しげ のすべての投稿

加齢を受け入れ、いまできることをやり抜く

Old age 1147283 640

髪を切るたびに白髪が目立つようになってきました。わたしは白髪になるのがちょっと嬉しかったりします。順調に歳を重ねて、少し父に近づいているような気がして。

もしかしたら女性には理解しづらい感覚かもしれません。わたしは歳をとることをポジティブに考えています。若さはそれだけで魅力になりますが、経験を積み重ねて作られた美しさには敵いません。

悲しいかな経験を積み重ねて醜くなることもあるのが、少しだけ悩ましいところですが。「生き様は見た目に表れる」これだけははっきりと言えます。

何も清く正しく生きていればいいというものではありません。狡いことをした自分を恥じ、目を腫らすほど泣くような経験をして、自分なんか居なくなってしまえばいいなんて思ったりもする。

Streets 1284409 640

そういう美しくない部分も、人によっては魅力的な顔を作るための糧となります。

わたしが美しいなと感じるのは、自分に正直、そして自分に嘘をつかないように生きている人の顔です。もちろんそれはわたしがそう思い込んでいるだけであって、実際のところどうなのかは知りません。

ただ、この人はまっすぐだなと思う人、信じられると感じた人の顔はみんな間違いなく美しいものです。もちろん、わたしの主観においては、という前置きが入りますが。

若い人の顔には、そういうにじみ出てくるものがありません。人生経験や視野の広さという意味で、一部の特殊な人を除いて、生き様が顔に出ることはなく、言い方は悪いのですが「深み」がありません。

Summerfield 336672 640

それが、人生というものなので仕方のないことです。いまの若者だって20年もすれば、顔に生き様が表れます。いまはそのフェーズにないだけで、むしろ表れないことこそ若さの魅力でもあります。

若々しくあろうとする人たちがいます。女性にその傾向が強いかもしれません。でも、男性も老いたくないという人は意外と多いものです。若く見られることを喜ぶ人も珍しくありません。

わたしは若く見られることを、未熟と思われているのだと受け取ります。だから、「若く見える」と言われることにずっと抵抗があり、今では表面的に喜ぶことはあっても、そう見られた自分に落胆します。

もちろん「若い」と言ってくれた人が悪いわけではありません。

Artist 1606574 640

そう見られる自分が、未熟であることに問題があるわけです。いや、わたしが勝手に問題だと思っているだけですが。少なくとも年齢相応な自分ではいたいわけです。

若さというものは、どれだけお金を積んでも取り戻すことはできません。美容整形でもすれば、見た目は若くなるのかもしれませんが、心に刻まれたシワまで伸ばし切ることはできません。

ここまで生きてきた経験は消せませんし、学生時代の自分に戻れるわけでもありません。

でも、やっぱりアンチエイジングは同世代の女性には永遠のテーマなのでしょう。世の男性が若い女性を好きだというのが悪いのかもしれませんが。わたしも、女性に限らず若い人が頑張っているのを見るのが好きです。

Hiking 467867 640

それはもう自分には戻ってこない時間だとわかっていて、ただ眩しくて応援したくなるだけで、そこに自分を重ねたり、その時代に戻りたいとは1ミリも思いません。そして、若さそのものに惹かれることもありません。

人生のいい部分も悪い部分もまるっと全部受け入れて、前を向いている人を見るとハッとさせられますし、単純なわたしは簡単に心を奪われてしまいます。そんな相手は、そう多くはいませんが。

偉そうに書いていますが、そもそもわたしがその域にまったく達していないわけですが。

でも、上手に歳をとっていきたいなと思ってきましたし、これからもそのスタンスはきっと変わりません。顔のシワと心のシワが同じくらいでありたいなと、常々思っています。

Tight rope 2483891 640

どうやっても歳はとりますし衰えもします。

それに抗うのではなく受け入れる。その上で、いま自分にできることを精一杯やり抜く。そういう人が増えていくと、世の中はほんの少しだけ良くなる。そんな気がします。


歳を取るのも悪くない (中公新書ラクレ)
著者:養老孟司・小島慶子
楽天ブックス:歳を取るのも悪くない (中公新書ラクレ) [ 養老孟司 ]

休まざるもの走るべからず〜リカバリーのすすめ〜

High grass 1504280 640

これまでほとんど使っていなかった筋肉を意識して走るようにしているので、練習のたびに筋肉痛になります。リカバリーのためのジョグですら筋肉痛になるので、強制的に休養を入れなくてはいけません。

この休養を入れるというのが本当に苦手で、わたしは「走った距離は裏切らない」派のランナーですので、走らない日というのは本当につらく、ストレスになるのでスーパーまでの500mを軽く走ってごまかしたり。

でも、さすがに体のことが分かってくると、走ればいいというものではないことが分かります。

ある程度体ができてしまえば、毎日走っても問題ないのですが、筋肉から作り直しているときには、ちゃんと体が整うまでは無理ができません。

Tea 381235 640

でも、休養を入れますので、1回の練習の負荷を上げることができます。「明日は休み」とわかっていれば、もう少しだけ頑張ろうという気持ちになりますし、心のリミッターを外すことができます。

そして、休養を入れるようにして明らかに結果が出ています。

近所にある1.9kmの坂道コース。最初は9分40秒くらいかかっていたので、9分切りが目標かなと思っていたら、3回目の今日の2本目に8分50秒というタイム。こんなにも分かりやすく結果が出ると「休みは大事」なのが分かります。

一応書いておきますが、休むといっても100%走らないわけではなく、朝の30分ジョグは毎日します。わたしの中では練習という位置づけではなく、目覚めの散歩みたいなものなので。

Yoga 2176668 640

それをしないと、1日の歩数が100歩以下になりかねないというのもあります。

目覚めてすぐ走ると、体の調子が分かるというのもあります。その調子を確認しながら、その日の練習内容を決めたり、ノーランにするかの判断を行います。

おそらく12月に入るくらいで、ノーランの日はほとんどなくなるかとは思いますが、まだ1回の練習での負荷があまりにも大きいので、とにかく意識的に休んでいます。

そうしないと確実にケガをするのが分かりますので。

Hammock 1031363 640

わたしがいつも言っていることですが、マラソンでケガをするのはオーバートレーニングが原因です。裸足ランナーたちは「シューズが悪い」なんて言いますが、同じ質と量の練習を裸足ですればケガします。

まぁ実際にシューズが良くないケースもありますが、そもそもは自分に合っていないシューズを履いているのもケガの原因のひとつです。シューズをフィッティングだけで選ぶから、構造上合っていないシューズで走ってケガをする。

それはもう誰もが「シューズが悪い」と言いますが、フェラーリで砂漠を走って「故障した」というようなものです。

本当は自分の無知が招いたケガなのにシューズのせいにする。シューズは人に合わせることができません。合わないシューズで走るなら、ランナーが合わせにいかないといけないのに、シューズにしてみればとんだとばっちりです。

Grass 1867800 640

上手くいかないのを自分以外の誰かや何かのせいにするのは簡単です。でも、何も解決しません。

自分に起こる物事の原因はすべて自分にあります。これは何もマラソンに限ったことではありません。ありとあらゆることが自分に起因する。

ときどき「なんで自分だけがこんなことになるんだろう」と嘆いている人がいます。その言葉がすでに自分に悪い流れを引き込んでるんですが、当の本人はそれにまったく気づきません。

100歩譲って自分以外の誰かや何かが原因だったとしましょう。もうそれは運が悪かったと思うしかなく、その原因を恨むというのはお門違いです。

Traveller 1149973 640

ランニング練習でケガをするのは100%自分に原因があります。いや交通事故とか、人の飛び出しなどもありますので、本当に100%そうかと言われると「絶対」なんてことは言えませんが。

でも、それを誰かのせいにしても何も解決しません。裸足ランニングを始めて、アキレス腱を切った人がいました。その人は「もう裸足では走らない」と言います。

きっとそういう人は、シューズを履いてもまたケガをします。

過信とは言いませんが、自分の体がどこまで耐えられるのかを把握しておらず、体からのSOS信号も無視しているからそういうことになります。体の声を普段から聞いているランナーは、その信号に対してはかなり敏感です。

Meditation 1287207 640

これはおかしいと思ったら、どんなときでもゆっくりとスピードを落として様子を見ます。場合によっては走ることを止めることもあります。その違和感や痛みを乗り越えたら速くなれる?

大きな勘違いです。

おかしいなと思ったら休むのが正解です。休まざるもの走るべからずです。もっとも、ほとんどのランナーは練習不足のほうが問題なのですが。とはいえ、オーバートレーニングでケガするより、練習不足で走れないほうが賢明です。

積極的に休めるようになったとき、ランナーは強くなれる。そんな風に最近は考えています。


リカバリー ─アスリートの疲労回復のために─
著者:SAGE ROUNTREE
楽天ブックス:リカバリー アスリートの疲労回復のために [ セイジ・ラウントリー ]

【読書感想文】青春のあとに続くもの「武士道ジェネレーション」

Bc80812f137c9c76b0a0c6186d9bb218 s

青春映画が好きだということは、このブログでも何度も言っていますが、青春小説も好きなのは言うまでもないかとは思います。わたしの中では「小説>映画」ですから。

わたし史上最高の青春小説は「がんばっていきまっしょい」。これを上回る小説はこれからも出てこないような気がします。でも1冊ではなくシリーズ物で考えたら、誉田哲也さんの武士道シリーズのほうが好きかもしれません。

前作の武士道エイティーンは不覚にも涙したような記憶があります。

そんな武士道シリーズの完結作「武士道ジェネレーション」をようやく手にすることになりました。単行本が発売されたのが2015年7月ですので、3年以上もかかりました。

Bee7f216011d14403e95aa0caef5f4f5 s

会社を辞める直前で、ハードカバーの本を買えるほど家計に余裕がなかったというのもありますが、読んでしまうと好きだったシリーズが終わってしまうと思うと「今じゃない」という思いに支配され。

その結果、このタイミングで手にしたわけですが、その理由はわかりません。

本というのはいつだって、必要なときに手元にやってきます。人生の本当に必要なときに、まるで昔からそこにいたかのように寄り添ってくれます。1冊だってタイミング違いでやってきた本はありません。

だから、わたしは人から勧められた本でも、今じゃないと思ったら読みません。もともと何でも勧められるというのが好きではないというのもあるのですが。勧めるのは好きなので、完全に自己中なめんどくさいやつですが。

1ba187054e6898176ad69361c435a272 s

それはともかく「武士道ジェネレーション」。発売から3年も経過していたらネタバレも何もあったものではないのですが、これから読むという人がいないとは限りませんので、ネタバレにならない程度にいろいろと感想を。

この物語は、高校時代を切磋琢磨しながら成長してきた2人の剣道少女の物語の、その後を描いたものです。人によっては蛇足と感じるかもしれませんが、わたしが読み終えた感想としては刀が鞘に収まったという感覚です。

剣道一筋で向かうところ敵なしの香織と、その香織に勝ってしまったことでおかしな関係が始まってしまったお気楽少女の早苗。武士道シックスティーンは映画にもなったので、なんとなく覚えている人もいるかも知れません。

そして、早苗が転校してしまったことで、2人の距離が変わってしまった「武士道セブンティーン」。「武士道セブンティーン」のその後を描いた「武士道エイティーン」。

6b6e4c1f747cdebfa1c58314d1b3d02a s

こう書くと武士道ジェネレーションは蛇足の蛇足のようになってしまいますが、わたしにとっては最初の2作が序章であり、このシリーズの魅力は「武士道エイティーン」と「武士道ジェネレーション」にあります。

それはきっと、青い春のその後の時代を生きているからなのでしょう。

武士道シックスティーンが発売されたのが2009年ですので、当時のわたしは青春の残り香の中にいました。当時34歳、ずいぶんと長く続く香りでしたが、男はいつまでも過去を引きずる生き物(わたしだけ?)。

全然話が進みません。こんな読書感想文を小学生の時に提出したら、確実に再提出を求められたでしょう。

9f9d2225992945fe1560f982a6713c1b s

武士道ジェネレーションは、いきなり早苗の結婚式から話が始まります。2人が高校を卒業し、大学生になり、そして社会人になっていく過程で起きた、香織の通う道場の後継ぎ問題。

前作からかなり時間を開けての読み始めでしたので、「あれ?こんな感じでしたっけ?」と違和感がありながらも、ページを捲っていくと、気がつけばやっぱりいつもの定位置。

テンポのいい会話にあっという間に引き込まれ、電車の中で何度声を出して笑ってしまったことか。そうでした、このシリーズは電車で読んではいけないタイプの本でした。

ストーリーの真ん中にあるのは剣道ですが、心のあり方についてはランニングにおいても参考になることが多々あります。もちろん「武士道」に関する話がこのシリーズの鍵になってきます。

90a372a529907f809de83755f1357d5a s

自分にとっての武士道とは何なのか。なぜ強くならなくてはいけないのか。

「なぜ生きるのか」に答えはないけれど、「どう生きるのか」は自分なりに答えを出せます。「なぜ走るのか」に答えはないけど、「どう走るのか」は自分なりに答えを出せます。

話を読み続けながら、きっとこの物語は、わたしに進むべき道を決めるべきだと諭しているのではないかと感じるようになりました。まだ「どう走るのか」を決めきれないわたし。腹をくくれないでいる状態に活を入れてくれた1冊。

こうあるべきというのはすでに見えています。「でもな……」とウジウジしているのが今のわたし。

91ed3abb48df1b1f7d22d381c471df95 s

でも、やっと腹を括れそうです。1冊の小説に人生を動かされるなんてどうかしてると思うかもしれませんが、わたしはほんの少しもどうかしてるなんて思いません。

武士道シリーズは、それぐらい心が揺り動かされる小説です。もし自分に子どもがいるなら、読ませたい小説No.1ですし、過去に全力で取り組んだ何かがある人にぜひ読んでもらいたい1冊です。

そして過去に全力だった時代のある人に、まっすぐだった自分を思い出してもらいたい。わたしがそうしたように。

青春時代はいつだってキラキラしているものですが、人生においてはその時代は、そこから長く続く物語の序章に過ぎません。青春のあとをどう生きるかということのほうが遥かに重要です。

 

7047332c92ab37669ffe252808102fec s

武士道ジェネレーションはそんなあたり前のことを気付かさせてくれた、とても大切な1冊になりました。

もし興味があるとい人は、武士道シリーズの第1巻となった「武士道シックスティーン」から読み始めることをおすすめします。


武士道ジェネレーション (文春文庫)
著者:誉田 哲也
楽天ブックス:武士道ジェネレーション (文春文庫) [ 誉田 哲也 ]

時間がないのを言い訳にしないために請ける仕事を減らすという覚悟

Notebook 2386034 640

実験的に請けた仕事は午前中だけにするようにしています。実際には午前中に終わりきらずに、ランチタイムがずれていますが、最初からは上手くはいきません。

どうもわたしは常に環境を変えていかないと落ち着かないようで、何をするにしても留まるというのが苦手です。最近はできるだけ、新しいことを現在の延長線上に設定できるようになりましたが、若い頃は流れる川のごとく。

それが若さだと言えばそうなのですが、根無し草でやってきたというのもあるのでしょう。幼少期から引っ越しが多くて、どこかに根付くということがありませんでした。

さらに環境を変えることで、自分の可能性が大きく広がったという経験を何度もしていると、気がつけば必要以上に環境を変えようとする自分がいます。

Blank 792125 640

ただ、今回の午前中に仕事を終わらそうというのは、ずっと考えてきたことです。

これまでは1日に1万文字が請けた仕事をこなす目安でした。忙しいときはもっと多い文字数をこなしていましたが、それではいつまで経っても人のサイトを潤すばかりです。

わたしが文字を書いてお金をもらえているのは、その文章によって払った以上の収益があるからです。じゃあ自分でサイトを持ったほうがいいわけです。

こういうブログではなく、RUNNING STREET 365のような情報発信をしつつ、そこから収益を上げるという方法。RUNNING STREET 365は全然ビジネスとしては成り立っていません。

Home office 1867761 640

いかんせんランナー人口は少なく、その世界で情報を得たいという人の絶対数が少なすぎます。

ただ、RUNNING STREET 365はわたしに立ち位置を与えてくれました。ランニングの情報発信をする個人メディアとして、ある程度認識してもらえていますので、ただのランナーだったころには手が届かなかった場所にはいます。

それと利益が結びつかないというか結びつける気がないというか。

わたしは適当な情報を出して稼ぐというやり方が好きではありません。ネット上にはほぼコピペで作られたサイトが無数にあります。わたしはそういうサイトを作るつもりはありません。

Work 731198 640

でも、生活を成り立たせるくらいのしっかりとしたもの。

いま請けている仕事がの延長線上ならきっとできるんでしょうね。それは少しルール違反かと思いますが、少なくともそれだけの知識は身につけていますし、すでにビジネスとして成立しているからわたしに依頼が来る。

何をするかはともかく、少なくともそれを行うだけの時間が必要です。収入を減らしてでも、時間を確保しなければ、これからもずっと人の仕事を請けるだけ。これではどうにもなりません。

すでに仕事以外にも頼まれていることがいくつもあり、その多くが停滞中です。頼んでくれた人には申し訳ないのですが、どうにもこうにも生活するので精一杯なので。

Office 932926 640

でもそれを大きく変えたいなと思ったわけです。そのためには、請けた仕事は午前中に終わらせる。午後は全部自分の時間にするというスタンス。

午前中だけなら7000文字は書けるはずです。30日休みなしで働けば収入としては悪くありません。

ただそれは絵に描いた餅ですので、とにかくやってみることが大切です。そして、今やらなくてはいけないことを一つひとつ終わらせていって、サイト作成に集中すること。

すでに北京の旅サイト「北京旅人」はオープンしたものの、圧倒的コンテンツ不足。50くらいのコンテンツを作りたいのにまだ10しかありません。残り40を年内に完成させる。

Office 925806 640

そして、これの台湾バージョンである「台湾旅人」を作ります。これが上手くいくようなら、上海と香港バージョンを作って、このシリーズは完成です。

簡単ではありませんが、最近増えてきた旅のまとめサイトに対抗して、本当に必要な情報を簡単に得られるサイトを作りたいと考えています。これはビジネスに可能性があります。

それだけでなく、したいことは山程あります。ただ時間がない。

でも時間がないのを言い訳にすると、いつまで経ってもできません。やるなら今しかありません。思い切ってここで挑戦しようと思います。そのためには、これから1年間は慎ましやかに(できるかな)。


人生の言い訳 (廣済堂文庫)
著者:高田 純次
楽天ブックス:人生の言い訳 (廣済堂文庫) [ 高田純次 ]

「マラソンは退屈」だがそれがいい!

Hourglass 2910948 640

金曜日のダウンタウンなうで、マラソンの大迫傑選手が登場し、いろいろと話題になっています。わたしはそれを見ていなかったので、その話題についていくことができません。

ただ、その中に「マラソンは退屈」という発言がありました。これはとても興味深いことです。

かつて高橋尚子さんは、シドニーオリンピックのあとに「すごく楽しい、 42キロでした」と語りました。42キロという距離をどう感じるのか、それは選手によって違い、速さとはそれほど関係ないということが分かります。

ただ、この大迫選手の退屈という発言には、やはりナイキのヴェイパーフライが影響しているのではないかと思います。このシューズは正しい走り方で走り続けることを求められます。

Seaside 371229 640

このため、シューズが出たばかりの頃は、多くの選手がフォームばかり気にしているように感じました。

最近の走りは知りませんが、おそらくもうフォームは固まっているはずですので、走りが安定しだしたら、とにかくすることがないのでしょう。設定したペースを守って走り続けるだけ。いや、足を動かし続けるだけ。

ヴェイパーフライ発売以降のマラソンには駆け引きがほとんどありません。無理に誰かについていくと、正しいフォームで走れなくなり、結果的に失速することになるからです。

今のマラソンはとても科学的です。気合や根性というものだけで何とかなるものではありません。もちろん、根性は大事かもしれませんが、つらいのを我慢する力だよりも、頑張りすぎないように自分をコントロールする力が求められます。

Airport 351472 640

飛び出したいけど飛び出さない。「今日は調子いい」なんて勘違いしない。自分を律する力。

これはトップランナーだけでなく、わたしたち市民ランナーにも同じことがいえます。いや、市民ランナーの弱さの原因はむしろそこにあります。自分で決めた設定タイムで走りきれない弱さ。

1キロを5分で走ると決めたら、5分を貫くことが大事です。

設定タイムというのは、ほとんどのケースで無理なく出せるスピードです。だから、余裕があるため「少しでも前半で貯金を作りたい」と考えて、少しだけ飛ばしてしまう。1キロで5秒速いとトータルで3分30秒も速いわけです。

Woman 2915271 640

よほどコンディションが良くない限り、それでは間違いなく潰れます。

そもそもの設定タイムも自己ベスト更新を狙っているわけですから、無理があるのにそこに無理を重ねるとどうなるかは言うまでもありません。最初に決めたタイムで黙々と走る。これがマラソンの正解です(少なくともいまのところは)。

だから、いいタイムで走ろうと思うと基本的には退屈です。

わたしはフルマラソンを3分割して考えています。その日の調子を確認して、スピードを決めるのが最初の14km。そのペースをただひたすらに守るのが次の14km。残りの14kmは気合と根性でペースを落とさないようにします。

Clock 1242246 640

この中盤の14kmがとにかく退屈です。退屈だから音楽を聞きながら走ることもあります。最近は「考えない」ということを覚えたので、できるだけ風や空気を感じながら走ることもあります。

最初は「考えないこと」に慣れませんでしたが、最近はいい感じに集中できて、むしろ音楽なしで走ることのほうが増えてきました。練習中も半分は音楽を聞きながらで、残り半分は無音にします。

そうすると、これまで見てなかったものが目に入ったり、季節の空気を感じられたりと、退屈なりに楽しめるようになってきました。「そこには何もない。だがそれがいい」というわけです。

忙しい毎日を過ごす中で、何も考えない時間を持つことはとても贅沢なことです。

Lake 1338525 640

わたしは小さな頃から常に何かをしているタイプでしたので、「暇」ということをあまり口にした覚えがありません。もちろん覚えていないだけで、言っていたとは思いますが。

そして今は、起きている時間はほぼ仕事という状態ですので、何も考えないでいいというのは本当に貴重な時間です。わたしが毎日走り続けているのも、その貴重な時間が気に入っているからです。

マラソンに何を求めるかなんて人によって違うと思います。わたしはマラソン大会を走りたいという気持ちがだいぶ薄くなっていますが、同年代でも「自己ベスト更新!」と気合が入っている人もいるはずです。

どういう向き合い方をしてもいいのですが、「退屈なのが心地良い」「退屈だから走る」と言えるようになると、走りの質が少し変わるんじゃないかなと思っています。大迫選手は退屈が好きではなさそうですが。

Life 863674 640

若い人が「退屈が好き」なんて言っていたら、ちょっとそれはそれで問題かと思います。でも、走り続けていたらどこかで「退屈もまたいいもの」と言うかもしれません。

もっとも彼がフルマラソンを走る時間はたったの2時間。わたしは裸足でペタペタ5時間。同じ道を走っても違う競技みたいなものです。感じることが違って当然です。

わたしがフルマラソンを楽しく感じられるようになったのは、フルマラソンを裸足でゆっくり走るようになってから。それまでは修行僧のように、ただ苦しむために走っていました。

もうそういう走り方をすることはないかと思いますが、そのときの自分があるから今の自分がいるわけです。人生に意味のない時間なんてありません。だからマラソンの退屈な時間にも意味があるとわたしは信じています。


恋と退屈 (河出文庫)
著者:峯田 和伸
楽天ブックス:恋と退屈 (河出文庫) [ 峯田和伸 ]

HANZO V2の新作発表会での違和感と個人メディアの役割

PB160050 2

ニューバランスとミムラボによる、日本人ランナーが世界で戦うためのランニングシューズ。HANZO V2の新作発表会の取材に行ってきました。シューズを履くことができたので、そのレビューはRUNNING STREET 365で行います。

こちらでは、レビューに書かない(書けない)内容について、個人的な想いを綴っていこうと思います。

ただ、何も触れないわけにはいかないので、端的に感想だけでも書いておきます。結論だけ言えば「とてもバランスがよく魅力的なシューズ」ということになります。

機能面での魅力もありますが、魂の作品とでも言えばいいのでしょうか。ものすごい想いが込められた1足だというのがシューズから伝わってきました。間違いなく走れる1足として注目されるはずです。

PB160069 2

シューズの感想はそんな感じにしておきます。気になる人はRUNNING STREET 365のレビュー記事をチェックしてみてください。

今回はたくさんのメディアが参加していましたが、ミムラボの三村さんやニューバランスへの質問の多くが、ナイキのランニングシューズとの比較についての内容でした。

「なぜ薄底にこだわっているのか」
「ナイキのシューズに対してはどう思っているのか」
「あのシューズはレギュレーション違反では?」 

いまだにドラマ陸王の 世界を引っ張っているという状態で、マスコミというのは本当に勉強しないし、前に進む気がないんだなと変なところで納得してしまいました。柳の下に何匹もどじょうがいると思っているのでしょうか。

PB160061 2

どういう言葉を引き出したいのか分かりませんが、良いも悪いもナイキのヴェイパーフライは世界記録を更新したランナーが履いていました。世界のメジャー大会で上位入賞者の多くが履いています。

いま読んでいる小説『武士道ジェネレーション』に、「人が何かを守ろうとするとき、必ず必要となるのは、力だ。圧倒的な力」という一文があります。

ナイキが何かを守っているかどうかは分かりませんが、圧倒的に強い力を示しました。そういう視点から見ると、マラソンの世界ではいまのところ彼らが正しいと考えなくてはいけません。

きっとマスコミは「ナイキ厚底シューズ=ズルい」というような構図を作りたいのでしょう。その構図の中で、日本を代表するシューズ職人の三村さんが立ち向かうという物語にしたい。

PB160060 2

バカバカしい。

誤解しないでもらいたいのですが、バカバカしいと感じているのは、ニューバランスや三村さんに対してではなく、現状をきちんと把握できていない人たちに対してです。

三村さんもニューバランスも、「そういうアプロチーの仕方もあり、私たちがとやかく言うことではない」というスタンスであり、三村さんは他社がどうこうではなく、自分の理想とするシューズを作るだけとしています。

そのことはHANZO V2を履けばすぐに分かるはずです。魂を込めて作った1足。

ナイキだって、アディダスだって、熱い想いを持った人たちがシューズを開発しています。自分たちが正しいと思った道を突き進み、いまは旗がナイキに傾いているだけのこと。

PB160048 2

もし、世界レベルの選手が現れて、ニューバランスのシューズを履いて世界記録を出せば、旗はニューバランスのほうに向きます。風向きは時代の流れとともに変わります。

ちなみに、HANZO V2で世界記録が出せるかというと、それはないんじゃないかとわたしは思います。メジャー大会で優勝者を出すくらいのことならクリアできると思いますが、世界記録となるともう少しブラシアップが必要になります。

さすがにすごいシューズを作ってきたなという喜びはありますが、「圧倒的」とは表現しづらいところです。もっとも、三村さんのすごいところは、そこから1人ずつにカスタマイズするところにあります。

市販品は平均的に多くのランナーに合うように作られていますので、これをベースにカスタマイズされたシューズを履くことになるエリートランナーなら、想像を超えた走りをするかもしれません。

PB160013 2

日本記録に迫るタイムを出しても不思議ではありません。それくらいの出来栄えです。

でも、それをきちんと伝えてくれるメディアがどれだけいるのか。きっと大手の多くは「厚底vs薄底」の構図で記事を書いてくるはずです。まったく意味のない議論であり、ものづくりの本質とはかけ離れています。

ものづくりをする人に対するリスペクトがない。そういう感じを受けてしまいましたが、そういう部分は裸足ランナーにも共通するかなとも思ったり。だから最近は距離をおいているわけですが。

それはともかく「厚底vs薄底(vs裸足)」。

もうそんな不毛な議論をするのはやめませんか。わたしたちはそれらをうまく使いこなしていけばいいだけのことです。選択肢が増えただけのことです。それぞれのシューズを作っている人をリスペクトし、そして足をサポートしてもらう。

PB160101 2

あとは、自分に合ったものをそれぞれが選ぶだけです。ランニングメディアはそのシューズの選び方をアナウンスする立場にあるのですが、どこかを持ち上げればどこかが下がるわけで、大切なスポンサー様のことを考えると、言いたいことも言えないかと思います。

だったら、わたしのような個人メディアが、それを発信するしかありません。

小さなメディアだからこそ言えること。本当に最適なシューズ選び方や、今回のように新しいシューズが発売されるときに、そのシューズの本質についてきちんと自分の言葉で情報発信していきます。

RUNNING STREET 365
【シューズレビュー】「ニューバランス NB HANZO V2」 


1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術
著者:伊藤 羊一
楽天ブックス:1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術 [ 伊藤 羊一 ]

Xiaomi Mi Band 2はもういらない!Xiaomi Mi Band 3に不満なし

PB150003 2

Xiaomi Mi Band 3を購入しました。これまで中華ガジェットのDT NO.1で睡眠時の心拍数を測っていたのですが、充電器が壊れてしまったので使えなくなり。

当初はXiaomi Mi Band 3を買うべきかHuawei Band 3 Proを買うかで迷っていましたが、やはりお財布に優しいというのと、HuaweiよりもXiaomiのほうが好みだったのもあってXiaomi Mi Band 3を選びました。

これまでXiaomi Mi Band 2を使っていたので、スマホアプリを継続して使えるのも大きな理由のひとつです。ただ、それほど期待はしていませんでした。5,000円もしない活動量計にあれこれ望むのは無理がありますから。

でも正直、これは購入して正解でした。

PB020347

その理由を書こうと思うのですが、その前にひとつだけ注意があります。Mi Band 3は技適を通過していません。Mi Band 2は技適を取っているのでこちらもいずれは取得するのだとは思いますが、その点だけは気をつけてください(細かくは書きません)。

このモデルは日本語表示にも対応していますので、日本での販売も視野に入れているのは間違いありません。そうなると、技術的な問題がない限り技適を取るのは時間の問題かと思います。

Xiaomi Mi Band 3でわたしがやっているのは、睡眠時間の管理と睡眠時の心拍数測定、目覚まし機能がメインです。Mi Band 2では睡眠時間の管理ができましたが、睡眠時の心拍数測定を測定できませんでした。

PB020345

心拍数の測定そのものはできてましたが、常時表示するには別アプリが必要でしたので使わず。このため、Mi Band 2は寝るときだけ使っていました。

わたしはライターという職業柄、どうしても装飾品を手や腕に着けるのを嫌います。タイピングをするのに邪魔になるからというのがその理由で、Mi Band 3でも仕事中は使っていません。

でも、ランニング中には使うようになっています。運動時の心拍数を測れるだけでなく、カロリー消費や運動時間を測ることができます。意外と便利なのが運動時間の測定です。

わたしは朝ランで毎日適当に走っていますが、決まったコースを走っていますので、自分のコンディションの確認ができるのですが、どれくらいの時間で帰ってきたかを確認できます。

20181116

夕方は反対に1時間ジョグをしているのですが、単純に1時間走ったら切り上げればいいわけです。普段は時計を持たずに走っていましたので、これまではわざわざスマホを使って確認していましたが、その必要がなくなりました。

さらに、1日の有酸素運動の時間と無酸素運動、そして最大酸素摂取量での運動時間をチェックできます。これは目安程度だと思っていますが、練習の負荷が視覚化できるのでそれなりに便利に使っています。

これまでのMi Band 2で使っていたのは、睡眠の質を確認するのと目覚まし機能だけでした。目覚まし機能がなければ、なくても困らないような存在でした。

ところがMi Band 3は、わたしのライフログ、ランニングログとして必須のガジェットになっています。他に天気予報やストップウォッチ機能もあるようですが、ほとんど使っていません。

PB020350

最初はLINEやFacebookメッセンジャーの通知ができるようにしていましたが、仕事中には外していますし、睡眠中に通知が来ると起きてしまうので通知は解除しています(ナイトモードで通知オフにできるようですが)。

正直なところMi Band 2は「活動量計なんてこんなものかな」という程度のガジェットでしたが、Mi Band 3になったらちょっと驚きのガジェットに進化しました。これだけの機能があって画面も見やすくなって、お値段は4000円ちょっと。

そう、画面が大きくなってものすごく見やすくなったのも、持ち出したくなる理由のひとつです。走りながら心拍数を見ることもできますし、運動時間のチェックも止まらずにできます。夜だから見やすいというのもありますが。

欲を言えば、これでiPhoneの音楽を操作できると嬉しいですし、GPSだって付いていればそれに越したことはありません。でも、それで1万円になったのでは意味がありません。

PB020354

Mi Band 3の素敵なところは、お手軽価格だということです。

しかも、中国では人気のアイテムですので、交換バンドが豊富に用意されているのが嬉しいところです。標準のバンドはシンプルで嫌いではないのですが、今回はちょっと主張するバンドが欲しくて追加で購入しています。

完全にApple Watchのスポーツバンドをパクったデザインですが……

おどろくことに、このバンドは送料込みで469円です。中国から送られてきました。いったいどういう送料設定になっているのでしょう。中国の配達はものすごい安値で受けていると聞いていましたが、ただただ驚きです。

PB150002 2

Mi Band 3は活動量計なので、目的を持っていないと購入しても意味がありません。ですので、誰にでもおすすめというわけではありませんが、Mi Band 2からの買い替えを悩んでいるなら、これは間違いなく「買い」です。

いつまでも古いモデルを使い続ける意味はありません。価格も含めて一切の不満がありません。

すみません、ひとつだけ不満がありました。初期設定をするときに、なぜかアップデートに失敗し続けて、睡眠時間が2時間くらい削られました。ですので、初期設定は時間のあるときに片手間でやることをおすすめします。

それ以外は何も問題ありません。久しぶりに購入してよかったなと思えるガジェットでした。こうなるとXiaomiの体組成計も欲しくなったり。でもでも、そうなってくると次はXiaomiのスマホでしょ…

PB020001

中国好きというのもありますが、ここまでくるとちょっと病的かな。でも、Mi Band 3はがっつりハマって、やっぱりXiaomiはいいなということを再確認できました。興味がある人はAmazonでぜひ!



過去の自分が今の自分を作り、今の自分が未来の自分を作る

Hands 1838659 640

昨日、3Dプリンタを使って作られたランニングシューズの取材がありました。詳細は今朝のRUNNING STREET 365記事を読んでもらえればと思いますが、ここで感じたのは「機械設計者でよかったな」ということです。

今はライターという、機械設計とはまったく関係のなさそうな働き方をしていますが、こういう新しい技術についての知識があるのは圧倒的に有利な立場にあります。

ただ、技術的な話だけではなく、物事の考え方の根っこの部分は、やっぱりエンジニア時代に培われたものであり、他のライターにはない、わたし独自の強みなのだということを感じています。

ライターとしてはかなり下位ランクに属していることは自覚していますが、でも視点の持っていき方や物事の捉え方は、これまでの人生経験すべてが活きてきます。

Business 2178566 640

書くことのほとんどは技術面でなんとかなります。新卒で編集の仕事をしてきた人に対して、その技術面でわたしが敵うところはひとつもありません。でも、どの角度から見るのかというのは技術面だけでは語れません。

人は時として、それを生まれ持ったものと言います。才能と表現する人もいるのでしょう。でも、わたしはそうは思いません。どこから見るかというのは経験値の問題です。

普段から目に見えない部分について考えているか。自分だけの視点ではなく、他の人の立場になって考えているか。そういったことをどれだけ積み重ねていけるかが、とても重要です。

多角的な視点で物事を考えるという意味では、機械設計者というのはなかなか深いものがあります。お客さんのニーズと組み立てる人の立場、メンテンスのしやすさ、想定できるあらゆるトラブルを考え、それに対する対処をする。

White board 593309 640

わたしは一流の設計者とはいえませんでしたが、新卒で設計を学んだ派遣先では、その基本となる部分を徹底的に鍛えられました。大学の研究室でも、研究そっちのけで物事の原理原則を見抜くことの重要性を教授から学びました。

そういう一つひとつの経験が、いまのライターという立場で活きている。少なくとも「面白い視点で記事を書く」と認識してくれる人がいます。きっとその前に「文章は稚拙だけど」が付くのでしょうが。

でも、それでいいかなとは思います。六十の手習いには反しますが、いまさら文章の基本を身につけることはきっとできません。それはわたしが1kmを3分で走れないのと同じことです。

成長期にその才能を磨いていない人間は、どこまで頑張ったところで、伸びられる上限があります。

Concept 1868728 640

だから、ライティングもランニングも自分だけの視点を大切にします。他の人が歩いてできた轍を進むのではなく、自分だけに見えた一筋の光を信じて突き進む。

ときとして迷宮から抜け出せなくなることもあるでしょう。でも、そこでもがくのも意味があることなのかなと。

きっとそこで大事なってくるのは、最近ずっと考えている「削ぎ落とす」ということ。不要なものは持たないようにする潔さ。物理的にも精神的にも、できるだけ身軽にして生きるということ。

わたしくらいあれこれ飾るのが似合わない人もそうはいません。高級ブランドの腕時計もネックレスも、わたしが付けると輝くことはできないかと思います。

Winter 260817 640

何かを足すのではなく、無駄なものを削ぎ落とす。

これも実は機械設計を通じて学んだことです。図面は徹底してシンプルに書く。誰が見ても間違えないように、必要ない情報はできるかぎり削ぎ落とす。この考え方は機械設計者でも賛否はありますが、それがわたしのスタイルでした。

その割に文章がすっきりしておらず、ときどきくどくなるのは文章に対する基礎がないためです。

わたしの理想はいつだってレオナルド・ダ・ビンチ。ひとつのムダもなくそれでいて大事なものがすべてそこに含まれている。そういう文章を目指してはいますが、基礎がないので苦労はしています。

Mona lisa 690203 640

ただ、それが大事だということは知っています。そのスタイルが自分に合っているということも。

環境が変わるたびに、自分の中ではゼロからのスタートだとは思っていますが、実際には途切れることなく続いている。過去の自分が今の自分を作り、今の自分が未来の自分に繋がっていく。

じゃあ、いま何をすればいいのか。答えはシンプルです。少なくともわたしの中では。


なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか ― 何歳からでも人生を拓く7つの技法
著者:田坂 広志
楽天ブックス:なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか 何歳からでも人生を拓く7つの技法 [ 田坂 広志 ]

今シーズンから来シーズンはカラダづくり優先のスケジュール

Day planner 828611 640

1kmを裸足なら3分30秒くらいのタイムで走れるようにはなりましたが、これ以上のスピードを求めるなら、今の走り方では絶対に無理だと判断して、より地面に力を伝えられるフォームへと移行し始めました。

ただ、この走り方をするときに「膝を痛めるかも」と思っていたら案の定。

問題なのは痛めたことよりも、走り方が悪いのか筋力が足りないのかどちらなのかということです。基本的には膝を痛めたら安静というのがあたり前の行動ですが、わたしは痛めた理由を知りたい派。

あやしいなと思いながらも、いろいろ力のかけ具合をチェックしながら17km走ってみました。基本的に痛くなるのは下り坂が多いので、必要以上に圧縮の力がかかっているのは間違いありません。

Stopwatch 3206383 640

でもこれはきちんと反発力に変えることができたなら、推進力になります。

実際に、体幹をしっかり整えることを優先したら、痛みは引いていきます。めちゃくちゃインナーマッスルを使いますので、過去最高に腹筋の弾力性を感じていますが。

やっぱり走れる体になるには、「必要な筋力をつける→実際に走る」の順序で行う必要があります。これをせずに、いきなりスピードに乗ったり、長い距離を走ったりするからケガをするわけです。

でも、そんなことは誰も教えてくれません。いや、きちんと習わずにいきなり始めることに問題があるのですが、ランニングに人気があるのは、いきなり始められる手軽さがあるからです。

Plank 2793016 640

でも、誰かが言わなくてはいけません。速く走りたいのであれば、きちんと体を作ることが大切だということを。

ランニングを教えている人もそのことは重々承知なのだと思います。でもカラダづくりの練習会をしても人は集まりません。だって、みんながやりたいのは筋トレではなくランニングなのですから。

ランニングで気持ちよくなりたいから走るのに、地味で効果がすぐに出ない筋トレなんかしたくないわけです。

しかもカラダづくりというのは、3年くらいはかかります。わたしもハルカススカイランのための半年間のカラダづくりをしましたが、全然足りていないと感じています。狙った体の40%くらいまでしか到達していません。

Abs 2793024 640

筋肉のトレーニングは超回復の理論で行いますので、どうしても中1日か中2日で行うことになります。中2日ですと1年間に120回しかできないことになります。これではまったく足りません。

もちろん、ケガをしない必要最低限の筋トレなら、もっと短い期間で十分です。今回のわたしのケースで言えば、2〜3ヶ月あれば十分に走れるようにはなります。

でも、それまでに勝負レースがあったらどうなのか?

きっとみんなカラダづくりよりも、レースへの調整を重視しますよね。わたしだってそうすると思います。ただ、その結果としてケガを招いてしまうリスクが発生します。

Tyre push 2140997 640

来シーズンに向けて、わたしなりにいろいろ考えているのですが、本気でカラダづくりに集中しようかなと考え始めています。そのために出るレースをかなり絞ろうかと。

・愛媛マラソン
・南横ウルトラマラソン
・夢の島24時間 or 宮ヶ瀬湖24時間
・ハルカススカイラン
・万里の長城マラソン秋 

こんなところでしょうか。もう1つくらいフルマラソンを入れるかもしれません。走っていない都道府県を埋めるために。そういう意味では福岡や岡山、高知、和歌山あたりが候補になるかもしれません。

自分で走るのを減らして、取材を多くしたいなという気持ちもあります。レースに出ないなら、夜行バスで0泊3日という選択肢もありますから。

Marathon 1649905 640

とにかくレースを減らして、計画的なトレーニングをしっかりする。冬と夏の旅ランもしばらく封印する予定でいます。全力で走れるのはきっとあと2〜3年くらいでしょうから、その期間は自分の体としっかり向き合っていくつもりです。

ただ、タイムを追わないのは変わりません。結果的に速くなるのが理想ですが、例えばサブ3を狙うというようなことはしません。タイム設定をすると無意識に自分の限界を作ってしまうのと、それが無茶な走りを招くからです。

サブ3を狙うとなると、1kmを4分16秒で走る必要があります。まだ体ができていないのに、そのペースで走るとどうなるかは言うまでもありません。

出たい大会はいくつもあります。でも、それは2020-2021シーズンにすればいいこと。これまでと同じように、レースとトレーニングを両立させるのは非効率ですし、残された時間の短いことを考えると、やはり大事なのはカラダづくり。

Marathon 2965004 640

場合によっては24時間マラソンも出ないかもしれません。長く続けてきましたが、これは1週間以上まともに練習ができなくなることを考えると、かなりマイナスです。

わたしは何かに固執しないような人間でありたいと考えています。永遠に続くものなど世の中にはありません。だから何年も出たからということだけをを継続する理由にはしたくありません。

人生における方向性が変われば、自分が取り組むべきことも変わってきます。

まだまだ未定ですが、来年は今以上に削ぎ落とす1年にするつもりですので、レースの数も絞ってもっと身軽になること。そのために何をすべきか、じっくり考えていこうと思います。


「走り」の偏差値を上げる マラソン上達ノート
著者:松本翔
楽天ブックス:マラソン上達ノート 「走り」の偏差値を上げる [ 松本翔 ]

目の前に困っている人に手を差し伸べることで得られるもの

T4yYNf9IT9KUEY5J7GxHTA thumb 2c9e9

昨日は台湾人の友だち夫婦が東京に来ていたので、都内まで会いに行ってきました。出会いは2013年の台北マラソン。少し冷たい雨の降る中でのレースだったのを覚えています。

わたしがマラソンをすごいなと思うのは、こうやって違う国の人とも繋がれるという点にあります。もちろん、他の競技だって繋がりはできます。ただ、マラソンは出会いの数が桁違いです。

数万人の参加者とフラットな関係にあるわけです。年齢や国籍、信じる神様や肌の色も関係ありません。速いかどうかすら繋がるという意味では重要ではありません。

実際にわたしはランナーとしては大したことない位置にいますが、世界を舞台に日の丸を背負って走る人とも繋がっています。こう書くと、どこか自慢のようになってしまうので嫌なのですが、別にわたしがすごいのではないという自覚はちゃんとあります。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 2c9e6

ランナーとしての輪がどんどん広がっていく。望みさえすれば誰にでもチャンスは平等に与えられます。ただ、多くの人はそれを望んでないか、待っているだけかのどちらかで、自ら動こうとはしません。

当たり前のことですが、自分から動かない人が他の人の目につくことはありません。

ここでいう「動く」というのは、繋がりを求めて行動するということではなく、目の前に困っている人がいれば手を差し伸べるような行動です。見返りを求めず、ただ手を差し伸べる。

はっきり言えば、損な役回りです。

PB120031 2

困ってる人を助ける間に1文字でも書いてたほうが懐具合的には助かります。家に引きこもって365日休みなくライティングしてれば、会社員時代並みに稼げます。でも、その先には何もありません。

誰かのためにわたしが何かをする。それに対して喜んでくれること。

これがわたしの生きる意味のようなものです。きれいごとだと思うかもしれませんが、誰かの役に立ったかもしれないというのは、とても気持ちよく、心の深いところが温かくなります。

でも誰かのためにやっているように見えて、実は自分のためにやっています。

PB120030 2

だから正確には見返りを求めないというのは嘘です。喜んでくれればそれ以上の見返りはありません。そういう意味でわたしは自分のことを偽善者だとは思っています。

でも、それを繰り返していると、なぜか繋がりの輪が大きくなります。「会おうよ」と誘ってくれる人がいて、一緒に走りたいという人も現れます。

そんな自分を恵まれているとは思いながらも、自分のやり方が間違ってないんだという確信もあります。

もし、六本木にある高級マンションで暮らしたいなら、わたしの選択は間違っているのでしょう。地位や名誉が欲しいなら、きれいごとの世界で生きるべきではありません。

PB120024 2

わたしはそれらを望んでいないから、こういう生き方ができています。

偉くなりたいわけでもなく、尊敬されるような人になりたいわけでもなく、ただ目の前にいる人の笑顔を見たいだけ。でも、もしかしたら、そういうわたしは誰よりも欲深い人間なのではないかということに、たったいま気づきました。

欲深いというよりは罪深いのほうが、しっくりくるかもしれません。物よりもずっと価値のある人の感情を手に入れようとしているわけですから。

いずれにしても、誰かが笑顔になってくれることがわたしにとっての最優先事項です。そのための行動を続けたことが、いまの自分のベースにあることは間違いありません。

PB120016 2

少なくともわたしが手にしている数枚のキラーカードはすべて、そうやって手にしたものです。力ずくで手にしたわけでもなければ、望んで得たわけでもありません。

普通の人が無駄だと思うようなことを継続していたら、気がつけば手元に数枚のキラーカードがあっただけ。信じられないかもしれませんが、遠回りが1番の近道ということが世の中ではよくあります。

騙されたと思って真似て……なんてことは責任を取れないので言いませんが、そういう生き方もあるのだと、頭の片隅にでも置いておいてください。

人生で行き詰まったときの参考になるかもしれません(ならないような気もしますが)。


誰かを幸せにするために 大人の流儀8
著者:伊集院 静
楽天ブックス:誰かを幸せにするために 大人の流儀8 [ 伊集院 静 ]

食いしん坊なのだから美味しいお店を紹介するサイトを作ろうかと

PB040258 2

食いしん坊であることは以前から何度もブログで書いています。ただ、普段の食事はかなり質素で、ハルカススカイランが終わってから、朝がフルーツ、昼はご飯と味噌汁と卵焼き。夜はキャベツと豆腐のサラダ。

以前はお昼に納豆ご飯にしていましたが、いまは納豆入りの卵焼きです。納豆ご飯も好きなんですが、噛まないで流し込んでしまうのがよろしくないなと思い。

味噌汁は1度に2人前作り、翌日は残りをベースに雑炊にします。この雑炊が唯一の動物性タンパク質かもしれません。ご飯は2合炊いて3回に分けて食べるので、3食目はだいたいレトルトのカレー。

ランチは手間をかけたくないというのが正直なところで、カレー好きということもあって(カレーが嫌いな人間なんて世の中にいるのだろうか)3日に1回カレーを食べています。

PB040263

ご飯は基本的に玄米です。玄米よりも白米のほうが美味しく感じますが、白米だとどうも食べた気がしないので、母の実家で作っている玄米を美味しくいただいています。

子どもの頃、母の実家で作られるお米よりも、市販のお米のほうが好きだったんですが、今では毎日食べている玄米が一番好きです。美味しいとは違った次元で自分にフィットする気がします。

ただ、外食の玄米はどうも好きではありません。

我が家の玄米ご飯は、羽釜とガスで炊いているので、もしかしたらそれで美味しいのかもしれませんし、お米そのものが美味しいような気もします。外食で100%玄米のご飯を食べるとちょっと悲しくなります。

PB010342

こんな食事をローテーションしていますので、普通に考えれば栄養不足になりますが、比較的外に出ることが多いので、その他の栄養素はそのときに摂っている感じです。

ラン仲間も食べるのが好きという人が多く、美味しいお店に連れて行ってもらえることも多く、1人ではなかなか行くことのできない羊肉も不定期ながらちょこちょこ食べています。

今の仲間がうまくまとまっているのは、美味しいものが好きだろいうことと、お酒を飲むのが好きだという共通点があるからかもしれません。美味しいものはカスガイなんです。

まずないことだとは思っていますが、結婚するなら絶対に食いしん坊でお酒が好きな人です。これ以外に求めることはありませんが、これは絶対に必須です。

PA270151

食に対する欲の強さというのは個性があります。味覚の影響なのか、育ちの違いなのかは分かりませんが、食べることにそれほど興味を持たないという人もいます。

反対に何を食べても美味しいという人も。これはある意味素敵なことですが、テレビの食レポには向いていても、一緒に食事をするとなると、ちょっと物足りなさを感じたり。

もっとも一緒に食事をして楽しければ、そんなことはどうでもいいのですが。

口にするものに対して、「美味しい」や「好きじゃない」と言う自分を卑しい人間だとは思うのですが、別に高貴な育ちなわけではありませんし、美味しいものを食べるというのは元気の源です。

PA210263

人生において、食事ができる回数というのは限られています。80年生きるとして、1日3食なら87,600回(乳児期とかそういうのは無視して)。その1回も無駄にしたくないわけです。

無駄にしたくないというのは、美味しいものばかり食べたいというのではなく、本当に食べたいものを口にするという意味で。わたしは、年に数回はマクドナルドに行きますし、駅そばをこよなく愛する男です。

でもやっぱり食べるものにはこだわりたい。

でも、このブログであれ食べたこれ食べたと書いてもニーズがないのは知っています。旅行記と同じくそれほどページビューもありません。だいたいランの記事が多すぎて検索にも引っかかりませんから。

PA190468

そこで、いま美味しいお店や料理用の別ブログを検討中です。

「ハダシスト重松の1人ごはん」みたいな感じの。更新も不定期になるでしょうし、基本的には自分の忘備録のような感じになると思います。美味しいものを食べたい人の参考になれば、なおいいのですが。

最近は美味しいお店を探そうとしても、まとめサイトみたいなのばかり出てきて、食べログにいたっては評価点がまったく役に立ちません。そういう状況で、自分で行った美味しいお店や、自炊できる簡単レシピなんか載せれたらいいかなと。

少なからず、どこかにそれを必要とする人がいるはずです。だって、わたしがそれを欲しているわけですから。

PA070012

以前はそういうサイトはいっぱいあったんですが、まとめサイトに駆逐され、そのまとめサイトは本当に食べたのかどうかすらあやしい情報だらけ。少なくともわたしはそういうことはしないかなと。

ただ、表現力が乏しいんですよね。これがサイトオープンに踏み切れない大きな理由のひとつです。全部「旨し」ではどうにもなりませんから。ただ、これも慣れかもしれません。まずは2019年オープン目指していろいろ考えてみます。


美味しいごはん
著者:料理人ちこ
楽天ブックス:美味しいごはん [ 料理人ちこ ]

若さという特権と加齢という希望

Girl 1562025 640

取材で駒澤大学に行ってきました。取材内容は本日アップするRUNNING STREET 365の記事を読んでもらいたいのですが、簡単にご紹介しておきます。

ベルリンマラソンで世界最高記録を出したエリウド・キプチョゲ選手と彼のコーチが来日して、駒澤大学の選手を中心とした若手選手との練習とアドバイスということでした。

エリウド・キプチョゲの足元でレースをサポートしたナイキのランニングシューズをPRする活動の一環です。トークセッションと実際のトレーニングの2部構成でしたが、トレーニングセッションでキプチョゲ選手が走ったのはアップまで。

同じくトークセッションに参加した設楽悠太選手も、ランには参加していませんでした。設楽選手は歩き方がちょっと不自然に見えたので、福岡マラソンに向けて疲労のピークだったのか、何かトラブルを抱えていたのか。

Startup 593344 640

ちょっと不安になるような動きをしていましたが、彼のことを詳しく知るわけではないので、あくまでも個人的にそう感じたというだけにしておきます。大きなトラブルでないこと、もしくはわたしの勘違いであることを願っています。

あまり、この取材内容について触れるとRUNNING STREET 365のネタバレになるので、そうならない範囲でわたしが感じたことをいくつか。

学生時代というのはどうしようもないんだなと、自分の過去を振り返りながら感じていました。別に駒沢大学の選手が良くないとかそういうのではなく、20代前後でこの豊かな国で生きていると地に足がつかなくなって当然です。

目の前にエリウド・キプチョゲがいるわけですから、ある程度浮足立つのは理解できなくもありません。なぜか分かりませんが、わたしは0.1ミリも浮いていませんでしたが。

Startup 594090 640

多分、彼らには本当に大事なことは伝わってないのでしょう。社会人ランナーも設楽悠太選手を含めて4人いましたが、深いところまで理解していたのは、おそらく設楽選手くらいでしょうか。

東京オリンピックを目指す実業団の選手でもそんな状態です。若いというのはエネルギーが満ちていますが、思考の深さを兼ね備えているとなると、そう多くはいません。

わたしも20代くらいの若者と話す機会がときどきありますが、話をしていて疲れることがあります。彼らに伝わるように話をすることも、彼らが伝えたいことを理解するのは簡単ではありません。

ジェネレーションギャップとは少し違います。言い方があまりよくないですが、若い人には深みが足りていません。表面的に物事を捉えてしまうことが多く見られます。

Business 3370832 640

繰り返しになりますが、すべての若者がそうだと言っているのではなく、そういう傾向があるというだけのことで、わたしが若かったときなどは、今の若者よりもよっぽど軽薄でした。

そして、それが悪いという意味でもありません。刹那的に生きられるのは若者の特権です。

若いうちにあれこれ求めるのは、求める側が悪いのかもしれないと、そんなことを考えています。たぶん、駒澤大学の選手はキプチョゲに出会えたことで、数日は高いテンションで練習を続けるでしょう。

でも会えたことを活かすことができるのは、2〜3人くらいいればいいほうだと思います。

Couple 863456 640

箱根駅伝はいい選手を集めただけでは勝てない。頭で分かってはいました。実際に駒澤大学の選手を見てみると、足が速いという点を除けば普通の若者でした。

だから、ちょっとしたことでスランプになったりします。頑張りすぎて故障することもあります。

ランニングはメンタルのスポーツですから、気持ちの波はできるだけ小さいほうが良いわけですが、20代前後の若者にそれを求めるのは簡単ではありません。監督がそのメンタルをいかにしてコントロールできるのかを求められるのでしょう。

走ること以外に楽しいことがたくさんありますし、仲間とケンカすることも、恋の1つや2つくらいだってするはずです。

Desperate 2293377 640

そういうものをすべて手放せば日本を代表する選手になれたとして、それが本当に幸せなのかというと、必ずしもそうだとは言い切れません。日の丸と学生時代の馬鹿騒ぎした仲間との絆の重さを比較する方法はありません。

大人になって「学生時代もっと勉強しておけばよかった」と思ったことあるかと思います。でも、それはできないことなんです。学生時代なんて、自分に何が足りていないのか把握できていませんから。

もったいないなと思いながら、そういう自分はずいぶんと物分りがよく、つまらない人間になってきたなということに危機感を持っています。ただ、いまさらあの時代に戻れるわけでもありません。

それなら物分りがいい自分を受け入れて、今できることをしっかりやりきるしかありません。

Theravada buddhism 1853673 640

この日の取材で感じたものを、わたしなりにどうすれば活かせるのかを考えながら行動する。それができる年齢になったことはありがたいことです。

歳を重ねたからできることがあります。

いい年して若者っぽく振る舞うのはみっともないですが、年齢を受け入れたうえで今できることを楽しもうとする人は男女関係なく魅力的。決して強がりではなく加齢していくことにだって希望があると信じています。


ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ
著者:響堂雪乃
楽天ブックス:ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ [ 響堂雪乃 ]

天才と同じ道を歩いていては永遠に肩を並べることはできない

Guitar 944261 640

部屋のレイアウトを変えたタイミングで、いろいろ捨てたのですが、気がつけばまた部屋が散らかるという状態。何が一体わたしの部屋をこんなにもダメにするのでしょうか。

もちろん原因はわたしのだらしなさにあるわけですが、それにしたって限度があるだろうと思うわけです。ここまで部屋が散らかるとなると、狐にでも取り憑かれているのではないかと。

狐に対する風評被害のような気もしますが。

一事が万事と言いますが、やっぱりこういうだらしなさというのは、仕事やマラソンに出てきます。「この壁を越えれば」というような壁にことごとく跳ね返されるわけです。

Chalk drawing 929852 640

少し前よりは確実にすっきりとはしています。でも、そのそばから物が増えていくわけです。取材で使った書類や、マラソン大会の参加賞。新しく買ったものなんて限られていますが、それでも増えていく一方です。

ミニマリストと呼ばれる人や、断捨離を成功させた人はすごいなとは思います。どうもそこまで思い切り良くできない自分がいて、そこまで突っ走ろうとするとブレーキをかける自分もいます。

凡人と天才の壁とでも言いましょうか。きっと自分が作り出した幻想なんだってことは分かっています。

何度も越えようとはしました。ランの部分で言えば、ハルカススカイランでやらかしたことで、もう1回壁に向かって飛んでみる気持ちにはなっていますが、心のどこかで上手くいかない自分をイメージしていたり。

Performer 2511540 640

何かをきちんとやりきれる人と、どこかで頑張れなくなる自分とはどこに差があるのでしょう。生まれつき?それとも後天的な何かが原因?

自分で言うのは何ですが、そこそこ頑張れる子だとは思っています。だからこそ、目の前の壁の大きさ、超えられない一線がはっきりと分かります。

コツコツ頑張ってたどり着ける領域と、天武の才によってたどり着ける領域には明らかに違いがあります。

だから諦めるということではなく、ただ違うということをはっきりとさせておかなくてはいけないと感じただけです。少なくともわたしの中では。

Child 1039751 640

天才と同じ場所に立ちたければ、天才と同じことをやっていたのではいけません。天才の倍の頑張りをするのも違います。才能に溢れた人たちとはまったく違う道を行くこと。誰も思いもしない方法で突き進むこと。

これが自分らしさなんだろうなとは思います。

わたしの場合は、思いもよらない道を進みすぎて、まったく予想外の場所にばかり到達しているのですが、そこに思わぬ人が待っていたり。面白おかしいという意味では、平凡ではないかなというのは薄々感じています。

人によっては、わたしを見て「才能に溢れた人は……」なんて思うかもしれません(いやそれはないか)。

Girl 3041375 640

ライティングの仕事をしていると、少なくとも自分は読むことのできる文章を書けているくらいは分かります。でも、みんなから反響のある文章のほとんどが、内容よりも取り上げたテーマがよかっただけ。

最高の食材を用意されていて、わたしはそれをただ塩で味付けして焼いただけ。ライティングの世界には、それすらもできないという人がいるようですが。

わたしの文章は重みもなければ、リズム感もありません。世の中にない言葉の組み合わせなんかありません。すべて小学校で習うような単語を組み合わせているだけ。

少し前から乃木坂46だけでなく、あいみょんという歌手の曲も聞いているのですが、あいみょんの歌詞を読むと、わたしは絶望的な気分になります。単語のチョイスと組み合わせが天才的で、自分の小ささだけが浮き彫りになります。

Runner 1814460 640

それはもう、キロ3分よりも速いスピードでわたしを追い抜いていく学生ランナーみたいなものです。

決定的な才能の差。

才能の差が分かるのも才能だと言った人がいたような気がしますが、慰めにもなりません。嘆いたところで、その才能を手にすることが出来るわけではありませんが。

そういえば、先日のハルカススカイランで、タレントの森脇健児と同じタイミングで階段を駆け上がりました(そうなるように調整しましたが)。

Steps 388914 640

森脇健児さんはわたしが世界で唯一まともな自分を保てなくなる人です。青春時代を支えてくれた人と言っても過言ではありません。わたしにしてみれば神様のような存在ですが、階段を上がっているときに少し話ができました。

そして、走り終えてからなぜか自然と握手を求めてしまったわたし。

結局こういうことなんですよね。一生懸命背中を追っていても届かなかったのに、違う方向で努力していれば、どこかで肩を並べることができる可能性がある。

結果はでなかったとはいえ、半年間はハルカススカイランのためだけにトレーニングしてきました。すると、若き日に追いかけ続けた天才がそこにいたわけです。

Street artist 1279977 640

マラソンの神様も粋なことをしてくれるものです(この流れで石田ゆり子さんにも会わせてもらいたいところです)。

天才の壁を乗り越えられなくても、自分がこれと決めたところで努力を積み重ねること。それしかできませんし、それを続けていくとしましょう。

あと、部屋はやっぱりコツコツと片付けるとします。


天才はあきらめた (朝日文庫)
著者:山里亮太
楽天ブックス:天才はあきらめた (文庫) [ 山里亮太 ]

ケガの功名?大腿筋膜張筋を意識することで走りが安定した

 

ケガの功名と言うのでしょうか、ハルカススカイランを上手く走れなかったことによって、その検証をしているときに久しぶりに降りてきました。走り方のコツのようなものが。

こういうのは本当にいつやってくるか分かりません。

今のランニングフォームはひとつの完成形だと思っていました。体を後傾にして、体の後ろ側の筋肉を反発させて走る。この走り方が正しいかどうかは別として、ここからの進化はないだろうなと思っていたんです。

自分なりにいろいろ試してみましたが、どれもしっくりこなかったので。だから次にランニングフォームが変わるときは、すべてをリセットしたときだと決めつけていたんです。

Stretchen 1634787 640

でも、その降りてきた感覚は、これまでの延長線上にありながらも、まったく使っていなかった筋肉を使います。大腿筋膜張筋であってるのでしょうか。股関節の外側にある筋肉です。

大腿筋膜張筋は股関節が外旋するのを防ぐ役割があります。走るときに、この筋肉を振り下ろすように圧縮状態から開放します。そうすると足が真っ直ぐにきれいに出ます。骨盤のブレもなくなります。

ランナーはここをしっかりほぐすようにと解説しているサイトなどもあります。この筋肉が硬いと腸脛靭帯炎になりやすいのだとか。今回はそれは問題ではなく、この大腿筋膜張筋に意識を持ってきて走ると、走り方が全然変わったというお話です。

大腿筋膜張筋に意識を持ってくると、骨盤がしっかりと立ちます。そして、ダラダラ走ることができなくなります。いつもと同じ感覚でジョグをしていても、まったくスピード感が違います。

Steps 1081909 640

何よりもやっぱり、真っ直ぐで無駄がないというところが気に入っています。

ただ、大腿筋膜張筋を意識するだけで使えるというのは、どうも腑に落ちません。どんな筋肉でも最初は鍛えるという作業が必要です。背中の筋肉を付けるのもかなり苦労しました。足の裏側の筋肉も数ヶ月かかりました。

でも大腿筋膜張筋は最初から使えます。使えるのに使っていなかっただけ。

そして、これに気づいて走りに取り入れて数日で、腹周りの筋肉の見た目がすっきりしました。筋肉が変わるなんていうのはそれこそ数ヶ月かけて行うことであって、数日で目に見えて変わるなんてことはありえません。

Adult 1850925 640

でも、現実としてそうなっています。特に、これまでなかなか落ちなかった脇腹の贅肉がきれいになくなっています。

考えられるのは、これが本来のあるべき姿なんだということです。これまでは体の後ろ側の筋肉ばかりを意識していたので、まったく忘れられていた筋肉で、でもそれは使われるべきなのに使われてなかっただけ。

おそらくこれまでのピラティスやランニングでも、ゆっくりと鍛えられていたのでしょう。日の目を見ることがなかっただけで。なんて健気な筋肉なんでしょう。

不安要素はあります。やはり腸脛靭帯炎が気にはなります。大腿筋膜張筋と腸脛靭帯はダイレクトに繋がっていますので、この筋肉の使い方を間違えればランナー膝になってしまいます。

Athlete 847657 640

そこから考察すると、裸足ランニングでは大腿筋膜張筋を使わないというのが、ある意味正解なのかもしれません。裸足になると膝の痛みがなくなるなんてことをよく耳にしますが、実際にはわたしは裸足で走り、大腿筋膜張筋を使わずに膝の痛みもなくなっています。

そうなると、大腿筋膜張筋を意識して走ることが、また膝のケガにつながる可能性も考えられます。

救いがあるとすれば、それを知識として理解できているということです。膝に異変があれば走るのを止めればいいだけですし、前の走り方に戻せばいいんです。

しかも、今は大腿筋膜張筋が硬くなるよりも、ゴムのような反発力があるので、いきなりランナー膝になる可能性は低いと考えられます。ただしメンテナンスは怠らないように気をつけます。

Street workout 2628910 640

この走り方のいいことは、これまでの足の裏側の筋肉の反発力をこれまで以上に生み出しやすくなっているということです。反対にデメリットは、足全体にかかる負担が大きいということ。

これまで逃げていた力が、すべて足裏に乗っかかるわけですから、その力を上手く受けないと過負荷で故障します。

ケアをしっかりすることと、これまで以上に練習の強弱をはっきりさせること。休むときはしっかり休ませることを意識していこうかと思います。

また、これで本当に速くなっているのかは、来週にでも1kmのタイムトライアルをしてチェックしてみます。すぐに速いスピードに適応できない可能性もありますが、まずはやってみること。

Dumbbells 3675226 640

はっきりしているのは、座った状態から立ち上がるのが、びっくりするレベルで簡単になったこと。

これが階段上りに役立つとさらにいいのですが、今回はロード向きの気づきです。階段を上手く上がるための試行錯誤は別で検討していきます。


超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由
著者:Testosterone / 久保 孝史
楽天ブックス:超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由 [ Testosterone ]

本当に大切なことは自分の体験から学ぶしかない

Jump 2413367 640

ハルカススカイランの失敗からまだ立ち直れないでいます。気持ちの半分はすでに前を向いていますが、残りの半分は後ろ側に引きづられています。わたしにしてみればかなり珍しいことです。

仕事をしていても集中力が続きませんし、心がいつもどこか別のところにあります。

目標を達成できなかった残念な気持ちと、目の前の目標が消えたという喪失感。こういうときは何をやってもうまくいかないことは43年も生きているとさすがに分かっています。

ただ、仕事は山のようにありますし、来年のハルカススカイランに向けてトレーニングを開始しなくてはいけません。こうやって半分後ろを向いている間に1日が過ぎていくわけですから。

Success 3521937 640

よっぽど悔しかったのかなと、自分で冷静に判断しているところです。

悔しいなんて、最後に持ったのはいつなのか分かりません。もしかしたら、人生で初めてのことのような気もします。小さな頃から「負けるものか!」というような感情が少なかったような。

子どもの頃は体が小さかったのもあり、何をやっても上手くできない子でした。少年野球でも試合に出たことはほとんどありませんし、中学時代のハンドボールも補欠でしたし、高校以降のサッカーも公式戦に出たのは数回。

基本的に「できない子」なので悔しいという感情がないというか、悔しいという感情がないから「できない子」なのか。

Whitewater 3402204 640

自分で言うのはあれですが、社会人になったくらいから、知らないうちに「できる子」になっていました。だいたい何をやってもそこそこうまくこなせます。

それはそれで、悔しいという感情が生まれません。

悔しさというのは叩きのめされて、自分のプライドをズタズタにされたときに生まれるのでしょう。そして、今回がまさにそのときだったのでしょう。もっとできるつもりだったのに、手も足も出なかった。

こういう経験というのはもっと若いうちにしていれば、人生はまた違ったものになったのかもしれません。タラレバを言っても仕方ないのですが、ただ事実として人生経験は重要だなと思います。

Balloon 2578600 640

わたしが会社員だったころ、会社が新入社員への教育で「成功体験を積ませる」なんてことを言って、ものすごくハードルの低い課題設定をしているのを見て、この会社はもうダメだと感じたことがあります。

実際にはその会社は大きく成長していますので、間違っていたのはわたしだったのかもしれませんが、人間を成長させるのは成功ではなく失敗なのだと思っています。

多くのアスリートが「今に見てろ」というような経験をバネに成長しています。

若いうちにどれだけ失敗できるか。失敗するにはそもそも挑戦をしなくてはいけません。最近は挑戦をするという若者も減っているという話を聞きます。

People 2941979 640

万里の長城マラソンに来る若者はみんな挑戦することを楽しんでいるので、本当に挑戦する若者が減っているのだろうかとは思いますが。きっと若者として一括りにすることに意味はない時代になったのかもしれません。

それはともかく、わたしは挑戦をしないタイプの若者でした。

これは今でも続いていることですが、石橋を叩いて壊すタイプで、慎重すぎるくらい無理はしません。人生初の海外がブラジルに数週間だったみたいな無茶をしたこともありますが、挑戦だったかというとそうでもありません。

あまりにも無知すぎて、それがいかに難しいことかなんて考えなかっただけです。

Window view 1081788 640

この無謀さも若さの特権みたいなところがあります。さすがにこの年齢で無謀なことをするのは「愚か」な行動です。でも、挑戦を止めるのはもっと愚かなことだということに気付かされました。

挑戦するから見えることがある。大きくコケるからこそ得られるものがある。

今回の失敗をいいものにするのか、それともムダにするのかはわたし次第。そして、この悔しさは簡単には風化しそうもありませんし、この鉄が熱いうちにしっかり打とうと思います。

こういうことを若いうちに教えてくれる人がいたらなぁと、またしてもタラレバ。

まぁ教えてくれても、やっぱり危険なことからは逃げていたでしょうけどね。性格なんてそう簡単に変わることはありませんし、本当に大切なことは自分の体験から学ぶしかありませんから。


アドベンチャーレースに生きる!
著者:田中 正人/ 田中 陽希
楽天ブックス:アドベンチャーレースに生きる! [ 田中正人 ]