しげ のすべての投稿

ベストな準備をした者だけにベストなレースをする権利が与えられる

Window 1148929 640

体重はここ最近ないくらいに軽いので、今日のランニングを楽しみにしていたのですが、いざ走ってみると5kmでエネルギー切れをしてしまいました。走り出しから体が重く、南横ウルトラマラソンの疲労も残っていたのでしょう。

昨日も10km走った後に普段ではありえないくらいの筋肉疲労。

ただ、今日は5kmで走れなくなってから、1つ試してみました。1周1kmの公園のランニングコース。ジョグで走れないならと思って、そこから数十メートルの全力疾走。そこから歩くを繰り返して簡易インターバルをしました。

すると、そこからまた足が動き出しました。

Runner 690265 640

これは推測でしかないのですが、インターバルをしたことで、体がエネルギー源を脂肪に切り替えたのではないかと考えています。理屈は分かりませんが、以前から脂肪をエネルギーにするには、それなりの負荷が必要だと感じていました。

インターバルで高負荷と低負荷を繰り返したことで、走るためのエネルギーがグリコーゲンではなく脂肪に切り替わった。だとしたら、エンプティ状態からの走れるようになったのも理解できます。

マラソンというのはとても面白い競技だと、今更ながら感じています。ただ走っていれば速くなるというわけではなく、きちんと理にかなったトレーニングをしなくてはいけません。

・スピードを出すための筋トレ
・姿勢を維持するための筋トレ
・長時間のランに耐えられるだけの筋持久力の向上
・心肺機能の強化
・無駄を削ぎ落とすための減量
・42.195kmを走り切るためのメンタル 

これらの1つだけを鍛えても速くなりません。スピードを出せるようになっても持久力が足りないと後半失速します。 メンタルが弱いと前半に飛ばしすぎたり、後半に心が折れたりします。

いまわたしが取り組んでいる心拍数も、学べば学ぶほど話が複雑になっていきます。心拍数を上げないようにするには、血液がサラサラして流れやすいことが求められます。でも、それだけでなく柔らかい血管も必要だそうです。

Salad 2068220 640

そういうものはトレーニングというよりは、体質改善によって手に入れなくてはいけないのかもしれないと気づいたのがここ最近の出来事です。このためグルテンフリーを試しているわけです。

わたしは心拍数が他の人よりも上がりやすいと思っているので、血液が流れやすい体を手に入れたら、もうワンランク上の景色が見えるのではないかと感じています。

それと合わせてやっぱり体重です。161cmで53kgというのは速く走るには少し無理があります。本気で結果を出したいなら、50kgは切りたいとことです。

そういった要素を複合的に改善していけば、必ず結果が出るのがランニングの面白さでもあります。もちろん、それに合わせてリカバリーの考え方も重要ですが。

Runners 1829201 640

こんなにも複雑なのに、いざ走り出すとやることは足を交互に下ろすだけ。いや、シューズによってはもう少し複雑な動かし方が必要ですが、基本は足を交互に下ろすだけ。

その動作に耐えられる体を作る。その動作で前に進む体を作る。これがマラソン。

サッカーの場合には、ゲーム中の想像力が求められます。刻々と変わっていく状況の中から最適なプレーを選んでいく。一見すると無駄に思えるような動きも駆け引きの中では必要になってきます。

マラソンにはそういう楽しさがありません。マラソンにはゲーム性がありません。

Chess 1846805 640

でも、だからこそスタートラインに立つまでの準備が問われますし、才能だけでなく努力が求められます。わたしはそこがたまらなく好きです。

運悪くいいレースができないことはあっても、運よくいいレースができることはありません。ベストな準備をした者だけにベストなレースをする権利が与えられる。

今シーズンの終わりになって、その本質にようやくたどり着けたような気がします。2019−2020シーズンはわたしにとって、大きな飛躍のシーズンになる。根拠はありませんが、そんな気がします。

やるべきことが山積みですが、ひとつひとつ整理してしっかりとベストな準備をしようと思います。


準備する力 ラグビー日本代表GMのメソッド
著者:岩渕 健輔
楽天ブックス:準備する力 ラグビー日本代表GMのメソッド [ 岩渕 健輔 ]

自分の中の出る杭を打つような自分であってはならない

Working 1024382 640

板橋Cityマラソンの取材。当初は行く予定がなく、仕事も埋まっていたのですが、少し無理していくことに。

マラソンの情報発信をしていて、そう遠くない場所で人気の大会がある。これまでは、そういう時でも取材しないことも多かったのですが、無理のないことばかりしていては超えられない壁があります。

世の中で名前を知られている人の多くが、どんな形であれ、それぞれの限界を自分で突破しています。山の麓でウロウロしていても、山頂には届かない。だったら無理でも登るしかない。

ただ、わたしは山頂に行きたいのではなく、山頂までの景色を見たい。山の麓で安全に暮らしているだけでは、決して見ることのできない景色。

Mountain climbing 802099 640

ランニングやマラソンの情報発信者として、自分がどこまでの高さまで登れるかなんて、やってみないと分かりません。会社を辞めたときは、いまの自分を1ミリも想像できませんでした。道は険しく、そして誰もそこにいない孤独。

ただ、わたしは孤独をさみしいとは感じませんし、むしろ居心地の良さを感じています。

孤独をさみしいと言う人は、溢れるほどの愛情を受けて育ったのでしょう。わたしも愛情を受けて育ったのでしょうが、自由にさせるという形での愛情だったからか、「構って欲しい」という感覚がありません。

だから、普段は家の中で黙々と仕事を繰り返すことができます。誰からも評価されなくても、自分のことは自分で判断できますし、他人の評価ほどあてにならないものはありません。

Angel 2591973 640

歪んでいるなとは思うものの、他人に依存しないというのは、小さなころからのわたしのクセのようなものです。自分で考えて、自分で行動する。

誰かに指示されないと動けないという人も世の中にはいるようですが、わたしにはそれが理解できません。いや、そういう人がいることはわかります。でも、なぜ自分で判断して動かないのか不思議に感じます。

もっとも会社組織において本当に求められるのは、自分で考えることをしない歯車としての人材。少なくとも古くからある大きな会社ではそうです。

出る杭は打たれるのが日本の組織における基本。ベンチャー企業ですら、そういう傾向にあります。時々変わった経営者が出る杭をさらに引き伸ばしてくれますが、余程の幸運でない限り、杭は打たれ続けます。

Fence 2405307 640

打たれて耐えるか、バカバカしいと思って抜けるかは人それぞれですが、出る杭になるような人は、だいたい抜けていきます。それくらいの気概がないと出る杭にはなれませんから。

そして会社組織は歯車ばかりになり、革新的なことを生み出せなくなります。わたしには関係のないことですが。

ただ、わたし自身の中で、自分の出っ張りを叩いているのではないかという気持ちはあります。カッコつけて言うなら危機感というやつです。

このまま惰性で続けはいけない。山の麓から少しだけ高いところでウロウロしていたのでは、何のために麓を離れたのかわかりません。もっと上の景色を見てみたいという気持ちを取り戻しつつあります。

Wolf 3158282 640

だったら、少しくらい無理をしてでも背伸びをする。今はきっとそういうタイミング。自分にとってのマラソンシーズンも終わったので、物書きとしての自分に集中するターンです。

道の先は見えませんが、だからこその楽しさがあります。もうワンランク上がるために現状維持で満足しないこと。ただ、どこにでもいる平凡な歯車にはならないこと。歪でも自分らしさを忘れないように気をつけながら、山頂を目指します。


死ぬこと以外かすり傷
著者:箕輪 厚介
楽天ブックス:死ぬこと以外かすり傷 [ 箕輪厚介 ]

毎日を楽しく過ごすためにわたしたちが大切にすべき2つのこと

Kitchen 515388 640

最近ちゃんとごはんを作るような生活に切り替わりつつあります。とはいえ朝は果物とスープ。昼はごはんと納豆と味噌汁という基本は変わりませんので、晩ごはんをきちんと。

難しいものは作っていません。今は意識的にタンパク質を摂っているので、肉ベースの何かを作るだけですが、やっぱりちゃんと作るのは大事だということを再確認しています。

食べたものが身体を作っているのは言うまでもありません。でも、忙しさを理由に手を抜いていました。

仕事が忙しくてそれどころではないから仕方ない。もっともな理由に思えますが、当然その考え方は間違っています。少なくともわたしの中では。

Olive oil 968657 640

なぜなら、わたしは仕事をするために生きているだけではないから。そして、仕事をするにしても健康な身体がないことには働き続けることもできません。

すべての基本は健康であることがベースにあります。仕事だけでなくランニングもそう。旅することだって、健康でないとできません。病弱な旅人なんて聞いたことありませんから。

だから、食べ物と睡眠だけは大切にする。これはすべての人に言えることですが、実際には食べ物も睡眠も軽視されがちです。頭では分かっていても、いろいろと後回しされてしまいます。

コンビニのお弁当は美味しいし便利です。ジャンクフードだって美味しくて、ときどき無性に食べたくなります。

French fries 1851143 640

睡眠時間だって、毎日6時間以上寝れているという人は少数派ではないでしょうか。それも寝ようと思ったら寝れるのに、テレビの深夜番組やスマホで動画を見て夜更かし。

平日に睡眠時間を確保できないから休日は遅くまで寝ている。

会社員をしているとストレスもあって、どうしても悪い方へのスパイラルから抜け出せなくなります。本当に大切なものが何なのかを見失ってしまいます。わたしも会社員だったわけですから、それはよく分かります。

負のスパイラルから抜け出すことは簡単ではありません。わたしのように会社を辞めてしまうという判断は勇気もいります。別にわたしに勇気があったわけではなく、会社員でいることにバカバカしくなったから辞めただけですが。

Girl 2501091 640

でも、どんな働き方をしていてでも、食事と睡眠を大切にすること。そこに生活の中心を置くという意識は持ったほうがいい。そこがすべてだと断言してもいいです。

あと少しの運動があると健康という意味では十分です。わたしのように毎日走っているのは病気です。

健康は自分で意識して、時間とお金を投資して始めて手に入れることができます。食べ過ぎないように節制しつつも、体にいいものを選ぶようにする。もちろん、美味しいことが大前提ですが。

睡眠だって目覚ましなしで起きれるくらい早く寝ることです。どうしても見たい番組があるなら録画すればいいんです。でも、1年前に見たテレビ番組の内容を覚えてますか?

House 2591528 640

覚えてなくても、自分の中でうまく消化しているという人もいるかもしれませんが、いい大人が睡眠時間を削ってまでするようなことではありません。決して我が家にテレビがないからひがんでいるわけではなく。

騙されたと思って2週間、ていねいな食事と十分な睡眠を心がけてみてください。明らかに自分の中で変化を感じるはずです。

気力もあり、何か新しいことを始めたくなっている自分に気づくかもしれません。そこでランニングをしてくれると嬉しいのですが、何を始めるかは人それぞれ。

わたしが本当に知ってもらいたいのは、身体を大切にするという感覚です。

Happy woman 1209728 640

大切にしていないときが多いわたしが言うと説得力がまったくありませんが、わたしたちはやっぱり身体が資本です。身体のことを後回しにすることなく、最優先すること。

健康オタクになる必要はありませんが、できることから始めてみませんか?

未来の自分のために。


からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て 新訂版
著者:大森 一慧
楽天ブックス:からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て新訂版 [ 大森一慧 ]

「だから真面目に走るのは嫌だ」と僕はつぶやいた

Grass 1867800 640

思った以上に回復してこない身体。次のレースは1週間先。5kmとはいえリレーなので手は抜けません。でも今の状態だと20分を超えて22分くらいがいいところでしょうか。

60kmを走ってからまだ1週間なので当然といえば当然ですが、「だから真面目に走るのは嫌だ」といつも思うわけです。愛媛マラソンの後もそうでした。

海外ではフルマラソンよりもハーフマラソンのほうが人気があります。もちろんレースや国にもよりますが、次の日に疲労を残さないという意味で、ハーフマラソンの参加者の方が多い大会がいくつもあります。

わたしもフルマラソンを裸足でペタペタやっているうちはいいんです。でも、ほんの少しでも色気を出してスピードに乗った走りをしたらいけません。数日は疲労が抜けませんし、オールアウトするような走りをしたら地獄。

Bulgaria 1741463 640

この回復に関してだけは若くないんだなということを実感します。43歳という年齢は、スポーツをバリバリ頑張るような年齢ではありません。

年齢に合わせて無理のない走りをしてればいいんですが、ときどき頑張りたくなるのですから仕方ありません。

たまに本気を見せておいて、あんまり速くないことを証明しておかないと、なぜか「あの人は本気だと速い」とか変な噂が立ったりしますので。自分のことを遅いランナーとは言いませんが、速いランナーではありません。

謙虚さも込みで中の上くらい。

Alone 1869997 640

そして、やっぱりわたしは「誰かに勝ちたい」とか「自己ベストを更新したい」といった感情が欠けています。「もっと上手く走れるようになりたい」という思いはありますが、速く走りたいという感情とはイコールではありません。

タイムというのは結果でしかありません。上手く走れていれば必然的に上がるものであり、現在地を示すものという位置づけです。フルマラソンを3時間20分で走ったなら、そこが自分の座標。

そこで3時間15分を目指そうとはなりません。

レースの中で自分に足りなかった部分を反省し、それを改善していく。もしくは新しい気づきを取り入れてみる。その結果が3時間15分かもしれませんし、3時間25分かもしれません。

Pocket watch 3156771 640

どうしても意識するタイムがあるとすれば、愛媛マラソンの3時間30分だけです。これは実家に帰るための切符のようなもの。3時間30分以内に完走できれば、そこから数年間はまた愛媛マラソンを走れますので。

それだって、いつまで続くかは分かりません。実際に、一昨年までの数年間ずっと3時間30分を切れなかったわけですから。

話がだいぶズレました。回復の話です。

とにかく回復しません。裸足ならなんとか1時間走れますが、シューズを履いてしまうと身体の重いこと。裸足で走っても、ラン後の疲労が半端ない状態。

Massage 389719 640

ここまでひどいなら、思い切って完全休養にでもすべきかもしれません。それをする勇気がないのがわたしのよくないところ。体重が面白いように落ちているのも、練習をしたくなる要因です。

ただ、来週にはきちんと照準を合わせる必要があります。シーズン最後なので5kmで潰れてもいいから。

もっとも潰れてもいい走りすらできないのが現実。キロ5分くらいが限界です。それ以上はまったく足が動きません。困りましたが、困っても改善しないので、今できるのはしっかり寝るくらい。

あとは、年間で頑張るレースを減らしていくこと。鹿児島も台北も走ってもいいけど絶対に疲労を残さない。そういう大人の走りができる自分を目指します。


超疲労回復 (Business Life)
著者:ZEROGYM、松尾 伊津香
楽天ブックス:超疲労回復 「最高の脱力」を体感せよ (Business Life) [ ZEROGYM ]

グルテンフリーがもたらす変化「ジョコビッチの生まれ変わる食事」

Salad 2756467 640

グルテンフリーを試すために、いまさら「ジョコビッチの生まれ変わる食事」を読みました。いろいろと学ぶことの多い内容でしたが、結果的に外に出たときに、ほとんど何も食べることができなくなるという。

いつもならカフェで仕事をするときには、コーヒーと何かを一緒に買っていましたが、スイートポテトかスタバのポテチくらいしか食べれるものがありません。

スイートポテトには砂糖が入ってるし、ポテチは油を使っていますので、ジョコビッチ的にはどちらもNGなのでしょうが。

さらに、ランチは炭水化物で夕食がたんぱく質という食べ分け方も意識すると、外食で晩ごはんを食べるなら居酒屋か中華屋にでも行く必要があります。これがなかなか苦しいのですが、慣れればなんとかなるかもしれません。

Asparagus 2169305 640

わたしはこだわった食事をする人は、それをやり抜くメンタルがすごいのだと考えています。だから菜食主義者のスコット・ジュレクを真似して肉を食べないようにしても、決してスコット・ジュレクになれるわけではありません。

でも、グルテンや小麦粉というのは少し話が変わってきます。

小麦粉を摂らないように意識してみると、世の中の食べ物はほとんどが小麦粉を使っていることが分かります。パンはもちろんのこと、麺やお菓子だってそうです。美味しそうに見えるものはほとんどが小麦粉を使っています。

小麦粉がない食事をするのはとても難しく、しかもお金がかかります。

Abundance 1868573 640

ここまで小麦粉が多いということは、わたしはこれまでの43年間でかなりの量の小麦粉を口にしてきたということです。そうなると小麦粉アレルギーに近い状態になっていてもおかしくありません。

花粉症もそうですが、後天的なアレルギーの多くは摂取しすぎたことによって発生します。

わたしだけでなく、多くの人がすでに許容量を超えていてもおかしくありません。これだけ花粉症の人がいるわけですから、小麦粉への耐性がなくなっていても当然のことです。

ただ、わたしは別に小麦粉を食べないほうがいいと言うつもりはありません。今の人体実験が終わったら、普通に小麦粉を口にすると思います。いい結果が出たら摂取量を減らしたり、シーズン中は摂らないようにしたりしますが。

Salad 2496263 640

まだ、グルテンフリーを意識してから2週間も経過していないので、自分の中で何かが変わったという印象はありません。右足の太ももにあったかゆみを伴った肌荒れが、痒くなくなったくらいでしょうか。

あと、入浴剤なしでもお風呂に入れるようになりました。

それと引き換えなのか、別の理由かは分かりませんが、読めない文章が増えています。文章書きをしていて言葉や表現がうまくでてきません。読めない文章というのは横文字が多い文章ですが、読みながらまったく頭に入ってきません。

もっとも、読んだのが心拍数に関する論文だったということもありますが。

Bagan 1137015 640

本当はもっと頭の中がクリアになるはずなんです。「ジョコビッチの生まれ変わる食事」によると。いや、実際にクリアな感じにはなっています。でも明晰かというとそうでもなく。

単純に視界は見事にクリアになっています。ちゃんと遠くまで見えています。これまでも見えてはいましたが、情報として脳にまで届いていませんでした。ところが、今は遠くにある何かが気になることもあります。

何かが変わったという印象はないと書きましたが、こうやって文章にすると十分に変わっていますね。ただ、これがグルテンフリーにしたからなのかは分かりません。

だいたい1週間やそこらで結果が出るなんて、そんなうまい話があるわけありませんから。

Dish 1209170 640

とはいえ、この時点でたくさんの気づきはありますから、しばらくはグルテンフリーを継続していこうとは思います。もちろん、グルテンフリーだけでなく、アスリートとしてのあり方なども含めて、いろいろと取り組んでいきます。

大事なのはそれを自分のやり方に落とし込むことです。

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」でも何度も触れられているのが、「これは自分には適していたが、他の人が同じ様になるとは限らない」というニュアンスのことでした。

わたしはきっと小麦粉アレルギーではありませんし、ジョコビッチのような才能があるわけでもありません。だから、最初は真似をしても最終的には自分にフィットするようにアレンジが必要です。

Silhouette 2512805 640

この本にあるように、オープンマインドで新しいものを取り入れていく。そして、自分の中でパズルを組み立てるように自分のものにしていく。

グルテンフリーのブームは過ぎたので「いまさら」感は否めませんが、興味のある人はぜひ読んでみるといいかと思います。わたしの体を使った人体実験は、今月末くらいにはある程度のレポートを出せるはずです。

それまで待ってもらってもいいですし、ちょうど読む本がなくなったという人はすぐにでも。


ジョコビッチの生まれ変わる食事 新装版
著者:ノバク・ジョコビッチ
楽天ブックス:ジョコビッチの生まれ変わる食事 新装版 [ ノバク・ジョコビッチ ]

恋のドキドキは楽しいがランニングのドキドキはなんとかしたい

Heart 1403462 640

心拍数が上がりやすいこと。これが今のわたしの弱点であり、これから向き合っていかなくてはいけない課題のひとつです。以前から気づいてはいましたが、今回の南横ウルトラマラソンでは顕著に現れてしまいました。

ランナーは安静時の心拍数が50を切ることもありますが、わたしの場合は50がいいところ。一般的な人と比べれば悲観的になる値ではありませんが、決して優れているわけでもありません。

そして問題なのは気温が高いときの運動時に、心拍数が上がりすぎるという点です。涼しい状態ならそれほど気になることはありませんが、わたしの高温への対応力のなさは大きな問題になっています。

夏場の昼間に練習をしているとはっきりと分かります。夏の昼間なんて誰でもそうなるだろうと思うかもしれませんが、わたしはパタッと走れなくなります。身体が動くのを止めてしまうことがよくあります。

Road 3133502 640

今回の南横ウルトラマラソンでは、スタート時に気温が20℃近くあったので、最初からキロ5分がきつく感じました。想定ではキロ4分半で走るつもりだったにも関わらず。

得意のはずの上りでも、心拍数が簡単にレッドゾーンに入ってしまい、上位陣の誰よりも早く歩き始めました。1年前の南横ウルトラマラソンでも同じことがありました。得意の上りで心拍数が限界に達して走れなくなる。

足が辛いのではなく、心肺が悲鳴をあげて歩き出す。わたしが次のステップへと上りたいのであれば、これは改善しなくてはいけないポイントのひとつだと感じています。

心拍数が上がりにくい体にするか、心拍数を上げないで走れる方法を見つけるか。

Equipment 3089883 640

きっと両方なのでしょう。そして、トレーニングによって心肺機能を高めるだけでなく、体質改善も行わなくてはいけない可能性もあります。もしかしたら、思いつきで始めたグルテンフリーが役立つかもしれません。

とにかく、いまの自分にとってのキーワードが「心拍数」というので間違いありません。

ただ闇雲にあれこれ試しても意味がありません。まずは生理学的に、どのような過程で心拍数が上がるのかを学ぶ必要があり、ランニング負荷と心拍数の関係なども学ぶ必要があります。

実はちょっとワクワクしてきます。

Meditation 1287207 640

知らないことを学ぶのはいつだって楽しいものです。それを自分の体で試すことができるのも、楽しくて仕方ありません。人間の体って知っているようで、分からないことがだらけですから。

自分で仮定を立てて、それを検証していく。自己満足に過ぎませんが、これを繰り返せばどこかに到達出来るような気がします。

それが剣や武道の達人のような領域だと面白いのですが、どこにたどり着くか分からないのも含めて楽しかったりします。学校や会社ではありませんので、間違ってもいいわけですから。

わたしは感覚派のランナーですが、感覚のベースにあるのはいつだって経験や知識です。

Reading 925589 640

学びなくして感覚は磨かれませんし、感覚なくして知識は活かされません。だから、学んで実践しての繰り返し。自分の課題がはっきりしたときは、それを行うチャンスです。

学校の勉強もこれくらい熱心に取り組むことができていれば、わたしの人生も違っていたのでしょうが、そうでなかったからこそ今の自分があるわけで。

いずれにしてもシーズンオフは終わりましたので、時間はたっぷりあります。

来シーズンに結果を出すために、昨年のトレーニングにプラスアルファの上澄みをするために、いろいろと試してみようと思います。


1から学ぶスポーツ生理学【第2版】
著者:中里浩一、岡本孝信、須永美歌子
楽天ブックス:1から学ぶスポーツ生理学第2版 [ 中里浩一 ]

忘れていくことを恐れるのではなく、自分の糧として生きていく

2419212bd33a223e90e1b568cdfb16eb s

3月11日は日本人にとって忘れられない日。でも、その記憶はゆっくりと薄れていきます。東日本大震災のあとも日本国内で様々な自然災害があり、意識がそちらに移ってしまうのは仕方のないことです。

わたしにとっても3月11日は特別な日ではあるものの、その意味が変わりつつあります。あの日以前の3月11日は、岩手で暮らす大切な人の誕生日を祝うための1日でした。

震災当日も「誕生日おめでとう」のメッセージを送っていましたが、その数時間後に「大丈夫?」のメッセージが重ねられました。幸運にも大きな問題はなく「大丈夫」との連絡があり、心から安心したのを覚えています。

ただ、翌年に「誕生日おめでとう」のメッセージを送るべきかどうかかなり悩みました。

Girl 1822702 640

きっと彼女にはわたしには分からない苦しみや葛藤があったことでしょう。彼女だけでなく、東北に縁のある人にとっては、笑って過ごすことが難しい1日。

数年後の3月11日、彼女は入籍しました。それだけで、この日がどれだけ特別な1日なのかが伝わってきます。

わたしにとって大切な人ですが、もう20年も前にお付き合いすることもなく当たって砕けた相手です。ちょっと歪な関係ですが、20年も好きでいられるのはそれはそれで良かったのかなと。

それはともかく昨年に久しぶり再会したこともあって、今年の3月11日は震災前の大切な人の誕生日を祝うための1日という感覚を取り戻すことができました。

Window 2575510 640

もちろん、あの日のことも思い出します。でも、以前のように考えすぎて深いところまで落ちていくことはありません。自分が何かをしなくてはなんてことも思いません。

あの日にあったことを思い出すだけ。

ちょっと薄情なところがあるのは自分でも分かっています。でもわたしは世界を救える人間ではありません。わたしにできるのはいつだって目の前にいる1人とまっすぐに向き合うことだけ。

なのに、ここまではいろいろと無理をしてきました。被災地だからという理由でマラソン大会に出場するというのは、それの最たるものだったかもしれません。決して悪いことだとは思いませんが、わたしらしくない行動です。

Night 839807 640

8年経過しても復興はまだ道半ば。

でも、8年というのは短い時間ではありません。わたし自身も大きな変化がありました。あのとき姉のお腹にいた子は、父の生まれ育った松山で伸び伸びと暮らしています。毎日設計図面と向き合っていたわたしは、走ることと書くことを仕事にしています。

あの日のことを忘れてはいけないとと同じくらい、それぞれに8年という時間が経過している事実も忘れてはいけません。

きっとあの日に夢を失った人もいて、絶望の淵に立たされた人もいる。でもきっとその人たちも前に進んでいる。わたしは人間のそういう強さを信じています。

忘れていくことを恐れるのではなく、自分の糧として生きていく。

Love 1672154 640

自分にできることがあるならもちろん行います。でもやっぱり、わたしがするべきことは今日を全力で生きることだけです。どこで終わったとしても悔いがないように生きる。

わたしがあの日学んだのはそういうことです。

そのためには、目の前にいる人とまっすぐに向き合うこと。目の前の仕事に集中すること。そして、自分の周りにいる人たちにいつも感謝すること。

簡単ではありませんが、8年経過したいまだからできるような気がします


ぼくは海になった―東日本大震災で消えた小さな命の物語
著者:うさ
楽天ブックス:ぼくは海になった 東日本大震災で消えた小さな命の物語 [ うさ ]

才能はない、だから走り続けられる〜2019第9回南横ウルトラマラソンレポート〜

P3090031

昨年に続いて、出場することになった南横ウルトラマラソン。「ウルトラマラソンはもう走らない」と決めたわたしが、唯一走る42kmオーバーの大会です(24時間マラソンは別として)。

参加種目は昨年と同じ60km。2018年は5時間50分51秒で8位。今シーズンは調子もいいので、5時間30分くらいは出せるかなと期待してスタートラインに立ちました。

ただ、前日に南横ウルトラマラソンの大会側に招待されての食事会があり、18時から21時半までの宴会。お酒はビールだけにしていましたが、スタート前から体が重いわけです。

1ミリも後悔はありません。わたしは勝ちに来たわけではなく、笑顔を交わしに来たわけですから。ただ、わたしには珍しくファンランではなく本気ランです。やるからには全力で60kmを駆け抜けます。

P3090024

そう意気込んでいましたが、スタート直前にトラブルが発生します。この大会はマイカップ制なのですが、マイカップをつけていたポーチをスタート前に紛失。それに気づいたのがスタート数分前。

新しいコップを用意する時間もなく、しかもiPhoneを入れておくつもりだったポーチもないので、右手にはiPhoneを握りしめてのスタートしました。

体は重いものの、ペースを気にせずにスタートしたらいきなり3番手。そこからはズルズルと順位を下げていきましたが。

昨年よりは動けている感覚はあるものの、1週間前に走った鹿児島マラソンの疲労が残っているようで、わたしの生命線である太腿の前側の筋肉が思うように動きません。

IMG 9288

上位を狙うなら、わたしを追い抜いていくランナーについていきたいところですが、それをすると後半の失速は明らか。しかもわたしは給水のためのコップがありません。

とりあえずの作戦は、食べ物で給水することでした。トマトとオレンジを2個ずつくらい頬張って、わずかながらの水分を体内に取り込みます。

内臓に負担がかかりそうでしたが、他に良い方法が思いつかず。

得意の上り坂に入っても大腿部の疲労感が強く、思ったようにペースが上がりません。15kmくらいまではなんとか粘りましたが、その後の上りで歩きはじめてしまいました。

IMG 9317

ただ、幸運なことに20kmを過ぎたくらいから、雨が降り始めます。水分補給ができないわたしにとっては、これが恵みの雨となりました。雨を飲むわけにはいきませんが、少なくとも発汗を最小限に抑えられます。

25kmから29kmまでは下り坂。ここで足の回復をはかりますが、疲労が溜まっている足にとっては、上りよりも下りが鬼門。走ることはできても疲労はどんどん溜まります。雨も降っていますので、しっかりと地面を掴みながら1歩ずつ。

なんとか30kmまでたどり着いて、そこからは来た道を折り返します。

ここまでのタイムが2時間45分でしたので、調子が悪いなりにもほぼ狙い通りのタイムです。復路は下り貴重になるので、粘ることができればなんとか5時間30分で完走できます。

IMG 9295

粘ることができれば……ですが。

そう計算通りになんていかないのがウルトラマラソンです。下りはそれなりにペースを上げることができますが、走れば走るほど足が消耗していき、思うように動かせなくなります。

そしてついに40km手前で大失速しました。足を完全に使い切ってしまった状態で、下り坂ですら歩いてしまいます。

わたしを追い越していく同じ60kmのランナーが「加油!」「一緒にゴールを目指そう」と声をかけてくれるものの、足は棒のようになって、とてもここからゴールまで走り続けるのは厳しい状態。

IMG 9328

「残り20kmかぁ……歩いたらどれくらかかるかな」と弱気になりながらも、走っては歩くを繰り返します。これはさすがにまずいと思い、40km過ぎのエイドで手に水を注いで給水しました。

手がベタつくのでスポーツドリンクは避けて、塩できちんとミネラルも補給。残りの距離を走り切るための態勢を整えます。

ここで塩分を取れたのが大きかったかもしれません。上り坂など走れない箇所はあるものの、走り出せばキロ5分20秒くらいのペースを取り戻すことができました。

エイドの通過時間を確認したところ、このペースを維持できれば昨年よりもいいタイムで完走できそうだったということも、わたしに希望を与えました。

P3090057

潰れてしまったとはいえ、少なくとも昨年までの自分を超えていこう。そう思えたことで、精神的に弱気になっていた自分から抜け出すことができました。

45kmのエイドではお椀に入った麺があり、食べ終えたお椀をコップ代わりに。これでスポーツドリンクも飲むことができます。

残り15km。

わたしを追い抜いていったランナーも潰れており、何人かを抜き返すことができましたが、反対にわたしを簡単にパスしていくランナーもおり、その時点での順位はまったく分かりません。

IMG 9339

入賞は10位までですので、できるだけ抜かれないようにしたいところですが、スピードをコントロールする余裕はありません。とにかくできるだけ歩く時間を短くすることだけを考えます。

抜かれてしまったらそれは仕方のないこと。少なくとも昨年の自分は超えていく。

笑顔どころか悲壮感しかない状態でしたが、そんなわたしを見て、ボランティアスタッフさんも地元の人も「加油!」の声援を送ってくれます。

日本人だからというのもあるのでしょうが、すべてを出し切ろうという姿勢を受け入れてもらえたような気がしました。

IMG 9284

わたしには走る才能はありません。オリンピックを目指すこともありませんし、どんどん自己ベスト更新をしていけるような選手でもありません。

でも、全力を尽くすことはできます。それを応援してくれる人がいるから、わたしは走り続けることができます。

残り2kmとなったところで、足が限界を超えてしまいます。右足のふくらはぎが何度も攣りそうになり、ペースがさらに落ちてしまいましたが、追い込まれてからがわたしの本領。

絶対に攣らないように細心の注意を払いながら、可能な限りのスピードでゴールを目指しました。

P3080019

5時間43分39秒。

昨年から7分22秒縮めることに成功しました。運よく10位入賞というおまけ付きです。走り終えてフラついているわたしに、先にゴールしたランナーたちが「おめでとう」と健闘をたたえてくれました。

レース中は競争相手でしたが、同じ困難に立ち向かう仲間でもあったわけです。こういう関係を築けるのも、全力ランをしたからなのでしょう。自分を出し切るレースは大変ですが、ファンランとは違った楽しさがあります。

右も左も分からない状態で走った1年前とは違った充実感。そして、もっといい準備をして望むべきだったという反省。悔しい思いというのはランナーを強くしてくれます。

IMG 9282

シーズン最後(リレーマラソンが残っていますが)のレースとして、喜びと悔しさの両方を手にしたことは、わたしにとって大きな収穫でした。

また南横ウルトラマラソンを走ることができるなら、もっといい走りができる自分でありたい。これで来シーズンに向けて、また厳しい練習を積み重ねられるような気がします。


2時間で走る:フルマラソンの歴史と「サブ2」への挑戦
著者:エド・シーサ
楽天ブックス:2時間で走る フルマラソンの歴史と「サブ2」への挑戦 [ エド・シーサ ]

南横ウルトラマラソンに行ってきます!

P3170268

次の土曜日は台湾の南横ウルトラマラソンに出場します。数日前に鹿児島マラソンを走ったばかりなのに?と思うかもしれませんが、鹿児島マラソンは足裏以外の負荷はそれほどなく、そこそこ走れるつもりでいます。

昨年は入賞していますので、今年はそれよりも上の順位を狙っています。速く走ることに意味はないと思っていますが、全力で走る日本人の姿を台湾のランナーに見せたいという思いがあり、本気で走るわけです。

そうなってくるとシューズ選びで困ります。

下り坂で圧倒的に強いMEDIFOAM、愛媛マラソンで結果を出したアディダスのadizero japanboost、なぜか速く走れるNIKEのペガサスターボ、そして安定感抜群のワークマンの980円シューズ。

P2230039

もうひとつの候補にアディダスのULTRABOOST19がありましたが、昨日走ってみたところ、速く走るのにパワーがいることがわかったので却下しました。

ULTRABOOST19で走りながら気がついたのは、わたしにとってシューズ選びで重要なのは「軽さ」だということ。ワークマンの980円シューズは安定感が高いシューズですが、大前提として軽いということがあります。

シューズが100g重いだけで、足の運びに違いが出ます。そう考えるとMEDIFOAMもやや重さが気になります。

昨年の南横ウルトラマラソンはMEDIFOAMで走っていますが、スタートからトップに離される展開になりました。わたしの走りではキロ5分のペースがいいところ。これでは勝負になりません。

PB280013

そこで残ったのがadizero japanboostとペガサスターボ、そしてワークマンの980円シューズ。

ただワークマンの980円シューズは年末年始の東西対抗東海道ウルトラマラソンで履きつぶしたので、新しいものを買わなくてはいけません。そこでワークマンに行ってきたのですが、なんと全部売り切れ。

わたしがワークマンの記事を書いたあとに、かなり売れたと聞いていましたが、在庫がなくなる状態だとは思いませんでした。というわけでワークマンの980円シューズは選択肢から消えました。

そうなると、あとはアディダスvsナイキ。

IMG 9020

実はわたし、ペガサスターボをレースで履いたことがないんです。リレーマラソンで履いたことはありますが、1周2kmもないコースでした。そのときにキロ3分台で走っていますが、60kmという距離にわたしの体が耐えられるのか。

adizero japanboostは信頼していますが、安定感という意味ではやや不安が残ります。南横ウルトラマラソンのコースは2000m以上の高度上昇があります。愛媛マラソンとは足への負荷がまったく違います。

さて困りました。

いつものように何も考えずに走るなら、何を履いてもいいと思います。でも、いい走りをしたいとなると、最適なシューズを選ばなくてはいけません。無駄に知識があると、こういうときにやっかいです。

P8180216

自業自得ってやつでしょうか。ワークマンのシューズが売り切れているのも合わせて。

とりあえず、スピードが出ないことには話にならないので、いまのところペガサスターボを履いていこうかと思います。ラン仲間がペガサスで結果を出しているので、走れるシューズなのは間違いありませんし。

問題はLCCなので荷物が10kgまでなので、履いていかなくてはいけないということでしょうか。

台湾に到着したらすぐにサンダルに履き替えてやる……

鹿児島マラソンはLCCではなかったのですが、LCC対応の小さなバッグ1つだけ。前夜祭で焼酎の小瓶を5つもいただき、復路便ではカメラがカバンからはみ出す状態。

P3170200

今回は同じミスを繰り返さないように、できる限りコンパクトに。カメラレンズも単焦点を1つだけ。勝負レースなのでレース風景はiPhoneに任せるとします。

あとはお土産かな。それは成田空港で購入するとしましょう。シューズも決まったし、これできっとオールOK!あとは腹を括って走るだけです。いや、その前に明日の晩ごはんに何を食べるかを……

どうもだいぶ浮かれているようです。

こんなので大丈夫なのかな?

今回は単独行動がほとんどないので、ブログを書けるかどうか心配ですが、いろいろ報告は帰国してからということで。全力で南横ウルトラマラソンを楽しんできます。


台北日帰り弾丸旅 食べまくり! 1年12回: このルートで回れば、ムダなくムリなく大充実 (小学館実用シリーズ LADY BIRD)
著者:門司 紀子
楽天ブックス:台北日帰り弾丸旅 食べまくり! 1年12回 このルートで回れば、ムダなくムリなく大充実 (LADY BIRD 小学館実用シリーズ) [ 門司 紀子 ]

本質を見失った映画じゃ心は動かない「サムライマラソン」

P3010001 2

鹿児島マラソン前にサムライマラソンを観てきました。期待値が高すぎたからか、観終わってからのモヤモヤが止まりません。何が引っかかっているのかを整理するために、ブログにまとめてみました。

ちなみに、ネタバレになる可能性もありますので、これからサムライマラソンを観るという人は読み進めないでください。

サムライマラソンは史実に基づいた創作とのこと。これが誤解を招いていそうですが、史実としてあるのは、江戸時代の安中藩でマラソンが行われたということだけです。

この映画のようなことが実際に起きたわけではなく、隠密とかお姫さまの脱走などはすべて創作なのでしょう。それくらいならよくある話です。

IMG 9204

創作ならまあいいかと思うわけです。だってそれが映画というものですから。でも史実に基づくなら、守らなくてはいけないルールがあります。

わたしが引っかかたのがこの映画で鍵になる関所。脱走したお姫様はなんとかして関所を通過して江戸に向かおうとします。遠足のシーンでも関所が出てきますし、江戸からの刺客も関所を抜けてきます。

で、この映画の世界で安中藩はいったいどこにあるんでしょう。少なくとも、安中から江戸の間に峠はありませんし、関所があるのは京都側。そして安中の遠足は京都側にある碓氷峠を走ります。

映画を観ている間ずっとこれが引っかかっていました。創作だからいいじゃないかと思うかもしれませんが、だったら安中藩を持ち出さなければいいわけです。江戸時代のどこかの藩という設定でいいわけです。

9d347802501f1ea16decfd6b3ae7b085 ps

原作を読んでいないので、原作に忠実なのかそれとも映画化するときに変わったのかは分かりません。ただ、ここまで現実に背いた設定をされると、さすがにモヤモヤ感が高まります。

ナンバ走りについても、少し触れていましたが、ナンバ走りがどんなものなのか誰も知らないのに、それっぽく言うことにも違和感があります。これは映画に限ったことではないのですが、わたしは「これがナンバ走り」と言う人を信用しません。

「私なりの解釈ですが」のひと言があれば別ですが、本物が何かを知らないのに、あたかもそれが本物かのように伝える。この国ではそれを「不誠実」と呼びます。

本物があるか分からないなら触れなければいい。深みを持たせるために捏造するのは、情報発信をするものが絶対にしてはいけないことです。それが例えエンターテイメント性を追求した映画であっても。

24d2e2b12488423411e7392217628c92 s

一事が万事と言いますが、そこまではまあ創作だからと思って楽しんでいましたが、不誠実であると感じたら、わたしの性格上もうどうしようもありません。やることなすこと、デタラメに感じてしまうわけです。

2時間という限られた時間の中に詰め込むわけですから、どこかで無理が出るのは仕方がないこと。でも、それは映画を作る側の理屈であって、観る側はひとつの作品として観ています。

なぜ刺客が殿様を殺さずにマラソンのゴールを待ったのか。きっと原作では描かれていたのでしょう。主人公とその妻との関係性も、もっと深く表現されていたはずです。

もっとどこまで表現するかは映画監督次第でしょうから、この作品は意図的に描かなかったのかもしれません。でも、もう「これはダメだ」になっているので、悪いほうに解釈してしまいます。

Caa4b140ef92cfeec74b65828e4b8f8c s

それでも、映画の日の映画だし、これくらいならギリギリ許容範囲かなと思ったわけです。話のネタにもなりますから。

ところが終わり間際になって、わたしは興ざめすることになります。安中遠足侍マラソン大会の映像が差し込まれ、そのあと、オリンピックでのマラソン選手の写真。

これくらい見事な蛇足を見たのは久しぶりです。映画内ではたくさんの表現を省いたにも関わらず、東京オリンピックへはきちんと忖度する。

そもそも、この映画自体が東京オリンピックを盛り上げる一環として作られたのでしょう。大手広告代理店が絡んでいるようですし。こういうマーケティング方法が現代では受け入れられないということに、偉い人たちはなぜ気づかないのでしょう。

Eb4436a08272d8534a3f6e98f96ee9cb s

豪華俳優陣を揃えなくても、質の高い作品に仕上げて、多くの人に観てもらえば、それだけで日本のオリンピック熱が上がります。余計なひと言がなくても、心の深いところに種を蒔くことができるはずです。

目的が東京オリンピックを盛り上げることにあるから、いい映画に仕上げるという本質がすっぽりと抜け落ちてしまった。そんな印象を受けています。

評論家でもなければ専門家でもないわたしがあれこれ言うのもどうかと思いますが、やっぱりスッキリしないわけです。

1100円の映画代を返して欲しいとは言いませんが、久しぶりにモヤモヤ感が残る映画を観てしまったので、ちょっとグチってしまいました。マラソン映画なら楽しめるはずと安易に観たことを反省中。


幕末まらそん侍 (ハルキ文庫)
著者:土橋 章宏
楽天ブックス:幕末まらそん侍 (ハルキ文庫) [ 土橋章宏 ]

やっぱ鹿児島だな!〜鹿児島マラソン2019レポート〜

IMG 9226

3回目の鹿児島マラソン。 過去の2回は鹿児島の粗い路面に悩まされてきましたが、今年はそれに加えての裸足練習不足。2月の愛媛マラソンに集中していたのもあり、2週間前からの突貫工事でした。

そんな練習で乗り切れるほど甘くないとは分かってはいるものの、後悔先に立たず。やれることをやって迎えるしかありません。だから前夜祭を満喫したわけです(やれることは、楽しむことだけという判断……)。

前夜祭で振る舞ってもらった焼酎は7杯。その後に食事に行ってビールを1杯とゲストハウスに戻り、このタイミングで日本縦断しながら鹿児島にやってきてしまったスイス人を交えて、また1杯。

もう走らなくてもいいのではないかと思ったものの、朝にちゃんと目覚めてしまったので、仕方なくスタート地点に向かいました。

P3020054

前日の雨の影響で路面は冷たく濡れているものの、雨は止んでおり絶好の裸足日和でした。ゲストハウスからスタート地点までの数百メートルだけで、足裏がヒリヒリしていましたが。

スタートブロックはBでしたが、安定の最後尾スタート。

裸足で前のブロックにいるのは迷惑でしかありませんし、全身から芋の香りが漂っているわけです。普段はビールしか飲まないわたしが、1年で唯一芋っぽくなる1日。

泣いても笑ってもスタートラインに立ったわけです。こうなったらもう走るしかありません。痛いとか痛くないとかは後から考えればいいと腹を括り、よーいドン。

P3030059

勝手知ったる道ですので、リラックスして走り出すことができました。スタート直前に噴火した桜島が雲に隠れて見えないのが残念なくらいで。

火山の噴火なんて始めて見ました。鹿児島市の粋な演出だったのでしょうか?

走りは順調だったと思います。「思います」というのはGARMINを持ってくるのを忘れて、ペースを確認をしなかったためです。持っていても使っていないかもしれませんが。

最近はペースをあまり意識せずに走っています。シューズを履いているときも。1分1秒を削るための緻密な計算をするというタイプではないので、体の声と実際の体力、うまく整合性をとれるようになりたいなと。

P3030061

そもそも鹿児島マラソンのように粗い路面を裸足で走る場合には、ペースなんてなんの意味もありませんから。

路面が比較的フラットな前半は、そこそこ快調な走りができていたと思います。ランナーズアップデートがありましたので、5kmごとのペースをチェックみましょう。

05km 38:13
10km 33:48
15km 33:00
20km 33:13
25km 32:11
30km 40:25
35km 33:41
40km 34:14

こうやって見ると、最後まで極端にはペースは落ちてないですね。後半はけっこうダレてたと思ったのですが。5kmまでと25〜30kmでペースが遅いのは私設エイドに行ったから。35〜40kmもエイド分の遅延です。

P3030081

5km手前に鹿児島黒牛の焼き肉エイドがあり、30km手前には大きな私設エイドが並んでいて、そこに寄り道していたら……でも、美味しいから食べないなんて選択肢はないんです。

走って鹿児島マラソンは体重が増える 大会。そういえば指宿の菜の花マラソンも体重が増えるという噂。振る舞い酒といい、鹿児島の人たちはおもてなしの度合いがちょっと飛び抜けています。

日本列島の端だから、他の地域の影響を受けにくいのでしょうか。鹿児島には日本人らしさが強く残っているような気がします。

鹿児島マラソンの魅力といえば、ボランティアの学生さんたちとのハイタッチ。わたしのような中年のおっさんランナーが合法的に若者とふれあえるわけです(いえ、決して深い意味は……)。

P3030071

とにかくみんな元気なんです。どんなに足裏が痛くても、痛い顔や頑張っている顔を見せたくなくなるくらいにフレッシュでキラキラしてて。

学生時代の貴重な1日をマラソン大会に使ってくれる。そしてずっと声を出し続けてくれるわけです。「河童さん、裸足で頑張って!」「河童さん、すげー!」テンションが上りまくります。

ときどき「河童、がんばれ!」と上から目線で呼び捨てにする女学生がいて、「こう見えて人生の先輩なっ」と小一時間説教しようと思いましたが、それも含めて楽しいわけです。

でも、今年は学生だけでなく、沿道の声援もいつもよりも密度が濃く、どれだけの声援をもらえたか分かりません。これがあるから裸足で走れるわけです。

P3030135 2

小さな子が一生懸命に手を伸ばしてハイタッチを求めてくるので、嬉しくなって路面の粗さなんて気にせずに右に左にと大忙し。いったい、どれだけ余計に走ったことか。

ただ、ラスト3km地点にあった時計で、頑張れば5時間以内で走れる可能性があることを知ります。そうなると最後はそこに向けての全力疾走でした。

足裏が痛いので、もはや普通の路面を歩くことすら難しい状態。痛み回避のために沿道沿いの白線上を走るから、沿道との距離が近くなって、よけいに声援をもらえます。

残り数百メートルで4時間58分30秒。間に合うか間に合わないかのギリギリのライン。

P3030158 2

「あの角を曲がれば、あとはゴールに駆け込むだけ」

そう思って最終コーナーを曲がったところで、路面は白線のない鋭利で凶暴なアスファルト。流石に無理でした……そこからの200mは大失速。薄氷を踏むようなスローラン。

ゴール前に集まった応援の人たちに、痛いのを悟られないようにするために余裕の表情で「ゴール前のランをゆっくり楽しんでます」雰囲気を作ってみたものの、顔は明らかにひきつっていました。

5時間1分57秒。

最後尾スタートだったので、ネットタイムは4時間51分37秒で5時間を切っていますし、昨年よりも30分近くタイムを縮めているので、そこそこいい走りができたのでしょう。

P3030207 2

42.195kmを裸足で駆け抜けたわたしに、マラソンの神様からのご褒美が待っていました。

「裸足すごいですね、足裏は大丈夫ですか?」と、後ろから話しかけられ、「痛いけど大丈夫ですよ」と答えながら振り向くと、そこには大好きな千葉ちゃんの姿が。

千葉ちゃんは好きすぎて、いつも目を合わせることもできないんですが、完全に不意打ちでした。あの子はきっと天使の生まれ変わりだと思う。もしくは可愛いの天才か。

鹿児島マラソンは今年で最後なんて思ってたけど、こんないい思いをさせてもらったらやっぱりやめられない。

IMG 9217

さらに今年の鹿児島マラソンは後夜祭も用意されてました。後夜祭は焼酎1杯&エビの唐揚げが無料で振る舞われたんですが、レース後の大雨によって会場には人が少なく、エビの唐揚げはお代わりし放題。

もう、おもてなし感が半端ないです。鹿児島マラソンに来て前夜祭と後夜祭に出ない人もいるようですが、ただただもったいない。後夜祭の締めには大迫淳英さんの演奏があり、グッとくるものがありました。

今回泊まったゲストハウスもかなり居心地が良かったので、また泊まりに行きたいわけです。田中カレーもまた食べたいし。

東京マラソンと同日開催が続くかと思いますが、わたしはやっぱ鹿児島マラソンだな。まずは抽選に当たらなくてはどうにもなりませんが……外れても行くのは自由ですから。


「たび活×住み活」in鹿児島―読むと行きたくなる。行くと住みたくなる 
著者:大沢 玲子
楽天ブックス:たび活×住み活in鹿児島 読むと行きたくなる。行くと住みたくなる [ 大沢玲子 ]

東京マラソン2019の運営がどこかおかしい

P2280105 2

先に伝えておきますが、わたしは決して東京マラソンが嫌いなわけではありません。そろそろもう1回走りたいなという気分になってるくらいには、いい大会だと思っています。

ただ2019年の今回は、ちょっといつもの東京マラソンと違うように感じます。あまり評価が良くないさいたま国際マラソンや横浜マラソンのような、イケてない雰囲気が漂っているように感じるのはわたしだけでしょうか。

あくまでも、個人的な感覚ですが。

エキスポがお台場になったのは、会場確保ができなかったのでしょうから仕方のないことです。ただ、あの規模のエキスポをするのに前日受付が必要だったのでしょうか。

P2280113 2

いや、必要なのは知っています。協賛企業などにお金を出してもらうために。

今回、強く感じているのは、お金のかけどころがどこかズレているのではないかということです。繰り返しになりますが、あくまでもわたし個人の感覚でしかありませんが。

違和感があったのは東京マラソンのエキスポでしたが、その後に参加案内のゴール周辺のマップを見て、ひとつの推測にたどり着きました。以前とは違う人が仕切っているのでは?と。

少なくとも、わたしの知っている東京マラソンは、間違って情報が伝わるようなことのないように、最新の注意が払われていました。これは簡単なようでとても難しいことです。

P2280104 2

人は誰だって自分が間違っているとは思いません。だから、自分が伝えようとしたことは、必ず伝わるのだと思いがちです。でも、大体のことは間違って伝わります。

今回のゴール後のマップは、作った人なりの親切が込められていました。でも、「これでは伝わらないかもしれない」という視点が抜けています。そのため理解するのに、何度も見直しました(自分が出るわけでもないのに)。

誰が作ったかはいいとして、これでよしと承認した人がいるわけです。以前だったら、こんな分かりにくいマップが承認されることはなかったかと思います。

今年は「できることはできるだけ自分たちで」という意思があるか、「できるだけ外部に発注」のどちらかを行ったのではないかと、わたしは感じています。どちらに舵を切ったのかは分かりませんが、いつもとは違います。

P2280094 2

今年の大会の予算と算出方法が変わったのかもしれませんが、昨年と比べて収入も支出もかなり大きく膨らんでいます。選手の招待に1億円の予算がついています。給与手当は3倍に増えています。依託費は30倍以上の24億円。

これだけでも、何かが大きく変わったことが分かります。根本的にやり方を変えたのでしょう。何をどう変えたのか、その理由は分かりません。思い切ったことをしたと思いながらも、きっとこれまでの違う色になるんだということは予想できます。

ここまでうまく回っているように見えた東京マラソンが、内部で大きな変化が起きている。それはより良い大会になるために必要な変化なのかもしれません。でも、大きな変革はどこかで歪みが出るのではないかと思います。

少なくとも、現時点ではうまく回っていないように感じます。

P2280061 2

今年の受付とエキスポはビックサイトでなく、お台場の特設会場だとお伝えしましたが、それがきちんとアナウンスされていません。おそらく、何人もの人が人がビックサイトに行ったはずです。

調べない方が悪いといえばそれまでですが、予想はできたはずで、そうならないようにするのが運営の役割です。案内を出したから後は知らない。わたしが好きな東京マラソンは、そういう運営ではなかったはずです。どうしてこうなったのか。

今年からボランティアさんの事前説明会もなくなったそうです。経費をカットすべきところはそこではないような気がするのですが、逆にどこかにいいところが出てくるのでしょう。

わたしの不安が杞憂に終わり、問題なく大会が進行されることが1番で、わたしもそれを望んでいます。

P2280015 2

ただ、今回の運営はツキがありません。ビックサイトが使えなかったこと、そして屋外受付になったら初日に雨。大会当日も午後から雨の予報。

ツキがないときにはとことん悪いことが重なるものです(これから走るという人に不安を与えるようですみません)。

参加するランナーさんは、雨対策・寒さ対策だけはしっかりと行っておきましょう。待機中だけでもポンチョやビニール袋で体温を下げないようにして、空があやしかったら、それらを持って走ることをおすすめします。

予想気温はやや上がりましたが、冷たい雨になる可能性もあります。運営がどうであっても、まずは自分の身は自分で守るというスタンスでいけば、大抵のことは乗り切れます。

しっかりと準備を行って、それぞれの42.195kmを楽しんでもらえればと思います。


東京ランナーズ
著者:渋谷 和宏
楽天ブックス:東京ランナーズ [ 渋谷 和宏 ]

1ヶ月グルテンフリー生活始めます(※ビールは除く)

Glass 617387 640

自分の中で何が起こっているのかは分かりませんが、ずっと気になっていた2つのことに着手しました。

・ランニングで左足を上手く使う
・グルテンフリーをしてみる

左足を上手く使うという点に関しては数日前のブログでも触れましたが、思った以上に良さそうな雰囲気はあります。速く走れるかどうかはまだ未知数ですが、安定していてバランスがいい。

当然まだ走りはぎこちないのですが、バランスがいいからか粗い路面を裸足で走っても足裏の痛みがかなり軽減されます。鹿児島マラソンに一筋の光明。ただ、最後まで右足がもつのかという問題が。

Legg 2821615 640

左足を使うんだから、左足に負荷がかかるのでは?と思うかもしれませんが、これまで左足だけで受けていた衝撃を右足にも分担してもらうので、問題が発生するのは右足です。

これ、ずっと気になっていたことで、何回も矯正しようとしては失敗していました。でも、今回は上手くいきそうです。根拠は全然ないんですが、あえていうなら「そういう走りができる体になった」ということでしょうか。

ただ、なぜそれをやりたくなったかは、自分でも分かりません。

そしてもうひとつ、取り組みたいのがグルテンフリーです。何年か前に友人に勧められたときは丁重にお断りしました。小麦粉を食べないで生きていける財政ではなかったので。

Wheat 690912 640

今でもそれはあまり変わりませんが、ちょっと肌荒れがひどいなと思い始めて、その理由を考えたときにグルテンもあるのかなと思ったりして。添加物も影響するのでしょうから、添加物の入っているものも避けようかなと。

ただ、単純にグルテンフリーにすれば、自然と添加物の入っているものを口にする機会も減ります。

何を食べられるかなと、東京マラソンEXPOの帰りにスーパーに寄ってみたんですが、スーパーで売っている加工品で食べられそうなものがほとんどありません。

ちなみに東京マラソンEXPOの記事はRUNNING STREET 365で書いています。

Toast 1077984 640

まず、揚げ物がNGです。当然パンもNG。パスタもいけません。グルテンフリーにしている人たちは、霞でも食べているのでしょうか?

とりあえず、芋けんぴ買って帰りました。

あぁ芋けんぴ素晴らしい……

完全なグルテンフリーとなると、味噌や醤油を使っている日本食もNGになってしまいます。ただ、わたしはきっと小麦アレルギーではないと思うので、多少の摂取ならいいんだと思います。

だから、やるべきことはとても簡単で、ちゃんと自炊しろっていう話です。

Asparagus 1307604 640

軽めのグルテンフリーでまずは1ヶ月。それで肌荒れがどれくらい改善されるのかを見ていこうと思います。理屈の上では改善されるはずですが、肌のターンオーバーも若い頃ほど早くないのでしょうから、どうなるかはわかりません。

結果が出ても出なくてもとりあえず1ヶ月でやめます。

だってパンを食べられないなんて不幸すぎるじゃないですか。たっぷりのバターやマーガリンを塗った食パンを食べている時間は、1日の中で至福のひとときです。

もちろん米粉パンを自分で作るなんてことは面倒なのでしません。何が嫌いって、面倒なことはすべて嫌いですから。

Glass of beer 3444480 640

学生時代に試験勉強するのが面倒すぎて、逆に毎日コツコツ勉強するのが1番という結論にたどり着いたくらい、面倒なことが嫌いな人間です。

とりあえず、そろそろ春ですし、大好きな菜の花とかもスーパーに並ぶでしょうから、野菜中心の自炊生活。肉や魚は外食をするときにでも摂っておけばいいでしょう。

体に何か変化があれば報告します。報告がなかったら途中で断念したか、結果が出なかったんだと思って、そっとしておいてください。

あとグルテンフリーはビールNGって色んなところで書かれてますが、それはガン無視です。ビールは大麦だし……家ではそんなに飲まないからと言い訳しておきます。


ジョコビッチの生まれ変わる食事
著者:ノバク・ジョコビッチ
楽天ブックス:ジョコビッチの生まれ変わる食事 新装版 [ ノバク・ジョコビッチ ]

アマゾンのジャングルに打ち上げられたザトウクジラのように

Humpback whale 1209297 640

アマゾンのジャングルで、ザトウクジラが打ち上げられたというニュースを目にしました。もし、自分で死に方を選べるなら、こうでありたいものです。

「なぜそんなところで?」誰もが疑問に感じるような場所で、ひっそりと人生の幕を閉じる。

もちろん、ものすごく多くの人に迷惑をかけることになると思いますので、現実としてそうありたいというのではなく、生き様としてそうありたいと願っているだけです。

クジラは海にいるもの。小さな子どもだって知っていることです。でも、アマゾンのジャングルにいたわけです。そのクジラが何かを望んでそこにいたかどうかは分かりません。他のクジラと違うことをしたいなんて考えてはなかったでしょう。

Bayou 439881 640

でも、事実としてそこにいたわけです。

群れや家族を離れて、自分1人の力で力強く生きようとする。進む先が間違っていても、それは結果論でしかありません。この先の道が見えなくて、不安になって立ち止まるのではなく前に進む。

わたしは仲間と過ごす時間も好きですが、基本的には1人の時間を大切にするタイプです。大勢で力を合わせて勝利を勝ち取るのではなく、1人1人がベストを尽くせば結果は自ずとついてくると考えます。

そういう性格でよくサッカーなどの団体スポーツをやってきたなと思うのですが、それは今だから思えることです。

Rabbit 542554 640

まずは何よりも自分のことをしっかりする。自分のやりたいことをやり抜く。そういうベースを持って仲間や大切な人と向き合うというのが、わたしのスタンス。

それが良いのか悪いのかは分かりません。ただ、それが自分には適しているようには感じています。

なぜかわたしには「寂しい」という感情がありません。生まれつきなのか、それとも成長の過程でそうなったのかは分かりませんが、誰かと一緒にいないと耐えられないということはありません。

1人で旅をしてて寂しいと感じることもなく、ランニングの練習も1人でするほうが好きです。旅をするときの食事だけは、誰か一緒だと美味しくなるので、他の人が一緒だといいなと思いますが、自宅の食事は1人で黙々としています。

Croissants 569075 640

生きるというのはそういうものだと思っているので。

ただ、他の人がそうかというと、そうではないようです。SNSには寂しいという言葉が溢れていますし、誰かと一緒にいたいという感情が渦巻いています。そういう人はきっと人に好かれるタイプなんだろうなと思います。

これまでの人生で常に誰かが側にいてくれたから、1人でいることに耐えられない。ある意味とても恵まれた人なのかもしれません。

わたしが1人を好むのは、これまでそういう時間のほうが長かったから。高校時代も大学時代も、誰かと遊んだりした記憶があまりありません。部活でも単独行動をすることがほとんどでした。

そういえば、わたしは仲間と一緒に行動するときも、みんなに歩調を合わせずに1人で先に歩いていく癖があります(よくないなとは思ってるのですが)。

Alone 480474 640

周りに愛されない生き方をしてきた弊害でしょうか。「あいつは放っておいても大丈夫」そういう対象だったと思います。わたし自身もそれを望んでいましたし。

これからの人生でそれが大きく変わることはないのでしょう。

ただ、1人で生きているわけでもないのも事実です。だったら、周りの人たちに驚きや笑顔を与えられたらいいなとは考えています。他の人がしないことに挑戦し、成功しても失敗しても、その姿を見て笑ってもらえる。

1人だからできることがあります。未来のことは分かりませんが、少なくとも今の自分は1人が基本です。だったら、アマゾンのジャングルに打ち上げられたザトウクジラのように、意外性のある道を選びたいところです。


孤独がきみを強くする
著者:岡本 太郎
楽天ブックス:孤独がきみを強くする [ 岡本 太郎 ]

裸足ランニングは「痛み順応」と「フォームづくり」を分けて考える

PC150055

昨日はかなり久しぶりに、アスファルトの上での裸足練習でした。小石が多い坂道での練習でしたが、完全に打ちのめされてしまいました。もう少し走れると思っていたのですが。

裸足で走るときに重要なポイントは2つあります。

・自分の体にあった裸足用のフォームで走る
・痛みに慣れる

裸足ランニング歴が短いと、これを混同してしまいがちです。最適なフォームで走れるようになっても、痛みに慣れていないと後半に痛みの蓄積によって走れなくなります。

PA080234

反対に痛みに慣れてさえいれば、フォームは適当でも走れたりします。ただ、無理のあるフォームで走ろうとすると、裸足でもケガをしてしまいます。裸足で走るようになってアキレス腱やふくらはぎを痛めた人はたくさんいます。

わたしは、裸足のフォームをそれほど重視していませんが、基本的にはウレタン舗装されたトラックでフォームを固めるトレーニングをしています。そこに痛みが伴うと、間違ったクセがついてしまうから。

それでもクセが出やすいのが裸足ランニングです。

わたしはサッカーを長く続けていたため、左足が立ち足で右足がボールを蹴る足になっています。このため、左足にあまり柔軟性がありません。右足と左足で足裏の筋肉の付き方がまったく違っています。

PC150040

これはこれでいいかなと思っていましたが、アスファルトの上での裸足トレーニングをしているときに、ふと思いつきました。左足でボールを蹴るイメージで走ればバランスが良くなるのでは?と。

その直感が正しかったようで、イメージを変えただけで左足のぎこちなさが改善されました。

これはきっとサッカーをしていた人でないと、うまく伝わらない感覚かもしれません。そしてぎこちなさが改善されたとはいえ、左足が立ち足になる走りを続けてきたので、両足ともにまだ必要な筋肉がついていません。

こういう段階で注意しなくてはいけないのが、オーバートレーニングです。

PA080306

必要な筋肉がつくには数ヶ月単位での継続した計画的なトレーニングが必要です。ランナーはランニングフォームを改善したら、すぐに速く走れるようになると思っていたりしますが、そんなうまい話はありません。

ランニングフォームを改善すればもちろん速く走れるようになるかもしれませんが、それでフルマラソンを走り抜くには、そのフォームに合った筋肉をつけなくてはいけません。

裸足で走る人もこのポイントがどうも頭からすっぽりと抜け落ちている人が少なくありません。

シューズを脱いだらケガをしにくくなる。そんな話があるわけがありません。いや、将来的には確かにケガをしにくくなりますが、体ができあがるまではシューズを履いたときとは違うケガのリスクがあります。

PB040216

だから、いきなり裸足になって10km20kmを走るのはおすすめできません(わたしはいきなり10kmからやりましたが)。

じゃあどうすればいいのか?

練習量の簡単な目安があります。それが「痛み」です。裸足でのトレーニングは痛みを感じたら、そこで止めてシューズを履く。これでオーバートレーニングを防ぐことができます。

痛みに耐えて頑張ったほうが強くなれそうな気もしますが、痛みを伴った状態で走り続けると、体に無駄な力が入ってしまい、効率の悪い走り方が身についてしまうおそれがあります。

PC090256

痛いならワラーチでもランニングシューズでも好きなものを履けばいいんです。それが切り上げるべきタイミングですから。

それを何ヶ月も繰り返していると、いつの間にかフルマラソンでも問題なく走れるようになります。効率のいいランニングフォームで、痛みも最小限に抑えて走れますので無理なく完走できます。

シューズでフルマラソンを走れるのに、裸足でフルマラソンを完走できないという人は、走り方がおかしいか痛みに慣れていないかのどちらかです。両方という場合もありますが、そんな人にかける言葉はありません。

痛みに耐えたら裸足でも速くなる。それはそれで事実ですがそれって楽しいですか?

PC090199

楽しいならそれでいいと思いますが、わたしは痛いのが嫌いで嫌な思いをしてまで裸足で走りたいとは思わない軟弱な裸足ランナーです。だから、ゆっくりと体を作りながら距離を伸ばしていきます。

ただ、どうやら鹿児島マラソンまでにはカラダづくりがまったく間に合いそうにありません。それでも意地だけで裸足でスタートラインに立ちますが、今回は不安しかありません。

さてさて今年の鹿児島マラソンはどうなることやら。

とりあえず振る舞い酒の出る前夜祭と後夜祭を楽しむこと覚悟だけは決めました。あとはどれだけ笑顔を崩さずに走り続けられるか。気合と根性では痛みが増してしまうので、柳のようにゆるゆると流れるようにイメージして走るとしましょう。


前向き力: 脱力すれば、うまくいく (ちくま文庫)
著者:齋藤 孝
楽天ブックス:前向き力 脱力すれば、うまくいく (ちくま文庫) [ 齋藤孝(教育学) ]