しげ のすべての投稿

MGCが面白すぎた!マラソンがエンターテインメントになる可能性

トップランナーが走るマラソン大会でも、スタートからゴールまで見続けるのはなかなか退屈です。どんな大会でも無理な走り方をする人はおらず、序盤は落ち着いた展開になるのが暗黙の了解。

そしてトップランナーが30km程度で仕掛けて、周りがついていけずにそのまま独走するという予定調和。マラソンは想定しやすいスポーツであり、それゆえに退屈なスポーツでもあります。

ただし、今回のMGCは完全にそれらのマラソン大会とは別物でした。すべての選手が勝つことだけを考えているという特殊なレース。2位までに入ることが必須であり、最低でも3位に入らなくてはいけない。

スタートラインに立った選手はみんな「いい走りができればいい」なんて思っておらず、全員が自分なりの勝てるイメージを持っているわけです。独特な緊張感がそこにはありました。

そこにきての設楽選手の飛び出し。レース後の記者会見で、瀬古さんが「気温が10℃なら最後まで逃げてたと思う」と言っていたのを聞いて、この人は大丈夫だろうかと思いましたが、覚悟を持って飛び出したのは間違いありません。

もし本当にあのペースで完走できるなんて、思ってもなかったはずです。さすがに設楽選手はそこまで愚かではないはずです。RUNNING STREET 365でも書きましたが、10℃と25℃では心拍数の上がり方が違います。

これは生理現象ですので、回避することはできません。ですので、気温に合わせたペース展開が絶対に必要になります。設楽選手もそれくらいは分かっているはずです。

まさかわたしたち市民ランナーにありがちな「今日は調子いい」にハマったはわけでないでしょう。若手とはいえ、1度は日本記録を出した選手ですから、そんなことは重々承知で突き進んだわけです。

結果的に、あれがあったからMGCがより面白いものになった気がします。「追いつかれるのか、逃げ切るのか」多くの視聴者がハラハラしながら見ることになりました。MGCの盛り上げに貢献したことは間違いありません。

途中で神野選手が前に出ようともがいてみたけど、一瞬で吸収されたのは想定通りの実力不足を感じました。ベテランの中本選手が集団を引っ張った瞬間は「もしかして」とも思ったりもしました。

男子は残り2kmでの3人による争い。意地と意地とのぶつかり合い。大迫選手がそこで力負けしたのは、レース序盤に走りが安定していなかったのも影響したのかもしれませんが、日本記録保持者の一騎打ちは見ごたえがありました。

あんなにどちらも折れないマラソンは初めて目にしました。

女子は早い段階でバラけてしまったので、やはり10人という人数は少なすぎました。直前で欠場を決めた選手がいたのも今回のレース展開には、かなり影響を与えたような気がします。

普段はあまり気にしたことがないかもしれませんが、マラソンにおいて集団の力というのはかなり偉大で、集団で走って引っ張る選手が変わっていけば、体力を温存しながら一定速度を保つことができます。

でも、引っ張る選手は消耗するので誰も引っ張りたくない。そうなると集団は遅くなって、今回みたいに設楽選手の独走になります。ただ、今回は追いかけないのが正解だったわけで、マラソンの奥深さが出たレースでもありました。

これからMGCがどうなるかは決まっていないようですが、何らかの形では続けていってもらいたいものです。同じ規模で同じことはできないでしょう。たった40人のために東京の道を止めるなんて、東京オリンピックがなければ同意を得られません。

東京だからこそ、ものすごい数の応援者が沿道に詰めかけました。これを地方でやるとなると、盛り上がりには欠けるかもしれません。でも、やり方はいくらでもあるはずです。

MGC出場という目標があり、そこで普段では味わうことの出来ない緊張を感じながらスタートラインに立つ。そして、勝つことしか意味のないレースを体験することは、選手にとって大きな財産になります。

そして、今回のようにうまくプロモーションできれば、マラソンへの注目度も一気に上がります。そうなればプロランナーも増えていくはずです。MGCの継続が日本のマラソンを大きく変えるのは間違いありません。

これだけのエンターテインメントコンテンツは、作ろうと思っても簡単には作れません。今回は間違いなく大成功であり、未来さえも感じさせてくれる内容でした。これが今後どのような形になるのか、マラソン好きの1人として、とても楽しみにしています。


走る奴なんて馬鹿だと思ってた
著者:松久 淳
楽天ブックス:走る奴なんて馬鹿だと思ってた

練習日誌 2019.09.15

秋だねぇ。天高く馬肥ゆる秋

朝ごはん
・ヨーグルト
・オートミール
・アサイージュース
・蜂蜜
・バナナ
・プチトマト
・ゆで卵
・蒸しサツマイモ

昼ごはん
・ガーリックライス(コンビニ弁当)

おやつ
・芋けんぴ
・シュークリーム

晩ごはん
・巻きずし
・ローストポーク
・ビール

昨夜が徹夜で遊ぶという、わたしには珍しい遊び方をした後のMGCだったので、とても自分で料理を作る気分にはなれず。こういう日があってもいいと思うと自己弁護しておく。

夕方ラン

徹夜明け(自業自得)でとてもポイント練習にならないと思ったけど、ダラダラ過ごして回復をさせて400mインターバル×10本。今シーズン中に1本75秒が目標だったのに、すでに74秒を連発。

見通しが甘いのか、成長しているのか。でもさすがにここからの伸び悩むはず。焦らず腐らずコツコツと。とりあえず目標設定は72秒に変更。

練習日誌 2019.09.14

久しぶりに馬入橋からの相模川

朝ごはん
・ヨーグルト
・オートミール
・アサイージュース
・蜂蜜
・バナナ
・プチトマト
・ゆで卵
・蒸しサツマイモ

昼ごはん
・月見牛とじ御膳(吉野家)

おやつ
・チーズケーキ

晩ごはん
・メンチカツカレー

昼前に茅ヶ崎でピラティスだったので、ランチはその帰りに吉野家で月見牛とじ御膳。ずっと食べてみたかったんやけど、月見だと卵2個分になるんやね。普通の牛とじ御膳でいい気がする。

朝ラン

ピラティスが茅ヶ崎だったのと、朝ランで起きるのが無理だったのもあって、茅ヶ崎まで走ることに。思ったよりも走れたかなと思ったけど、後半はかなり失速。ただ、体が動く状態になってピラティスできたのが良かったかな。

シューズ:ナイキ ペガサスターボ

夕方ラン

ほぐしのために夕方は裸足トレイル。まだ路面が荒れているのもあって、まともに走れず。ほぐしが目的なのでこれでいいんやけど、もうちょっと走れるようにはなりたいところ。足裏がまだ弱すぎる。

シューズ:裸足

練習日誌 2019.09.13

13日の金曜日、十五夜は朧月

朝ごはん
・ヨーグルト
・オートミール
・アサイージュース
・蜂蜜
・バナナ
・プチトマト
・ゆで卵
・蒸しサツマイモ

昼ごはん
・雑炊

おやつ
・芋けんぴ
・桃ゼリー

晩ごはん
・中華料理

ランレコード練習会だったので、晩御飯は中華料理屋で打ち上げ。ちょっと量が多いのでちょっと食べすぎたかな。こういうときじゃないと、食べないものとかあるし、栄養バランス的には多分OK。

朝ラン

ドラクエウォークを片手に朝ラン。これはよろしくないと分かったので、走りながら画面を見るのはやめておこう。アプリそのものを消すのも時間の問題やけど。走りにも集中できないし。

シューズ:ワークマン アスレシューズライト

夜ラン

ランレコード練習会でレインボーブリッジラン。先頭を走ってペースを維持しなきゃいけないのに、ポイント練習のせいでスピードを出しすぎてしまう。こういうときは、ちゃんとGarmin持たなきゃあかんな。

シューズ:ナイキ ペガサスターボ

MGC直前!ハダシストによる展望と見どころ

MGCがいよいよ次の日曜日に開催されます。東京オリンピックを賭けたガチンコ勝負だなんて、ワクワクしかしません。だって、4位じゃしょうがないわけです。4位も最下位も同じというシビアなレース。

持ち時間だけでいえば、大迫選手・設楽選手・井上選手で3人は決まります。でも3位はまだ待ちの状態になるので、当然この3選手は2位までを狙ってきます。いや、このレベルの選手になると順位ではなく「自分の走り」をするだけです。

井上選手が仕掛ける可能性はありますが、大迫選手と設楽選手は間違いなく、自分の走りにこだわってくると思います。ベストを尽くせば自然と結果が出てくるし、結果が出ないなら、この日が自分の日ではなかったと思える選手です。

問題はそれ以外の選手がどう出てくるか。31人の出場選手のうち、28人が自分の走りをしたのでは選ばれない選手です。

マラソンはやってみないと分からないという難しさがあります。東京マラソンのように大迫選手がリタイアする可能性だって大いにあります。でも、そこで消極的に行くべきなのか、火中の栗を拾うべきなのか。

間違いないのは消極的にいくと勝てないということです。だって、ほとんどの選手が横並びなわけですから、自分にチャンスが回ってくる確率はほぼゼロです。だから無理してでもトップ集団についていくことになります。

おそらくそれでも勝てないでしょう。できるとしたら「逃げ」の1手です。ハイリスクなのは当然ですが、誰かが場を乱さないと順当な結果に終わってしまいます。どの選手もそれは分かっています。

では誰がリスクを取るのか。

上門大祐選手、園田隼選手、木滑良選手、服部勇馬選手、藤本拓選手、宮脇千博選手、山本憲二選手このあたりでしょうか。多すぎる?仕方ありません、それくらいレベルが拮抗しているのがMGCです。

このあたりの選手が序盤から勝負をかけに動けるかどうか。いや、動くしかありません。待っていて転がり込んでくるほど、甘いレースではありませんから。

以前なら牽制し合うということも考えられますが、大迫選手と設楽選手は駆け引きをしないタイプですし、他にもNIKEのヴェイパーシリーズを履いている選手も駆け引きをしてきません。

というより、すでに世界のマラソンは駆け引きをしません。自分の練習通りの走りを、レースで再現するというのが現在のスタイルです。だから、大迫選手と設楽選手の前で駆け引きをするしかありません。

彼らの前で何かを仕掛ければ、自然と視界に入ってくるので、思わぬことが起きる可能性があります。後ろで何かをしても何も起こりません。だから、最初の5kmで前に出る。

さて、そんな無謀なことをできる選手がいるのか。

わたしは、いるのではないかと期待しています。そうでないと面白くありません。自分の限界を越えたところにいかないと、上位の3人にはどうやっても追いつけないことは分かっているはずです。

そういう意味では、同じチームの選手がいるというのはかなり強みになりますし、仕掛けやすいので注目すべきかなと思います。

動きそうなのがトヨタ自動車とMHPS組。どちらもいい選手が揃っているだけに、何らかの策を講じてくる可能性があります。1人では取りにいけなくても、複数人ならなんとかなる。これが日本の実業団の強みでもあります。

女子はちょっと地味なレースになりそうな感じがあります。松田瑞生選手、関根花観選手が抜けているような気がしますが、自力のある安藤友香選手や岩出玲亜選手がどう仕掛けてくるか。

そして、ダークホースは福士加代子選手でしょう。華がある選手だけに、やはり期待してしまいます。

気になる存在は天満屋の前田穂南選手、小原怜選手。2人ともに自己ベストは十分に代表クラスで、そして安定してオリンピックに選手を送り出している天満屋ですから、この2人のうち1人は2位3位に入ってきてもおかしくありません。

力が拮抗しているため、レースとしては駆け引きがありそうな女子のほうが面白いかもしれません。男子のレースを見つつも時々女子に切り替えて、男子が終わったらすぐに女子のレース。

ビール片手に楽しみたいけど、この日はポイント練習……あぁもったいない。


マラソングランドチャンピオンシップGUIDE
著者:AERAムック
楽天ブックス:マラソングランドチャンピオンシップGUIDE 9/15、MGC開催!東京オリンピック代表が決まる (AERA mook)

練習日誌 2019.09.12

朝から天使のはしご。ちょっと重たい天使が降りてきた?

朝ごはん
・ヨーグルト
・オートミール
・アサイージュース
・蜂蜜
・バナナ
・プチトマト
・ゆで卵
・蒸しサツマイモ

昼ごはん
・玄米ご飯
・生卵
・しらす
・長ネギとサツマイモの味噌汁
・味噌漬け

おやつ
・芋けんぴ
・桃ゼリー

晩ごはん
・鶏せせりの野菜炒め
・刺し身
・ビール

普段、刺し身なんて全然食べないのに、この1週間で2回も!半額だったからさ……ちょっと遠いけどイトーヨーカドーに練習後に行くと、肉も魚も半額になってる。品揃えがいいのも嬉しいけど、やっぱ遠い。

朝ラン

いい感じで走れると思ったのに、全然いい感じじゃなかった。そういうこともあるんだなと。午後のポイント練習が不安になったけど、こういう感覚も含めて覚えておいて、次につなげればいい。

シューズ:ワークマン アスレシューズライト

夕方ラン

ペース走:4:10/kmペース・7km
スクワット:200回

10kmまでキロ4分10秒で走るつもりが7.7kmで終了。途中でメガネがじゃまになって外したら、なぜかペースが上がってしまって、オーバーペースになって最後まで走りきれず。次回は10kmまで走りきる!

あれがオーバーペースの原因。最初から外して走ればいいのかな。

シューズ:MEDIFOAM ITEN

被災したときの備えを見直す

台風の影響で、千葉の停電がなかなか復旧できない状態になったとか。明日は我が身ではありませんが、そういうリスクがあることをあまり考えていませんでした。電気なんてすぐに復旧するだろうと。

でも、今回のような大規模停電になると数日戻らないこともあるわけです。自宅仕事なので当然、自宅では仕事ができません。ノートパソコンがあるので、停電していない場所まで行って作業をするしかありません。

ガスはプロパンなので使えますが、電気がないので調理をするのは明るい時間だけ。iPhoneの充電すらできません。これはなかなか不便です。震災のときに計画停電がありましたが、あのときはどうしたのでしょう。

台風にしても地震にしても、自然災害というのは思わぬときにやってきます。そして想定外の傷跡を残していきます。良いも悪いも、この国で生きていくというのはそういうことなのでしょう。

まだ昔と違って、理由がわかっているだけマシかもしれません。台風が何なのか分からない時代だと、神か悪魔の仕業と思って当然ですし、自然に対する畏怖のようなものが当たり前のようにあったのでしょう。

今は科学が発展しましたが、それでも台風の発生は把握できても、台風の進路を変えることはできません。地震が発生しないようにすることも不可能です。どうやっても、それらと向かい合わなければいけない。

電車で通勤をするのに、かなり大変だったと聞いています。最初から在宅ワークに切り替えていたところもあるようですが、セキュリティの都合で出社しないと仕事にならない会社もあるわけです。

どうにかして出社したい会社員。そうは言ってもいくらでも電車を出せるわけではない鉄道会社。駅員を問い詰める人もいたとかで、駅は完全にカオスな状態になっていたのでしょう。

ああいうときに、冷静さを失う人間にはなりたくないものです。駅員に詰め寄っても何かが解決するわけではありません。困ったときはお互い様というのが、日本人の良いところだと思っていましたが、それももう古いのかもしれません。

それではビジネスで成功できない時代なのでしょう。自己主張することも求められて、それで実際に成功している。そういえば、前に所属していた会社は、声が大きい人が幅を利かせていました。

でも、こういうときこそ、やっぱり助け合いなんだろうなとは思います。いや、助け合うのではなく、自分が一方的に助ける気持ち。「自分のことはどうでもいいから、まずは助ける」という自分でありたいところ。

正直者がバカを見る時代だからこそ、正直にいきたいし、自分のことよりも他人のことを優先する。困っている人が目の前にいるなら、まず手を差し伸べる。もちろん、本当に自分のことを後回しにしていいことが前提になりますが。

自己犠牲ではなく、順序の問題です。自分のことは自分が1番分かります。他の人がどれだけ困っているかは自分には分かりません。だから、大丈夫かどうかを確認するわけです。手を貸すべきかどうかを判断するわけです。

みんながその気持になれば、どんな災害でも乗り切れるとは思うのですが、残念ながら今の日本はそういう国ではありません。自分が助かることばかり考えている人が一定数います。そうなると助けようという人が自然と減っていきます。

だって、本心ではみんな自分が助かりたいのですから。わたしだってそうです。自分が助かれると思っているから、手を差し伸べているわけで、自分が完全に追い込まれた状態にあるなら、とてもじゃないですが他人を助けたりはしません。

そういう状況で「自分だけが助かりたい」と1人が言い出すと、それに連鎖して他の人まで「自分も助かりたい」となるわけです。パニックはそこから始まります。そうならないのが日本人の美徳でしたが、それすら怪しくなっています。

それを嘆いても仕方のないことで、わたしたちが今すべきことは、もう1度災害に対する準備を見直すということでしょうか。地震用に作った避難グッズを見直して、停電に対しても対応できるようにすること。

ろうそくやライター、マッチだけでなく、電池の持ちの良いLEDランタンなどもあるといいかもしれません。LEDランタンは2000円前後から購入できて、コンパクトな上に明るいというメリットがあります。

キャンプやアウトドアでも使えますので、停電対策として2個くらい持っておくことをおすすめします。ただ、あまり安いのは明るさが足りないので注意してください。生活をする明かりですので800〜1000ルーメンくらいのもの。

もちろん乾電池で動くものを選んでください。普段使いを考えると充電式が魅力的ですが、停電しているのに充電式では何の役にも立ちません。

ソーラーチャージャーがあると便利ですが、一生に1回あるかないかの停電のために持っていても仕方ないかと思います。キャンプをする人や、野宿旅をする人なら持っておいてもいいのですが。

いずれにしても大事なのは準備をしておくということです。もちろんわたしも含めて。どこでも仕事はできますが、準備をしていないことには対応することもできませんし、他の人に手を貸すこともできません。

備えあれば憂いなし。

こういうことが起きたときだからこそ、他人事だと思わずに、しっかりと見直しをしておこうと思います。


自衛隊防災BOOK
著者:マガジンハウス
楽天ブックス:自衛隊防災BOOK [ 自衛隊/防衛省 ]

練習日誌 2019.09.11

ずっとこんな感じの荒れ具合。それよりも足が白いな……

朝ごはん
・ヨーグルト
・オートミール
・アサイージュース
・蜂蜜
・バナナ
・プチトマト
・ゆで卵
・蒸しサツマイモ

昼ごはん
・チャーハン

おやつ
・団子

晩ごはん
・鶏肉と水菜の炒めもの
・ポテトサラダ
・ビール

アサイーパウダーを使い切ったので、アサイージュースに切り替え。アサイーが95%くらい入っているので問題ないかな。ただ、アサイーの効果はまだよく分からない。摂取量が多くないというのもあるけど。

朝ラン

筋肉痛が残っていてのんびりラン。いろいろ試したけどスピードアップはできず。まぁそういう日もあるというか、リカバリー2日目の朝は疲労がピークなのかな。こうやって練習日誌をつけるようになって、いろいろ発見がある。

シューズ:ワークマン アスレシューズライト

夕方ラン

台風後、初めての裸足トレイル。道が荒れすぎててとてもじゃないけど裸足で走れる状況になく、ペースがかなりゆっくり。週末にハイカーさんが歩かないとしばらくは荒れたままかな。

シューズ:裸足

iPhone 11のデザインに神は宿っているのか 〜リンゴの引力〜

もう何度目かの離脱計画か分かりませんが、なんとかしてAppleの呪縛から逃れなきゃいけないような気持ちになっています。えぇ、iPhone 11を見てのことです。あんなのApple製品じゃないだろうと。

いまのAppleはコンテンツがすべての中心にあります。どれだけ一般受けするコンテンツを用意できるか。そのコンテンツを楽しめるスペックがあるか。そして、そのコンテンツを作り出すApple製品があること。

コンテンツの消費にしても、コンテンツの製作にしても、すべてアップル製品で完結することを狙っているのでしょう。

別にそれはそれで構わないと思います。それがAppleのビジネスモデルなのでしょうから。でも、わたしが好きだったAppleは、そこにプラスアルファの価値観を加えてきました。

言うまでもなく「デザイン」です。スタイリッシュであり、デバイスをただの道具にしない精神。どこへでも連れていきたい最高の相棒として、MacBookやiPhoneがあったわけです。

なんでしょう、iPhone 11のカメラは。

やりたいことは分かります。その技術を導入するために、あの配列になることも仕方ないかなとは思います。だからデザインがダサくなるのが許容されるかというと、そんなわけはありません。これではただの道具です。

ラインナップはシンプルになりました。

● iPhone 11
● iPhone 11 Pro
● iPhone 11 Pro Max

スマホのProって何なんでしょう?MacBook Proの13インチも、ずっと「Pro」ってなんだろうという哲学的な問題がつきまとっていましたが、2019年にその問題は解決しました。

でも今度はiPhoneです。スマホ使いのProって何?YouTuberとかそういう人たちなのでしょうか?もしかして、これで映画を撮るとか?

カメラ機能が向上したようですが、スマホのカメラはどれだけ頑張っても、スマホのカメラでしかありません。以前と比べれば格段に素晴らしいですし、細部にこだわらなければ十分かもしれません。

でも神は細部に宿るわけです。

「細部にこだわらなければ十分なんだよ」となる時点で、もはやそれはAppleの精神から逸脱しています。いや、逸脱しているとわたしは感じるわけです。無駄とも思えるほど細部にまでこだわって、最高を届けるのがApple。

そして、iPhone 11が6色、iPhone 11 Proが4色。iPhoneってみんなカバー付けてますよね?カラーバリエーションって必要なんでしょうか?

どうもチグハグしてる気がします。だったら買わなければいいじゃないかと思うかもしれません。Appleから離れればいいじゃないかとも。でも、それが難しいから悩ましいんです。

もちろん、不可能なことではありません。最近はWindowsだってスタイリッシュですし、価格も安くて魅力的です。Androidのほうが選択肢も多く、どうでもいいことですがカメラもiPhoneより優れています。

でも、すでに持っている資産があります。それを手放す踏ん切りがつきません。それに、パソコンに関してはMacでいいかなとは思います。デザインへのこだわりがあり、機能面での問題もありません。

でも、スマホは本気で考え直す必要があるかなと。現在は消去法でiPhoneになっていますが、わたしはiPhoneでゲームをするわけではありませんし、動画もほとんど見ません。iPhoneにしかないアプリも少ししかありません。

そして、中古なら意外と手頃な価格帯なわけです。今回のiPhone 11の発売によってiPhone 7の中古は2.5万円くらいになります。新品のiPhone 8は52,800円で売られています。ギリギリ手が届きます。

iPadはKindleに置き換わりました。何も困っていません。YouTubeを見ているのに使っているだけですので。でも、そんなiPadも10.2インチになって、価格は34,800円とお手頃価格。

これに手を出すとやはりAppleの支配から逃れられなくなります。見事なビジネスモデルです。

でも、やっぱりiPhone 11のデザインでいいとしたわけですから、少なくともわたしの感性とはズレているわけです。どちらの感性が優れているという話ではなく、合わないんじゃないかという話。

インスピレーションを与えてくれるのが、わたしにとってのApple。そこに期待できないとなると、やはり付き合い方を考え直さなくてはいけません。でも、代わりがないのも事実ですので、この議論はまだ数年続くかもしれません。

ちなみにApple Watch 5が登場したことで、Apple Watch 3はなんと19,800円に。絶妙に物欲をくすぐる値段設定。いや買いませんよ。腕時計をする習慣がありませんし。でもGarminより安いとなると……これが、リンゴの引力か。


ティム・クック-アップルをさらなる高みへと押し上げた天才
著者:リーアンダー・ケイニ―
楽天ブックス:ティム・クックーアップルをさらなる高みへと押し上げた天才 [ リーアンダー・ケイニー ]

練習日誌 2019.09.10

夕焼けがキレイだなと思ってたら、このあと雷が……

朝ごはん
・ヨーグルト
・オートミール
・アサイーパウダー
・蜂蜜
・バナナ
・プチトマト
・ゆで卵
・蒸しサツマイモ

昼ごはん
・雑炊

おやつ
・スイートポテト
・アイスクリーム

晩ごはん
・刺し身
・ささみフライ(惣菜)
・ビール

裸足で走ったから、夕ごはんはレバーにしようと思ったのに手に取ったのは刺し身。刺し身な気分だったわけじゃないけど、なぜか無性に魚を食べたくなり。鉄分も取らなきゃね。金属アレルギーだけどさ。

朝ラン

起きた時点ですでに猛烈な筋肉痛。走ればほぐれると思って、てくてくラン。まったくペースが上がらず、そのまま終了。まぁそういうものでしょう。ポイント練習翌日にしては、しっかり走れたと思う。

シューズ:ワークマン アスレシューズライト

夕方ラン

リカバリーランだったとはいえ、朝よりも筋肉痛がひどい状態で、特に内ももがよろしくない。走りも当然ひどかったけど、とにかく12kmをしっかり走ることだけ心掛けて最後まで集中してラン。

気持ちが切れなかったことだけが収穫。

今更ながら腕振りについて考えてみる

わたしは基本的に、ランニングでの腕振りなんてなくてもいいと思ってる派です。少なくともフルマラソンを3時間30分くらいで走るなら、適当な腕振りでまったく問題ないと思います。

事実、わたしはここまで腕振りなんてどうでもいいと思ってやってきました。自然に振ればいいし、なんだったら振らない走り方を追求したときもありました。理屈でいえば状態がブレさえしなければ何でもOKなはずです。

でも、400mインターバルをトレーニングに入れるようになって、自分のスピードのなさに愕然としたところで、様々なアスリートのトレーニング方法や、実際の走りを何度も動画でチェックしました。

少なくとも、彼らが本気で走るときには意識して腕振りをしているように感じます。リラックスして走るときには、自然な腕振りになっています。もっとも、彼らのリラックスした走りがキロ3分とかだったりするわけですが。

だから、やっぱりフルマラソンを走るにあたっては、腕振りなんて必要ないわけです。フルマラソンは最初から最後までリラックスしていないと、42.195kmを走り切ることはできません。

一生懸命腕振りをしなくてはいけないペースでは、確実に潰れてしまいます。だからフルマラソンを走るときには、自然な腕振りでいいと思います。でも、トレーニングの中では、それよりも速いペースが求められることもあります。

例えばインターバルやペース走。

インターバルでスピードを上げるとなると、無意識の腕振りでは走りが安定しません。2〜3本程度ならなんとか気合で乗り切れます。でも10本走るとなると、状態がブレない安定したフォームが必要になります。

実際に昨日のインターバルでは、意識して腕振りを行いました。最初に気づいたのは上体がブレないということ。これまでの腕振りは、巻き込むような感じでおこなっていましたが、インターバルでは縦の振りを意識しました。

そうすることで巻き込みが発生しなくなり、上体から突っ込んでいくような感覚があります。この感覚を維持しながら、オーバーペースにならないように400mを駆け抜けていきます。

そうなってくると考えるのは足の動きだけです。地面を蹴るのか、押し出すのか。どこで接地するのがいいのか、足のことだけを考えていればいいので、とてもシンプルです。

走っているときの集中力もあります。1点だけを見つめて、走ることだけに集中できるので、走りながら多くの情報を得ることができます。

これまで、腕振りは推進力を生み出すものだと思っていました。実際にトップレベルだとそうなのかもしれません。腕振りと肩甲骨の連動。肩甲骨と脊柱起立筋の連動。そして腰と足との連動と、すべてが連動して推進力が生まれる。

でも、わたしが今回感じたのは推進力ではなく、ロスをなくすための腕振りです。それが正しいのかどうかは分かりませんが、少なくとも今のわたしがインターバルを走り切るには縦方向の腕振りが必要です。

そして、この腕振りを走りに取り入れるのであれば、かなりじっくりと取り組まなくてはいけません。今まで完全に無視していた分野なので、無意識にできるようになるには、かなりの時間がかかります。

こういうのは、やはり陸上経験者のほうが有利ですね。基本ができているというのはこういう部分で差が出てくるのでしょう。素人のわたしは基本ができていないから、試行錯誤でようやく必要性に気付けるわけです。

でも、陸上経験者はあたり前のこととして習うわけです。毎日それを繰り返して習得するわけです。若くて吸収力がある時代に。六十の手習いなんてことを言いますが、スポーツに関しては若いうちに基礎をつけるのは大事です。

ただ、それをグチってもわたしが速くなるわけではないので、わたしは自分ができることとして、自分なりに正しい腕の使い方を追求していくしかありません。幸いなことに、学ぶ題材には事欠かない時代です。

何が正解かなんて分かりませんが、試行錯誤こそがわたしの得意分野でもありますので、楽しみながら1秒を削っていこうと思います。



練習日誌 2019.09.08

きれいな夕焼け……ではなく、練習時間をもう少し早めなきゃだな

朝ごはん
・ヨーグルト
・オートミール
・アサイーパウダー
・蜂蜜
・バナナ
・プチトマト
・ゆで卵
・蒸しサツマイモ

昼ごはん
・玄米ご飯
・生卵
・しらす
・長ネギとサツマイモの味噌汁
・味噌漬け

おやつ
・スイートポテト
・蒸しサツマイモ

晩ごはん
・餃子
・湯でもやし
・ビール

芋ばっかり食べてないで、そろそろ秋の果物も取り入れたいところ。秦野は梨が名産なんだけど高い……果物だと自分への投資だと思えないんよね。肉とか野菜なら思えるのに。そういう考え方を変えていけるかどうか。

朝ラン

普段は腕振りなんて意識しないけど、ちょっとスピードを意識し始めたので、これまで無視してきた腕振りも頭に入れて朝ラン。リカバリー明けで体が軽いと、台風の追い風もあって気持ちよくランできた。

シューズ:ワークマン アスレシューズライト

夕方ラン

400mインターバル10本
スクワット:200回

インターバルの1本目から8本目までが80〜83秒。9本目から接地位置を体のやや後方にずらして78秒台。まず10本走れたことに安堵。そして、ここまでくると走り方がとても大事だと認識。

合わせてスクワットもして、筋力アップをはかる。まだ膝が不安なので回数は少なめからやけど、ポイント練習と合わせてスクワットを入れていく予定。膝の不安がなくなったらジャンプ練習も。

シューズ:ナイキ ペガサスターボ

常にトップクラスに視点を置くというスタンス

なぜ自分はもっと速く走れないのか。ずっと考えています。例えば、1kmを走ったときには3分20〜30秒というのがわたしの持ちタイム。でも世界のトップランナーは2分10秒台で走ります。

同じ人間なのに、いったい何が違うのか。

才能が違うのは分かります。そこまでストイックになりきれていないのも理解しています。でも、たった1000mなのに1分以上も差がつく理由。これを、才能の差だけで語るわけにはいきません。

トレーニングの質もあるとは思います。でもマラソンにおいては、他の陸上競技ほど技術は関係ありません。ある一定のスピードを出せて、それを維持することができるかどうかがすべて。

維持するためには心肺機能向上が必須で、心肺に負荷をかけないために筋力も必要になってきます。いずれも劣っている自覚はありますが、もうワンランク上には行けるんじゃないかと思ったり。

春に膝を傷めてから、スクワットなどの筋トレを禁止したら、見事にスピードが落ちたので、筋トレが必要なのは間違いありません。もう40代なわけですから、鍛えておかないとすぐに筋力が落ちてしまいます。

体はそれなりに絞っていますが、1000mくらいなら体重はそれほど関係ないかもしれません。十種競技の右代選手が1500mを4分30秒くらいで走りますので、重くたって1kmを3分で走ることはできます。

要するにパワーも足りてないし、持久力も足りてない。さらに言うながらメンタルも足りていないのでしょう。

トップレベルの選手と比べてどうするのだと言われそうですが、わたしは何かを取り組むときには、最もレベルの高い人を基準にします。とりあえず、現時点ではそこが人間の限界ということで。

サッカーをしていたときも、海外リーグの試合ばかり見ていました。その中で自分だったらどうプレイするかを常に考えて、日々の練習に落とし込んでいました。それでも下手だったのは、もう笑うしかない話ですが。

マラソンも始めたときからずっと、「キロ3分」が基準です。キロ3分でフルマラソンを走れば、2時間6分とちょっとで完走できます。そのペースで自分が走れるかどうかはともかく、自分の目線はそこにあります。

スポーツだけでなく、仕事においてももちろんそうしてきました。物書きとしては、人気のある作家さんから学ぶことが多々あります。同じように書けるかどうかは問題ではなく、そのレベルにありたいというスタンス。

だからいつも足りていないんです。何をするにしても、いつも満たされることがない。フルマラソンを走って、1回も満足したことはありません。ウルトラマラソンだって、五街道を全て走ったときだって、少しも満たされていません。

そうあるべきと言っているのではなく、それがわたしのスタンスだというだけのことです。

なぜそうなったのかは分かりません。でも、気がついた頃には満たされるという感覚はなくなっていました。いつも渇いている状態で、自分自身に「よくやった」と思えることはありません。

マラソンは分かりやすい。わたしレベルですと、常に自分の前に誰かがいるわけです。なぜその人よりも前でゴールできなかったのか。完走したことよりも、その気持ちのほうが大きくなります。

裸足になって走るときだけは別です。速く走ろうと最初から思っていないので、楽しんで返ってこれればOK。ただ、裸足でも満たされることはありません。もっと上手くできたのではないかと思うから。

そして、悩んでいるわけです。なぜ自分はキロ3分で1kmも走れないのかということで。何が足りないのか、どこを改善すればいいのか。食事なのか、睡眠なのか、トレーニングの質なのか。きっとその全部なのでしょうけど、具体性がありません。

なのでちょっと迷子。

すぐに変わるものではありません。特効薬があるわけではなく、正しいことを継続していけば必ずたどり着ける。ただ、自分のやっていることが本当に正しいのか。現状の追い込み方で正解なのか不安になるわけです。

そうは言っても、自分を信じてやるだけなんですが。9月に入ってポイント練習をするようになったので、目標は常に高くに持ち、トレーニングはきちんと足元を見たものを積み重ねていきます。


マインドセット「やればできる! 」の研究
著者:キャロル・S・ドゥエック
楽天ブックス:マインドセット 「やればできる!」の研究 [ キャロル・S・ドゥエック ]

練習日誌 2019.09.08

台風が来る前に走ったのに、結局濡れてしまうという……

朝ごはん
・ヨーグルト
・オートミール
・アサイーパウダー
・蜂蜜
・バナナ
・プチトマト
・ゆで卵
・蒸しサツマイモ

昼ごはん
・チキンカツ弁当
・サンドイッチ

おやつ
・わらび餅

晩ごはん
・野菜炒め
・れんこんのはさみ揚げ(惣菜)

昨日、BBQの早い段階で酔いつぶれたので胃の中が空っぽに近い状態で、1日調子が悪いまま過ごす。食事もそうだけど、水分をかなり多めに摂って何とか落ち着いた感じ。

朝ラン

気持ち悪いと思いながらも、睡眠時間が長かったので5時30分に起床。起きたら走りに行くしかないので頑張ったけど、途中からグダグダな感じ。そして気持ち悪くて戻って2度寝……もう最悪。

シューズ:ワークマン アスレシューズライト

昼ラン

台風がくるというので、雨が降る前にと思って昼前にスタート。ところが、体にエネルギーが足りてないので、途中で1歩も走れなくなり自販機のあるところまで戻って給水&カロリー摂取。それと同時に土砂降り。

その後も、騙し騙しで本日のノルマにしていた12kmをなんとか終了。決めたことをやり抜いたことだけが成果。

シューズ:ナイキ ペガサスターボ

練習日誌 2019.09.07

朝帰りの猫

朝ごはん
・ヨーグルト
・オートミール
・アサイーパウダー
・蜂蜜
・バナナ
・プチトマト
・ゆで卵
・蒸しサツマイモ

昼ごはん
・BBQ

あんまり食べることなく、すぐに酔いつぶれたので今朝の体重が1kgマイナス。食べないと減るのは当然か。

朝ラン

少し背中に張りがあっていい感じ。「腰で走る感覚」と丹田の意識を心掛けながらの朝ランでした。意識が丹田にいくと、ちょうどいい感じに集中できる気がする。気のせいかもしれないけど。

シューズ:ワークマン アスレシューズライト