しげ のすべての投稿

老後に2000万円も必要だというから自分のケースを計算してみた

Analysis 1841158 640

実は内心とても焦っています。どうやら65歳から95歳まで生きるとして、2000万円の貯金が必要だという話。ずっと聞こえないふりをしていましたが、さすがに不安の限界です。

本当にそれくらい必要なのか、自分なりに調べてみることにしました。

それにはまず、自分の年金額を調べなくてはいけません。ねんきんネットに登録しようと思ったら、アクセスキーの有効期限が切れているとかで、来週まで登録できないとのこと。

いきなり躓いたではないですか。

Railway track 2427757 640

とりあえず、前回送られてきたねんきん定期便をチェックするとしましょう。ここでは年額848,568円となっています。でもこれから17年も年金を払うわけですから、もう少し増えます。

PSRnetworkのサイトの簡易年金試算を使って計算してみました……約120万円だそうです。

少なっ!

毎月10万円ずつの支給ということになります。収入はまぁそんなものでしょう。問題はこの収入でどれくらいのマイナスになるかということです。国が示しているのは高齢夫婦無職世帯ですので、これを自分に置き換えなくてはいけません。

Hourglass 1703349 640

食料:20,000円
住居:20,000円
光熱費:10,000円
家具・家事用品 :2,000円
被覆及び履物:3,000円
保険医療:10,000円
交通・通信:10,000円
教育:0円
教養娯楽:10,000円
その他の消費支出:20,000円
非消費支出 :10,000円

合計115,000円

だいぶ適当な計算をしていますが、不足分は毎月1.5万円で、年間ですと18万円です。これを30年ですので540万円不足します。確定拠出年金が100万円くらいありますので、440万円足りていないことになります。

でも、本当に足りないかというとそうでもありません。教養娯楽費なんて、図書館で本を借りてくれば0円です。その頃の動画配信がどうなっているかは分かりませんが、映画だって動画で見れます。

その他の消費支出を1.5万円にすれば不足分は0円ということになります。

その人生が楽しいかどうかは別として、10万円あれば生きていくことはできます。そりゃそうです、秦野市で65歳単身での生活扶助基準額(生活保護費から住宅扶助基準額を引いたもの)は75,100円ですから、10万円で生活はできます。

逆にいえば、そこまでに貯めていたお金は、すべて好きなように使っていいということです。

Money 2724241 640

それはともかく、とりあえず2000万円という幻想を怯える必要がないと分かっただけでも収穫です。

おそらく大事なのは、年間120万円で生活をしていけるようになるということです。今すぐにとは言いませんが、これは徐々にシフトしていかなければいけません。65歳になっていきなり毎月10万円での生活はできませんので。

もっとも、今の生活も仕事を除けば上記とそれほど変わりません。マラソン大会に取材に行くからお金がかかるだけで、今シーズンのように大会を入れていないと、生活に余裕が出てきます。

どれだけ自分のあれこれしたい欲を抑えることができるのか。きっとポイントはそこになるかと思います。

Old man 2584620 640

ちなみに国が示した高齢夫婦の食費は2人で64,444円です。これは実際の統計から出した数字ですので、根拠のない数字ではなく現実の金額になります。

世の高齢者はこんなにも食べてるんだなと、ちょっと驚きでした。

人間は歳を重ねると欲が薄れて、食へのこだわりも少なくなるものだと思いこんでいました。食も細くなりますから、自炊をしていれば食費はもっと減るものだと。

その季になれば食費なんて月1万円でも成立します。旬の野菜を中心に食べれば夫婦2人なら2万円です。玄米10kgを3,000円で買うとして、玄米1合で45円。

「一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ」なら、1日の食事は300円/人で十分です。

Sunset 3156176 640

もちろん、肉も食べるべきなのかもしれませんし、宮沢賢治の時代と今を比べるのが間違っていますが、あの時代の人がそれで生活できたのに、わたしたちにできない理はありません。

むしろ、1日に4合も食べられる気がしませんが、当時の人たちはそれくらい働いていたということなのでしょう。

いずれにしても計算してみていろいろと分かりました。安心できるかどうかは分かりませんが、1度計算だけはしておいたほうがいいかとは思います。その計算結果をベースに自分のライフスタイルをデザインする。

「なんとかなるさ」ではどうにもならないこともありますので、30分ほど時間をかけて、自分の老後にどれくらい必要なのか計算してみるといいかもしれません。


「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法
著者:大江 英樹
楽天ブックス:「定年後」の”お金の不安”をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法 [ 大江英樹 ]

スピード重視の時代にこそ「1万時間の法則」が求められる

Clock 3179167 640

今月も仕事に大きな穴が空いているので、自分の書きたいものを書いていたりします。その中で、もう更新していないサイトが1つあって、久しぶりに記事を書こうとしたら前よりも上手く書けるんです。

前は自分の想いだけがぶつけていた感じがありましたが、今はもっと中立的な立ち位置で、でも自分らしさをちゃんと含めて書けました。

思えば、ライターになってそろそろ4年になります。何かを身につけるには1万時間必要と言われていますが(1万時間の法則)、もしかしたら、この4年間でそれくらいの時間を物書きに費やしたかもしれません。

石の上にも三年と言いますが、やっぱり継続は大事ですし、継続しないと身につかないものがあります。

Girl 3041375 640

世の中には才能がある人もいて、自己啓発系の本はそういう人を基準に書かれているので何も参考にならないことは、20代のうちに悟りました。松下幸之助さんの本を読んだって、才能が違いますから同じことができるわけがありません。

カーネギー然り、ドラッカー然り。

凡人は凡人らしく、一つひとつ積み重ねていくことしか出来ません。1万時間の法則と言うくらいですから、その道はとても長く、ほとんどの人が道半ばで自分には無理だと諦めてしまいます。

でも、続けた人だけが到達できる領域があります。そこは天才でさえもたどり着くことが出来ない特別な場所。

まぁ今どきは流行らないのでしょう。何とかの実を食べたら、特別な能力者になれると思って育ってきた世代が20〜30代にいるわけですから。

わたしの時代は、最初は弱いけど実は隠れた才能があって、自分を磨くことで成長していくという話がスタンダードでした。「自分には才能がある」と思い込んでいる世代でしょうか。

どちらがいいと言うわけではなく、それぞれに時代背景があって、流行り廃りもあるということ。でも人間の本質はそう変わるものではありません。背中に羽が生えるわけではありませんので。

「努力は必ず報われる」という言葉に否定的な人がいます。「努力が報われるなら、今からメジャーリーガーになってみろ」というニュアンスのことを言っていましたが、努力はいつだって自分の思ったのとは違った形で報われることになります。

Reading 4045414 640

仮にわたしがこれからメジャーリーガーを目指したとしましょう。まずメジャーリーガーにはなれません。でも、目指したことによって何かを得ることはできます。もしかしたら本を1冊書けるかもしれません。

思わぬ出会いがあるかもしれません。少なくともメジャーリーガーを目指すということは、行動を起こすことです。行動を起こせば世界が動き出します。本当に努力したなら、どんな形でかは分かりませんが必ず報われます。

少なくともわたしはそう感じています。

合理的な人にしてみれば、1万時間も技術に習得に使うなんて馬鹿らしいかと思います。もっと効率的に手法を学んで、短期間で習得できるはずと言うかと思います。

Books 4057624 640

でも、何かを身につけるのは時間をかけて行うものです。わたしは古いタイプの人間だから余計にそう思います。

いずれ尽きる命ですから、じっくりと味わえばいい。わたしはあれこれ食べられるバイキングよりも、丁寧に作られた料理が好き。だから自分のスキルもゆっくりじっくり丁寧に上げていけばいい。

わたしなりに1万時間を使って磨いてきたスキル。これからは自分の人生をデザインするために活用していきます。いきなり全振りというわけにはいきませんが、クライアントに頼らずに生きていける自分を目指します。


超一流になるのは才能か努力か?
著者:アンダース エリクソン
楽天ブックス:超一流になるのは才能か努力か? [ アンダース・エリクソン ]

大きい本屋に行くのが好き!久しぶりに有隣堂でお買い物

Arranged 1842261 640

大きい本屋が好きなのですが、鶴巻温泉には本屋そのものがなく、電子書籍を導入しているのもあって足が遠のいていました。ただ、昨日は少し時間があったのと、どうしても欲しい本があったので本厚木の有隣堂まで行ってきました。

本厚木は大型書店がいくつもあり、品揃えもいいので好きなのですが、電車に乗って本屋に行くという行為がどうにも馴染めずに、たまにしか行くことがありません。

でも、やっぱり行くと楽しいですね。一生かかっても読みきれないだけの本が大きな本屋さんにはあります。

そういう意味では図書館なども好きなのですが、本屋の本は鮮度がいいので、どれを見てもキラキラしています。ついつい余計な本まで買ってしまいそうになります。

E book 1209040 640

社会人になったばかりの頃は、アホみたいに本を買っていました。ジャンルを問わず、文字が書いてあれば気になるものを片っ端から買っていました。あまりにも再現がないので、1回で5,000円までとマイルールを決めたことも。

人生であれだけ本を読むことは、もうないのではないかと思います。本を読むのもなかなか体力がいりますから。

きっと老後にはたくさんの本を読むのだとは思いますが、若い頃のように何かを吸収するために読むのではなく、追体験するための読書になるような気がします。今も学ぶための読書の割合がかなり減っています。

中国や台湾の歴史を学ぶための読書もしますが、やはり小説やエッセイを多く読むようになりました。エッセイは影響を受けてしまうので、できるだけ減らしたいのですが、大事なことがダイレクトに伝わってくるのでやめられません。

自分の文章が小説向きでないのは承知していますが、いつか物語を紡ぎたいという願望はあります。結婚願望よりも少し高いくらいのところで。

そう思うと、やっぱり辞書って必要かなと思って、危うく3,000円の国語辞典を買いかけました。これがあるから大きい本屋は危険です。買うならちゃんと下調べしてからと思いとどまりました。

わたしは創造力にも欠けますが、語彙力が圧倒的に不足しています。

作家さんはどんな辞書を使っているのでしょう。きっと1冊ではなく何冊も持っているのでしょう。しかも持っているわけではなく使いこなしています。

Reading 2734983 640

辞書のないわたしが挑むなんて、棍棒も持たずに魔王に立ち向かうLv.1の踊り子みたいなもんです。勇者でもなんでもなく、ただの人ですね。勝てるわけがありません。

語彙力もなく想像力もないわたしの武器は、発想力と解釈力といったところでしょうか。発想力と創造力は違います。違うというか違うと思っています。創造力は何もないところから作り出す力。発想力は斜め45度から見て表現する力。

性格が悪いわたしは発想力にはそこそこ優れています。もはや物事を正面から捉えられないヤバいやつです。

解釈力は昔から高めでした。理由は分かりませんが、書かれていることは話されている言葉の意味や真意を掴むのは得意で、「こう言ったら」勘違いされるだろうなとかいうのも直感的に分かります。

ですので、独自視点の解説系が得意なわけです。問題はそんなにニーズがないということでしょうか。

Books 922321 640

大きい本屋に並ぶ本というのは、それなりに大衆向けです。出版社が売れると判断しないと刷ってもらえないわけです。知名度があれば、独自視点でも売れますが、庶民のわたしには無理です。

最も、本を書くとしても、売れるかどうかが大事なわけではありません。たった1人に届けばいいんです。このブログもそうですが。決して有名人になりたいわけではありませんので。

ほら、有名人なんかになってパーティーに呼ばれて、そこが反社会的勢力のグループだったら人生が詰んじゃうわけですから。君子危うきに近寄らずです。

とりあえず、早速購入した1冊を読了。実はこのブログもそれの実験の場だったりします。何を実験しているかは秘密です。ランニングで隠すことはありませんが、物書きとしてのノウハウは企業秘密ですから。


作家の住まい (コロナ・ブックス)
著者:コロナブックス編集部
楽天ブックス:作家の住まい (コロナ・ブックス) [ 平凡社 ]

楽な道ばかり進んでいたら幸福感や豊かさを感じにくくなる

Writing 828911 640

庶民は頑張って働く。文句を言ってもいいけど頑張って働く。しっかり働いて、仲間と旨い酒を呑む。それでいいんじゃないかと思っているけど、そういうこと言うと意識が低いと罵られる時代。

決して賢くはないし、高い意識なんてどこかに置き忘れてきて、そのまま放置しているのでまぁ罵られようが、バカにされようが構いはしませんが。

政治もどうでもいいし、世界の情勢だって知ったことではないですし、貧乏もここまでくると他人のことにまで気を遣ってられません。今年の住民税は全額まとめて支払ったので義務は果たしましたが。

芸能界もどうでもいいとなると、もはや世捨て人みたいな扱いを受けますが、目の前の仕事に全力で取り組んでいたら、誰がどうかしたとか、気にしている余裕はありません。

Office 932926 640

考える暇があれば働く。会社員を辞めてからシャレにならないくらい働いています。

でも働くのは当然だと思っています。むしろ会社勤めをしていて、いまの働き方改革だとかで定時で帰らされるような働き方をしていたら、無気力になっていたかもしれません。

昔のことを語るのは意味があるとは思えませんが、少なくとも自分の父親世代は休みもなく働いていました。他の人の親までは知りませんが、小さなころは大人の男が生きるとは働くことだと思っていました。

日本が敗戦国にも関わらず、奇跡的な経済成長を遂げたのは、日本人が優秀だったわけではありません。他の国の倍以上の時間を情熱と危機感を持って働いていただけのこと。

Architect 1080589 640

ゆとりとか働き方改革だとかいって、がむしゃらさがなくなったらどうなるか。言うまでもなく未来は見えています。

別に人のことだからどうでもいいんですが、今の若い人は可愛そうだとは思います。わたしたちの頃のように、命を削りながら働いて、その環境の中で自分の力を付けるということができません。

仕事を教える側も時間がないので、きちんと若手に向き合うことができません。わたしたちの時代は、先輩が時間を割いて若手を支えてくれ、そして定時後に自分の仕事をしていました。ただただ頭が下がります。

でも、今は定時後に残れないから定時内で自分の仕事だけをする。後輩の面倒なんて見てられないわけです。

Adult 1866533 640

才能のある人は別として、わたしのような凡人タイプが仕事を覚えるには、とにかく時間が重要です。どれだけの時間を図面と向き合ったか。どれだけの時間をかけて考えたか。

1日6時間以上の残業をして、土日も出社して、家に帰っても頭の中は設計のことばかり。

「そういうのが嫌なんだよ」と思うかもしれませんが、それがなかったら今のわたしはないわけで、当時は苦しいと思う余裕すらありませんでしたが、あれなして1人前の設計者になれたとは思えません。

今も同じです。物書きは文章をどれだけ読んだか。文章をどれだけ書いたかで仕事の腕が決まります。

Document 2178656 640

小説家のような創造性のある物書きですと、もっと刺激を入れなくてはいけないのかもしれませんが、わたしのような情報をできるだけストレートに伝えるタイプの物書きは、とにかく量です。

不惑前から物書きを始めたわたしのような素人は、物書き一筋の人たちとは物事を見る角度が違うという強みはありますが、文章を書くためのイロハの部分がまったく違います。

少なくとも同世代で、ずっと物書きに携わってきた人の本気の文章にはひれ伏すだけです。

ただ、これから物書きの世界に入ってくる人とは、きっと同等にやっていけるんだろうなという思いはあります。若手は学ぶ時間がありませんし、学ぶことの大切さも知らないまま年齢を重ねていく。

そして、そういう人ばかりが溢れていく。

Computer 3368242 640

もう、誰かが悪意を持って日本という国を陥れようとしているようにしか思えませんが、きっとこれがみんなの総意なのでしょう。仕事はできるだけしたくなく、苦しいことも辛いこともしたくない。

ひとつだけ大事なことを伝えておきます。幸福感とか豊かさというのは相対的なものであり、楽な道ばかり進んでいたら幸福感や豊かさを感じにくくなります。

毎日ごちそうばかり食べてたら、ちょっとやそっとの美味しいものでは満足できなくなります。

全力で仕事して、今日もやりきったと思ってハバナクラブを1杯呑んで、昔のことをちょっとだけ思い出して眠りにつく。今の若者には何の魅力も感じないかもしれませんが、わたしはそんな生き方を愛します。


「働く」ことについての本当に大切なこと
著者:古野 庸一
楽天ブックス:「働く」ことについての本当に大切なこと [ 古野 庸一 ]

オーバートレーニングは裸足とシューズの二刀流で回避できる?

Katana 3918021 640

ここ数日はしっかり眠れています。寝れていると膝も調子がいいようで、金曜日のランレコード練習会では階段上りを含めて12kmも問題なく走れています。

やっぱり睡眠が大事というか、睡眠がすべてのような気がします。ただ、いろいろなことが起きすぎてよく分からない状態になっているので、少し状況を整理します。

・体重を落とすために普段のジョグを1時間から1時間半に変更
・疲労が溜まっているような感覚あり
・それでも睡眠時間は1日6時間のまま
・筋トレでスクワットをしたときに 膝に違和感
・それでも走って膝故障

典型的なオーバートレーニングです。

Runner 557580 640

ジョグだし1時間半くらいなんてことないと思ってましたが、1日の疲労が抜けきらないまま次のトレーニングがやってくる感覚がありました。 ここで練習量を落とせば良かったのですが、体重を落としたい焦りが強かった気がします。

ただ、ジョグの時間を増やしても体重はほとんど落ちず。

161cmで55kgですから、てくてくやってるうちはいいのですが、キロ3分台のランとか入れると、膝への負担も半端ないのでしょう。だから体重を落とそうとしているわけですが、距離を伸ばしたいけど重たいから疲労が大きくなります。

かといって走らないと体重は落ちません。おかしなパラドックスにハマってしまいました。

Horizontal 3286321 640

ただ、ここで問題だったのはやはり睡眠時間です。1時間30分のジョグの疲労を抜くには、6時間睡眠では足りなかったわけです。少なくとも今の体重では。

ちゃんと7〜7時間半くらい寝ていれば、疲労が抜けてケガはしなかった可能性があります。

実際に、ここ数日のしっかり寝れたときの頭と体の調子の良さはなかなかのものです。ランナーとしての自分をデザインするときに、基本は睡眠に置くべきなのかもしれません。まず眠れる時間ありきで、それに合わせてトレーニング不可を決める。

「眠れないなら、距離や負荷を高めるべきではない」ということが今回の気付きになりました。

Fitness 4245628 640

もちろん、どれくらいの練習量をするかにもよります。疲労が溜まっていると思ったら、まずは休んで練習量を減らすか睡眠を確保するかを考える。眠れないならとにかく負荷を減らすことです。

この回復という部分においては、サプリメントでなんとかなる話ではありません。

もちろん栄養学を無視するつもりはありませんが、きちんと食事をしている状態でサプリメントを摂って疲労を抜くよりは、10分でも20分でも多く寝たほうが効果は大きい気がします。

もうひとつの気付きは、裸足でのオーバートレーニングはシューズでトラブル回避できるということです。

Training 3962421 640

シューズを履いてケガをした人の多くが、やはりオーバートレーニングによるものだとわたしは考えています。でも裸足になると足の動かし方や、筋肉の使い方が違いますので走れるようになります。

それを「裸足はすごい」と言う人もいますが、別に裸足がすごいわけではないとわたしは言い続けてきました。裸足でもオーバートレーニングはケガを招くと。自分がケガしたので医者の不養生みたいなもんですが。

でも、今回は裸足で走れなくなってもシューズでは走れました。考えてみれば当たり前ですよね。この2つは表裏一体なわけです。でも、そんなこと思いつきもしませんでした。

だいたい、オーバートレーニングになるまで、裸足で練習量を増やす人がそんなにもいませんから。

Shoe 2461428 640

転んでもただでは起きないのがハダシスト。ここから考えたのは、シューズと裸足の交互で練習をすれば、オーバートレーニングを防げるのではないかということです。

どんだけ走りたいの?と思われるかもしれませんが、走りたいというよりは、それを立証したいというのが本音です。理系のわたしは理論通りに物事が進むのかどうかを知らずにはいられません。

ただ、睡眠はちゃんとしなきゃいけないのは間違いありません。

まずは睡眠ありきでトレーニング内容を組み直すことにします。いや、これは生活全般の問題です。仕事量も減らさなくてはいけませんし、仕事の効率も上げなくてはいけません。

Action 1867700 640

それはそれとして、練習を再開するときには、シューズを履いてのトレーニングも取り入れるようにするとします。裸足とシューズのハイブリッドの理屈があっていれば、そこに自分なりの道ができます。

二刀流ってやつですね。ちょっとワクワクしてきました。


北京で二刀流―ヤットウ先生の中国若者ウォッチング
著者:森田 六朗
楽天ブックス:北京で二刀流 ヤットウ先生の中国若者ウォッチング [ 森田六朗 ]

台湾映画『牯嶺街少年殺人事件』を観てきました

P6260003

もう何度も書いていることですが、台湾が好きです。台湾の人も好きだし、台湾の食べ物も好きだし、台湾の歴史も気になることがいっぱいあります。でも、自分の視点というのはやっぱり日本人の視点でしかないことを痛感しました。

1991年の台湾で上映された映画『牯嶺街少年殺人事件』。その4Kレストア・デジタルリマスター版を観てきたのですが、なんとこの映画、ほぼ4時間の上映です。最後はトイレに行きたい気持ちとの戦いでした。

もう1回観たいところですが、もうトイレで悩みたくないので次はPrime Videoで観るとします。期間限定上映だったので、次はいつ観れるかわかりませんし。

さて『牯嶺街少年殺人事件』ですが、この映画は1940年代に中国から台湾に移住してきた、外省人と呼ばれる人たちの生活を中心に描かれています。

PC110018

台湾は思った以上に複雑な国です。日本統治時代には漢族系の住民は本島人と呼ばれ、蕃人と呼ばれる原住民がいました。日本人は内地人と呼ばれています。

その後、台湾が中国に返還され、中国本土から中国人が移住してきました。そして中国の内戦で蒋介石率いる国民党が台湾に逃げ込んだことで、国民党の人たちを中心に、さらに多くの中国人が台湾に移り住みました。

日本統治時代から台湾にいる人たちを内省人(本省人)、戦後になって中国本土から移り住んだ人たちを外省人と呼びます。

わたしが台湾の歴史と向き合うときは、日本人の視点や内省人の視点ばかりで、外省人はどこかで「悪者」という印象を持っていました。力で台湾を支配したという印象が強いからかもしれません。

PC110035

でも、実際には外省人の人たちにも苦悩があり、そこで暮らしている人たちの生活があったわけです。だから、当然のことながら、それだけの物語があります。

中国本土から移り住んで、いつか国民党とともに中国本土に戻れると思っていたのに、10年以上が経過したのに戻れる気配すらなく、政府の締め付けが厳しくなっていきます。

押しつぶされそうになる気持ちを抱えながら生活をしていると、その子どもたちにも影響が出てきます。1960年前後の台湾では不良グループがいくつも発生し、日々闘争に明け暮れていました。

日本でも1960年代は暴走族の全身であるカミナリ族などが増えてきた時代です。台湾だけでなく、世界中の若者が先の見えない未来に対して、共通の感情を抱いていたのかもしれません。

PC100052

1960年の台湾といえば、台湾がまだ中国との主権争いをしている真っ最中で、1958年には金門砲戦が起こっています。戦争の色がまだ濃く残る時代で生きる人たち。

映画が始まってからずっと胸の奥が強く締め付けられるような気持ちになります。ある意味、青春映画ですので笑えるところもありますし、ほっこりする場面もあります。

ただ後半になるに連れて、この映画の残酷な部分がむき出しになっていきます。

これまで向き合うことのなかった台湾の歴史の一面。そして、その時代を必死で生きる人たちの感情の揺れ。誰が正しいわけでもなく、誰が間違っているわけでもないのに消えていく命の炎。

PC100032

壮絶というのはこういうことを言うのだと学んだような気がします。

この映画が公開された4年前に台湾の戒厳令が解除され、その翌年には台湾では初めて本省人である李登輝が総統に就任しています。そんな時代だから公開できた映画でもあります。

映画の中に込められた「私は変わることはない」というメッセージ。これは、台湾国内に向けたものなのか、中国に向けたものなのか。この映画を本当に理解するには、わたしには知識が不足しすぎています。

とてもじゃないですが、今のわたしでは自分なりの意見を述べることもできません。

 

PC100059

ただ、こういう経験もしておいたほうがいいのでしょう。これまでと違う視点で見ることの大切さを感じましたし、中国を好きで台湾も好きな日本人だから、多くの日本人に伝えられることもあります。

台湾が好きで、日本統治時代の歴史にまでたどり着いた人は、おそらくもう1歩進んで次の歴史も学ぶことになると思います。そうなったときに『牯嶺街少年殺人事件』は観ておく映画のひとつです。

Amazonのプライム・ビデオや他の動画配信サービスでも観ることができます。4時間弱の映画ですので、かなり腰を据えて観なくてはいけませんし、登場人物が多すぎて何度か見直すことになるかもしれません。

何も予定のない1日を作って、じっくり観てもらいたい映画です。

Amazonプライム・ビデオ:牯嶺街少年殺人事件


歴史総合パートナーズ6 あなたとともに知る台湾―近現代の歴史と社会
著者:胎中 千鶴
楽天ブックス:あなたとともに知る台湾ー近現代の歴史と社会 (歴史総合パートナーズ 6) [ 胎中 千鶴 ]

ハダシスト流ランニングの基本

P3310037

昨日のブログで基本が大事と書きましたが、今日はランニングの基本について書いておこうと思います。とはいえ、ランニングには決まった形というのはありません。100人いれば100通りの走り方があります。

ですので、あくまでもわたしの考える「基本の形」だと思ってください。わたしは専門家でもありませんし、ランナーとしても優れているわけでもありません。

ですので、オリンピックに出た人やフルマラソンを2時間30分以内で走れるような人の言うことのほうが、確実に説得力はあります。もちろん、わたしの考え方がその人たちよりも劣っているとも思いませんが。

ランニングの基本はやはり姿勢と着地にあります。

P3310069

上半身をを少し反るようにして、お腹をやや突き出します。もしかしたら、突き出したままでもいいような気もするのですが、わたしは見た目が悪いので、そこでお腹を少しすくい上げます。

おへそを肩甲骨の方に引き上げる感じです。力はいれません。いずれも軽い意識の範囲内で整えます。そして、足はできるだけ体の真下で足裏全体を使って着地する。これだけです。

呼吸を鼻でするのか口でするのかなんてどうでもいいですし、腕振りもしたければすればいいと思います。わたしは不要だと思いますが、リズムを取る役割もあるので、止めたほうがいいとは言いません。

あくまでもこれが基本であって、どんなときでも足裏全体で着地するわけではありません。キロ3分台になればフォアフットになりますし、坂道を下るときには踵着地になります。

P3310124

そういう応用ができるのも、まずは基本の形があってのことです。

走り方ではありませんが、意識は腸に持っていきます。昔の人は丹田と呼んでいた場所に近いかもしれません。腸の神経細胞の数は犬の脳の神経細胞と同じくらいあり、思った以上に様々な判断を行えます。

脳で考えると無駄なことが頭に浮かんできます。意識を腸に持っていくと、走ることだけに集中できます。

基本的に地面は蹴りません。着地した瞬間に曲げた膝を伸ばして推進力を生み出し、その力で走りますが、これは人それぞれでいいかと思います。

PB190491

もっとも、足裏全体で着地したら地面を蹴ることはできないとはおもいますが。

足裏全体で着地して、そのままグッと押し出す感覚。これで、フルマラソン3時間20分を切るくらいまでは出せました。もちろん、それぞれ筋力が違うので、どこまで出せるかは人によりますが。

地面を蹴るかどうかはランニングフォームの問題ではなく、シューズのソール形状の問題です。蹴ることを推奨しているシューズで走れば蹴るしかありませんし、ナイキのヴェイパーフライのように、前足部に乗るだけでいいシューズもあります。

そうしたランニングシューズに合わせるというのも、基本が身についていれば簡単にできてしまいます。

PC100409

ただ、基本を身につけるのは本当に時間がかかります。基本中の基本が身につくまで2〜3年。それが本当に自分のものになるまでさらに何年もかかります。

別に基本なんてなくても走れますし、好きなように走ればいいと思います。でも、基本ができていないと間違った情報にすぐに騙されます。

先日RUNNING STREET 365でリーボックのフロートライドエナジーのレビュー記事を書きました。

そのときに、他の人がどういう印象を受けているのか、執筆後に調べてみましたが、ほとんどの人がメーカーの宣伝文章をそのまま評価していました。

「クッション性と反発力がある」と。

PA080293

わたしのファーストインプレッションは「無味なシューズ」でした。尖ったところがまったくなく、個性もなければ楽しくもなく、クッション性も反発力も感じません。

記事を読んでもらえればわかりますが、最終的にフロートライドエナジーの走り方にたどり着くのですが、今でもクッション性と反発力という表現の仕方は正しいとは思えません(面白いシューズで気に入ってはいますが)。

きっと自分で感じる力が不足しているんだと思います。だから「こういうシューズですよ」と言われると、そのまま受取ってしまう。プラシーボ効果によって、ありもしないものを感じてしまう。

基本ができていて、自分にとってのスタンダードな位置を把握して、そしてそこから自由自在に変化できるようになれば、シューズが本来持つポテンシャルに合わせた走りができます。

だからどうしたと言われればそれまでですが。

PA080192

基本がなければ応用はありません。基本がないものは崩れたときの被害が大きくなります。基本があれば、崩れたときにそこに戻ればいいだけです。

日々のトレーニングはその基本を体に染み込ますためのもの。基本の形の純度をどんどんと上げていくためにあるのだと、わたしは考えています。

自分なりの基本の形、自分だけの基本の形を見つけることができるかどうか。それができたとき、走ることが劇的に楽しくなってきます。

基本の形を身につけることは、ランニングの楽しさのひとつだと思って、気が向いたら沼にハマってくれればいいかなと思います。自分だけの基本の形が見つかりますように。


100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート
著者:松浦 弥太郎
楽天ブックス:100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート [ 松浦弥太郎 ]

一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ

37a61a5a9f9f8010ac3bb613c81c58c5 s

何をするにしても基本の形はとても大事だと思っています。サッカーならボールの蹴り方、野球ならボールの投げ方やバットの振り方。文章を書くのであれば、文法や文章構成の基本の形。

もちろん、ランニングでも基本が大事だと思いますが、ランニングは誰でも簡単に始めることができるから、基本を学ばずに走り始めます。それだけランニングは自由だという証拠ですが、やっぱり基礎があるのとないのとでは結果が変わってきます。

基本が出来ていないと、すぐに「簡単に上手くできる方法」という情報に騙されてしまいます。

どう考えても破綻している考え方を簡単に信じてしまう。糖質制限ダイエットみたいなのも流行りましたが、小さなころから食生活がしっかりしていた人にしてみれば、どう考えてもおかしいと分かります。

Salad 2756467 640

糖質制限そのものはもちろん有効です。糖質制限が必要な人には。

でも、日本人は宮沢賢治さんの雨ニモマケズにありますように「一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ」を基本としてきました。糖質制限をする人が聞いたら卒倒しそうな話ですが、それが当たり前だったわけです。

武士も1日2食で、1食2合だったように記憶しています(間違っていたら済みません)。

それが正しいと言いたいのではなく、別に糖質を摂ったところで何も問題はないということを伝えたいだけです。問題なのは消費カロリーよりも摂取カロリーが多いことであり、運動をしないことです。

Woman 3053492 640

必要なだけの食事を摂り、適度な運動をする。これが生きる基本です。

「◯◯ダイエット」というのは、その基本を崩しておいて痩せようとするから続きません。ダイエットで本当に大事なのは何を食べるかではなく、いかにして自分を律するかということなのに、人は「簡単に上手くできる方法」に流れてしまう。

それはやはり基本がなっていないからなのだと思います。

そして、これからの時代はそういう人がさらに増えていくのでしょう。団塊の世代くらいまでは基本がしっかりできていたように感じます。その世代に育てられたわたしの世代くらいから、基本がおろそかになってきました。

Hot dog 657039 640

街にはコンビニができ、ファミレスやファストフードのお店がどんどん増えていきます。食事をするときに手を合わせて「いただきます」とする人も減りました。

「いただきます」が食の基本かと言われると、そうではないような気もしますが、食べ物やそれを作っている人に感謝するという考え方は薄れつつあります。何でも簡素化され、お手軽になっていく。

そういう生き方をするのは自由だと思います。でも、わたしは古い考え方の人間なので、簡素化するのは好きではありませんし、お手軽なものをありがたいとは感じません。

炊飯器もなければ電子レンジもない。洗濯は手洗いなんて生活をしているのを知っている人なら、きっと納得してくれるかもしれませんが、わたしは楽したら人生が豊かになるとはどうしても思えません。

Glass 1751211 640

一生懸命働くべきだし、何をするにしても手間隙かけるほうがいい。

もちろん便利なのはいいことです。わたしもコンビニくらいは使います。自販機で缶コーヒーを飲むこともあります。夏も冬も自宅のエアコンはフル稼働です。

でも、自分にできることはひとつひとつ丁寧に仕上げていきたい。不器用だから時間がかかるけど、自分のペースで基本の軸がぶれない生き方をする。

そこにたどり着くまでどれくらいかかるかは分かりません。ただ静かに続けていくこと。それがわたしの道ですから。


宮沢賢治の真実 : 修羅を生きた詩人
著者:今野勉
楽天ブックス:宮沢賢治の真実 修羅を生きた詩人 [ 今野 勉 ]

感覚でできないのならルールを決めて継続すること

Rules 1752406 640

食欲はあるのですが、体から食べ物を欲していません。そんなことがあるのだろうかと不思議に思ってはいるものの、きっと体なりの思惑があるのでしょう。

考えられるのは、何らかの理由があって内臓への負担を和らげたい。もしくは、必要以上にエネルギーを摂取しているか。ただ、体には変化はなく、運動量は数日前まで増えていました。

体はこういうことがあるから面白い。起きていることは必ず理にかなっているのに、何故そうなるかはすぐにはわからず、後になってから「そういうことだったのか」と気づきます(気付かないこともありますが)。

でも、いつもと違うという感覚は、体からの信号なのは間違いありません。こういう信号を受け取って、大事になる前に対処できる自分でありたいところです。

Footbridge 3291320 640

若いうちは信号を無視して痛い目にあっても笑って済ませることができますが、40歳を過ぎて自分にブレーキを掛けられないようでは困ります。アクセルを開けるべきところで、ブレーキを掛けるというのも困りますが。

歳を重ねるというのは、アクセルとブレーキの使い分けが上手くなることだと思っています。自分なりに良いことと悪いことの分別がつき、迷うことを少しずつ減らしていく。

わたしにとっての大人というのは、「迷わない人」です。そういう意味でわたしはまだまだ大人とは言えません。この歳で大人と言えないなんて恥ずかしい話ですが、理想ははるかに遠いところに。

体からの信号という意味では、やはりケガをしたというのは、本当に恥ずかしいことです。それも信号を受け取っていたのに、根拠のない大丈夫によってアクセルを開けてしまいました。その先のカーブを曲がれる技術もないのに。

Hammock 1031363 640

プロのスポーツ選手が「違和感があって」と口にしますが、そのレベルになると、きっと微弱な信号でも受け取り、ブレーキをかけられるのかもしれません。むしろ、そういうレベルの人でないとトップクラスになれないのでしょう。

疲労が溜まっているようならすぐに寝て、違和感があれば休む。厳しいトレーニングの後にはリカバリーをしっかりして、最高の状態でまた厳しいトレーニングを実行する。無駄のないサイクルで成長するからトップアスリートでいられるわけです。

ただ、完璧主義者であるべきかというとそうでもありません。むしろ、トップアスリートは一部の人を除いて、どこか抜けているところがあります。常に気を張るのではなく、リラックスした状態を基本とする人たち。

勝負どころではスイッチが入り、それ以外のところではストレスのない時間を過ごす。それを意図的にしているのか、それとも本能的にしているのかはわかりません。

Document 2178656 640

でも自分が本能的にできないなら、意識して真似るべきでしょう。本能的に休むという選択ができないなら、意識して寝る時間を早くしたり、意識的に回復しやすい栄養素を摂取する。

そのためにわたしたちには知性があります。そのためにわたしたちには学習します。

天才にはなれなくても、そこから学べば、ほんの少しだけでも天才に近づくことができます。そこに個性が加わればコピーはいつのまにかオリジナルになります。

だから、まずは正しいと信じる行動をきちんと真似て、時間をかけて自分のものにしていく。長い時間がかかるかもしれません。途中で嫌になるかもしれません。でも、そこで折れることなく自分を信じること。

Man 1156543 640

わたしの場合は「きちんと休むこと」がとりあえずの課題でしょうか。あたは、体がなぜ食べ物を欲していないのかを考えること。答えは出なくても考える。考えなければ、答えにたどり着くことはありませんから。

ゴールの見えないマラソンのようなものですね。走り続けてもゴールできるかどうかは分からないけど、走らないとゴールは近づいてこない。そういうのは、意外と得意かもしれません。

まあぼちぼちやるとします。


凡人の強み (ワニ文庫)
著者:野村 克也
楽天ブックス:凡人の強み 正しい努力だけが人間を磨く (ワニ文庫) [ 野村克也 ]

分かっていたのに左膝にトラブル発生

Jeans 828693 640

やらかしました。

分かってたんです。完全にオーバートレーニングだってこと。体重を落としたくて少し前からジョグを1時間から1時間30分に変更。13kmくらい走ったところで足が「無理」って言ってたのに、その声を無視しました。

ここで練習量を減らすか、睡眠を十分に取るという選択をしなくていけませんでした。先週のポイント練習でスクワットをしたときに左膝に違和感というか明確な痛み。

それをごまかしてジョグを続けたら、昨日の朝に完全に赤信号でした。

Beach 2090091 640

なってしまったものは仕方ないので、今週はしばらく夕方練習はなしです。朝ランは痛みがなければしますが、そちらも少しでも痛みがあればやらないということで。

1日1時間のジョグから1.5時間のジョグになったわけですから、いくらジョグでも疲労は溜まります。しかも足は走り過ぎのサインを出していたし、それを認識していたのに1日15kmくらいなら問題ないと自分の都合のいいように判断。

距離はやはり徐々に伸ばさなきゃいけません。痛みが消えたら12kmあたりからやり直します。

それに合わせて、やはり161cmで55kgという体重はランナーとしては重すぎるので、真面目に体重を減らします。やることは簡単で、食事を見直すだけです。見直すというよりは元に戻すが正解でしょうか。

Grains 651404 640

春からここまでは「しっかり食べる」をテーマに1日2合の玄米を食べていました。ところが、最近はその量を体が必要としていませんでした。満腹感がすぐにきて、食事にやたらと時間がかかるようになってたので、体は欲してなかったのでしょう。

しっかりと炭水化物を摂っているので、当然体重は落ちにくくなっています。

これを3日で2合に戻すのが理想ですが、これも急に戻すべきではないと考えて、2日で2合にすることから始めます。それで体内の水分量がずいぶんと減りますので、体重も減って膝への負担も軽くなります。

それとやはり睡眠ですね。忙しいのを理由に6時間睡眠できていましたが、まずは6時間30分睡眠に。夜は23時までに寝ることにします。最終的には7時間30分睡眠を目指します。

Bed 1846251 640

それくらい眠らないと、わたしが望んでいる練習に体が耐えられません。

何をすべきか自分で明確に分かるようになったのは進歩ですが、それを実行できないと意味がありません。逆にきちんと実行できて結果が出れば、それは自分の血肉になります。

転んでもただでは起きないがわたしの信条。ケガをしたなら絶対にそこから何かを学ぶ。新しい発見を得るということをこれまでも繰り返してきました。

実は、最近もひとつ気づきに近い感覚がありました。

Yoga 2662234 640

裸足ランナーの間で裸足はケガをしにくいというのが常識になっていますが、実は逆なのではないかと思い始めていました。わたしの走り方の場合、追い込む練習をする場合、裸足よりもシューズのほうが足への負担が小さくなります。

これは走り方によってまったく違うかもしれませんが、シューズは軽く走ってもスピードに乗れます。もちろんシューズい合った走り方をしなくてはいけませんが。

でも裸足はスピードに乗るということができません。だからしっかり地面を押さなくてはいけない。そのときに膝に負担がかかっているなという意識がありました。

ゆっくりペタペタやってた頃は問題なかったのですが、裸足で負荷をかけるようになってから「ちょっとこれはまずい」と感じることも多くなっていましたが、対策をしなかった結果がこれです。

Steps 388914 640

何事もやはり経験です。実際にケガをしたことで学ぶことがあります。そこに気づきもありますし、自分自身への戒めにもなります。同じことを繰り返さないために何をすべきかを考えること。

それでこそケガをした意味があるというものです。

もちろんケガをしないのが1番です。でもチャレンジしないと自分の限界は分からないものです。限界を知って、次はそこを越えないようにする。でも、その手前までは追い込むこと。

いいきっかけになったとは思います。七転び八起き。転んでばかりの人生ですが、最後にはきれいに起き上がってみせます。


図解入門よくわかる膝関節の動きとしくみ (How‐nual Visual Guide Book)
著者:伊能 良紀
楽天ブックス:図解入門よくわかる膝関節の動きとしくみ 「動き」と「痛み」のメカニズムを図解で学ぶ! 身体 (How-nual visual guide book) [ 伊能良紀 ]

映画「台北セブンラブ(相愛的七種設計)」デザイナーこそが進むべき道

Taipei taiwan 2057818 640

厚木にあるミニシアターの運営が変わり、会員割引がなくなったので足を運ばなくなっていたら、知らないうちに次々と台湾映画を上映していました。

1週間前までは日本でもリメイクされた「あの頃、君を追いかけた」が上映されていたらしく、悔やんでも悔みきれません。というわけで、観れるうちに観に行くべきだということで「台湾セブンラブ(相愛的七種設計)を観てきました。

本当は1,000円で観れる水曜日に行くつもりでしたが、わたしの乗ろうとしていた前の電車が車と接触して小田急線がストップしたので断念し、1,800円は高いなと思いながらも金曜日に。

わたしは貧しい暮らしをしているので、さすがに映画に1,800円も出すなんて考えられません。ですので、普段は映画の日にしか映画を観に行きません。でも「台北セブンラブ」は金曜日までの上映です。

Student 849828 640

この映画は2014年に台湾で作られた映画で、デザイン会社で働く6人の男女とその顧客である1人の男性、合計7人による愛の掛敷を描いたものです。ネタバレになるのであまり語りませんが、わたしの心に引っかかったのは「デザイン」でした。

映画そのものもデザイン性の高いもので、ストーリーもデザインすることの意味を考えさせられたり、気付きが多くある内容になっています。好みの映画かどうかでいえば好みではないのですが。

わたしは青春映画が好きで、台湾の青春映画は日本人にない純朴さが表現されるので、胸がこれ締め付けられます。青春といえるような時代をほぼサッカーだけに注ぎ込んだわたしは、ど直球の青春映画を観ることで何かを取り戻すような感覚になります。

でも台北セブンラブはもっと現実的な愛の話でした。青春映画の恋愛は想像の中にしかないものですが、台北を舞台に繰り広げられる愛はもっと切実で、もっと情熱的で、そしてもっと儚いものでした。

Chinese temple 3664445 640

でも、ラブストーリーというわけではありません。どちらかといえばヒューマンストーリーで、人と人との関係や、人間が持つ苦悩が描かれており、まるで自分がデザイン会社の1人になったような感覚になります。

わたしは影響を受けやすいタイプですが、台北セブンラブを観て感じたのは愛についてではなく、デザインするということについてです。

デザインは日本語にすると設計です。原題「相愛的七種設計」からも分かりますように中国語でも設計です。台北セブンラブの紹介記事などを読むと、中国語の設計にはもうひとつ「罠を仕掛ける」という意味もあるそうです。

ただ、事実かどうかは分かりません。台北セブンラブを観たあとでは、その説明ですら罠なんじゃないかと思ってしまいますので。気になる人は上映中の映画か、ネット上の動画を探してみ観てください。

Adult 1986108 640

わたしは自分が何者なのかというのをずっと探し続け、問い続けてきました。きっとこのブログにも書いたことのないことですが、自分が何者なのかを見つけることができずにこの歳になってしまいました。

台北セブンラブを観て気づいたのは、わたしが進むべき道はデザイナーなんだということでした。

それはデザインの仕事をするということではありません。いまさらデザインで食べていけるとは思いませんし、興味すらありません。わたしがデザインしたいのは人生そのものについて。

そもそもわたしは設計者でした。機械設計ですが、それでもデザインの一種です。ランニングにおいても、いま自分なりの表現の仕方が見えてきましたが、それをどう言葉にするか迷っていましたが、「ランニングをデザインする」というのがしっくりきます。

The urban landscape 1698274 640

何をするにしても、まずデザインすること。これってとても大事なことであり、そしてわたしだからできることのように思えます(わたしにしかできないことではない)。

デザインするということに関して、まだ上手に表現できませんが、行き着く先は見えています。わたしのデザインによって笑顔になる人が増えてくれるということです。

こうやって文章を書くのも、デザインの一種なのでしょう。言葉を文章という形にデザインする。すべてはデザインなのだと思うと、様々なことがしっくりきます。

「そうか、自分はデザイナーであり、そこが自分の進むべき道なのだ」

これまで自分のことを物書きと名乗ってきましたが、それは自分の可能性を自分で閉じ込めているような気がしていました。ただ、それに変わる表現方法が見つからなかったので、物書きで通してきました。

Ux 788002 640

でも、やっぱり違うんです。思い上がりかもしれませんが、デザイナーのほうが自分らしさをうまく表現しています。

問題は世の中にあるデザイナーというのは、デザインを仕事にしている人たちのことを示します。だからわたしがデザイナーを名乗ると少しおかしなことになります。

ライフデザイナーだとどこぞの保険会社の社員のようです。ライフスタイルデザイナーでは、軸が少しブレてしまいます。

とりあえず、どう名乗るかは後で考えるとして、わたしがすべきことは何をするにしてもデザインをするという意識で行うということです。そうすることで方向性がもっと明確になり、肩書も決まってくるはずです。

たまには自分好みでない映画を観るのもいいものです。台湾が好きというだけで選んだ映画でしたが、思わぬところで人生の羅針盤を手にしたかもしれません。


あの頃、君を追いかけた (講談社文庫)
著者:九把刀
楽天ブックス:あの頃、君を追いかけた (講談社文庫) [ 九把刀 ]

そうだ村上に行こう

5b9ddb71853eccaa34959b6a965554de s

日本海側で大きな地震があったと聞いたとき、最初に友だちの実家は大丈夫だろうかと心配になりましたが、次に思ったのは「酒蔵のお酒は大丈夫だろうか」という不謹慎な心配でした。

震源に近い新潟県の村上は過去に2回ほど訪れたことのある場所で、初めて訪れたときに〆張鶴に出会い、わたしの日本酒好きはそこから始まりました。

いつのことだか思い出せませんが、帰りの電車でダウンコートを忘れたのは覚えているので、少し寒い時期だったのでしょう。

そのときが初めての新潟だったかもしれません。その後も村上に行ってきますが、そのときには日帰りだった気がします。古い建物を見たり鮭料理を堪能したり。

527d7dc94299f37114977999dc10b2ab s

村上には〆張鶴だけでなく、大洋盛という地酒もあります。〆張鶴は上品な感じがしますが、大洋盛は力強いという印象が残っています。実際のところどうだったのか、もう記憶が捏造されすぎていて覚えていません。

ただ、大洋盛で作られたケーキが美味しかったことははっきりと記憶しています。

ちなみに村上は日本海に沈む夕日が美しい町ですが、残念ながら2回ともそれの夕日を見ることができていません。いつかは村上で夕日を見たいなと思いつつ、もう何年も経過しています。

村上には笹川流れマラソンがあります。4月に開催されるハーフマラソン。さらには元旦に開催される村上市元旦マラソン大会もあります。

D59c70aea4bcb8b6b98c2d1e57ce475e s

笹川流れは村上市にある海岸で、日本百選のひとつです。この海岸を眺めながら走るマラソン大会が笹川流れマラソン。参加したいなと思いながらもこちらも実現できず。

少しばかり思い入れがある町なので、それゆえに近寄りがたい場所のひとつでした。ただ、こうして文章にしてみると、きちんと過去のこととして消化できているようなので、もう遊びに行っても良さそうです。

誰でもそういう場所の1つや2つくらい持っているかと思います。40年も生きていれば、思い出があるゆえに足を運べない場所もあるわけです。わたしだけでなく他の人だってそうだと思います。

普段は記憶の奥底に眠っているけど、こうして災害などで取り上げられて記憶がフラッシュバックする。それを縁と感じるか、偶然と考えるかは人によって違いますが、夢想家のわたしはもちろん前者です。

18c7b1854ee152cd275591fbcb2441fe s

村上は鮭の街で、漁が始まるのは10月下旬から。鮭が吊るされるのが12月ですので、そのあたりが狙い目でしょうか。

ちなみに鮭には抗酸化作用のあるアスタキサンチンが多く含まれており、日本を代表するトレイルランナーの鏑木毅さんも、いつも鮭を食べているのだとか。

さらにちなみにですが、アスタキサンチンの効果に関しての国立健康・栄養研究所による見解が下記になります。

俗に、「悪玉コレステロール (LDL) の酸化を抑制する」「動脈硬化を改善する」「糖尿病を予防する」などと言われているが、ヒトでの有効性については信頼できるデータが見当たらない。

F76d810de3eef0562de73cefa8acd91d s

実際に効果があるのかないのかはどうでもいいことで、「信じるか信じないかはあなた次第」の世界。わたしはサプリメントとして摂取していた時期もありましたが、めんどくさがりな性格もあり、今は飲んでいません。

話が大きくそれてしまいました。

アスタキサンチンが含まれていようが含まれていまいが、鮭は美味しい食材です。実はアスタキサンチンは摂っていませんが、鮭は2日に1切れくらいの割合で口にしています。鮭チャーハンにしたり、鮭雑炊にしたり。

日本海に沈む夕日を眺めながら、鮭をつまみに大洋盛と〆張鶴で一杯。ちょっと楽しみになってきました。


パ酒ポート新潟・庄内2018-2019
著者:村山和恵 (監修), ニール (編集)
楽天ブックス:パ酒ポート新潟・庄内(2018-2019) 新潟・庄内酒遊記 [ ニール ]

潮目を読む

Motion 1641779 640

オリンピックはサッカーとハンドボールが当選しました。サッカーは2枚、ハンドボールは1枚です。4枚で申し込んだ野球や陸上競技は全滅でした。

サッカーとハンドボールはラン仲間で行くっていう人がいなさそうなのと、単純に1〜2枚のほうが当たりやすいという読みでした。1枚1%の当選確率のものを4枚当てるとなるとめちゃくちゃな確率になります。

実際には、もう少し複雑なプログラムが組まれているのでしょうが、とにかく当てにいくなら1枚か2枚だろうと思っていたら、結果論でいえばそれが正解でした。

後出しジャンケンみたいなものですので、別に偉そうに講釈を垂れるようなことでもありません。とにかく、2競技といえどもオリンピックを現場で見れるというのは幸運なことです。

Lottery 3846567 640

小さなころ、わたしは近所でも有名なくじ運の悪い子でした。

ハズレくじを最後まで引き続けるほどの運のなさ。面白いもので席替えに関してはとてつもない引きがあり、3回連続好きだった子の隣の席になりましたが、相手にしてみれば気持ち悪かったことでしょう。

それはともかく、くじ運はとにかく悪いんです。でも大人になってから、気がつけばくじ運のいい人生になっていました。マラソン大会の抽選で、ここ数年で外れたのは台北マラソンと鹿児島マラソン、熊本城マラソンくらいです。

抽選が外れやすい大会にエントリーしてないだけかもしれませんが。

Cards 1030852 640

運がいい人と運が悪い人というのは実際にいます。実力だけではどうにもならない世界があり、運という部分において人間は不平等です。でも、生まれてから死ぬまでずっと運がいいなんて人はいません。

実際には運がいい悪いというよりは、流れに乗れるかどうかという部分が大きいような気がします。大きな波が来ていてもそれをいろいろと理由を付けて逃す人もたくさんいます。

潮目が読めるかどうかは人それぞれ。本能的に読める人もいれば、論理的に読む人もいます。

潮目を読める人は何をやっても上手くいきます。「あいつは運がいい」なんて言われることもありますが、本人にしてみればきっと、「みんなはなぜ潮目を無視するのだろう」と感じるのだと思います。

Office 1081807 640

ビジネスで成功している人たちは、そういうのを得意としている人が多いような気がします。潮目が分かるから、進むときと止まるときの見極めが上手い。

話はまったく変わるというか少し戻りますが、東京オリンピックなんだから東京の人が当選すべきだという理屈があります。わたしもそれはそうだろうとは思います。

だって、東京都の税金が使われているわけですから。自分たちが汗水を垂らして稼いだお金で開催するイベントなのに、抽選でみんな平等となるかもしれませんが、それはフェアではありません。

じゃあお前のチケットを譲ればいいと言われるかもしれませんが、正直なところ2競技当たっているのだから1競技は東京の人に行ってもらえないかなとは思います。

City 666094 640

わたしの1枚で不平等が解決するわけではありませんが、できることなら東京の人に見てもらいたいところです。これが可能なのかどうかは分かりません。

じゃあ最初からエントリーするなよと思われるかもしれませんが、申し込まないことには当たりもしないわけで。

いまそんなことを考えても、オリンピックは1年も後の話です。とりあえずは入金が済んだので、しばらくはこのことは忘れておきましょう。

運がいいことを自慢していたら、いつかしっぺ返しをくらいますから。それが潮目を読むということです。


「運がいい人」になるための小さな習慣 世界の成功者が実践するたった1分のルール
著者:サチン・チョードリー
楽天ブックス:「運がいい人」になるための小さな習慣 世界の成功者が実践するたった1分のルール [ サチン・チョードリー ]

明治から戦後にかけての時代を学ぶ意味

Photo 256888 640

香港のデモに対していろいろ発言している人もいるようですが、きっと清王朝が崩壊する明治時代にもこんな雰囲気だったのかなと思いふけったり。

当時は実際に中国に行った活動家と呼ばれる人たちがいましたが、現在はどうなのでしょう?香港に渡ってデモをサポートしている日本人がいたりするのでしょうか?

このデモに至る過程や考え方については、わたしの意見はありません。他所の国の内政に関してあれこれ言うのは内政干渉ですし、民主主義が必ずしも正しいとは思いませんし。

それぞれの国にはそれぞれの歴史や文化があります。だから国連では内政干渉をしてはいけないことになっています。これに人権問題が加わるので、有名無実になっていますが。

Clock 3179167 640

基本的には内戦ですら他所の国があれこれ言うことは認められていません。個人があれこれ言うのは自由だと思いますが、わたしは不干渉の立場でいようと思います。

だって、日本のあれこれを他の国に文句言われたりしたくないですから。いや、国ということよりも自分がすることに対して、他の人にあれこれ言われるのが好きではありません。

はっきり言えば、干渉されるのが嫌いです。

話を戻しましょう。わたしは明治から昭和初期にかけての時代が好きです。日本の歴史というよりは中国や台湾なども絡めての歴史について聞いたり読んだりするとワクワクします。

Furniture 2242198 640

学校ではなぜかその時代についてはほとんど学んでいません。満州事変という言葉を習っても、満州事変が何だったのかまでは教えてくれません。

もしかしたら先生が教えてくれたのかもしれませんが、少なくともわたしの記憶にはありません。なぜ、満州事変が起きたのか、なぜ日本が国連を脱退したのか。

そのときの中国や台湾とどういう関係にあったのか。そう遠くない過去なので、調べるといろいろな情報を得ることができます。そこから学ぶことはたくさんありますし、それを学んでいないと中国人と会話ができません。

中国に行って同年代と話をするときに、必ずといっていいほど戦争の話になります。非難されるのではなく、「お前はどう思っているのか」と聞かれます。

Japan 1366873 640

自分なりの答えを持っていないと会話が続きません。その答えが正しいかどうかは関係ありません。どう思うかを示せるかどうかが大事です。そのためには歴史を学ばなくてはいけません。

あの時代について学び始めた理由は、そういう理由からですが、実際に学び始めるとどんどんと深みにハマっていきます。いい意味での泥沼状態です。

こうなってくると学校で学ばなかったのが良かったのかなと思うこともあります。偏見がありませんので、フラットに歴史を見ることができます。

いろいろな立場の人が自分軸で語るため、同じ出来事であっても様々な角度から見ることができます。誰が正しいとかそういう1か0かの世界ではなく、それぞれが懸命に生きてきたことが伝わってくる時代。

Monument 887390 640

いい時代だったなんてことは言いません。きっと1歳の誕生日を迎えることのできなかった子どももたくさんいたでしょうし、食べるものがなくて死んでいった人もいたはずです。エアコンもテレビもありません。

でも、そんな時代にも笑顔はあったはずですし、夢を持って生きていた人もいたはずです。夢の形が今と違っていただけで。

昔の町を写した写真を見るのも好きで、歴史博物館などではずっと眺めています。この景色の中を生きていた人がいたことを想像して、脳内で物語が始まります。そういうとき、わたしはなぜか幸せな気持ちになります。

懐古趣味なのかもしれません。もしくはただの夢想家か。ただ、はっきりしているのは、その時代があったからこそ、今の自分がいるということです。歴史は常に繋がっています。父や母がいて、その父や母がいて……

Night view 2129238 640

決して時代の主人公ではなかったかもしれませんが、それぞれが自分の物語の中では主人公であり、泣いたり笑ったりしてきたわけです。そう思っと、やっぱり胸がいっぱいになります。

それは自分の祖先だけでなく、日本人だけでなく、中国や香港、台湾の人たちも同じです。この地球上で何十億という物語があり、歴史を遡ると想像もつかないほどの物語があります。

ひとつとしていらない物語はありません。
ひとつとして面白くない物語もありません。

そのひとつひとつをきちんと受け止められる自分でありたいところです。その前にまずは、物語を語ってもらえる人物にならなくてはいけませんが。


戦前の生活―大日本帝国の“リアルな生活誌” (ちくま文庫)
著者:武田 知弘
楽天ブックス:戦前の生活 大日本帝国の“リアルな生活誌” (ちくま文庫) [ 武田知弘 ]

自分の道を進みたいなら役に立たないことはしないこと

Tennis court 2385378 640

昨日のレースレポートにも書いたように、東京タワー階段競争では力を出し切ることなく走り終えてしまいました。失敗なのは、やはりレースに意味を持たせなかったことに尽きます。

「役に立たないことはしないこと」稀代の剣豪である宮本武蔵の言葉です。

成長をしたいのなら、道を極めたいのなら無駄なことをしている時間はありません。一つひとつの言動に意味をもたせること。意味を説明できないことはしない。出場する理由を明確にできないなら走るべきではない。

朝鍛夕練。

Fog 1208283 640

実は同じようなことを過去に何度が行っています。はっきりと覚えているのは京都マラソンです。メインとしていたレースの翌週に開催され、きちんと走れるわけもなく、冷たい雨だったのもあり裸足という選択肢もない。

走る目的がないままスタートし、ただただ退屈さに苦しむだけの42.195km。友だちの母親がゴールで待っていてくれていなかったら、リタイアしていたかもしれません。

何も考えずに走ってみたいという重いだけでエントリーしたレース。裸足で走れば、それだけで退屈さはなくなり、楽しいものになりますが、シューズを履いて目的なく走るレースほと面白くないものはありません。

別にわたしは稀代のランナーになりたいわけではありませんが、心のどこかに武士の心のようなものを持っています。実際には足軽にもなれないような平凡な存在ですが、心だけでも武士でありたい。

Suns rays 1139123 640

侍ではなく武士です。誰かに仕えるのではなく武をもって生きる男でありたい。武道に通じないわたしにとって武とは走ることにあたりますが。どこかに属するのではなく自分なりの走道を突き進む。

その過程で、不要なものはどんどん削ぎ落としていく。かつてはシューズすらも不要なものだと思っていた時期もありましたが、今はシューズも自分の道を行く上で必要な道具のひとつです。

日々の練習も道の先へと通じていると信じています。だからレースもそうあるべきです。自分の理想とする走りを表現する場。タイムや順位はその表現方法のひとつでしかありません。

どういう表現をしたいのか、どういう自分でありたいのかをイメージできない大会なら、鍛錬に時間を割くべきです。他の人のことは知りませんが、少なくともわたしにとっては。

Tokyo tower 881355 640

東京タワー階段競争に参加しないほうが良かったというのではなく、参加するからにはきちんと自分なりの意義を持たせるべきだったという反省です。

それは当日になって「何分で走る」といったものではなく、513段の階段を駆け上がるために必要な準備をしっかりと行って当日を迎えるという意味でもあります。

何度も言いますが、タイムや順位は関係ありません。自分が満足して帰路につけるかどうかがすべてです。そして、満足できるかどうかは、レースで何かを得られたかどうかにかかっています。

なのに何の構えなしにレースに挑んでしまったわけです。20代30代前半の若者ならいざしらず、いい歳をした男のするようなことではありません。不完全燃焼はなるべきしてなった結果です。

Spot 862274 640

とはいえ覆水は盆に返りません。この経験をどう活かすか、どう次に活かすのかが重要です。

次のレースは今のところ天童ラ・フランスマラソンで、その次がハルカススカイラン、花蓮太平洋縦谷マラソンへと続きます。例年よりも出場するレースを絞っていますので、1レースの重みが違います。

無駄なレースにしないこと。

もちろん、日々の練習の1歩だって意味をもたせること。小さな変化にも気づくこと。やるべきことはいくつもあります。道を進むというのはそういうこと。別に誰かに命令されているわけではなく自分が決めた道。

こうやって、たまに道をそれてしまうこともありますが、それも糧にして次の一歩に繋げます。


五輪書 (講談社学術文庫)
著者:鎌田 茂雄
楽天ブックス:五輪書 (講談社学術文庫) [ 宮本武蔵 ]