しげ のすべての投稿

マラソン大会だけが走ることの楽しみじゃない!ランの可能性は無限大

07ae21b5f588b4ef1568fecf867bef0d s

昨日はウルトラマラソン練習会を開催しましたが参加者ゼロ。だったら、自分のやりたかったことをやるしかありません。もともと坂道ランをテーマにしていましたので、1日でどれだけ坂道を走れるか企画。

朝8時に東京駅をスタートして、日没までは制限時間です。詳しい内容はRUNNING STREET 365で記事にしますが、実際にやってみて思ったことは、「走れるって素晴らしい」ということです。

今回選んだコースの一部が皇居ランニングのコースと重なっているのもあり、様々なランナーを見ることはできましたが、土曜日の朝から真剣に走っているランナーが気になります。

おそらくは、自分の成長のためにストイックのランニングと向き合っているランナーさんだと思います。その頑張りはすごいと思う反面、自分にはもうできないことだなと思いました。

6ec8e9de0086ca3d7351b0783e551f1b s

タイムや自分の成長も走るモチベーションにしていた時期がわたしにもありました。ところが今の私はこう考えます。「走れることを活かして、もっと毎日を楽しくしたい」とううことです。

そのひとつが台湾や中国の人たちとつながっていくことですし、これまで走ったことのない道を自分の足で駆け抜けるということです。

今回は東京駅から青山一丁目までが結果的にランニングコースとなりましたが、直線距離は5km以下ですのでこの短い距離の間で44km走りました。距離はともかく、この間でこれまで歩いたこともないような道に足を踏み入れました。

事前にコースをまったく決めていなかったのもあり、細い路地に入っていくたびに、ワクワク感が高まります。たまたま入ったお店がものすごく美味しかったり、江戸の歴史に触れてみたり。

8a78015c8478bda97535bbdd9ad4b57d s

個人的にはこれまで行くこともなかった千鳥ケ淵戦没者墓苑に行けたことが、とても強く印象に残っています。訪れたのは本当にたまたまでした。そもそもコースを一切決めずに行き当たりばったりでした。

そんな中、たまたま選んだコースに千鳥ケ淵戦没者墓苑がありました。向かわないわけにはいきません。

乃木神社も初めてその前を通過したかもしれません。乃木希典将軍を祀る神社です。なぜかこれまで乃木坂と乃木将軍が混じり合うことがなかったのですが、乃木坂を走ったことで、わたしの歴史観の中に乃木将軍が浮き上がってきました。

とにかく走れば走るほど新しい発見があります。「この道とこの道が繋がっていたんだ」というような驚きもあります。地元の人たちがどうやって坂のある生活と向き合っているのかも見えてきます。

644858f07b066a0abc79098a48587220 s

そういう新しい発見に出会うたびに、わたしは自分がランナーで良かったと思うわけです。自分の足で駆け回ったからこそ見えてくる歴史や事実があります。

せっかく走れるようになったのに、自己ベスト更新のような小さな世界でクローズするのは個人的にはとてももったいないことだと思います。世界選手権に出るようなトップランナーならいざ知らず、一般の市民ランナーがそこまで自己ベスト更新に囚われるのはもったいない気がします。

走れることの可能性は無限大です。震災が合っても、ランナーならその日のうちに愛する家族のもとに帰ることができます。ランナーなら世界中のランナーと繋がるチャンスがあります。

そういう世界の広がりを、自分だけの記録で閉じてしまうのは残念です。

Dde351dea236622965adeccbde5b0113 s

もちろんそこにはストイックに追求することでしか得られない快感があります。頑張った人だけが得られる達成感があります。そういう方向性に魅力を感じている人を否定するつもりはありません。

ただ、一人のランナーとして、走ることでもっと人生は豊かになるんだよということは伝えたいと思います。速く走るためだけに走る。そういう生き方もありですが、もっと肩の力を抜いても走ることを楽しめるよと伝えたい。

まぁ伝えると言っても「こんなことやってみたよ」と伝えるだけですが。

伝える人にはなりたいのですが、影響力のある人間にはなりたくありませんので。わたしはいつだって、きっかけを与える存在でありたいと思いますが、その先の選択はそれぞれが行ってもらいたいわけです。

わたし個人がとても素晴らしいことを言ったとしても、それを実行しや人に対して責任を取れるわけでもありませんので。今回で言えば「マラソン大会だけが走ることの楽しみじゃない」ということを、たった1人でも知ってもらえればそれで満足です。


限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法
著者:為末 大
楽天ブックス:限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法 [ 為末 大 ]

マラソンランナーがプロになるということの意味とリスク

,

Legg 2821615 640

川内優輝さんが公務員ランナー、最強の市民ランナーという称号を手放し、来年度からプロランナーになるという宣言をされました。「このタイミングで?」と思う人も多いかと思いますが、彼はいつもわたしたちの常識を超えたところで物事の判断をしているように感じます。

このあとどうなるかは分かりませんが、正直なところもう4年早ければと思わないわけではありません。実業団の選手であれば、様々なしがらみなどもあり、簡単にプロランナーにはなれません。

でも川内優輝さんは、少なくともランナーとして一番いいときをプロでないランナーの道を選びました。

いや、これからまだまだ成長できるはず。そういう期待はもちろんあります。でも、多くのランナーがマラソンだけと向き合える環境を手にしてから、記録が伸びなくなっています。

People 2568300 640

その最大の理由は、年齢的にピークを過ぎてしまっているからではないかと思います。とはいえ、それはわたしのような凡人の考えることで、川内さんには川内さんのプランがあるのでしょう。

どちらかというと、わたしが気になるのは、練習に集中できる環境を手にしたことで、ケガをしてしまうのではないかという点です。マラソンというのは、たくさん走ればいいというものではありません。

量を重視する指導者もいますが、現在日本のトップクラスのランナーは、すでに十分過ぎる量の練習を重ねています。そこにさらに練習を加えますので、最初は結果が伴います。でもいずれ無理が出てきます。

もっとも、1回でも自己ベスト更新できればそれでいいという考え方もあります。年齢的に限界が近づいている状態で、もう一度マラソンに集中できる環境を作って、最後に一花咲かせる。

Body 2703420 640

高橋尚子さんもプロ転向後に世界最高記録を更新しています。ただしプロになってからは常にケガが彼女につきまとうことになります。高橋尚子は本当に走るのが好きで、練習を止められている日ですら、勝手に走りに行ったそうです。

そんな選手がマラソンだけに集中できる環境を手にしたら、もっと練習の虫になってしまいます。

人間の体が思ったよりも強くありません。トップクラスのランナーの走りは、確実に体を壊しながら走っています。壊しては組み立て、壊しては組み立てを繰り返してどこかで折り合いをつけながら走っています。

プロになるというのはその折り合いの場所を変えるということです。そうなると、必ずどこかに無理が出ます。藤原新さんも度重なるケガと向き合っています。

Runners 1829201 640

プロになって、いかにして上手にサボれるか。でも上手にサボれない人だから、ここまでの成長があります。練習は嘘をつかないということを知っている人たちですから、なかなか手を抜くことができません。

そして何よりも衰えている自分を受け入れることがなかなかできず、若かったことろ同じ練習をして、調子を崩してしまいます。ベテランになればベテランの練習方法があります。本当はそれに取り組まなくてはいけませんが、自分がベテランだなんて思いもしないのでしょう。

さらに、プロになるということはサポートしてくれる人や企業が必要になります。仮にシューズメーカーの契約選手になったら、そのメーカーの意向にそったスケジュールを組まなくてはいけなくなります。

川内さんは、それは避けたいということで、今回1600万円を手にしたタイミングでプロ化を実行したのでしょう。

Runner 728219 640

少なくとも日本でプロランナーになろうと思うと、まずは結果を出さなくてはいけません。それも圧倒的な結果を出し続けて、ある程度注目される立場になってからでないと、資金集めもままならないプロランナーになります。

ではその十分な知名度を手にできるのはいつなのかというと、やはりピークを過ぎてからです。

ただし、最近では大迫傑選手のように若くしてプロランナーとなる例もあります。もっともこれはナイキが青田買いしたような格好で、日本のシステムの外に出たからこそプロランナーの環境を得ました。

そしてプロと言ってもナイキ所属ですので、練習と休養に関しては徹底的にマネジメントされているはずです。科学的に無理のない練習を効率的に行っている。過去のプロランナーとは少し立ち位置が違います。

Running 1245640 640

おそらく、これからのプロ化というのはこういうことになるのではないかと推測します。これまでは「プロ=独り立ち」でしたが、これからは「プロ=プロチーム入り」が主流になります。

実業団ではないどこかが、プロランナーチームを立ち上げる。プロ野球やプロサッカーのように、専門スタッフやコーチがきちんといて、科学的アプローチに基づいて選手育成を行っていく。

おそらく、資金力のあるチームは世界の若手とどんどん契約をしていくはずです。ナイキがそのスタイルで結果を出している以上、世界の流れがそうなっていきます。

日本のように個人でマラソンと向き合える環境を整えるプロ化とは方向性が違います。

Action 1837158 640

そんな時代の切り替わり時期にプロ化宣言をした川内優輝さん。彼がここからどうやってわたしたちを驚かせてくれるのかを期待しつつも、走り過ぎによるケガだけは絶対に避けてもらいたいところです。

もっとも、そうなったときでも、彼のことを支えてくれる人はたくさんいます。ゲストランナーとして日本中のマラソン大会が手ぐすね引いて彼を待っています。

これからは、そういう形でも自由に稼ぐことができます。彼がお金のためのプロ化ではないと言いましたが、お金がどれくらい大切かも知っているはずです。

稼ぐためには走らなくてはいけませんが、走りすぎるとケガのリスクが高まります。このバランスをどうとっていくのか、想像もできない答えを出してくれるのではないかと、期待しながら彼の走りに注目していこうと思います。


プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長するか
著者:P・F. ドラッカー
楽天ブックス:プロフェッショナルの条件 いかに成果をあげ、成長するか [ ピーター・ファーディナンド・ドラッカー ]

スポンサーリンク

WeChat Payを開通させるはずがAlipayを開通させた話

Credit card 851502 640

中国ではお買い物などは、ほぼ全部スマホ決済になっているという話を聞いたことがあるかと思います。アプリのQRコードを読み込んでもらって、チャージしている金額から支払います。

でもこのシステムは外国人には優しくなく、基本的には中国の銀行口座を持っていないと利用できません。いや、できないと思っていました。いずれ外国人にも開かれるはずだと思いながら待っていました。

今回の万里の長城マラソンに行くにあたって、いろいろ調べ物をしていたら、どうやらスマホ決済のひとつWeChat Payなら日本のクレジットカードでも開通できることを知りました。

ただ、この段階ではまだ開通できるだけで、チャージができません。そのためチャージするにはWeChat Payを使っている中国人にお金を渡して、そこから送金してもらうというのが一般的な使い方。

Paper 3147856 640

ところがさらに調べていると、どうやら羽田空港や関西国際空港、そして新宿や渋谷などに置かれているポケットチェンジなる端末を使えばWeChat Payにチャージできるとのこと。

だったら事前準備としてお金をWeChat Payにチャージしておこうかなと。北京では食事をするのもコンビニで買い物するのもすべてスマホ決済。これが使えたらどんなに便利でしょう。

さっそく向かったのは新宿にある歌舞伎町城。

一見するとただの外国人向けお土産屋さんなんですが、狭いお店の奥にちゃんとポケットチェンジの端末がありました。日本人がその端末を使うことはほとんどないと思うので、怪しまれないかとドキドキでした。

Iphone 624709 640

ただ、店員さんはほとんど空気のような扱いだったので、よくある風景だったのでしょう。

いきなり1万円とか入れる勇気はないので、1000円を入金。出てきたレシートにあるQRコードを読み込んで開通作業を…と思ったら、わたしの知っている情報よりもアプリが進化してて、頭に?マーク。

落ち着いて作業をしようと思って、ちょっとカフェに入って検索をしながら開通作業開始。ところがクレジットカードの番号を入れて個人認証をするところで何をやってもうまくいきません。

please add a bank card subscribed with mainland china id card to complete real name authentication. 

要するに、中国の銀行カードじゃないとダメだよということ。クレジットカードが悪いのかと思って数枚試しましたがすべて同じ。これはおかしいと思って調べてみたら、どうやら2018年3月くらいから開通できなくなっているとか。

Plastic card 1647376 640

いや、日本のクレジットカードに対応させるようにしたの最近ですよね?

まぁ悩んでも仕方ありません。ここでWeChat Payは断念しました。いずれ使えるようになるはずです。今回は残念ながら現金払いで仕方ないということで。

ところが使えない理由を調べているときに「WeChat PayはダメだけどAlipayが使えるからいいか」というようなtwitterのつぶやき発見しました。Alipayは中国で一番シェアの高いスマホ決済サービスです。

あれあれ?Alipayこそ日本で使えないと聞いてたし、むしろ日本版のAlipayを作るとか作らないとかで話題になっていたところやけど何ででしょう?

Finance 3065269 640

とりあえず、また検索。

そうしたら、日本のクレジットカードでAlipayを開通させたという人の記事を発見。「日本国内でWeChatPayを開設しお金をチャージする方法」この記事素晴らしい。

記事に書かれているまま進めていったら、あれよあれよと開通完了。実際に中国で使ってみないと分かりませんが、自分のQRコードも出てきますので、どうやら使える状態にあるみたいです。

チャージはできないので、クレジット決済のみでしょうが。

これが使えればかなり便利です。北京ならほとんどお金を持たずに生きていけます。何よりも無駄に高いレートで中国元を買わなくて済みます。

The dollar 3125419 640

空港なんかで両替したら10%くらい手数料で取られます。クレジットカード払いならその日のレートです。今まではキャッシングしてましたが、今度は利息もつかないのでさらにお得。

もっともそれもこれも実際に使えるようになってからのお話です。すべては来週わかります。

いずれにしても、今の流れからするとWeChat PayもAlipayも日本に限らず、世界で使えるようになっていきます。中国に行く機会の多い人は、常に最新の情報を仕入れて、使えるようにしておきたいところです。

ちなみに、1000円分のチャージは万里の長城マラソンの本部に送金として送りました。あちらはQRコードさえ読めればすぐにチャージ出来る状態ですので。

People 2575431 640

でも、これってマネーロンダリングなんかに使われそうで、大丈夫なんでしょうか?空港に設置されているくらいですので、かなりしっかりしたセキュリティがあるのだと思うのですが、ちょっと不安です。

ちなみにポケットチェンジの本来の使い方は、帰国したときに余った外貨を楽天Edyなどにチャージできるといったものです。海外旅行から戻ってきたときにかなり便利ですので、ぜひ活用してみてください。

ポケットチェンジhttps://www.pocket-change.jp


決済の黒船 Apple Pay (日経FinTech選書)
著者:鈴木 淳也
楽天ブックス:決済の黒船 Apple Pay [ 鈴木 淳也 ]

スポンサーリンク

マラソン大会でマイカップを使うことの難しさ

P4150128

台湾の南横ウルトラマラソンがマイカップ制だったので、そこでシリコン製のコップを購入しました。レース中、とても快適だったこともあり、エコの面からもこれからはマイカップだと意気込んで乗り込んだかすみがうらマラソン。

南横ウルトラマラソンではポケットに入れていましたが、あまりにも違和感がなさすぎて、何度もコップがポケットに入っているのかを確認したこともあり、今回はポーチにカナビラをつけて、そこにコップをぶら下げました。

他の誰もやっていないことをする。こんな気持ちのいいことはありません。ただし、レースが始まってから、わたしは大きな間違いに気づきました。

かすみがうらマラソンは小雨が降る中のレース。これくらいの雨なら、わたしは給水も給食もなしで走ります。エイドにご馳走があれば別ですが。食べたり飲んだりすることで体に変化が起きるのを避けるためです。

P4150147 2

もちろんスピードを出すときには給水しますし、暑い日は5kmごとにスポーツドリンクを飲みます。ただ、この日のかすみがうらマラソンくらいなら、給水は必要ありません。

それくらいの状態だったので、マイカップは使えても使えなくてもいいかなと思いながら、記事のためにもいつもよりも多めにエイドによることにしました。

ただ、最初のエイドで気づいてしまいました。

マイカップはボランティアさんからすれば面倒だということに。目の前のテーブルでコップに水やスポーツドリンクを入れている場合はいいのですが、ボランティアさんの後ろのスペースで給水作業をしていると、その作業の流れを断ち切ることになります。

もちろん嫌な顔をされることはありませんでした。でも、最初にそれに気づいてからはエイドの状況を見ながら、お願いできそうな場所を選んで「これに入れてください」とマイカップを渡していました。

P4150160

マラソン大会でマイカップ文化を根付かせるには、まずはエイドそのものが対応しないといけません。でもこっちが勝手にマイカップにしているので、マイカップに対応して欲しいなんてことは言えません。

特別なことをしてくれる必要ありません。スポーツドリンクでも水でもランナーが自分で給水できるようになっていればそれでいいんです。マイカップ用のペットボトルがひとつか2つあればOKです。

でも、そもそもマイカップ文化がほぼありませんので、そんな対応はしてもらえないでしょう。そうなると、マイカップ持参したのはいいけど、使うことができない大会も出てきます。

P4150096

ランナー側にしてみれば、それなりに強い想いがないとマイカップが続きません。

わたしは、今回のかすみがうらマラソンで散乱した紙コップを見て、これからもマイカップを続けていくことを強く誓いましたが、それは意識が変わったからであって、南横ウルトラマラソンに行く前までは、散乱した紙コップを仕方のないことだと思っていました。

全員がマイカップにする必要はないと思いますが、10%でもマイカップのランナーが出てくれば、あのごみの山も少しはマシになります。

エコなんてしょせんエゴですので人に誇るようなことではありませんが、それでも1人1人の「これは良くない」という思いが積み重なると、環境は大きく変わる可能性があります。

P4150097

正直、どこかの大会で参加賞をマイカップにして、それを持って走ることを義務付ければ流れが変わりそうですが、きっとしばらくはないのでしょう。

Tシャツを作るよりも低コストでオリジナルのマイカップを作れると思います。もう多くのランナーがTシャツは不要だとしている状態ですので、大会のロゴの入ったマイカップのほうが絶対に喜ばれます。

しかも邪魔になりませんので、コレクションにもなります。

どこかの大会で思い切ってマイカップを参加賞にして、エイドではマイカップ制にしてくれないものでしょうか?

ただ、それは小規模な大会では無理なのかもしれません。まずオリジナルのマイカップを作るコストが数百個レベルではきっと割高になります。数千個作るからこそ価格メリットが出てきます。

P3240035 2

そしていきなり数千人がマイカップを持つことに大きな意味があります。

トレランやウルトラマラソンではマイカップ推奨の大会が増えているそうですが、文化として定着させるには数千人規模、数万人規模の大会での推奨が必要です。

ポイ捨てを嫌う京都や奈良といった地域なら成功しそうですが、一定数の批判も出るでしょうからすぐに全面導入というわけにはいかないかもしれません。

やっぱりこういうものは、小さく活動をしてマイカップの魅力を伝えていくしかないのかもしれません。

ちなみにわたしの使っているカップは「Lixada AONIJIE 200ml BPA ソフトウォーターカップ」はamazonなら570円で購入できます。この他に下にあるようなSALOMONやOMMなどの柔らか素材のマイカップもamazonで売られています。

[サロモン] ハイドレーションパック SOFT CUP 150ml/5oz SPEED L39389900

さすがSALOMONは倍近い値段がしますがちょっとかっこいい。これならランニングショップなどでも販売してもらえそうですが、文化がないことには売れないでしょうし、仕入れもしないのが現実かもしれません。

ショップも慈善事業ではありませんので、売れないというリスクを避けてしまうのは仕方のないことです。

とりあえず大会側が対応するのはしばらく先のことになるとは思いますが、毎回マラソン大会で散乱している紙コップに「いかがなものか」と思っている人はマイカップどうでしょう?

自己満足なエコ活動でしかありませんが、いま自分にできることから始めてみませんか?


Lixada AONIJIE 200ml BPA ソフトウォーターカップ

スポンサーリンク

かすみがうらマラソン2018レポート〜気持ちよく裸足で完走!〜

P4150062

かすみがうらマラソンは2年前から裸足ランナーが集まる大会となっていて、今年も30人以上の裸足ランナーが集結しました。

昨年は暑さもあって、途中でワラーチを履いたりリタイアしたりと、とても難しいレースになりました。そこで、わたしは大会前にかすみがうらマラソン完走のための練習会を開催しました。

サポートをするからには練習会だけというわけにはいきません。その流れで今年は初めてかすみがうらマラソンの申込みをしました。

強風で電車が遅れるおそれがあるため、始発で鶴巻温泉を出発します。秦野から土浦まではかなりの距離がありますが、2回の乗り換えで土浦まで行けてしまいます。しかも一度も改札を出ずに。

P4150066

それはともかくかすみがうらマラソン。完全にノープランで乗り込みました。最後尾からスタートして、そのときの気分で5時間くらいで走ればいいかなと。

前日に大山トレランで5時間山を走っているのもあって、そもそもそんなにいいペースでは走れそうにありません。土浦駅に到着するまでに足はかなりガチガチに固まっていましたし(完全に言いわけですが)。

もっとも、裸足で走るときにタイムを気にするのは、もう何年も前にやめています。裸足ランニングとの取り組み方は人それぞれですが、わたしは気持ちよく走れればそれでOKです。痛いのも苦しいのもNG。

ただ、今回は周りにたくさんの裸足仲間がいるので、あまりにみっともない走りはしたくないところ。練習会のメンバーも3人いますので、コーチという立場もあります。

P4150074

スタートはFブロックの最後尾。最近の定位置ではあるので緊張感はありません。ゆっくりとペースを上げて、1人ずつ抜いていけばいいだけです。

ノープランではあるものの、最近はレースを3分割にして走るのがわたしの定番。序盤は自分のコンディションの確認ですので、14kmまでは無理な追い抜きをせずに周りに合わせた走りをします。

小雨が降ったりやんだりで、路面状況はかなりいい感じでした。

P4150090

05km:33分55秒
10km:31分58秒
15km:29分46秒

最初の5kmが約34分ですので、最後尾にも関わらず1kmを7分切るペースで入っています。どうかんがえてもFブロックのランナーは7分台で走るべきなのに、明らかに飛ばしすぎです。わたしにしてみれば好都合ですが。

10−15kmが30分を切っていますが、これは路面がきれいで道幅が広かったためです。

15km手前で、5時間のペースランナーの集団にぶつかります。その集団をパスするために、少しだけ強引に抜きにかかったとき、視界に入ってこなかった大きな石を右足で思いっきり踏んでしまうトラブル。

P4150101

今回唯一の失敗かもしれません。かすみがうらマラソンのコース幅はとても狭く、人を抜くのには慎重にならなくてはいけないと分かっていながら…

しばらくは激痛を騙しながら、レース中盤の14−28kmに向かいます。

途切れ途切れながらも、裸足ですので沿道からの声援が聞こえてきます。ただし、裸足ランナーが多いので「また裸足」の声もちらほら。裸足ランナーのやる気を奪う言葉が「また裸足」えぇ後方にいる自分が悪いんです。

P4150156

15km以降は荒い路面も出てきましたが、雨の影響で白線が滑りやすいため、白線は避けて道路の轍を選んで走ります。アスファルトは一見すると同じように見えますが、車のタイヤが通過する轍は路面が削れてフラットになっています。

轍が明らかに荒れている場合は、今度は路面の乾いている部分を走ります。乾きが早いところほど路面はきれいになっているため、足裏に負担がかかりません。

P4150150

20km:31分50秒
25km:30分12秒
30km:31分00秒

この14kmはなかなかうまくまとめました。ここは基本的に退屈で、ついつペースを変えたくなります。でもきちんと自分と向き合います。はやる気持ちを抑えつつ、疲労がでない一番いいところで走ります。

とはいえ、想定よりもかなり早いペースです。時計をしていなかったので、実際にはどれくらいで走っているのかは分かりませんでした。ただ6分/kmちょっとくらいかなという予想。そこそこ合ってますね。

28kmを超えたところからがマラソンの醍醐味です。

P4150169

今回は無理をせずに中盤までを走りましたので、もしかしたら最後までペースを落とさずに行けるかなという予感はありました。ただ、前日のトレイルで溜めた疲労がどこで出てくるかが心配です。

それほど強烈ではないにしても、ときどきふくらはぎに電気が流れます。

30kmを超えたところで一瞬ゾーンに入りかけてしまいましたが、さすがに12kmを残してのそれは危険です。強引に現実世界へと自分を連れ戻します。

P4150183

35km:29分46秒
40km:29分47秒

それでもこの区間はやはりペースが上がっています。周りがペースダウンをしているから、余計に自分がかなり速い感覚になりますので、脳内が勝手に盛り上がっていきます。

残り2kmとなったところに設置されていた時計を確認すると4時間17分台。スタートで約9分ロスがあったはずなので、もしかしたら4時間20分を切れる感じがします。

ここからさらにペースを上げます。思ったよりも余力が残っていたみたいで、ゴール直前で4時間30分のペースランナーを抜いて、気持ちよくゴールに駆け込みました。

P4150198

FINISH:4時間19分39秒(ネットタイム) 

想定外の4時間20分切りでした。筋力アップは実感していましたが、前日の山でオールアウトしていることを考えれば上出来というか、これ以上望みようがありません。

自分もまだまだ走れるもんだと、ちょっと驚き。順位が5321位ですので、およそ9千人のランナーを抜いてのゴール。9千人のランナーに裸足ランを見てもらえたことになります(ならんか)。

ただ、もっと嬉しかったのは、練習会に来てくれた3人とも完走で、1人は裸足のPBを大幅に更新してくれました。裸足向きのコンディションというのもありましたが、練習会を開催した者としては自分の結果よりも嬉しいことです。

P4150207

来年以降にまた自分で走るかどうかは分かりませんが、また来年裸足で挑戦するという人がいるなら、やはり練習会でサポートしたいところ。個人的には終わった後の打ち上げにだけ行ければ満足なんですが…


マラソンランナーへの道
著者:鍋倉賢治
楽天ブックス:マラソンランナーへの道 賢く走るための理論と実践 [ 鍋倉賢治 ]

スポンサーリンク

裸足ランナーは雨のレースでどう走るべきか

,

,

Barefoot 1835661 640

明日のかすみがうらマラソンは雨と風ということです。かすみがうらマラソンには裸足ランナーが大集合しますが、路面が暑かった昨年よりも楽になると喜んでいる人もいるかと思います。

でも雨の裸足フルマラソンは、暑い日や寒い日とはまた違った難しさがあります。いや、難しいというよりは、根本的に走れなくなる人がでます。練習量が問われるとてもシビアなレースになります。

雨なら足裏が冷やされて走りやすいのでは?

そう思う人もいると思います。実際に10km程度なら乾いた路面よりも走りやすいのは事実です。ただし、フルマラソンで4〜6時間も走っていると足がふやけてしまいます。

Bydgoszcz 700128 640

足がふやけるのは、角質層が水を含んでしまうためです。角質層がふやけると何がまずいのか。本来はある程度の固さのある角質層が柔らかくなると、皮膚の表皮にある痛点と路面までの距離が近くなります。

薄皮1枚ですが、裸足ランナーの足を強くしているのが角質層です。裸足でしっかり走り込んでいれば、この角質層はやや厚くなっているはずですが、走り込みが少ないと角質層は薄いままです。

簡単な話が、角質層が薄い人ほど足裏がふやけやすく、痛みがダイレクトに足裏に入ってきます。

これは走り方などのテクニックでどうこうできる問題ではありません。雨の日のレースまでに、しっかり練習してきたかどうかがすべてです。

Water 815271 640

実際にかなり裸足のベテランランナーでも雨の日に撃沈するということがあります。

あえて当日出来る対策があるとすれば、ふやける前に完走をするか、足裏を守るようにゆっくり走るかのどちらかです。悩ましいのはゆっくり走れば走るほどふやけるということです。

でも、やはりゆっくり走るのがベストです。急いで走ろうとして、地面を蹴ったのでは足裏の消耗が早まります。

柔らかい着地と重心位置による前進。言うは易く行うは難しですが。そして、いきなりレースでできることでもありません。そういう意味では総合的な裸足力が問われます。

はっきり言えば、自信がない人はワラーチなどのシューズを持って走るべきです。もちろん雨のレースで完走した実績のある人は別です。あまり練習ができていなくて、裸足のフルマラソンができない人は、シューズになるものが必須です。

Road 2631249 640

重要なのは早めに判断するということです。判断を遅らせば遅らすほど、ワラーチなどに切り替えても痛みを引きずってしまいます。その判断がとても難しいのですが。

迷いそうな人に魔法の言葉をひとつだけ。

「裸足でフルマラソンを完走できるかできないかは個性でしかない」

別に裸足でフルマラソンを完走できる人が人間的に優れているというわけでもなければ、偉いというわけでもありません。多少は「すごい」かもしれませんが、人に自慢する類のものではありません。

Umbrella 3087101 640

完走できる人はそういう個性であり、完走できないのも個性です。レース中はその個性に従うようにしましょう。無理なら無理して裸足で完走する必要はありません。

リベンジの機会はいくらでもありますし、足がふやけてダメになったのであれば、次はそれだけの準備をしてレースに挑めばいいだけです。その個性を認められるかどうか。大事なのはそれだけです。

まぁそれでも完走したいでしょうし、無理もするかと思います。

そういうときは、自分を信じて一歩一歩足を前に出すだけです。幸い明日の雨は前半で止むそうです。前半に無理せずに後半に足を残すように心がけてください。


雨ニモマケズ: 外国人記者が伝えた東日本大震災
著者:ルーシー バーミンガム / デイヴィッド マクニール
楽天ブックス:雨ニモマケズ 外国人記者が伝えた東日本大震災 [ ルーシー・バーミンガム ]

スポンサーリンク

春の日の慌ただしさを徒然なるままに

C8957a13227a9d28e4e30f9cfb561216 s

忙しいのは嫌いじゃないですが、まぁ忙しい。万里の長城マラソン前ですし、あれもこれも詰め込んでいる自分が悪いんですが、目が回るとはまさにこのこと。

やってる先からトラブルになったりしますし、それでも練習はしたいので走りに行くわけです。

階段向けのトレーニングを始めたことで、お尻がひと回り大きく…背中の筋肉も明らかに進化していますし、上り坂もこれまでにない感覚で走れています。

そういうことを体験すると練習をサボるわけにはいかなくなり。でもトラブルが発生するとあれこれ頭がフル回転して「あれはどうだろう?」みたいなことが浮かんでくるわけです。気になると調べないわけにはいきません。

6791df0bc1be79c92aac754d7b1c57cd s

今日知ったのは、中国在住者しか使えないと思っていたWeChat Payが、もしかしたら日本在住の日本人でも使えるのではないかということです。これはもう今年の北京で試すしかありません。

この春から日本版アリペイも導入され、いずれ中国でも使えるようになるとのことなので、忙しいながらもワクワクが止まりません。スマホ払いができれば、もうレストランのお姉さんに「仕方ないなぁ」って顔されなくなります。

まぁそれはそれで残念なのですが…

最近の中国はほとんど会話することなく、移動から買い物、食事も出来てしまうそうです。人間関係が希薄になっていくんだろうなと思いながら、人との繋がりを大切にする中国人がどう変わっていくのか楽しみです。

9ad4b1eae1ed490f0323cc12a3cac85a s

そうこうしていると、facebookで台湾の友だちが有名な歌手とのツーショット写真を上げ、その歌手が気になってYouTubeで調べるわけです。完全にドはまり状態ですが、台湾の歌手の歌声が聞き取れてちょっと嬉しかったり。

そんな状況で、借り物のガジェットのレビュー記事のためにあれこれ試したり。

生きているって素晴らしい…こういう状態を自分で選んだので、愚痴を言うつもりはありませんが、いま手がけているWEBサイトがまったく作業できず、さらに別の仕事も増えつつ。

貧乏暇なしなんて言葉、どこの誰が作ったか知りませんが、よく出来た言葉です。

1012825e56cfa151f4deee4c4db891ed s

先週の気分が落ちた状態を引きずっていたらえらいことになっていました。忙しいから落ちている場合ではないというのもありますが、もう文章書きで手が止まるという最悪の状況は脱しました。

それだけが数少ない光かもしれません。

苦しみを乗り越えたから、少しは文章も向上したかなと思ったところで、最近よく聞いているあいみょんの新しい曲をまたYouTubeで聞いて、輝く才能と自分との差に愕然としたり。

神様はだいたい不公平です。大谷翔平さんにはいったいいくつの才能を与えているのでしょう。

3aa4686842f627da8aea70f6f9fbd88d s

もちろん天才と呼ばれる人たちは、間違いなく人並み外れた努力をしていますが、持って生まれたどうやっても埋まらない差というものは明らかにあります。

努力すれば報われますけど、努力だけで天才に立ち向かうことはできません。努力が報われるときは、たいてい自分の望んだ形とは違う形で報われます。

「努力は報われない」という人もいますが、何をもって報われるとするかという考え方ひとつで、結果も変わってきます。もっとも「努力は報われない」という人のほとんどが、大した努力もしていませんが。

632881d28f49b95cbb264534a936e32e s

自分で頑張ったつもりでも、世の中からすれば全然だったりします。これは自分への戒め。

なにわともあれ、この週末もドタバタです。今日は夕方から都内のはずが、安請け合いで午後イチで都内に向かうことに…「大丈夫です」の一言を禁句にしようかな。

とはいえやることがあるのはきっといいこと。未来への投資と思って、いやそんな打算的ではなく、今を楽しむために、慌ただしい日々を満喫しようと思います。


忙しい日でも、おなかは空く。 (文春文庫)
著者:平松 洋子
楽天ブックス:忙しい日でも、おなかは空く。 (文春文庫) [ 平松洋子 ]

スポンサーリンク

4回目の開催となるさいたま国際マラソンは成功するのか

PB130023

正直なところ、個人的にさいたま国際マラソンと横浜マラソンだけは「おすすめしない」大会という位置づけです。どちらも責任者というか自治体のトップが市民ランナーを理解していないように感じ、現場の人間に迷いを感じます。

そんな2つのマラソン大会ですが、先に動いたのはさいたま国際マラソンでした。毎年改善はされていますが、今回の改善点は「おっ」と思うような内容になっています。

主な改善点は次の4点です。

・事前受付の廃止
・コースの変更
・開催日の変更
・フルマラソン女子ビギナーの部

PB130030

事前受付が不要だというのは、参加したほぼすべてのランナーが感じていたポイントでした。さいたま国際マラソンに集まってくるランナーは基本的に関東圏で日帰りできるところに住んでいます。

わたしも日帰りできるのですが、これまでは日帰りできるのに前日に埼玉まで受付に行かなくてはいけませんでした。東京マラソンのような魅力的なEXPOがあるならともかく、ほぼ何もない受付会場まで行く意味があるのか。

多くのランナーが望んでいた、ゼッケンなどの郵送がようやく実現しました。これは素直に喜ぶべきことですし、さいたま国際マラソンが東京マラソンとは違うベクトルを向く決意のように感じます。

コースの変更に関しては、正直どうでもいいところです。さいたま国際マラソンはいつも、走りやすいコースを探しているように思うのですが、ちょっと一貫性がなさすぎます。

PB130046

これだけコースがコロコロ変わると、昨年までのタイムが何の意味もなくなります。苦しいコース設定も、少なくとも市民ランナーにとっては「名物」として頑張るための目標になります。

とはいえ、国際女子マラソンという視点で、トップランナーに来てもらいたいという思いがあるのでしょう。今年は全日本実業団対抗女子駅伝後の開催にするために、12月開催になりました。

要するにコース変更はトップランナーを集めたいためで、マラソン大会の本質の部分が抜け落ちています。楽をしたい人はそもそもマラソンなんて走りません。昨日の自分よりも今日の自分が優れていたいから走るわけです。

コースが毎年のように変わったのでは、速かったのが自分の頑張りなのか、コース変更のせいなのか分からなくなってしまいます。この点に関しては、「市民ランナー視点」という意味で、まだ揺らいでるなというのを感じます。

PB130062

そもそも全日本実業団対抗女子駅伝から1〜2週間で、本当にトップランナーが出場するのでしょうか?長い区間は10kmを全力で走ります。1〜2週間で調整するのは現実的ではありません。

最近は設楽悠太選手のように毎週のようにレースにでるランナーが出てきていますが、それはまだ少数派です。しかも勝負レースを続けるようなことはしません。

全日本実業団対抗女子駅伝とさいたま国際マラソンのどちらに比重を置くのか、誰が給料を払ってくれているのかを考えれば答えは自ずと見えてくるはず。

PB130052

面白い取り組みと感じたのはフルマラソン女子ビギナーの部の開設です。女性の市民ランナーは小柄な人も多く、マラソン大会のスタート直後の混雑には恐怖を感じる人もいるかと思います。

そんな状況の中、自分のペースで走るのも大変です。もし、周りが女性ランナーだけなら安心して走れます。

ただ気になるのは、一般の部の参加資格が「6時間00分以内に完走できる男女」になっているに対して、フルマラソン女子ビギナーの部は「5時間台の完走を目指す女性競技者」になっているということです。

これでは、見切り発車なのではないかと勘ぐってしまいます。要はまだ道路の使用について警察と話が詰め切っていないのではないかと思います。実際にまだ関門の時間などは明確になっていません。

関門がもし昨年までと変わらないなら、9時40分スタートの15時40分終了です。一般枠の後方からスタートするということは15分はロスになります。

PB130002

本来ならフルマラソン女子ビギナーの部は10時スタートにすべきですが、なぜか一般枠と同じ9時40分です。これでは「遅い女子は最終ブロックにまとめるね」そう言っているようなものです。

もし5時間台でのゴールがグロスタイム(号砲からのタイム)で言うのなら、実質5時間40分くらいでの走力が求められます。もしそうだとすれば、なんのための”ビギナー”の部なのでしょう?

ただ、これも警察との交渉がうまくいけば(交渉中なら)、10時スタート16時クローズにできるはずです。問題はまだそれが見えていないのに発表したということです。

一見すると大きく改善されたように見えて、やっぱりまだ体質は変わっていないのかもしれません。

PB130064

ほんの少しだけ期待したのですが、ここまで書いてみてやっぱりぬか喜び感が強くなってきました。さすがに2016年ほどひどくなることはもうないとは思いますが、個人的には走りたい大会になるにはまだまだ時間がかかるのかなという気がしています。

申し込みは来月からですので、それまでに大きな動きがあればいいのですが。


なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践
著者:ロバート・キーガン / リサ・ラスコウ・レイヒー
楽天ブックス:なぜ人と組織は変われないのか ハーバード流自己変革の理論と実践 [ ロバート・キーガン ]

スポンサーリンク

100均グッズ合計1080円で撮影ボックスを自作してみた

P4100004 2

RUNNING STREET 365のようなアイテムを紹介する仕事をしていると、どうしても写真を自分で撮らなくてはいけなかったりするのですが、これまではなんとなくごまかしてきましたが、あまりにも撮影環境が悪すぎます。

とはいえ、スタジオを借りるほどの稼げるわけでもなく、どうしたものかと思っていたろころ、撮影ボックスなるものがあることを知り、さっそくamazonでチェックしてみました。

ブランドものの撮影ボックスは2〜3万円、簡易的なものなら5000円くらいからあります。素人写真ですので、5000円のもので十分だったのですが、なんか引っかかります。

「そうじゃないだろう」とわたしの中のリトル河童がつぶやきます。

よく見ると、これくらい自分で作れるんじゃないかと思うわけです。そこで実際に調べてみたら、自分で作っている人がたくさんいます。500円で作ったという猛者も。

要するに白い枠で囲ってしまえばいいだけのことです。

P4100002 2

というわけで、さっそく100円ショップの王様ダイソーに向かいます。最初は白い板を手にしてたのですが、いろいろ見ていたら「組立てラック」なるものを発見。これは金属のフレームに樹脂の半透明カバーが付いたアイテムで、金具を使って固定をしていきます。

板を貼り合わせても良かったのですが、見た目は大事です。部屋にあっても嫌じゃないくらいのクオリティはほしいと思い、こちらを組み合わせて撮影ボックスにすることに。

こうなるともはや自作とかDIYとかいうレベルではありません。金具の向きが気に入らず組み立て直しをしたのも含めて15分で完成しました。

P4100013 2

ボックスを作ったら、あとは模造紙の上部ををクリップで止めて、ボックス内に敷いたら完了です。

本当にこんなので、クオリティの高い写真が撮れるのか不安でしたが、物は試しです。いや試さないことには作った意味がありません。実際に撮影したものを比較してみましょう。

写真を加工するのはずるいので、どちらも撮って出しです。

P4100005

撮影ボックスなし

P4100011

撮影ボックスあり

そのままの状態ですと味気ないんですが、背景が白い方はいろいろ使い勝手がいいんです。例えば現像すると下記のような感じになります。ちょっと売り物みたいですよね。

P4100011 2

撮影ボックス+画像編集

なんでロサンゼルスマラソンのカナビラが、わたしの部屋にあるのでしょう?ずっと使ってましたが、「Los Angels Marathon」って書いてあるのをいま知りました。

それはいいとして、一番上の写真は商品の紹介としては使えません。絶対に使えないということはないのですが、背景など情報ノイズが多すぎていまいちです。

簡易的な撮影ボックスを使っただけで、こんなにも写真が変わるっていうことをお伝えしたいのですが、きっと感動しているのはわたしだけですよね、知ってます。

悔しいのでもうひとつ。

P4100007

撮影ボックスなし

P4100008

撮影ボックスあり

P4100008 2

撮影ボックス+画像編集

上から順に部屋の床で撮ったもの、撮影ボックスで撮ったもの、撮影ボックスで撮ったものをソフトを使って現像したものです。一番下くらいのクオリティなら「おっ」ってなりませんか?

はい……ならないですよね。

こんなものは自己満足です。でも、わたしはちょっと興奮しています。これで背景を変えたりすれば、また雰囲気を替えることもできます。一応、色の付いた画用紙を何枚か買っていますので、いろいろ楽しめそうです。

その画用紙も合わせて合計1080円。レジの女の子が組み立てラックのプレートを「4枚ですね」と言ったので、あやうく「はい」と言いかけましたが、ちゃんと「5枚ですよ」と正しておきました。

きっと明日くらいに、金の斧と銀の斧を持った白髪のおじさんが沼から現れてくれるでしょう。

P4110009

撮影ボックスなし

P4110012

撮影ボックスあり

ちょっとこれは極端な例ですが、ここまでくると全然違うのが分かると思います。

画用紙を除けば864円で、写真のクオリティを一気にアップできると思えばかなりお得です。5000円も出して買わなくて良かったです。いや、いいものはもっと良く撮れると思います。LEDライトもついてますし。

でも、わたしのようなアマチュアカメラマンはこれで十分です。LEDはないけどiPhoneで照らせますし。

せっかく作ったので、これからこれを活用していろいろ撮ろうと思います。箱に入るサイズなので、あんまり大きなものが撮れないのが欠点ですが、まぁそれはまた別の方法で撮影するとしましょう。

今回学んだことは「ダイソーはすごい」ということ。いや、正直これに尽きます。


カメラはじめます!
著者:こいしゆうか
楽天ブックス:カメラはじめます! [ こいしゆうか ]

スポンサーリンク

河童が教える裸足ランニング♪毎月1回裸足練習会開催します!

IMG 5509

全5回の裸足練習会が終わりました。

上手く伝えられなかったことと、思った以上に意味のあることだったという思いが半々です。もちろんやって良かったなとは思います。少なくとも教えるのが苦手なわたしが、5回も続けたわけですから。

今回は来週のかすみがうらマラソンに向けての短期集中型トレーニングでしたが、もしかしたら、これは継続した方がいいのかなと思い始めました。

現在、神奈川の裸足ランニングクラブが実働していないという話を聞いて、そうなると神奈川で裸足をしている人は行き場がないわけです。神奈川で裸足を学びたいと思っても難しいわけです。

IMG 5411

独学で十分だと個人的には思っていますが、誰もが裸足の道を追求しているわけではありません。もっと手軽に裸足で走りたいという人に独学は不向きです。少なくとも独学できる心のあり方までは導く誰かが必要です。

それをするのがわたしの役割かどうかはわかりません。でも、裸足歴だけは無駄に長く、タイムはともかく裸足でフルマラソンを走った回数だけで言えば、きっと日本でもそこそこ上の方に入ります。

経験という意味では、わたしにも伝えられることはもっとあるんじゃないかと思います。

正直なところ、裸足の基本というのは、裸足ランニングクラブが力を入れて普及させて欲しいという思いがあります。やはり裸足ランニングクラブが主流ですし、これまでの実績もかなり大きなものがあります。

IMG 5475

言ってみればわたしは裸足界では異端児なわけです。一度も裸足ランニングクラブや裸足王子こと吉野さんのレクチャーを受けていません。100%独学でやってきました。

そういう人間が受け皿になるというのは、いささか荷が重すぎるというものです。

でも膝をケガして走れなくなった人はたくさんいます。その人たちを救えるなんて大それたことは考えていませんし、そういう人たちを救いたいと思うほどお人好しでもありません。

でも……1人でもそれでまた、走る楽しさを取り戻せるなら、わたしが練習会を定期的に開催する理由には十分かなと思います。何千何万もの人を救えはしないけど、目の前の1人なら救えるかもしれません。

IMG 4777

いや、救うというのは傲慢ですね。わたしできるのは、道に迷った人に「こっちだよと」言ってあげる程度のことです。そこから抜け出すのはランナー1人ひとりですし、そこから歩き出すのもそれぞれの力です。

ただ、道がわからなくなった人をほんの少しだけ支える。

その人の人生の中で、忘れられるくらい小さな手助けができればそれで十分です。その人たちが自分流の裸足を見つけ出して、誰かに教え始めたらわたしはお役ごめんです。

ハダシストを名乗っていますが、玄関には数え切れないくらいのランニングシューズがあります。ランニングシューズを愛さずにはいられない裸足ランナーです。なんならランニングシューズの選び方を教えるほうが向いています。

IMG 4341

それでも、そんな異端児だから教えられることがあります。

裸足ランナーはともすれば「宗教的」とさえ言われてしまうくらい、裸足信仰が強く排他的な部分があります。マイノリティであることを誇りにできる人たちですが、そこがライト層に敬遠される理由でもあります。

裸足は信仰ではなく、ひとつのツールでしかないということ。そういうスタンスで裸足ランニングを教えられる人が1人くらいいてもいいのではないかと思います。

わたしが本当に教えなくてはいけないのは、裸足での走り方ではなく、裸足で走ることとの向き合い方なんじゃないかなと思います。少なくともこんなに適当に裸足と向き合っているわたしが教えれば、学ぶ側も肩の力を抜いてくれるはずです。

IMG 5242

裸足でフルマラソンを走れることは偉くもなければ、すごくもありません。裸足は万能ではなく、裸足になればケガをしないわけでもありません。

なぜ裸足で走るかなんていう理由なんて十人十色で「こうあるべき」なんてものは存在しません。わたしならそれを伝えられるんじゃないかなと思います。

「あの人は不まじめな裸足ランナーだけど練習会は楽しいから行こうかな」そう思ってもらえるようなものを5月以降から月1回やってみようと思います。

まだ、スケジュールも決まってませんし、どうせするなら裸足練習会ではない、もっとイケてる名前をつけなきゃと思いますので、いろいろ決まればまた報告します。


挑戦すれば道は拓ける どんな逆境にもへこたれない僕の生き方
著者:岡島秀樹
楽天ブックス:挑戦すれば道は拓ける どんな逆境にもへこたれない僕の生き方 [ 岡島秀樹 ]

スポンサーリンク

台湾が好きな日本人が知っておくべき台湾と中国の関係

Taipei 1851948 640

『中国が民主化しても「統一望まない」、台湾の若い世代の7割』というニュース記事を目にした人も多いかと思います。台湾が好きだという日本人でも、実際のところ何のことだか理解できていない人が多いかと思います。

中国の民主化になぜ台湾が関係するのか。台湾と中国の統一ってどういうこと?

これを簡単にでも説明できる日本人がどれだけいるのでしょう?識者でもなければ、台湾が大好きだという人でも、歴史的な背景を知らないという人も多いかと思います。

いま、台湾旅行が日本人の若い世代にちょっとしたブームのようになっていますので、このタイミングで簡単な歴史でも知っておいてもらいたい。そう感じたので、台湾と中国の関係について説明したいと思います。

Beijing 2044138 640

できるだけ難しくしないため、歴史学者からすれば乱暴な説明に思える書き方をしますが、「わかりやすく」に重点を置いているということに理解していただければと思います。

19世紀、世界は大きく動き始めます。欧米諸国による世界の植民地化が起こり、日本も江戸時代の終焉を迎え、明治維新政府が発足したのがこの時代です。

アヘン戦争というのは歴史の授業で学んだかと思いますが、アヘンの密輸で儲けていたイギリスが「アヘンの密輸を継続させろ」と中国の清王朝に対して戦争をしかけます。

ここから清王朝の没落が始まるのですが、細かい話をしていると長編小説になってしまいますので省きます。いずれにしても清王朝は徐々に力を失い、代わりにいくつもの政府が設立されては消えていきました。

Architecture 1221624 640

そして1912年に孫文を臨時大総統とする中華民国臨時政府が設立しました。

その後、大統領に就任した袁世凱との対立により、孫文が1919年10月10日に中国国民党を結党しました。実際にはそれまでは中華革命党という名前で活動していましたので、後に台湾政府となる中国国民党という名前ができたのがこのときということです。

あまり知られていませんが、このときの中国国民党は共産主義思想寄りでした。ところが1921年に中国共産党が結成されたのを機に、反共産主義へと方針を変えていきます。

中国国民党と中国共産党はそれぞれ次の中華の盟主になるために、内紛を繰り返していましたが、日中戦争に力を注ぐため一時的に共闘します。

Chinese lantern 455760 640

ところが、日中戦争(太平洋戦争)が終焉すると、再び中国国民党と中国共産党は内戦を始めます日中戦争で主戦力だった中国国民党と、兵力を温存した中国共産党。余力の差は明らかで、この時点では中国共産党が圧倒します。

このとき中国共産党は、日本軍から最新の兵器を鹵獲し、さらにソ連からの援助を受けます。中国共産党の空軍を指導したのが捕虜となった日本軍の軍人です。

中国共産党が優位に進める内戦の状況を大きく変えたのが、中国国民党の指導者である蒋介石がソ連のスターリンが結んだ協定でした。ソ連は満州の権益を得る代わりに、中国共産党への支援から手を引き始めます。

その一方でアメリカの支援を受けていた中国国民党は一気に中国共産党を追い詰めますが、1948年から1949年の戦いで、一気に共産党軍が立場を逆転し、中国国民党を追い込みます。

Landscape 1897362 640

結果的に、このとき蒋介石が率いる中国国民党は台湾に撤退し、そこに臨時政府を立ち上げます。

このときの中国国民党を支援したのがアメリカです。あまり知られていませんが、多くの日本人も台湾に密航し、軍事面で中国国民党を支援しています。

歴史の順番が前後しますが、日本は敗戦により、これまで統治していた台湾を中華民国に返還しています。日清戦争後の1895年から1945年までは、台湾は日本が統治する日本という国でした。

これに関しても説明すると長くなりますので省きますが、いずれにしても戦後に台湾は中華民国に返還され、最終的には中国国民党の拠点(現在の台湾)となります。

Temple 1875513 640

中国共産党が中国国民党を破ったことで、中国共産党は中華人民共和国が建国されました。このときはまだ、中華民国が国連の常任理事国でしたが、1971年に常任理事国は中華民国から中華人民共和国に移ります。

とはいえ、中華人民共和国の主張は「台湾は自分のもの」で、中華民国の主張も「中国本土は自分のもの」です。いずれの政府も「自分こそが中国」という立場を手放しません。

ものすごい極端な例で言えば、例えば民進党と自民党が内戦を行って、それに敗れた政党が佐渡ヶ島に渡って、臨時政府を宣言したとします。その佐渡ヶ島が台湾だと思ってもらえれば分かりやすいかと思います。

敗れた政党も「こっちが日本だ」と言い、勝った政党も「こっちが日本だ」と主張します。現実はともかく、世界での名目として、中国と台湾の関係は内紛の過程ということになります。

Taipei 1808167 640

ただし、これは政府レベルの話であり、台湾国民(中華民国民)はというと話が少し変わります。

台湾には本省人と外省人という考え方があります。本省人は日本統治時代を過ごした台湾人で、外省人は台湾が中華民国に返還されてから中国から台湾に移った人たちのことを言います。

「自分こそが中国」と主張するのは外省人で、本省人は「私たちは中国ではなく台湾だ」と独立を主張します。統一か独立かというのは台湾でずっと議論され続け、その答えは今でも出ていません。

ちなみに政党でいえば、国民党が統一派で、民進党が独立派ということになっています。

とはいえ台湾の若い人たちは、外省人も本省人も関係なく「自分たちは台湾人」という考え方が定着し、「いまさら中国は関係ない」というスタンスの人が多いというのが、今回のニュースの内容です。

Taiwan 2480759 640

ただ、台湾の人たちの中でも統一を望んでいる人がいるということは知っておいてください。正しいかどうかというよりもそのような歴史背景を知っているかどうかが大切です。「台湾が好き」だというならなおさらです。

長々と書きましたが、これが台湾と中国の関係ということになります。噛み砕いて書いたつもりですが、これでも理解できないという人もいると思います。

一気にたくさんのことを書いてしまったので、それも仕方ないかと思います。概要についてはここで書きましたので、機会を見てもう少し部分部分にスポットを当ててお伝えしようと思います。

これをテーマに小説にしたいのですが、とにかく複雑すぎてわたしも頭がまとまっていません。もう少し知識をつけて、人にしっかり語れるようにするためにも、情報発信をしていきます。


台湾とは何か (ちくま新書)
著者:野嶋 剛
楽天ブックス:台湾とは何か (ちくま新書) [ 野嶋剛 ]

スポンサーリンク

映画「坂道のアポロン」〜好きなこと全力になるということ〜

P4060031 2

金曜日の夜、都内での打ち合わせを終えて向かったのはT・ジョイPRINCE品川。18時30分からの上映なのに、山手線が1駅ごとに時間調整のため停車したため、品川駅から人を避けるように走り映画館へ。

この映画はどうしても観なくてはいけない。きっとわたしがいま見るべき映画でした。だから仕事のスケジュールを変えて無理やり時間を作りました。なんとしてでも上映時間に間に合いたい、その一心で走ります。

週末の映画館は思った以上に人がいないものなんですね。チケット購入のための端末に表示された座席は、10席も埋まっていないような状態。「そんな不人気なのか?」とちょっと不安になりましたが、予告を見て心が動かされた自分を信じて購入します。

E9df00f201cd723dccdd15d6a971a201 s

映画の日でもないし、レイトショーでもないので1800円。こんな金額を出して映画を観るのは久しぶりです。さらにクラフトビールが売店に売っているという……買いましたよもちろん。

T・ジョイPRINCE品川には、映画の日以外に近づかないようにしよう。クラフトビールはちょっとずるい。

それはともかく「坂道のアポロン」。まだこれから観るという人もいると思いますので、ネタバレにはならない程度に自分なりに感じたことを書いていこうと思います。

まず、控えめに言ってわたしは青春映画が大好きです。もはや手に入らない眩しい時代への羨望と嫉妬。観終えたときにはいつだって、胸が苦しくて、でもしっかり前を向いている自分を感じます。

6a6ab47fe9dd8f17e08bf462a4b395d0 s

坂道のアポロンは音楽でつながった3人の若者の関係性を描いた映画です。舞台は1960年台の佐世保。ちょうとわたしの両親が青春を過ごした時代でしょうか。

優等生と不良とその幼馴染の可愛い女の子。

もうこの設定だけで、個人的には「観るべき映画」になります。そこに音楽が加われば、面白くないわけがありません。そして予告を見るかぎり「絶対に涙する」映画。

でも映画の終盤から結末に向けては、まったく予想外の展開で、悲しみとは違う涙を目に浮かべることになりました。嬉しい誤算とでも言うべきでしょうか。

Ab6b08c6ab490e58b4dd7e32666b8fc0 s

ただ、映画を観終えて山手線に乗り込む直前に、様々な思いが込み上げてきて、内臓をひっくり返してかき回されるような感覚に襲われました。それは今でも続いています。

映画とはいえ3人の若者のまっすぐな気持ち。頭で考える前に行動してしまう若さゆえの衝動。そういうものが「お前はそれでいいのか?」と問いかけているように感じています。

わたしは会社員を辞めてから全力で働いてきましたが、知らないうちにその全力が歪んでいたのかもしれません。「いい評価を得たい」全力の先にそれを求めていたような気がします。

周りの評価なんて気にしたって意味がないのに「あれ良かったよ」と言われることに喜びを感じ、またその言葉を欲しくなって、評価をされるために全力になっていました。

2c8e2c4f6179778f496b57a0d6aa7f1f s

でも、本当は自分の好きなことに全力であるべきです。そのために会社を辞めました。周りはまったく評価してくれなくても、自分が楽しいと思えること、自分が好きだと思えることに全力を尽くす。

わたしが進むべき道はそこにあったはずなのに、なぜか周りの目ばかりを気にしている自分。

もっと衝動的でいい。もっと自分の好きなことに熱中してもいい。賢い大人の役割はきっと他の人たちがやってくれるはず。わたしはもっとどうしようもない大人でいいはずです。

好きなように走り、思うがままに人を好きになり、たくさん笑って、ときどき泣いて。

そんな当たり前のことを思い出させてくれた「坂道のアポロン」。きっと心に響く人とそうでない人がいると思いますが、久しぶりに胸が苦しくなりたい人におすすめです。


映画 坂道のアポロン (小学館文庫)
著者:豊田美加
楽天ブックス:映画 坂道のアポロン (小学館文庫) [ 豊田 美加 ]

スポンサーリンク

目の前の暗闇に向かってわたしは大きくジャンプした

Sunset 3189813 640

「あざといな」と自嘲する。

泣きたかったことに気づいてたとき、映画に行くことを決めていた。涙を流すために映画を観る。 これをあざといと言わずに何をあざといと言うのだろう。

それで構わなかった。 心の中をまっさらな状態にしておく必要があった。

泣きたいのだと気づいたとき、すでに重いものがすっと消えていくのを感じたが、それは一時停止に過ぎない。 きちんと終わらせないと、次の一歩を踏み出すことができない。

この1週間は本当に酷いものだった。言葉が上手く繋がらない。1文書くたびに自分の不甲斐なさに苛立つ。たったひとつの文章すら書くことが出来ないことへの不安。 それでも締め切りはやってくる。

Adult 3052244 640

とにかく請けた仕事だけはこなしていかなくてはいけない。

クライアントには申し訳ないと思うから、何度も書き直す。 普段は1度書いた文章を消すようなことはほとんどしない。それがわたしのスタイルだし、文章は直せば直すほど勢いとリズムが失われる。

でも、今回ばかりはそうも言ってられない。書き直しをしないと、何を言いたいのかまったく伝わらない駄文になる。

もしかしたらこれがスランプというやつなのかもしれない。ただ、難しくは考えないように、とにかくリラックスしてキーボードに文字を打ち込む。

いつまでこの状態が続くのだろうと考えはしたが、それすら意味のないことに感じて、時間の流れに身を任せる。 わたしの状態がどうであれ、やるべきことは際限なくあるのだ。

Post it notes 1284667 640

貧乏人に暇を与えてくれるほどアベノミクスは優しくない。

朝起きて機械的に走りに行き、戻ってきてMacと向き合って仕事をし、夕方になるとまた走りに行く。まるで精密に作られたアンドロイドのような生活。やることなすこと 面白みはなかったが耐え続ける。

出口は必ずあるはずだから。

そんな状態で宇多田ヒカルの懐かしい曲を耳にした。独特な言い回しとリズムの向こう側にある哀しさが、一条の光となってわたしの心に差し込んできた。

あぁ泣きたかったのか。

何曲か聞いたところでそれに気づいた。

Computer 2846160 640

人間には喜怒哀楽がある。喜びがあれば悲しみがある。喜びばかりが続かないように、悲しみばかりも続かない。 当たり前のことなのに、会社を辞めて2年半、わたしは哀しみと怒りを自分に禁じていた。

どうせ生きるなら笑って過ごそう。喜びのために努力をしよう。 そんな自分が嫌いじゃないし、自分に酔っていたのだろう。ポジティブさを前面に押し出し、陰の部分はグッと心の奥底に閉じ込める。

閉じ込めた量が、わたしの心の許容量を超えてしまえたのだろう。心は四次元ポケットではない。喜びも悲しみも閉じ込めておける量には限界がある。 そして、その許容量を超えると暴走し始める。

Desperate 2293377 640

映画を観ても、涙が流れることはなかった。何度も目の前の景色が歪むところまではいったが、そこから溢れ出すことはなかった。

あまりにも久しぶり過ぎて、泣き方を忘れてしまったのかもしれない。 ただ、内臓を掴まれてかき回されているような感覚に支配されている。気分はそう……悪くない。

吐き気があり、胸を締め付けられている。でも嫌ではない。かすかに懐かしさすら感じることができる。

もう大丈夫。

キーボードの前で言葉が繋がらないと嘆いている自分はもういない。胸の不快感を抱えて、わたしは目の前の暗闇に向かって大きくジャンプした。

People 2604282 640

どこに着地するのかがまだ分からない。

でもきっと、これからは悲しみも怒りも溜め込むことはない。まずいかなと感じたときは、また涙を流すために映画館に来ればいい。きっと今度は上手に泣けるだろう。


覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)
著者:池田貴将
楽天ブックス:覚悟の磨き方 超訳吉田松陰 (Sanctuary books) [ 吉田松陰 ]

スポンサーリンク

河童の春休み。

Nature 3189875 640

なぜでしょう、昨日は絶不調でした。熱でもあるのかと思って計ってみましたが平熱でした。仕事をしていても文章づくりに手間取ります。

いつもなら流れるように浮かんでくる文章が途中までしか出てこないため、文章の途中で何度も止まってしまいます。つなぎの言葉、締めの言葉がまったく浮かんでこないので、いつもの1.5倍くらい時間がかかっています。

普段はJAZZを流しながら仕事をしていますが、その音さえも雑音に感じ、やることなすこと上手くいきません。

それで慌てるような年齢ではありませんので、「まぁ一晩寝たら治るだろう」くらいに思っていますが、理由がわからないのはちょっと面倒です。

Notes 3236566 640

筋肉痛がまだ残っているため、走りもいつもの半分くらいのスピードです。がっつり疲れている感じがしますが、疲れる理由がありません。

大学受験のときに、高校時代の担任の先生が「やる気が起きないときは勉強しない方がいい」と教えてくれましたが、天邪鬼なわたしは、やる気が起きないときこそやろうとします。

サッカーもマラソンも、調子が悪いなというときはひたすらもがいてそこから抜け出そうとします。書くのは仕事ですので、もがくのはみっともないので、できるだけ平静を装って書き続けますが、気持ちはもがいています。

会社員なら、上手くいかない日は午後半休でもすればいいのですが、個人事業主はそれができません。

People 3281821 640

できないことはないのですが、基本的には起きている時間はすべて仕事です。仕事でないのはラン仲間と走ったり、飲んだりしているときくらいです。

ただし、それが辛いという感覚は1ミリもありません。文章書きは好きですし、いい文章が書けたとき、分かりやすい文章に仕上がったときは満足感があります。物書きなら1日中していても苦ではありません。

少なくとも会社員時代よりは生きているという感覚がありますし、1日1日を大切に生きています。

でも、知らないうちに疲れを溜め込んでいたのでしょうか。ちょっとこの調子の悪さはいい感じがしません。非常に質の悪い調子の悪さです。熱でも出てくれるほうがまだマシです。

Coffee 2319266 640

そういえば、先月は映画を観ていません。のんびり本を読む時間もありません。仕事が頭から離れないにしても、走ることと書くこと以外の時間を強制的に作ったほうがいいのかもしれません。

ランニングでは「休むも練習」という言葉があります。物書きも「休むも仕事」なのかもしれません。ちょっとここまで2年半、全力疾走でしたので頭が「ちょっと無理」と言っているのかもしれません。

わたしにとって書くことは生きることですので、書くことをやめることはできませんが、4月は万里の長城マラソンの仕事もありますので、少しだけペースダウンしようと思います。

万里の長城マラソンが終わって戻ってきたら、また全力疾走。

Accessories 84528 640

それまではきちんと0時までに寝ること。できれば仕事は夕方のランニングまでに終わらせるようにします。いまならきっとちょっとの充電期間でまた再スタートできる気がします。

こういうときは無理せず一歩一歩、ココロとカラダの声を聞きながらですね。しばらくは河童の春休みということで。


はなちゃんの夏休み。 (ほぼ日ブックス)
著者:石田ゆり子
楽天ブックス:はなちゃんの夏休み。 (ほぼ日ブックス) [ 石田ゆり子 ]

スポンサーリンク

24時間テレビの24時間マラソンをやめてほしい理由

Football 1262654 640

24時間テレビの24時間マラソンが今年からなくなるのでは?そんなニュースが流れていましたが、個人的にはようやくかという思いがあります。

別に24時間テレビに批判したい気持ちがあるわけではありませんが、24時間もランナーでもない芸能人が走ることに何の意味があるのかわたしには理解できません。

純粋に芸能人の精神力に驚かされますが、ただそれだけです。

これまでマラソンを走ったこともないような芸能人を短期間で鍛えますので、体には必ず無理が出ます。しかも真夏に24時間走りますので、笑い事ではなく命がけです。

Gym room 1181815 640

そのわりには、その努力は正当に評価されません。「24時間もあれば誰だって100kmくらい走れる」なんて声を毎年聞きます。実際に24時間で100km走れる人はそう多くはありません。

ランナーでもない芸能人が100km近い距離を走る、しかも信号のある一般の道を走るというのは、決して簡単なことではありません。

でも世の中には24時間で200km以上走る人がいます。200kmとなるとたくさんいるとは言いませんが、100マイル160kmくらいなら、それなりに走れる人数はいます。

わたしでも24時間で120kmくらいは走れます。調子が良ければ裸足で100km走ることもできます。100kmなんてその程度の距離です。「芸能人が走るのは凄いけど、ウルトラランナーにとってはそれほどでもない」これが現実です。

Runner 1293524 640

1年間という時間をかけて練習に取り組めば、ほとんどのランナーが24時間で100kmは走れるようになります。そんな競技に対して、十分な練習を積まずに挑戦して本当にそれを「凄い」と言うべきなのか、わたしはいつも迷います。

どうせチャレンジするなら、もっと別の形ですればいいのにと、わたしは思います。

例えば24時間マラソンでよくあるリレーならどうでしょう?芸能人が襷を繋いでリレーマラソンをする。これならば24時間頑張り続けますし、頑張れば頑張るほど距離が伸びますので見る側も楽しめます。

目標設定は24時間マラソンの世界記録にして、それに挑戦ならやりがいもあるはずです。

Cry 2764843 640

ただ、やっぱり個人的には24時間テレビでのマラソンはやめてもらいたいという気持ちがあります。もうそろそろ「走ること=苦しいこと」みたいな構図からは抜け出すべきだと思います。

ランニングなんて走り出せばいいだけのことなのに、日常的にランニングをしている人は少数派です。走っていない人の多くが「走るのは苦手」「走るのは好きじゃない」と言います。

でも人間が「走れない」「走るのが好きじゃない」というのは、どう考えても不自然です。小さな頃、みんな親に叱られるくらいに走り回っていたはずです。本質的に誰もが走ることが好きだった時代があるわけです。

ところが、学校教育のせいで多くの人が走ることに苦痛を感じるようになりました。学校で頑張って走ることを強要した結果です。本来は走る楽しさを教えるのが学校のあるべき姿です。

Run 1321278 640

それが学校では走る楽しさどころか、正しい走り方すら教えません。それでいて「頑張れ頑張れ」と苦しい走りを強要します。そんなことをしても誰も得しないのに。

走ることは楽しいこと。

いまランニング業界ですべきことは、それを取り戻すことです。24時間テレビで芸能人が苦しそうにして走るのを見ると、走ることは苦しいことだという過去の苦しい思い出を蘇らせてしまいます。

苦しんでいる芸能人を見て「自分も頑張ろう」と思ったり、「その頑張りに応えるために募金しよう」となる人がどれくらいいるのでしょう。

Camera 1108604 640

マラソンを苦しみを表現するアイテムとして使ってもらいたくない。これがわたしの思いです。

何かに挑戦するのは尊いことです。でも、その挑戦に苦しみを伴わせる必要があるのでしょうか?その先にあるのは「努力すればなんとかなる」「成功しないのは精神力が弱いからだ」というような、間違った思い込みだけです。

努力が尊いことと、成功することとはまったく関係ありません。努力は過程であり成功は結果です。努力してもいい結果につながらないことがあるのは、世の中の多くの人がすでに知っていることです。

結果が出ない理由を「努力が足りなかった」というのは無理があります。

「結果はともかく努力する過程が人間を美しくする」という考え方が広まっていけば、もっと多くの人が様々なことに挑戦しやすくなり、世の中が活性化するはずです。

People 3249025 640

制限時間内に必ずゴールできる24時間テレビのマラソンは、芸能人がどれだけ頑張ったにしても壮大な茶番に過ぎません。そういう意味でももう限界なんじゃないかなと思います。

もっとも24時間テレビがチャリティという名目のバラエティ番組なら、継続してもいいと思いますが、視聴者はきっともう飽き飽きしています。「どうせゴールできるんだから」と、そこに感動が生まれなくなっています。

真夏の24時間マラソンというリスクを考えると、これ以上続けることに意味はありません。もっともテレビ業界はわたしたちの常識とはまったく違う常識で動いていますので、どんな判断をされるのか分かりません。

どちらにしても、作られた感動ではなく、心を揺り動かされるような挑戦を見たいところです。そこまでいまのテレビ業界に求めるのも無理なのは承知していますが。


努力不要論――脳科学が解く! 「がんばってるのに報われない」と思ったら読む本
著者:中野信子 
楽天ブックス:努力不要論 脳科学が解く!「がんばってるのに報われない」と思っ [ 中野信子 ]

スポンサーリンク