎文庫)
著者:吉田 友和
楽天ブックス:週末台北のち台湾一周、ときどき小篭包 (幻冬舎文庫) [ 吉田友和 ]

裸足ランナーはランニングシューズと共存はできないのか

Child 2608656 640

わたしは、ほぼ毎日裸足で走っています。基本的にシューズを履くのはレースのときくらいでしょうか。トレイルも里山なので裸足ですし、近所の公園は裸足で走りやすい路面です。

インターバルもタイムトライアルも全部裸足。

先日大山の下社まで走ったときはFLOPEEZEを履きましたが、おそらくあと数回走ると脱ぐような気がします。家の近所と危険なところくらいは履きますが。

でも、ランニングシューズが大好きです。今月末のクリールのシューズトライアルも楽しみにしています。10足以上のランニングシューズがあり、どれも気に入っています。

Feet 1840619 640

おそらく裸足ランナーの中では、かなりの異端児だと思います。

先日、ワラーチを履いたことがないと言って驚かれました。実際に履いたことありませんし、正直なところワラーチで走りたいと思ったことがありません。ワラーチを履くならシューズでいいかなと。

わたしの中で、シューズはすべて道具です。サンダルにしてもFLOPEEZEにしてもアディダスのブーストシューズにしても、乗り物のようなものだと考えています。自転車に近い感覚かもしれません。

練習を裸足でするのは、そのほうが足に負荷がかかるからです。ランニングシューズを履いて練習を続けると、足があっという間に細くなります。筋力が低下してしまって美しくない足になってしまいます。

Beach 1402575 640

練習は鍛錬ですからより効果が出る方法でやりたいですし、きちんと自分の足で地面を押すことで、筋肉の動きをしっかりと把握できます。シューズですとその感覚が曖昧になってしまいます。

ちなみにわたしは裸足ランナーがよく使う言葉にアーシングというものがあります。でもわたしは感覚が鈍いのかアーシングがなんなのかも分かりませんし、それを狙って裸足になることはありません。

素の自分が出るから微調整もしやすいですし、おかしいと感じたときの調製も直感的にできるから裸足で走っているだけです。

じゃあランニングシューズなんて履かなければいいじゃないかと思うかもしれませんが、真夏や真冬の路面を裸足で走るなんてわたしにはできませんし、何百キロにもなる旅ランを裸足で走るのは無理です。

Person 731280 640

そして何よりもシューズは楽しい。シューズの設計者の意図を読み解いたり、設計者の思惑を超えたところの特徴を引き出したりするのが楽しくて仕方ありません。

でも、裸足ランナーの多くは、メーカーのランニングシューズを嫌います。そしてシューズメーカーを嫌います。

まず半数以上の裸足ランナーはランニングシューズを履いてケガをしています。そしてたどり着いたのが裸足ランニングの世界なわけです。シューズだと走れないけど裸足なら走れるから裸足ランニングにハマっていきます。

裸足ランニングは「シューズを履くからケガをする」という考え方をベースに広まったため、その流れで始めた人は「ランニングシューズ=悪」みたいな思考になっています。

Barefoot 87879 640

その結果、多くの裸足ランナーは、シューズメーカーをこれでもかというくらい叩きます。わたしはそれを見て、なんで共存できないのだろうかと不思議に感じています。

シューズメーカーが裸足ランナーを迫害しようとしているみたいな話もあります。実際に裸足ランナーに対する嫌がらせに近いような圧力がかかったこともあったようです。

それが真実ならメーカーと仲良くなんてできないとは思いますが、双方の話を聞いたわけではありませんので、わたしにしてみればどうでもいい話です。人づての話くらい役に立たないものはありません。

でも、裸足ランニングの世界で影響力のある人たちがそういうことを言いますから、裸足ランナー対シューズメーカーみたいな構図が自然とできあがっています。

Jogging 2343558 640

それとは別にシューズがケガを招くと言っている人たちもいます。

断言しますが、シューズを履いてケガをするのは、ただのオーバーワークか自分に合わないランニングシューズを履いているからです。

シューズを履くと、ちょっと無理して距離を伸ばすこともスピードを出すこともできます。でも裸足は痛くなったらそこで終わりですから、オーバーワークにはなりにくいわけです。

「裸足になったらケガをしなくなった」と言う人もいますが、ただ過負荷がなくなっただけのことです。

Feet 2330487 640

また、ランニングシューズにはスイートスポットとなる着地点があります。ランニングシューズはほぼすべて解析を行って開発をしていますが、そのときにどこで着地をするシューズなのかコンセプトの段階で決まります。

ナイキのヴェイパーフライ4%は前足部での着地で、同じナイキでもペガサスターボやペガサス35はやや踵よりの部分にスイートスポットがあります。その部分からの着地を前提に作られていますので、違う場所で接地すると膝がブレることもあります。

これに関しては、メーカーがきちんと説明をしないことに問題があります。ただ設計部門は分かっていても、販売部門やマーケティング部門は分かっていないということが多々あります。

Jump 1461111 640

しかも海外で開発したランニングシューズを日本で売るとなると、どのようなシューズなのか、その素性もよくわからないまま売りに出されることもあります(それでいいとは思っていません)。

明らかに踵側に接地ポイントがあるのに、そのメーカー所属のインストラクターが「前足部から着地してください」なんてことを平気で言います。

シューズのスイートスポットという概念がなく、最近のランニングトレンドがフォアフットで、フォアフット着地で教えているから、シューズに関係なく「前足部から」と教えるのでしょうが、これがケガを招く原因でもあります。

Toes 701179 640

重要なのは「ランニングシューズがケガをしやすい」というだけでも、これだけ話が複雑化していますが、はっきりしているのは「設計通りに走れば、ケガをする理由はオーバーワーク以外に考えられない」ということです。

設計意図と違う走りをするから、想定外に膝や足首がブレてしまうのですから、ランナーはシューズに合わせた走りをするか、自分の走りに合ったシューズを選ばなくてはいけません。

とはいえランナー側は設計通りの走り方なんて分からないわけです。取説があるわけでも、動画での解説があるわけでもありませんので。さらには、自分の走りに合ったシューズを選ぶという概念もありません。

Car 2365809 640

それでも普段から裸足で走っている人なら自分でシューズの特性を感じて、どう走ればいいのか判断できると思っています。少なくとも裸足で試行錯誤している人なら、それほど難しいことでもありません。

そういう意味では、裸足ランナーこそがランニングシューズを履きこなすことができる、裸足ランナーとランニングシューズは共存できると、わたしは信じています。

それでも多くの裸足ランナーは、これからもランニングシューズとシューズメーカーを批判することを止めないのでしょうね。自分の考えと違うものを否定しないと自分を保てない人たちは、どの世界にも一定数いるわけですから。


SHOE DOG(シュードッグ)
著者:フィル・ナイト
楽天ブックス:SHOE DOG(シュードッグ) 靴にすべてを。 [ フィル・ナイト ]

賢そうにするくらいなら愚か者と思われたほうがいい

Clown 1456442 640

昨日は思わぬ雨で練習ができませんでした。天気予報を見たら大丈夫だと思っていたのですが、予定通りにならないのはもう気候が秋になったからなのでしょうね。

わたしの暮らす鶴巻温泉では、しばらくは30℃を超えることもなく一気に秋に向かいそうです。

それはともかく、この数日の話題といえばやはり大坂なおみさんでしょうか。色々な人が好き勝手なことを言ったり、書いたりしていますので、嫌でも目に入ってきます。

そうです嫌なんです。実際に起きたこと以外のノイズとなる情報が入ってくることが。こうやってブログという形で情報発信をしている側ですので、わたしの書くこともそう思われているのかもしれませんが。

Business man 1031755 640

国籍がどうの差別がどうの意見している人たちは暇なのでしょうか?人生をかけてやるようなことがなく、ただ無駄に時間を浪費しているように感じます。

他人がどう生きようが好きにすればいいと思いますが、限られた時間の中で、自分とは関係のないことで時間を使ってしまうのはもったいないなと思います。

このブログでも何度も書いていることですが、わたしたちに与えられた時間は有限です。その時間に何をするのかで人生が大きく変わってきます。

時間が有限だと気づき、そして自分のやりたいことがはっきりしている人は、世の中で何が起ころうと知ったことではないわけです。もしかしたら変人扱いされるかもしれませんし、常識がないと言われるでしょう。

Beard 2642609 640

でも、常識があるから何だっていうのでしょう。

アメリカの大統領が誰なのか知らなくても、人生においては何も困りません。極論を言えば日本の総理大臣の名前だって知らなくても困ることはありません。周りからバカにされる程度です。

他人の評価が気になる人ですと耐えられないのでしょうが、自分が正しいかどうかを決めるのはいつだって自分自身です。周りが何を言っていても気にする必要はありません。

なぜかよく分かりませんが、政治に関して無関心であったり、原発に対して自分なりの考えを持っていないといけなかったり、性差別やタトゥーなどに関しても自分なりの意見を持っていないといけないような風潮があります。

Startup 593341 640

あれもこれも自分の意見を持つ。それって疲れませんか?

賢そうにするくらいなら、愚か者と思われたほうがいいと思うのはわたしだけでしょうか?

もっと自分のことだけに集中してもいいんじゃないかと思います。時間が有限なら、考えられることも有限です。自分のことを優先するために、もっと無関心になっていいと思います。

誰かの期待に応える必要なんてありません。

コメンテーターの仕事でもするのであれば、自分の考え方を持たないと仕事になりませんが、そうでなければあれもこれも知らなくても良いわけです。

Men 2425121 640

きっとみんな、よく分からない不安に包まれているのはないかと思います。

周りの人から嫌われるのではないかという不安。組織やグループからハブにされるのではないかという不安。孤立することへの不安。自分は世の中で必要とされていないのではないかという不安。

自分の旗色をはっきりさせることで、自分がここにいるとアピールをする。一生懸命に旗を振る。怖いのか、それとも寂しいのか。

別に旗を振るのは構わないのですが、他の人が振っている旗にケチをつけるのは止めたほうがいい。それをしても、自分の旗が立派になるわけではありませんから。


他人をバカにしたがる男たち (日経プレミアシリーズ)
著者:河合 薫
楽天ブックス:他人をバカにしたがる男たち (日経プレミアシリーズ) [ 河合 薫 ]

次はお伊勢参りラン?加賀から江戸までの飛脚足軽ラン?

9d16cbbcdbf756ca2c690257674ef0ba s

五街道をすべて走ったことで目標を失うかと思ったのですが、目標を失うどころか、我ながらちょっと面倒なことを考えています。すぐにやるわけではありませんが、わたしにはどうしても走りたい2つの道があります。

・お伊勢参りラン
・加賀から江戸までの120里(480km)

お伊勢参りは過去に2回失敗しています。基本的に伊勢神宮を始めとする神宮と相性が悪く、どうも1人では伊勢神宮になかなかたどり着けません。

過去にラン仲間でクレイジーランナーの三州ツバ吉さんと、大阪側からの伊勢参りをしましたが、これは三州さんの力を借りてなんとか達成しましたが、伊勢神宮にいる間はずっと落ち着かない気分。

C372981d9bea3958facfb16cd1e29061 s

きっと前世が天照大神に何か悪さをしたのでしょう。なので出禁になっているのではないかと思っていますが、とにかくわたしの中では東海道よりも中山道よりも厳しい伊勢参り。

ただ、このまま終わらせないままというわけにはいきません。いずれ必ずとは思っているのですが、今ではないような気がします。いずれ呼ばれていくことになるでしょう。

四国遍路なども、基本的には呼ばれていくものだと思っています。ですので、四国遍路を走ろうとは思いません。熊野古道もそういう雰囲気があります。

そういうところに無理に行こうとすると、必ずと言っていいくらい痛い目に遭います。他の人は知りませんが、少なくともわたしは聖域と呼ばれるところには意味なく近づかないようにしています。

Cd8dcf30fb285a181292f963aa83d86c s

でも、必ず行くべきタイミングがあって、そのときを待っていればいいんだと信じています。ロマンティックとはちょっと違いますが、そういう物ごとの考え方をするとイライラすることもなくなります。

上手くいかないことの原因を自分や他の人の中に見つけようとすると、どちらの場合でもストレスになります。「神様のいたずら」くらいに思っておけば、そんなものかと思えます。

それはともかく、もうひとつの道のお話。

このブログでも何度か書きましたが、加賀藩には飛脚足軽という制度があり、加賀から江戸までの120里480kmを5日間で手紙を届けたという記録があります。

83ceb78a901c39f0f6f244221b325c17 s

この話をすると、宿場町ごとに飛脚が入れ替わったという人がいますが、これは飛脚網ではなく加賀藩独自のシステムですので、当然1人で手紙を運んでいます。正確には5日間60時間ですので1日12時間で96kmです。

これを5日よりも早く届ければ褒美がもらえ、5日よりも遅れた場合には罰があるとか。

ここまで書けばもう細かく言う必要はないですよね。金沢から東京までを5日間で走るというチャレンジ。ここ最近はこればかりが頭の中にあります。

60時間とは言いません。でも5日間ならなんとかなるのではと思っています。540kmに9日間もかけた男の言う台詞とは思えませんが、それを走ったからこそ言えることがあります。

6e6b935cbf47590ba27c1dd96243c065 s

もちろん、これだって今の自分では無理なのは分かっています。でも480kmという距離を想像することは難しいことではありません。そして5日間不眠不休で走ればなんとかなるのではないかと。

実はこのコース、まったく知らない道ではありません。金沢から直江津までの約200kmは走ったことがありませんが、直江津から善光寺までは走ったことがありますし、追分(軽井沢)から東京までは先日走ったばかりです。

ちなみに加賀藩の参勤交代では13〜15日かかったそうです。加賀藩の参勤交代は大所帯ですので、1日30〜40kmだと思えばそんなところでしょう。わたしの今の走力なら8日がいいところです。

でも、これをクリアせずに伊勢参りランはないかなと考えています。それくらいわたしにとっては伊勢神宮はハードルが高い場所なのです。

43ffe2a00041b6d2f35c286addc9c897 s

いまの目標はこの2つを制すること。おそらくそこまでやり抜けば満足するような気がします。最後に奥の細道ランとか言い出しかねませんが。

何年後のチャレンジになるかは分かりません。でも成功するかどうかは別として、必ずスタートラインには立ちます。気持ちだけはそれを常に意識して日々のトレーニングと向き合います。


江戸の飛脚―人と馬による情報通信史
著者:巻島 隆
楽天ブックス:江戸の飛脚 人と馬による情報通信史 [ 巻島隆 ]

ランニング用サンダルが盗まれた!

IMG 7415

3年間でもう300回近く通ったであろう近所の公園。ウレタン舗装のランニングコースがあって裸足で走るのに最適なのでほぼ毎日通っています。朝も夕方も。

そこでは裸足で走っているのですが、そこまではシューズを履いています。最近は南横ウルトラマラソンの入賞でもらったサンダルを履いていって、コース横に置いてから裸足になっていました。

今日も同じように走っていて、残り1周となったときにふとサンダルがあるべき場所を見たら、そこには何もありません。どのタイミングでなくなったのかは分かりませんが、まぁないわけです。

管理事務局に落とし物で来ていないか確認しましたが、届いてないとのこと。

Sand 1677743 640

いたずらで隠されたのか、それとも盗まれたのかは分かりません。流行りのOOFOSに似たデザインだったから持っていかれたか。でも持っていきたくないくらい汚れていたし…

いずれにしても誰でも持っていけるような状態にしていた自分が悪いですし、別に怒りの気持ちはありません。残念な気持ちはもちろんあります。

わたしが毎日のように裸足で走っているのをみて、イライラしていた人もいるかもしれません。裸足のランナーに抜かれるなんて腹が立つなんて人がいてもおかしくありません。

世の中に困っているのをみて喜ぶ人もいるわけです。そういう人を相手にしてても疲れるだけです。これからが盗まれないように持って走るしかないでしょうが、そもそも台湾のサンダルなので12月までは手に入りません。

12月はさすがにサンダルでは走りませんし。

Glass 1497227 640

物がなくなったり壊れたとき、わたしはそれが自分の身代わりになってくれたと考えるようにしています。不思議と愛着のあるものほど壊れたりなくなったりするので、その気持が伝わって身代わりになってくれる。

いつも言っていることですが、わたしはスピリチュアルとかにはまったく興味はありません。神も仏も信じていません。でも八百万の神というのはいてもいいかなと思います。むしろいる前提で日々を過ごしています。

この世の中にはどこにでも神様がいる。神様というよりも妖精のような感じかもしれません。ものづくりの仕事をしていると、物には魂があるとしか思えないようなことを次々と体験します。

だから愛情を込めて使っていたものは、きちんと応えてくれます。そして、持ち主に危険が起きそうなときに身代わりになってくれる。

Balloon 1046693 640

わたしがそう思っているというだけで、それが真実だなんて主張するつもりはありません。そう考えるのが自然だと思うようなことがわたしの周りで起きているだけですので、そんなのただの偶然だと言う人もいるでしょう。

今回サンダルがなくなったのは、きっとわたしを守ってくれたのでしょう。恨まれる覚えはありませんが、人は知らないうちに人を傷つけているものです。恨まれないまでも不快な思いはいくらでもさせている自覚はありますから。

サンダルがなくなって、明日の練習をどうしようかと思いましたが、そういえばわたしにはFLOPEEZEがありました。あまりにもサンダルが心地良すぎて、この夏は1回も履いていませんでした。

もしやFLOPEEZEの嫉妬?

シューズに愛される男も大変です。

Beach 1974953 640

でもFLOPEEZEなら腰につけて走ってもじゃまになりませんし、もう盗まれることもありません。無くなったことは残念ですが、とりあえず元サヤということ……いや浮気じゃないですから!

こういうことがあると、ここは自分の居場所じゃないのかなと思うようにはなります。これ以上身代わりを増やさないためにも、次の場所を見つけなきゃな。

いや、見つかって入るんだけど予算と審査が…ね。


「日本の神様」がよくわかる本 八百万神の起源・性格からご利益までを完全ガイド
著者:戸部 民夫
楽天ブックス:けっこうお世話になっている「日本の神様」がよくわかる本 イラスト版 [ 戸部民夫 ]

競ったり比べたりするのをやめれば本当の自分が見えてくる

Forest 1245692 640

わたしは争うことや競うことが好きではありません。正確に言えば興味がありません。なぜそうなのかよく分からなかったのですが、朝のランニングをしているときにふと気づいたことがあります。

小さな頃、わたしはずっと「自分で考えなさい」と叱られ続け、さらに他の人と比べることがほほ禁止に近い状態にありました。他愛のない話ですが、友だちが何かを買ってもらっても、それがわたしに買い与える理由にはなりませんでした。

我が家が貧しかったかというとそうでもないとは思います。少なくともお金に困っている家ではなかったような気がします。自分で考えて、自分でやると決めたことは大体何でもやらせてもらいましたから。

勉強もあまりにしないと怒られましたが、成績について何かを言われたことはありません。勉強はきちんとしなくてはいけませんでしたが、何点を取ろうが褒められることも叱られることもありません。

Cloud 991230 640

高校進学も、大学進学も自分で進路を決めました。大学に行かないと言ったときだけは「大学にだけは行っておけ」と反対されましたが、それ以外には常に自分で決めることの連続です。

そして、自分で決めるときの基準は常に自分でなくてはいけませんでした。他の人がしているから。友だちが言ったから。そういう他人任せの判断は認められません。

いや、途中からは認めてくれていたのかもしれませんが、高校時代くらいにはすでに誰かと比べるというようなことはしなくなっていたような気がします。わたしはわたし、他人は他人。

だから、わたしは誰かに憧れるというようなこともなく、「こういう人になりたい」ということもありません。小説の中の人物に影響を受けることはありますが、それは空想の人物だからこそできることです。

Lake 3085696 640

この人の文章や考え方が好きだなと思う作家さんはいます。でもある程度まで読み込むと、距離を置くようになります。あまりにその作家さんを追い続けると、その人の思想に染まってしまいそうだから。

小説を読み返すこともほとんどしません。その小説の影響を受けるのが嫌だから。

そういう考え方は小さかった頃に身につけました。それが親の意図したことなのかどうかは分かりません。あの頃はそれがとても苦しかったのですが、今となってはその苦しみがあってよかったとは思います。

わたしは体が弱かったのもあり、幼稚園の頃から運動を習慣化していました。最初はスイミングでしたが、そこから野球やソフトボール、ハンドボール、サッカー、フットサル、そしてマラソンです。

Portrait 1061060 640

スイミングはまったく上手くなりませんでした。上手くならないというよりは上手くなりたいという気持ちがありませんでした。結局、小学校4年になるときに引っ越しをしてそこでやめてしまいました。

野球などの集団スポーツは意外と続きます。勝ち負けが自分の力だけで決まらないのが、わたしには良かったのでしょう。野球は本当に下手くそでした。いつもベンチで、それを悔しいとも感じませんでした。

下手なのは分かってましたし、そういうものだと思っていましたので。

サッカーでは多少は勝ち負けにこだわるようになりましたが、結果よりも負けているのにヘラヘラしているのを見るのが嫌いだっただけで、全力を出して負けているのに悔しいと思うことはありません。

勝負は時の運ですし相手があってのこと。

Man 3600232 640

そんな生き方をしてきたから、やっぱりマラソンでも勝ち負けや順位というのを競う気にはなれません。いつも最後尾スタートでいいやと思いますし、何かの大会で2位に入ったことがありますが、表彰されるのが恥ずかしいだけで喜びは1ミリもありませんでした。

トレランの大会で、トレイルの入口に向かってロードを我先にと走っている人を見ると気分が萎えます。別にその人たちが悪いわけではなく、ああやって我を出す気にはなれないというだけのことです。

わたしが走っているのは自分の体の変化が楽しいからです。ランナーや沿道の人たちとのコミュニケーションも好きですが、誰よりも速く走ってゴールしたいという意欲はまったくありません。

ハルカススカイランが好きなのは、ウェーブスタートで競う相手が見えないからです。自分のベストを尽くすだけで、その結果、過去の自分よりも上手く走れれば嬉しいのですが、ただ大事なのは結果ではなくその過程です。

Workout 2523089 640

そんなことは絶対ないのですが、まったく練習をせずに結果を出しても面白くもなんともありません。速くなるためのプロセスをきちんと踏んで結果を出せして初めて、上出来だなと思える程度です。

誰かと競わないというのは思ったよりも大変です。敵は自分の弱さですし、評価の基準はいつだって自分自身です。でも、どんなことだって個性だって思うことができます。

わたしは161cmと男性の中では低いほうですが、それも個性だと思っているのでコンプレックスに感じることはありません。収入だって笑ってしまうくらい少ないですが、それも自分らしさの結果です。

隣の芝生が何色だって別にかまいはしません。必要でもないのにうちの庭には芝を植えないというのがわたしのスタンスです。比較するものがなければ競う必要もありませんから。

Girl 759080 640

だからわたしは、他の人と同じことができないのかもしれません。

みんなと同じベクトルを向かないようにしてきた結果、こんなひねくれた男が出来上がったわけですが、そんな自分が好きだから周りには迷惑をかけていますが、それはそれでいいかなと思っています。

競ったり比べたりするのをやめれば本当の自分が見えてきます。そのなかで輝きそうなものを一生懸命磨いていれば人生はだいたい面白おかしくなっていきます。

ちょっと疲れたなと思う人は、そういう考え方もあるのだと頭の片隅にでも置いておいてくださいね。


劣等感という妄想: 禅が教える「競わない」生き方
著者:枡野 俊明
楽天ブックス:劣等感という妄想 禅が教える「競わない」生き方 [ 枡野俊明 ]

これまで5回訪れた北海道について思い出を書いてみた

AUT 1571

関西で台風の被害があったと思ったら、今度は北海道。今年は西日本でも記録的な豪雨でしたので、本当に天変地異でも起こるのではないかという気もしますが、それを想像しても意味のないことなのでとりあえずは今できることを。

やっぱり災害用の荷物を見直すなどしておこうかなと思います。一応、数日分の着替えなどは入れていますが、非常用のパンは先日賞味期限切れになったときに食べてから補充していません。

そういう最低限の備えだけでもしておかないといけないなと、あらためて思わされた数日間でした。

ただ、自然災害が起こるとわたしは仕事どころではなくなってしまいます。なぜか気持ちが落ち着かなくなり、そわそわして集中力がなくなる。これは社会人になってからずっとです。

そういうものだと思って過ごすようにしていますが。

AUT 1369

どうしても気分が暗くなるので、少しでも明るくなるために北海道の思い出でも書いておこうかなと思います。北海道に初めて行ったのは1999年ですから大学院2年の夏。

このときはバイクで北海道1周でした。あまり人には話ことはありませんが、わたしはバイク乗りでした。社会人になって乗らなくなったので手放しましたので15年以上乗っていませんが。

小学校の時からの友だちとその弟との3人旅。基本的にはキャンプ場をめぐりながらの1周。でもよく考えたら、苫小牧から入って函館で抜けたから、正確には1周していないということにいま気付きました。

その当時からモバイル派だったので、ノートパソコンにPHSを繋いで雨雲を避けるようにして移動したのを覚えています。あのとき食べたししゃものお寿司の美味しさは今でも覚えています。

P1010221

あと時価で食べたウニ丼。ウニがあんなにも美味しいものだと気づいてしまったのは北海道のせいです。記憶のほとんどが食べ物なのはなぜでしょう?

そしていまにして思えば、19年前から長旅が好きだったようです。

2回目の北海道は2006年11月に派遣仲間に会いに行ったときです。当時は派遣茶というSNSがあり、そこでSNSの中心的なメンバーに選ばれて、同じく選ばれていた人に会いに行ったわけです。

そのころは派遣社員だったこともあり、派遣社員向けの情報発信をしていました。いまのRUNNING STREET 365みたいなものですが、メルマガも出していましたし、もっと熱のある文章を書いていました。

P1010210

北海道へは1泊2日の弾丸旅行。そのころは名水百選めぐりをしていたのもあって、北海道の2つの名水に行ってきたわけです。派遣仲間に会うのはその日が初めてだったのですが、意気投合して最後はラムをロックで何杯も…

翌日は2人とも気持ち悪い状態で過ごすという。お昼も「何も食べられない」と言いながらも、おいしいお蕎麦をいただいたのを思い出しました。北海道で食べないというのはありえません。

3回目と4回目の北海道はマラソンです。ラン仲間との旅ランだったので、これもやはり食べることばかり考えているという。マラソンは……どちらも制限時間いっぱい楽しんだということで。

北海道マラソンはずっとまっすぐだから退屈なんですよ。あと北海道大学内の路面は裸足に優しくないですし。

P8300081

ただ、大勢で行ったのでいろいろ食べれたのが良かったこと。北海道マラソンを走る気にはなりませんが、仲間が一緒なら行きたいところです。正直ファンランの10kmもしくは応援ランで十分です。

5回目はオホーツク網走マラソン。これはかなり気に入った大会でした。退屈さで言えば北海道マラソンと変わらないかもしれませんが、常に景色が変わるのとエイドが美味しかったのと。

あとは走り終わってからの会場でのくつろぎのひとときが心地よすぎます。ただ、最後の2kmが裸足ラン史上最大の難関でした。サブ4.5のペースで40kmまで走ったのに、そこから2kmに25分…

交通費を考えると台湾に行きたくなるので、なかなか2回目の参加とはならないのですが、個人的にはかなりお気に入りランクが高い大会です。ごはんも美味しかったですし(ここ大事)。

IMG 4033

これがわたしの北海道に行ったときの思い出です。これまでに5回行っていますが、まだまだ行きたいところがあります。いずれ北海道縦断ランをしたいのですが、熊がこわいのできっと無理です。

過去を振り返ってみたら、ちょっとだけ楽しい気分になってきました。北海道でランイベントできないかなぁ。坂道はあまりなさそうですし、できるとしたらグルメランくらいでしょうか。どうもわたしの中の北海道の知識が薄すぎます。

マラソン以外に北海道を走れるランイベント。これからちょっと考えようかと思います。実行するのはきっとだいぶ先になりそうですが。


地図で楽しむすごい北海道
著者:都道府県研究会
楽天ブックス:地図で楽しむすごい北海道 [ 都道府県研究会 ]