しげ のすべての投稿

ハルカススカイランに向けてのトレーニング経過報告

92cad28d3b91bbdbc0907d2d4f6f9b84 s

反省ばかり続いても面白くないかと思いますので、ここらでハルカススカイラン向けの体づくりの成果についても少し語っておきましょう。

今シーズン、わたしが本気で挑むのはハルカススカイラン1本です。目標は10分以内でのゴールですが、一般の部で10分を切れば優勝です。エリートの部でもトップ10に入ります。

無謀なのは重々承知ですが、そもそも階段だけのためにトレーニングをしている人はかなりの少数派。そこに広がるのはブルーオーシャンなわけです。だったら、そこに合わせてトレーニングすれば思わぬ結果が出るかもしれません。

ちなみにわたしのベストタイムは13分32秒です。そこから3分30秒以上縮めようというのですから、ちょっとやそっとの頑張りではまず不可能です。でも不可能だから挑まないのでは、奇跡に出会うことはありません。

4cc9e1bad18ce941f9d42ea3758dd58a s

挑んで失敗しても失うものもないわけです。だったら、自分の限界を探すためにハルカススカイランに全力を注ぐというチャレンジも悪くはありません。

というわけで、この1〜2ヶ月は徹底した階段向けの体づくりをしています。とはいえ、若くはありませんので、ポイント練習ができるのは週に2回がいいところ。その週に2回にスペシャルメニューを組んでいます。

トレーニング内容はシンプルです。基本的にはジャンプばかり。片足で30cmくらいの高さまでジャンプを片足20回ずつ。そして、同じくらいの高さの段で両足を交互に置き換えながらのステップジャンプを10分。

ステップジャンプというのはわたしが勝手に名前を付けているので、正式な名前は知りません。右足を段の上に置いて左足は段の下。これがスタートポジションで、左足でジャンプして、左足が上になり右足を下にします。

68a4359645c44a0bfeee7481a589fa57 s

初めてやったときには10分で650回しかできませんでしたが、今では900回できるようになっています。目標は休憩なしで1100回です。

ハルカススカイラン1610回で、基本は1段飛ばしですがそれができない区間もあるので、あべのハルカスの階段の2/3をイメージした回数です。おそらく休憩なしで1100回動ければ、ハルカススカイランでも同じ動きができます。

ただ、完全に独自開発の練習ですので、本当に成果があるのか不安でした。万里の長城マラソンのコースはそれを試すのに最適です。2km以上の上り坂が続きますので、そこがいいテストコースになります。

万里の長城マラソンではスタッフの仕事がメインですが、のこり3時間でコースをクリアする仕事がありました。このときに階段を上ってみたわけです。

551fab81c83d054933c733cd2a8d8dfb s

最初は思ったよりも上れませんでしたが、徐々に体が慣れていき、かつてないスピードで階段や急坂を駆け上がることができました。走り方がこれまでとは違うもので、不慣れでしたが「これはいける」と確信したものも手にしました。

確実に練習の成果が出ています。このままトレーニングを続けていけば、もしかしたら秋の万里の長城マラソンでもかなりいいタイムを出せるのではないかと思います。そちらはおまけですが。コースも変わる可能性がありますし。

ステップジャンプで鍛えているのは体の後ろ側の筋肉です。これまでも体の後ろ側の筋肉を重視していましたが、徹底して鍛えているのは初めてです。実はその結果がロードにも活かされているように感じています。

4e554f435e0cf3ca16fa9d69c7ef24a5 s

昨日は、RUNNING STREET 365の記事作成のためにあるシューズを履いて走ったのですが、思った以上にスピードに乗れました。さらに走っている最中に背中の筋肉が悲鳴を上げそうになる感覚。

これまで使ってなかった筋肉を使って走れている証拠です。

1kmですが追い込みすぎない状態で3分48秒。そこそこいいタイムを出すことができました。背中の筋肉を鍛えることで、もしかしたらフルマラソンのタイム向上も期待できるのかもしれません。

もう少し詳しく説明したいのですが、言葉で説明するのは限界があります。興味がある人は、今後開催する練習会などで直接質問しに来てもらえればと思います。惜しむことなくきちんと全てをお伝えします。

A2e65d8a4856b94a4f0d6f03e9a34101 s

わたしは、このトレーニング方法が画期的でランナーを大きく変えると思っていますが、残念なことに被験体がわたし1人です。才能のかけらもないランナーですので、いくら練習方法が良くても結果にはつながりません。

ただ、マラソンでそうであっても、本気で取り組んでいる人の少ない階段垂直マラソンなら話は別です。ちょっと驚くようなタイムを出せるのではないかと期待しています。

確信しているのは、やはりランニングでも他の運動でも重要になるのは背中側の筋肉だということです。ここを上手に使えるようになれば、あべのハルカスでも万里の長城でも気持ちよく駆け上がれるはずです。

F005396c60d2c519f7f8ea16654ae875 s

まだまだ体づくりをし始めて2ヶ月弱です。これからも伸びる可能性があると思うと、今シーズンのレースがかなり楽しみになってきました。速さよりも上手に体を使えるという部分だけが楽しみなのですが。

万里の長城マラソンの後処理が終われば、ようやくフットサルも始められそうです。そこでもなんらかのヒントは得られるはずですので、定期的にフィードバックしていければと思います。

次回報告時にはジャンプトレーニングの動画撮影もして準備しておきますので、楽しみに待っていてください。いや、楽しみにはしなくてもいいです……頭の片隅にでも置いておいてもらえれば。


良いトレーニング、無駄なトレーニング 科学が教える新常識
著者:アレックス・ハッチンソン
楽天ブックス:良いトレーニング、無駄なトレーニング 科学が教える新常識 [ アレックス・ハッチンソン ]

来年の万里の長城マラソンを笑顔で終えるために

P4280036

万里の長城マラソンを終えて、昨夜帰宅しました。思った以上にうまくいかなかったこともあり、例年のような高揚感はなく、むしろこれからやるべきことで頭がいっぱいです。

まずは目の前でやらなくてはいけないことを一つひとつ処理していく必要がありますが、自分のすべきことをすべて行うには、もう1段上の厳しさが必要だと痛感しています。

会社を辞めたばかりのころは、とにかくがむしゃらに仕事を入れていましたが、最近は仕事量そのものは減っています。それで自分の時間が増えているかというとそうでもありません。

どこかで時間を浪費しているのでしょう。

P4280088

そういう時間が大切だという人もいますが、きっとわたしは余生を楽しむような生き方ができないタイプです。自分の好きなことだけをしていると罪悪感がありますし、自分の甘さが嫌になることもあります。

ただ、その基準が少し甘くなっていたかもしれません。

少なくとも4月の後半はまったく仕事を入れなくてもいいくらいまで、他の月で稼がないと万里の長城マラソンに気持ちを集中させることができません。そして、その中途半端な向き合い方が悪い結果を引き起こしている要因でもあります。

事務局での仕事も何年も続いたことで、気も緩んでいるのでしょう。 

P4270070

中国で仕事をするにあたって、慣れというのは一番避けるべきことです。昨日の当たり前が今日の非常識になっているくらいスピードの早い国です。「こうすれば大丈夫」という発想がトラブルに繋がります。

どのような想定外が起こるのか、ある程度は予測できても完璧に行えるわけではありません。

もちろん慣れがまったく意味のないものというわけではありません。少なくとも思わぬことが発生するということには慣れておく必要があります。それに加えて、しっかりとした準備も必要です。

思わぬことが起きるなら準備が無駄になるかもしれませんが、それでも何もしないよりは確実に安心感は増します。それをするためには、4月後半からはもっと自由にわたしが動ける環境が必要です。

P4270104

そのためには、自分自身への厳しさを高めていかなくてはいけません。

わたしは、有名人になりたいわけでもお金がほしいわけでもありませんので、仕事に対してはそれほど厳しさを持って望んでいませんでした。でも厳しさがないことが、それらとは別の面で負担になっているなら改善は必要です。

明日、自分の命が尽きると言われても、すぐに受け入れられるくらいの生き方ができている男でありたい。

同じことを繰り返していると、どうしても甘くなってしまうのが人間です。ですので、いつも厳しくあるということを他の人に望むのは無理です。でも、自分自身にそれを望むのはわたしの自由です。

P4270108

気をつけなければいけないのは、頑張っている自分に酔わないようにするということでしょうか。「こんなにも頑張っている俺スゲー」というような人を時々見かけます。そんなものは周りの人にしてみれば何の価値もありません。

少なくともわたしのような凡人が、才気あふれる人たちと向き合うためには、努力をして当然です。そこまでしても、結果として残せているものは天才たちの足元にも及びません。

わたし自信の美学としては、苦しいときでも笑って苦しさを悟らせないというところにあります。眼の前にいる人に対して、弱音を吐くようなことはしない自分でありたいと考えています。

P4280017

ときどきこのブログで弱い自分を見せているのも、無くしていきたいところですが、ここだけは本当の自分を表現できる場です。それでも、これからはできるだけ強がる自分を心がけます。

そこでひとつ突き抜けないと、万里の長城マラソン日本事務局として100人を超える日本人を迎え入れるのは困難になります。1年後に笑顔で帰国できるように、そのためにまずは1年間は自分に厳しさを求めていこうと思います。


どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール
著者:尾原 和啓
楽天ブックス:どこでも誰とでも働ける 12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール [ 尾原 和啓 ]

万里の長城マラソンでの反省と次のへのワンステップ

P5010471

万里の長城マラソンが終わってから、今朝までずっと塞ぎの虫になっていました。

もっといい大会にするためにはどうすればいいのか。頭で分かっていることと、心の中の甲藤。とても人の前に出られるような心の状態ではありませんでした。

でも、今朝の朝ごはんを食べに行った北京の吉野家で、偶然万里の長城マラソン仲間に会ったことで気持ちがグッと落ち着くことができました。

あれだけのミスをしたにも関わらず、いつものように向かえてくれる人の存在がこんなにも自分の支えになるなんて思っていませんでした。でもそれはわたしのおごりでした。人は1人で生きているわけではありません。

P5010456 2

万里の長城マラソンは本当にかつてないくらいの大失敗でした。とにかく反省してもしきれないくらいに大きなミスを犯してしまいました。わたしの頭のなかでは「来年どうにかしてリカバリーしなくては」という思いばかり。

でも、翌日の北京ツアーにはなんと18人もの参加者が集まってくれました。

そして、わたしが「ここを見てもらいたい」という場所を楽しんでくれて、さらに「ここは絶対に食べるべきお店」での昼食では「こんなにも素晴らしい料理を」と言ってもらえました。

そのとき感じたことは、わたしは誰かに喜んでもらえることが本当に好きなんだということ。そして、失望させることが死ぬほど嫌なんだと気付かされました。

P5010452 2

美味しいお店を探すのは実は簡単なようなようでかなり大変です。しかも異国の地。わたしが自信を持っておすすめできるお店というのは、普通の日本人の想像を超えていると思っていますが、今日のお店は特別でした。

値段ももちろん高めですが、それに十分見合うだけの質の高い料理の数々。参加してくれた人は、まさかこんな美味しい料理を北京で食べられるなんて思っていもいなかったと思います。

そもそも北京に日本で食べられるよりも美味しいものがあるなんて、完全に想定外だったと思います。わたし自身がそうなのですから、今日のお店は本当に驚愕のレベルでした。

そういうお店を紹介できること。そして喜んで守られることは、わたし自身にとって、生きる意味に近いほど重要な事です。もしかしたら、わたしはそういう仕事こそ天職なのかもしれません。

P5010383

誰かに感謝されるためなら、なんでもします。1日20km以上歩いて、おすすめスポットを歩き回ることだってします。それでゲストが喜んでくれるなら。

美味しいものを探すのは食いしん坊の意地もありますが。

万里の長城マラソンに参加して、ツアーや前夜祭に出たらちょっとすごいものが食べられると噂になったら、それは最高に嬉しいことですよね。それこそお金では買えない喜びの提供となります。

わたしのツアーでは、とにかく普通の観光なら絶対に行かないような場所を選んでいます。そこに驚きがあるように常に考えています。

P5010469

もちろん、今年はどこに行くべきかをいつも悩んでいます。どこでランチをすべきかと胃が痛くなるくらいまで悩みますが、それで「よかった」と言ってもらえるなら、それで寿命が縮まっても本望です。

それはやっぱり万里の長城マラソンも同じことです。万里の長城マラソンの場合は、良い悪いの評価は結局のところリピートしてくれるかどうかというとことが基準になります。

少なくとも今年は、その期待には応えられていません。少なくとも今朝までは、完全にふさぎ込んでしまうくらいに落ち込んでいました。でもツアーを通じて、そのマイナスを少しでもプラスに変えられるなら、こんなやりがいのあることはありません。

ツアーに参加してくれた人たちのおかげで、自分を失いそうになるのを防ぐことができ、さらにポジテイブな意欲が高まってきました。

P5010298

少なくともわたしの今の立場というのは、望んだって得られることのないところにあります。そこに立っていることの意味をしっかりと考えて、次の一歩を踏み出そうと思います。

今は、来年のツアー、いや秋の万里の長城マラソンでまた美味しいお店に案内できるかどうか、そればかりが頭の中を駆け巡っています。


反省するな、俯瞰(ふかん)せよ
著者:中井孝章
楽天ブックス:反省するな,俯瞰せよ メタ認知の形而上学 [ 中井孝章 ]

孫文が安置されていた北京の香山に行ってきた

P4280022

北京では観光スポットはほぼ行き尽くしたと思っていましたが、現地のガイドブックを見てまだまだ郊外など行けていない場所がいくつもあることがわかりました。

その中でも気になったのが香山公園。頤和園の先ですからかなり遠い感じがしますが、最近になって電車が開通したのでお手軽に。ところが乗り換えの駅に行くと駅員さんが何やら言ってます。

中国語は理解できないので、とりあえずガイドブックを見せて「ここへ行きたい」と伝えます。そうすると「バスで行け」とのこと。駅の外にバス停はあるものの香山公園行きは見つかりません。

こういうときに役立つのはやっぱり地図アプリです。中国でのメジャーな地図アプリである百度地図で現在地から香山公園まで検索したら、なんとバス乗り場までのルートも案内してくれます。

P4280008

いい時代ですよね。10年前ならホテルに戻ってふて寝してました。

ただ、普通のルートバスな上に小学生の授業終わりと重なってバスはぎゅうぎゅう。でもこういうのが実は好きだったり。普通の観光ではなかなか味わえないローカル感。

でもよく考えたら普通にバスを乗りこなすのって、かなり現地民に近づいてます。北京はもう何回目か分かりませんが、緊張感もなく普通にやっていけます。初めての食堂はいつもちょっと緊張しますが。

ローカルバスはかなりゆっくりで、香山についたときにはすでにお昼。一応山登りなので腹ごしらえ。山登りですがビールを注文。お店のおばちゃんに「真っ昼間から、もう」って顔されましたが。

P4280010

さて香山公園。入場するのにWechat PayかAlipayが使えます。Alipayは設定していましたので、試験的に試してみることに。結論から言えばNGでした…現地の電話番号がないと使えません。

Wechat PayでもAlipayでも早く外国人でも使えるようにしてほしいところです。外貨の問題があるなら、せめて中国国内でチャージできるようにしてくれるとか。

香山公園は世界的にも有名な山とのこと。孫文の死後、ここのお寺に遺体を安置していた場所で、山全体が寺院のようになっています。しっかり見ようと思ったら1日ではとても周りきれません。

しかも550m以上の標高があります。

P4280032

別に山頂まで行く必要はないのですが、目の前に山があれば上るしかないでしょう。煙と何とかは高いところが好きだと言いますが、きっとわたしは前世が煙なんでしょう。

予備知識ゼロで公園に入り、まずは香山寺へ。香山公園の名前になっただけあって見事な造りです。ここは明代からのお寺も多く、日本で言えば江戸時代に作られています。

ちなみにお釈迦様が修行した山が香山という山で、ここの香山はもちろんそれにちなんだものです。世界中にこの香山というものがありますが、そのほとんどが仏教の経典からくるものです。

日本のお寺とはまた違った佇まいですが、中国にあってお寺はやはり特別な空間です。

P4280076

ここまでの坂道でかなりヘバッていましたが、ここからが山登り本番です。550mの山ですが、その道はすべて舗装されています。歩けない人のためにケーブルカーもあります。

ここで階段練習合宿をすればいいんじゃないかと思うくらい永遠に続く階段と坂道。夏前に香港合宿しようかと思っていましたが、こちらのほうが良いかもしれません。

北京はもう空気が悪い日もかなり減りましたし、走るのにはとても気持ちがいい場所がたくさんあります。ネット環境がいまいちですので、暮らすのはちょっと大変ですが。

かなり厳しい階段に中国の若者も喘いでいましたが、なんとか上りきり、北京の街を一望…のはずが、この日は霞んでいて近くしか見えず。夜になると月がキレイに見えるくらい空気はいいんですけどね。

P4280042

上ったら降りなくてはいけません。実は本当につらかったのはこちら。足元がややすべるFUROSHIKIを履いてきたため、下りはかなり慎重にいきます。足はもうパンパン。

北京にまで来ていったい何をしているんでしょう?

なんとか転ばずに下山して、五百羅漢と孫中山記念堂のある碧雲寺へ。入場時間ギリギリに滑り込みましたが、きちんと全部見て回ることはできました。展示室では孫文がいかに慕われていたかが分かる資料がいくつも。

中国人からも台湾人からも愛される孫文。知っているようで知らない国父について、もうちょっと勉強してからまた来る必要がありますね。ただ、自分もそういう存在になりたいという想いが高まったのは事実です。

P4280081

結局午前中にゲストハウスを出たのに、北京市街地に戻ってきたのは18時。1日掛けてのプチ旅行になってしまいました。でもこういうまだ知らない場所がたくさんあるわけで、ちょっとワクワクが高まっています。

ただし、この日の歩行距離は20kmオーバー。人を連れてくるのはやめておこうかな。


孫文――近代化の岐路 (岩波新書)
著者:深町 英夫
楽天ブックス:孫文 近代化の岐路 (岩波新書) [ 深町英夫 ]

情報が多すぎる時代にアウトプットすることの意味

P4270116 2

実は一昨日から軽い頭痛でした。理由は不明ですが、昨日の朝になっても良くならず。お昼を食べた後に公園で昼寝していました。それでも良くならないので、西単のカフェで物書きのお仕事。

2時間くらい作業をしていたのですが、いくつかの文章を書き終えた後に頭痛はどこかへ消え去っていました。ワーカーホリックというのでしょうか。いずれにしてもわたしの場合は書くことが大事だなと。

わたしはこうやって文章にすることでアウトプットするタイプです。口に出して伝えるのはあまり得意ではなく、どうしても文章に頼ってしまうところがあります(一部の人に総ツッコミされそうですが)。

それは個性ですし、わたしらしさです。そこに良いも悪いもないのですが、書くこと以外にアウトプットの方法があるといいなと思うわけです。

P4270055 2

例えばマラソンもアウトプットのひとつです。練習としてのランニングはどちらかといえばインプットですが、レースは自分を表現する場なのでアウトプットです。

写真を撮るのもある種のアウトプットですね。普段何気なくインプットしている美しいものを、自分なりの形で写真に収めています。

アウトプットすることは大切なことですが、アウトプットはインプットがなければ成立しません。

そう考えたときに、物書きとしてのインプットはどこで行っているのだろうと、自分のことながらちょっと気になってしまいました。

テレビもほとんど見ませんし、雑誌も読みません。ニュースはネットのものを少しくらい。動画も中国ドラマかユーチューブで気になったものを少し見るくらい。

P4270068 2

インプットらしいインプットはしていません。かといってこれまで生きてきた42年間のインプットだけで、文章を書いているとも思えません。人間の記憶なんて正しく使えるものなんてほとんどありませんから(たぶん)。

きっと、街を歩いているだけでも何らかのインプットがあるのかもしれません。それに加えてSNSなどからの情報など。ひとつの小さなインプットを脳内で拡大させてアウトプットしているのでしょう。

もしそれで文章を書くのに十分なインプットをしているのであれば、今の時代は間違いなく情報過多です。

わたしは物書きという仕事をしていますので、情報を消費するよりも供給する量のほうが多いつもりですが、ほとんどの人は情報を消費する側にいます(言うまでもありませんが、良い悪いという話ではなく)。

P4270080 2

それだけの情報を消費して頭がパンクしないなと感心するのですが、きっとそういう人は会話をすることで情報を脳内に留めないようにしているのでしょう。わたしは文章にするから(普段は)寡黙なわけです。

人間の心と体は実にうまく出来ています。

おそらくわたしはこれからも情報を文章にしてアウトプットをし続けなくては、自分を保つことができないのでしょう。これはもう業のようなものです。文章を書くのは好きだからいいのですが。

本当は北京にいる間はのんびりでもいいかなと思っていました。公園を散歩したり、ベンチで本を読んだり。気持ちをリフレッシュした状態で万里の長城マラソンの当日を迎えようかなと。

P4270100 2

でもやっぱりわたしにはそれは難しかったようです。一緒に誰かがいれば別ですが、1人でいると何かをしていないと落ち着かないという……

もっとも、仕事を入れていないこの時期だからこそやっておきたい作業もあったので、空いた時間を上手に利用して、北京在中もコツコツとアウトプットも継続しようと思います。

もちろん北京でしっかりインプットもしておきます。知っているつもりで全然知らなかったのだと、滞在24時間でいろいろと衝撃を受けましたので。


読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (知的生きかた文庫)
著者:藤井 孝一
楽天ブックス:読書は「アウトプット」が99% (知的生きかた文庫) [ 藤井孝一 ]

万里の長城マラソンと中国を知ってもらいたいという想い

Mountain 3022908 640

書き始めは羽田空港国際線ターミナル。おそらくこれをアップするのは北京空港か南鑼鼓巷のゲストハウスです。出国前日にホテル予約サイトのagodaから「予約されたホテルは中国人専用です」との連絡がありました。

以前にメールしたとのことですが、こちらには届いておらず。

急いで前門のゲストハウスを抑えたら、こちらはJCBカードがNGらしくシステムエラーで予約停止。そのうえ部屋がなくなり、結局南鑼鼓巷になりました。

1泊2400円を高いと思ってしまう間隔。

前門だと1泊980円だったんだ…その前のゲストハウスは1480円。北京も台北も1000円台で泊まりたいワーキングプアのハダシスト。29日からは4つ星ホテルなのでその格差たるや。

Nature 3329358 640

もっともどこでも寝れてしまうのがわたしの特性のひとつです。野宿も出来ないような男と付き合ってはいけない。そう世の女子には教えたいところですが、野宿なんて出来ても何も誇ることではなく。

万里の長城マラソンと中国はわたしにとって特別な思い入れのある大会です。どれだけ台湾が好きになっても、いや、好きになればなるほど中国のことが好きになります。

この2つの国の歴史はとても悲しいことではあるものの、この2つの国があるからこそ、わたしはどちらにも特別な感情を持ってしまいます(2つの国と言うべきか1つの国と言うべきかは難しい問題ですが)。

今の台湾と中国が存在するのは少なからず日本という国の責任でもあります(責任と表現するのが正しいのかも難しいところですが)。ある部分では責任がありますが、熱い想いを抱いて未来を作るために命をかけた人たちがいました。

Autumn 3157302 640

そのような過去があり、いまのわたしには中国にも台湾にも友と呼べる人たちがいます。そして、こうして年に何度も北京を訪れています。

万里の長城マラソンに何があるのか。こればっかりは言葉でいくら語っても伝えることができません。わたしのように何かを感じた人は、同じように毎年の同窓会のように集まってくれます。

2度と走らないと思った人もいるでしょう。ただ、わたしが本当にしてもらいたいのは、万里の長城を走ることではなく、中国の今を感じてもらうことです。そういう意味では1回の訪中でも、万里の長城マラソンを通じて北京を訪れてくれるのは嬉しいことです。

半年の期間が空くだけで全く違う街のように変化し続ける国。

そしてそこで生きている人たち。

The great wall 2190047 640

万里の長城マラソンと同じく、中国は好きになる人と嫌いになる人に見事に別れます。中国に赴任してすぐに帰国するという人もいるようですので、誰にとってもいい国というわけではないのでしょう。

中国でいい思いをしたかどうか、そこがすべてな気がします。わたしのようにどこに行っても助けてくれる人が現れたなら、誰もが中国を好きになると思うのですが、嫌な思いばかりさせられる人もいるはずです。

ただ、それは運のようで実は運ではないのかなと思い始めています。いい思いができる人は、なるべくして助けてくれる人が現れてくれます。

どこに違いがあるのか。

Peking 1908173 640

それは相手を疑わない気持ち、相手とフラットな関係でいようとする気持ちのようなものが関係するような気がします。中国人や中国のことを下に見ようとしたがる人がたくさんいますが、その感覚がいい関係を築くときに邪魔になります。

どこの国にもいい人もいれば、簡単に人を騙す人もいます。トータルで見たときに、ほとんどの人はいい面も悪い面も持っています。そう、わたしたち日本人と同じように。

文化の違いで、考え方が異なることはあっても、根っこの部分では大差ありません。嬉しいことがあれば喜び、敵意を向けられたら怒ります。

対等な関係でいたいと思って向き合えば、そこには対等な関係が築かれます。

People 831181 640

そういう当たり前のことを理解するには、やはり実際に中国に行って、中国人と接する以外にが方法はありません。万里の長城マラソンがそのきっかけになってほしい。

そんな想いを持って日本事務局を行っています。今年の参加者は90名近い人数です。1人1人に楽しんでもらうために、この1週間は身を粉にするつもりで動き回ります。


中国嫁日記 (七)
著者:井上 純一
楽天ブックス:中国嫁日記 (七) [ 井上 純一 ]

いわて銀河100kmチャレンジマラソン中止と運営者の説明責任

Adult 3327336 640

いわて銀河100kmチャレンジマラソンが中止となりました。コースとなっている県道12号線で山崩れが発生したということで、安全上の理由から中止という判断を行いました。

中止という判断は仕方のないものだとは思います。自然災害ですし、開催に向けていろいろ考えた結果、こうなったのだと思います。ただし、受付終了直後に中止のお知らせということで、何かと揉めそうな雰囲気があります。

岩手日報公式サイトいわて銀河マラソン中止 北上-雫石、道路土砂崩れ確認

中止なのは分かりますし自然災害によるものですので、規約によれば返金はできないとなっています。ここまでならよくあることなのですが、山崩れが見つかった時点でもまだ参加者を募集していた点が問題視されています。

facebookでは18日も19日も参加者を募集している告知をしていました。ところがエントリー終了した20日から数日しか経たない24日に中止のお知らせを出しています。

9514e53e326cce12b7fcc365dabbb31e s

※写真はイメージです(実際の現場ではありません)

山崩れの発生が分かって、まだ開催できるかどうかを検討している段階とはいえ、この時点で参加者を募るというのは運営側としては大きな失敗でした。

募集を一時中断するなどの処置が最善の手だったと思うのですが、それは後出しじゃんけんのようなものです。その時点で運営側は開催できるようになんとかして動いていたし、開催できると信じていたのでしょう。

ただそれもわたしの推測でしかありません。

さらに問題なのは、土砂崩れが発生した場所が100kmのコースであって、50kmは対象ではないということです。このため、普通に考えれば50kmは開催できますし、理屈だけで言えば100kmも50kmの往復とすることも可能です。

Workplace 1245776 640

そんなことは運営側は百も承知だと思います。それにも関わらず、50kmまで中止にしたというのは、そもそも昨夏の大雨によって、コース内の様々な場所で崖崩れなどが発生していたことが理由にあるのでしょう。

50kmのコースで開催したときに、崖崩れなどが発生しないとは断言できません。ホームページでは「安全性の確認が取れない道路使用許可は出せない」とされたと記載されていますので、要するに警察が開催NGとしたのでしょう。

道路使用許可が出なければ、ウルトラマラソンとしての開催ができません。開催したくてもできないというのが実情だと思います。

ただこれも、深読みした結果ですので真実かどうかは分かりませんし、深読みしなければなぜ50kmが開催できないのかが分かりません。

Advertising 1238604 640

結局のところ、最大の問題はきちんと説明をしきれていないということです。返金不可というのも、まだエントリーが終わったばかりの段階で、なぜ返金できないのかをきちんと説明しなくてはいけません。

いや、法的な説明責任というのは存在しないかもしれません。でも、こういうときに騒ぎを大きくしないためには、可能な限り真実をきちんと伝える必要があります。言い訳することなくありのまま伝えること。

それだけが信頼を失わない唯一の方法です。

もちろんこれはマラソンの運営に限ったことではありません。何かトラブルが発生したときなどに、きちんと説明できるかどうかというのはとても重要です。

The conference 3248255 640

いわて銀河100kmチャレンジマラソンの運営者もお知らせできちんと伝えたつもりなのでしょうが、この文章では残念ながら伝えたいことをきちんと伝えきることができていいません。

先程のように深読みすれば理解できなくはないのですが、読み手に対して「深読みして欲しい」というのは文章を書く側の勝手な都合です。どんな文章でも「これでは伝わらないかもしれない」という思いがベースがないと、本当に大切なことが伝えることができません。

結果的にいわて銀河100kmチャレンジマラソンは「4月28日に臨時の役員会を開催し返送内容を含めた今後の対応を検討させて頂きます。」という案内を出しています。

返送内容というのが何を示しているのかまったく分かりませんが(こういうところが問題かと思うのですが)、ニュースなどでも取り上げられたことで「このままではまずい」と感じたのでしょう。

People 3335720 640

勘違いしないで欲しいのですが、わたしは運営者を責めたいわけではありません。返金しないという判断も間違っているとは思いませんし、中止という判断だって運営者を尊重すべきだと思います。

ただ、きちんと伝えることができれば、こんな大事にはならなかったのにと残念に思うわけです。

今年の千葉マリンマラソンといい、昨年の横浜マラソンといい、トラブルが発生したときに、なぜきちんと説明をしないのか、わたしには理解できません。

伝える能力が不足しているのか、それとも伝えなくてもいいと思っているのか。

マラソン大会の中止は運営者が判断して行わなくてはいけません。すべての状況をしっかりと判断して決定するわけで、参加者はその判断を尊重しなくてはいけません。

People 3152585 640

ただ、運営側が偉かったり立場が上だというようなことは絶対にありません。関係はあくまでもフラットであり、運営側は常に情報をきちんと参加者に伝える義務があります。

中止を決める権利と納得できる説明をする義務。

いわて銀河100kmチャレンジマラソンが4月28日以降にどのような発表をするのか、注目してみようと思います。参加した人の口コミがとてもいい大会ですので、きっと落ち着いて納得できる説明をしてくれるのを期待しています。


マンガでわかる! かならず伝わる説明の技術
著者:鶴野 充茂
楽天ブックス:マンガでわかる!かならず伝わる説明の技術 [ 鶴野充茂 ]

ピラティスから学ぶ「所作を美しくする」ということ

Woman 3053492 640

久しぶりに「お寺でピラティス」に行ってきました。お寺でピラティスは、わたしがピラティスを最初に習った先生が毎月1回開催しているピラティスです。最初も何も基本的にはその先生にしか習っていないのですが。

その先生が秋から産休に入ったので、半年以上わたしはピラティスから遠ざかっていました。ただし、体幹という意味ではこの半年間で徹底して整えてきたので、かなり安定しているつもりです。

今日はそのお寺でピラティスの再開日でした。半年間のレッスンがなかったことで、自分の体がどうなっているのか。それを知るのを楽しみにして向かいました。

自分の体というのは自分で分かっているようで、意外と分かっていないものです。ピラティスを行うと、どこが弱いのかがはっきりしますし、何よりも心が整います。

Shrine 801609 640

先生を見ているといつも「所作を美しく」というのを思い出させてくれますし、今日は体を動かしながら「神は細部に宿る」という言葉が浮かんできました。

久しぶりということもあり、今日は徹底して小さなところにこだわってみようかなと。肩甲骨周りやインナーマッスルを鍛えていても、指先がおろそかにならないように。

こういうところがマラソンでも重要なのかもしれません。速いランナーというのは、ほぼみんな美しい走りをしています。すべてに無駄がなく、惚れ惚れするような走りをします。

ともすればわたしたち市民ランナーは、足だけ一生懸命動かして、全体のバランスまで頭が回らなくなってしまいます。速く走りたいのであれば、速く走ろうとするのではなく、所作を一つひとつ美しくしていけば自然とスピードが出るはずです。

Accessory 1822478 640

いいタイムを出すには、いいタイムを出そうとしないというジレンマ。禅問答のようですが、これはとても深い真実だと思います。

もちろん、マラソンに限ったことではなく、一つひとつの動きを丁寧にすることで、人としての美しさや魅力も高まるのではないかと思います。動きがきれいな人は、ずっと眺めていたくなります。

じゃあ自分の動きは美しいのかというと、まったくそういうこともなく。

でも、ちょっとずつ歩く姿はきれいになっているつもりですし、立ち姿も以前とは比べ物になりません。ただ、所作の美しさとなると、雑になっていることが多いような気がします。

Sunset 3344225 640

わたしは会社員時代にはスピードを重視して仕事をしてきました。そのために、徹底して無駄を削り、機械のように手を動かすことを目指していました。頭で考えずに、目に入ってきたものに対してダイレクトに手を動かす感覚です。

無駄を削ぎ落としているから設計という仕事では動きが美しくなりますが、そうでもない日常の動作までスピード重視になっているため、それらの動きは大雑把になりがちです。

性格も影響しているのかもしれません。「だいたいで」「それくらい」こういう抽象的な言葉を頻繁に使います。でも所作を美しくするには、ほんのちょっとしたことでも気を使う必要があります。

筋肉の繊維を一本一本動かすくらいの集中力。

Woman 865021 640

それを意識してピラティスの動きを行った結果、いまとても体が整っているのが分かります。こうやってキーボードを叩く動きにもリズム感があり、流れるように言葉が重なっていきます。

一時期小さなスランプに陥ってしまいましたが、それもピラティスを長く休んでいて、動作がバラバラになっていたからなのかもしれません。

ピラティスを初めてもうどれくらい経つのでしょう。裸足を始めるかどうかくらいですので、もう7年以上は経過しているような気がします。それでもやるたびにこうやって新しい発見があります。

そしてもちろん、自分の走りにも大きな影響を与えています。

Sport 2266184 640

まだまだ美しい走りには遠い場所にいますが、きっとこのまま追求していけば「あの人の走り方ってかっこいい」と言ってもらえるフォームになるような気がします。今よりも速く走れるかどうかが別問題ですが。

きっとしばらくしたら、また所作なんて忘れてしまいますが、とりあえず今週いっぱいくらいは、急がず慌てず全ての動きに美しさを意識していこうと思います。


美人な「しぐさ」
著者:中井 信之
楽天ブックス:美人なしぐさ [ 中井 信之 ]

自分に誇れない生き方はするものではない

Guy 2334854 640

自分がされて嫌なことはしない。人が嫌がることはしない。当たり前のことのようですが、思ったよりも難しいことです。わたしたち日本人は勧善懲悪が大好きですが、悪を懲らしめる側の人間になれるかというのは別問題。

ほとんどの人は悪を見て見ぬふり町人の役割で、人によってはむしろ悪側になってしまいます。

基本的にわたしたちは、自分の立場をできるだけ優位にもっていこうとします。これは人間だけに限ったことではなく、自然界の動物でも同じことです。

そのためには、自分以外の人を貶めることもしますし、自分以外の誰かの悪いところを叩いて、自分がいかに優れているかを誇示しようとします。他人の悪口を口にしたことのない人なんていないと思います。

Business 2879465 640

本能的には人よりも上に立ちたいというのが人間です。

でもわたしたちには理性があり、知能があります。それゆえ、誰かを蔑むような行為は恥だと思いますし、嘘はいけないことだと信じています。

なのに相手が嫌がることはしてはいけないと頭では分かっていても、自分のほうが上にいるという状態に酔ってしまい、力関係を利用して相手を押さえ込もうとします。その行為に気持ちよさを感じる人もいるようです。

ここまで書けば何のことだか想像はできると思いますが、あえて書きはしません。そのことに触れるだけで自分が汚れたような気持ちになるので。いや、別に自分が清廉潔白だと言いたいわけではなく、穢れたものに触れたくないというだけのことです。

People 3288119 640

じゃあ話題に挙げなければいいじゃないかと思うかもしれませんが、あまりに論点がズレているし、大事なことが抜け落ちていると感じたので、わたしなりの考え方を伝えたいと思って文章にしました。

人はなぜ自分を偉く見せたがるのか。人はなぜ立場を高くしたがるのか。そして、なぜ立場が上だということだけで偉そうにするのか。

わたしは基本的にどんな人でも人間関係はフラットだと思っています。もちろん年長者には敬意を払います。でもそれと同じくらい自分よりも年下の人にも敬意を払います。

年齢が上だから偉いなんてことは絶対にありません。役職が上だから偉いなんてこともありません。メジャーリーグで成功した人も、今日生まれたばかりの赤ちゃんも、そこに上下の関係はありません。

People 2564757 640

この考え方をすると、組織というのがうまく回らないのは理解しています。会社やマラソン大会の運営などは、トップダウンで軍隊のような組織のほうが絶対にうまくいきます。上の命令は絶対というのが強い組織の基本です。

それに馴染めなかったから、わたしは組織からはみ出してしまいました。

もっとも、トップダウンでも本当に能力があるトップが指揮命令をおこなっているのであれば、別に気にはしません。結果を出していない人が、立場が上だということだけを理由に下を軽く見る。

それを認められなかったというだけのことです。

Aids 1886383 640

はっきり言いますが、立場が上にあることと人間的に優れていることはまったく違います。ここで言う優れているというのは「尊敬できる人間である」というのと同義だと考えてください。

ところがこの国では役職の位が高いことにとても価値があると思われています。

これは平安時代よりもずっと前から続いている文化でもあるので、いまさら変わることはないのかもしれません。ただ、新しい価値観というものを提唱し続けることは重要です。

・権力を振りかざすのはみっともないこと
・自分のことしか考えないのは恥ずかしいこと

このような考え方が定着するために、語り続けることが物書きの役割です。もちろん、これはわたしの価値観ですので、相反する考え方をする物書きがいてもいいとは思いますが。

Hands 2847508 640

またきれいごとを並べ始めたと思われるかもしれませんが、きれいごとを並べて何が悪いのか。理想を掲げずにあるべき姿を追いかけることなんて出来るなんて、わたしには考えられません。

そして、この考え方を定着させることこそ、今回の問題の根本的かつ唯一の解決方法だと思います。理想論であることは否定しませんが。

「恥ずかしいことはするなよ」「格好付かないことはするなよ」簡単に言えばそういうこと。これを言える人が減ってきたのかもしれません。そういう文化そのものが消えかけている可能性があります。

だからこそ、わたしは書き続けます。「自分に誇れない生き方はするものではない」と。


幕末単身赴任 下級武士の食日記 増補版 (ちくま文庫)
著者:青木 直己
楽天ブックス:幕末単身赴任 下級武士の食日記 増補版 (ちくま文庫) [ 青木 直己 ]

マラソン大会だけが走ることの楽しみじゃない!ランの可能性は無限大

07ae21b5f588b4ef1568fecf867bef0d s

昨日はウルトラマラソン練習会を開催しましたが参加者ゼロ。だったら、自分のやりたかったことをやるしかありません。もともと坂道ランをテーマにしていましたので、1日でどれだけ坂道を走れるか企画。

朝8時に東京駅をスタートして、日没までは制限時間です。詳しい内容はRUNNING STREET 365で記事にしますが、実際にやってみて思ったことは、「走れるって素晴らしい」ということです。

今回選んだコースの一部が皇居ランニングのコースと重なっているのもあり、様々なランナーを見ることはできましたが、土曜日の朝から真剣に走っているランナーが気になります。

おそらくは、自分の成長のためにストイックのランニングと向き合っているランナーさんだと思います。その頑張りはすごいと思う反面、自分にはもうできないことだなと思いました。

6ec8e9de0086ca3d7351b0783e551f1b s

タイムや自分の成長も走るモチベーションにしていた時期がわたしにもありました。ところが今の私はこう考えます。「走れることを活かして、もっと毎日を楽しくしたい」とううことです。

そのひとつが台湾や中国の人たちとつながっていくことですし、これまで走ったことのない道を自分の足で駆け抜けるということです。

今回は東京駅から青山一丁目までが結果的にランニングコースとなりましたが、直線距離は5km以下ですのでこの短い距離の間で44km走りました。距離はともかく、この間でこれまで歩いたこともないような道に足を踏み入れました。

事前にコースをまったく決めていなかったのもあり、細い路地に入っていくたびに、ワクワク感が高まります。たまたま入ったお店がものすごく美味しかったり、江戸の歴史に触れてみたり。

8a78015c8478bda97535bbdd9ad4b57d s

個人的にはこれまで行くこともなかった千鳥ケ淵戦没者墓苑に行けたことが、とても強く印象に残っています。訪れたのは本当にたまたまでした。そもそもコースを一切決めずに行き当たりばったりでした。

そんな中、たまたま選んだコースに千鳥ケ淵戦没者墓苑がありました。向かわないわけにはいきません。

乃木神社も初めてその前を通過したかもしれません。乃木希典将軍を祀る神社です。なぜかこれまで乃木坂と乃木将軍が混じり合うことがなかったのですが、乃木坂を走ったことで、わたしの歴史観の中に乃木将軍が浮き上がってきました。

とにかく走れば走るほど新しい発見があります。「この道とこの道が繋がっていたんだ」というような驚きもあります。地元の人たちがどうやって坂のある生活と向き合っているのかも見えてきます。

644858f07b066a0abc79098a48587220 s

そういう新しい発見に出会うたびに、わたしは自分がランナーで良かったと思うわけです。自分の足で駆け回ったからこそ見えてくる歴史や事実があります。

せっかく走れるようになったのに、自己ベスト更新のような小さな世界でクローズするのは個人的にはとてももったいないことだと思います。世界選手権に出るようなトップランナーならいざ知らず、一般の市民ランナーがそこまで自己ベスト更新に囚われるのはもったいない気がします。

走れることの可能性は無限大です。震災が合っても、ランナーならその日のうちに愛する家族のもとに帰ることができます。ランナーなら世界中のランナーと繋がるチャンスがあります。

そういう世界の広がりを、自分だけの記録で閉じてしまうのは残念です。

Dde351dea236622965adeccbde5b0113 s

もちろんそこにはストイックに追求することでしか得られない快感があります。頑張った人だけが得られる達成感があります。そういう方向性に魅力を感じている人を否定するつもりはありません。

ただ、一人のランナーとして、走ることでもっと人生は豊かになるんだよということは伝えたいと思います。速く走るためだけに走る。そういう生き方もありですが、もっと肩の力を抜いても走ることを楽しめるよと伝えたい。

まぁ伝えると言っても「こんなことやってみたよ」と伝えるだけですが。

伝える人にはなりたいのですが、影響力のある人間にはなりたくありませんので。わたしはいつだって、きっかけを与える存在でありたいと思いますが、その先の選択はそれぞれが行ってもらいたいわけです。

わたし個人がとても素晴らしいことを言ったとしても、それを実行しや人に対して責任を取れるわけでもありませんので。今回で言えば「マラソン大会だけが走ることの楽しみじゃない」ということを、たった1人でも知ってもらえればそれで満足です。


限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法
著者:為末 大
楽天ブックス:限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法 [ 為末 大 ]

マラソンランナーがプロになるということの意味とリスク

,

Legg 2821615 640

川内優輝さんが公務員ランナー、最強の市民ランナーという称号を手放し、来年度からプロランナーになるという宣言をされました。「このタイミングで?」と思う人も多いかと思いますが、彼はいつもわたしたちの常識を超えたところで物事の判断をしているように感じます。

このあとどうなるかは分かりませんが、正直なところもう4年早ければと思わないわけではありません。実業団の選手であれば、様々なしがらみなどもあり、簡単にプロランナーにはなれません。

でも川内優輝さんは、少なくともランナーとして一番いいときをプロでないランナーの道を選びました。

いや、これからまだまだ成長できるはず。そういう期待はもちろんあります。でも、多くのランナーがマラソンだけと向き合える環境を手にしてから、記録が伸びなくなっています。

People 2568300 640

その最大の理由は、年齢的にピークを過ぎてしまっているからではないかと思います。とはいえ、それはわたしのような凡人の考えることで、川内さんには川内さんのプランがあるのでしょう。

どちらかというと、わたしが気になるのは、練習に集中できる環境を手にしたことで、ケガをしてしまうのではないかという点です。マラソンというのは、たくさん走ればいいというものではありません。

量を重視する指導者もいますが、現在日本のトップクラスのランナーは、すでに十分過ぎる量の練習を重ねています。そこにさらに練習を加えますので、最初は結果が伴います。でもいずれ無理が出てきます。

もっとも、1回でも自己ベスト更新できればそれでいいという考え方もあります。年齢的に限界が近づいている状態で、もう一度マラソンに集中できる環境を作って、最後に一花咲かせる。

Body 2703420 640

高橋尚子さんもプロ転向後に世界最高記録を更新しています。ただしプロになってからは常にケガが彼女につきまとうことになります。高橋尚子は本当に走るのが好きで、練習を止められている日ですら、勝手に走りに行ったそうです。

そんな選手がマラソンだけに集中できる環境を手にしたら、もっと練習の虫になってしまいます。

人間の体が思ったよりも強くありません。トップクラスのランナーの走りは、確実に体を壊しながら走っています。壊しては組み立て、壊しては組み立てを繰り返してどこかで折り合いをつけながら走っています。

プロになるというのはその折り合いの場所を変えるということです。そうなると、必ずどこかに無理が出ます。藤原新さんも度重なるケガと向き合っています。

Runners 1829201 640

プロになって、いかにして上手にサボれるか。でも上手にサボれない人だから、ここまでの成長があります。練習は嘘をつかないということを知っている人たちですから、なかなか手を抜くことができません。

そして何よりも衰えている自分を受け入れることがなかなかできず、若かったことろ同じ練習をして、調子を崩してしまいます。ベテランになればベテランの練習方法があります。本当はそれに取り組まなくてはいけませんが、自分がベテランだなんて思いもしないのでしょう。

さらに、プロになるということはサポートしてくれる人や企業が必要になります。仮にシューズメーカーの契約選手になったら、そのメーカーの意向にそったスケジュールを組まなくてはいけなくなります。

川内さんは、それは避けたいということで、今回1600万円を手にしたタイミングでプロ化を実行したのでしょう。

Runner 728219 640

少なくとも日本でプロランナーになろうと思うと、まずは結果を出さなくてはいけません。それも圧倒的な結果を出し続けて、ある程度注目される立場になってからでないと、資金集めもままならないプロランナーになります。

ではその十分な知名度を手にできるのはいつなのかというと、やはりピークを過ぎてからです。

ただし、最近では大迫傑選手のように若くしてプロランナーとなる例もあります。もっともこれはナイキが青田買いしたような格好で、日本のシステムの外に出たからこそプロランナーの環境を得ました。

そしてプロと言ってもナイキ所属ですので、練習と休養に関しては徹底的にマネジメントされているはずです。科学的に無理のない練習を効率的に行っている。過去のプロランナーとは少し立ち位置が違います。

Running 1245640 640

おそらく、これからのプロ化というのはこういうことになるのではないかと推測します。これまでは「プロ=独り立ち」でしたが、これからは「プロ=プロチーム入り」が主流になります。

実業団ではないどこかが、プロランナーチームを立ち上げる。プロ野球やプロサッカーのように、専門スタッフやコーチがきちんといて、科学的アプローチに基づいて選手育成を行っていく。

おそらく、資金力のあるチームは世界の若手とどんどん契約をしていくはずです。ナイキがそのスタイルで結果を出している以上、世界の流れがそうなっていきます。

日本のように個人でマラソンと向き合える環境を整えるプロ化とは方向性が違います。

Action 1837158 640

そんな時代の切り替わり時期にプロ化宣言をした川内優輝さん。彼がここからどうやってわたしたちを驚かせてくれるのかを期待しつつも、走り過ぎによるケガだけは絶対に避けてもらいたいところです。

もっとも、そうなったときでも、彼のことを支えてくれる人はたくさんいます。ゲストランナーとして日本中のマラソン大会が手ぐすね引いて彼を待っています。

これからは、そういう形でも自由に稼ぐことができます。彼がお金のためのプロ化ではないと言いましたが、お金がどれくらい大切かも知っているはずです。

稼ぐためには走らなくてはいけませんが、走りすぎるとケガのリスクが高まります。このバランスをどうとっていくのか、想像もできない答えを出してくれるのではないかと、期待しながら彼の走りに注目していこうと思います。


プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長するか
著者:P・F. ドラッカー
楽天ブックス:プロフェッショナルの条件 いかに成果をあげ、成長するか [ ピーター・ファーディナンド・ドラッカー ]

スポンサーリンク

WeChat Payを開通させるはずがAlipayを開通させた話

Credit card 851502 640

中国ではお買い物などは、ほぼ全部スマホ決済になっているという話を聞いたことがあるかと思います。アプリのQRコードを読み込んでもらって、チャージしている金額から支払います。

でもこのシステムは外国人には優しくなく、基本的には中国の銀行口座を持っていないと利用できません。いや、できないと思っていました。いずれ外国人にも開かれるはずだと思いながら待っていました。

今回の万里の長城マラソンに行くにあたって、いろいろ調べ物をしていたら、どうやらスマホ決済のひとつWeChat Payなら日本のクレジットカードでも開通できることを知りました。

ただ、この段階ではまだ開通できるだけで、チャージができません。そのためチャージするにはWeChat Payを使っている中国人にお金を渡して、そこから送金してもらうというのが一般的な使い方。

Paper 3147856 640

ところがさらに調べていると、どうやら羽田空港や関西国際空港、そして新宿や渋谷などに置かれているポケットチェンジなる端末を使えばWeChat Payにチャージできるとのこと。

だったら事前準備としてお金をWeChat Payにチャージしておこうかなと。北京では食事をするのもコンビニで買い物するのもすべてスマホ決済。これが使えたらどんなに便利でしょう。

さっそく向かったのは新宿にある歌舞伎町城。

一見するとただの外国人向けお土産屋さんなんですが、狭いお店の奥にちゃんとポケットチェンジの端末がありました。日本人がその端末を使うことはほとんどないと思うので、怪しまれないかとドキドキでした。

Iphone 624709 640

ただ、店員さんはほとんど空気のような扱いだったので、よくある風景だったのでしょう。

いきなり1万円とか入れる勇気はないので、1000円を入金。出てきたレシートにあるQRコードを読み込んで開通作業を…と思ったら、わたしの知っている情報よりもアプリが進化してて、頭に?マーク。

落ち着いて作業をしようと思って、ちょっとカフェに入って検索をしながら開通作業開始。ところがクレジットカードの番号を入れて個人認証をするところで何をやってもうまくいきません。

please add a bank card subscribed with mainland china id card to complete real name authentication. 

要するに、中国の銀行カードじゃないとダメだよということ。クレジットカードが悪いのかと思って数枚試しましたがすべて同じ。これはおかしいと思って調べてみたら、どうやら2018年3月くらいから開通できなくなっているとか。

Plastic card 1647376 640

いや、日本のクレジットカードに対応させるようにしたの最近ですよね?

まぁ悩んでも仕方ありません。ここでWeChat Payは断念しました。いずれ使えるようになるはずです。今回は残念ながら現金払いで仕方ないということで。

ところが使えない理由を調べているときに「WeChat PayはダメだけどAlipayが使えるからいいか」というようなtwitterのつぶやき発見しました。Alipayは中国で一番シェアの高いスマホ決済サービスです。

あれあれ?Alipayこそ日本で使えないと聞いてたし、むしろ日本版のAlipayを作るとか作らないとかで話題になっていたところやけど何ででしょう?

Finance 3065269 640

とりあえず、また検索。

そうしたら、日本のクレジットカードでAlipayを開通させたという人の記事を発見。「日本国内でWeChatPayを開設しお金をチャージする方法」この記事素晴らしい。

記事に書かれているまま進めていったら、あれよあれよと開通完了。実際に中国で使ってみないと分かりませんが、自分のQRコードも出てきますので、どうやら使える状態にあるみたいです。

チャージはできないので、クレジット決済のみでしょうが。

これが使えればかなり便利です。北京ならほとんどお金を持たずに生きていけます。何よりも無駄に高いレートで中国元を買わなくて済みます。

The dollar 3125419 640

空港なんかで両替したら10%くらい手数料で取られます。クレジットカード払いならその日のレートです。今まではキャッシングしてましたが、今度は利息もつかないのでさらにお得。

もっともそれもこれも実際に使えるようになってからのお話です。すべては来週わかります。

いずれにしても、今の流れからするとWeChat PayもAlipayも日本に限らず、世界で使えるようになっていきます。中国に行く機会の多い人は、常に最新の情報を仕入れて、使えるようにしておきたいところです。

ちなみに、1000円分のチャージは万里の長城マラソンの本部に送金として送りました。あちらはQRコードさえ読めればすぐにチャージ出来る状態ですので。

People 2575431 640

でも、これってマネーロンダリングなんかに使われそうで、大丈夫なんでしょうか?空港に設置されているくらいですので、かなりしっかりしたセキュリティがあるのだと思うのですが、ちょっと不安です。

ちなみにポケットチェンジの本来の使い方は、帰国したときに余った外貨を楽天Edyなどにチャージできるといったものです。海外旅行から戻ってきたときにかなり便利ですので、ぜひ活用してみてください。

ポケットチェンジhttps://www.pocket-change.jp


決済の黒船 Apple Pay (日経FinTech選書)
著者:鈴木 淳也
楽天ブックス:決済の黒船 Apple Pay [ 鈴木 淳也 ]

スポンサーリンク

マラソン大会でマイカップを使うことの難しさ

P4150128

台湾の南横ウルトラマラソンがマイカップ制だったので、そこでシリコン製のコップを購入しました。レース中、とても快適だったこともあり、エコの面からもこれからはマイカップだと意気込んで乗り込んだかすみがうらマラソン。

南横ウルトラマラソンではポケットに入れていましたが、あまりにも違和感がなさすぎて、何度もコップがポケットに入っているのかを確認したこともあり、今回はポーチにカナビラをつけて、そこにコップをぶら下げました。

他の誰もやっていないことをする。こんな気持ちのいいことはありません。ただし、レースが始まってから、わたしは大きな間違いに気づきました。

かすみがうらマラソンは小雨が降る中のレース。これくらいの雨なら、わたしは給水も給食もなしで走ります。エイドにご馳走があれば別ですが。食べたり飲んだりすることで体に変化が起きるのを避けるためです。

P4150147 2

もちろんスピードを出すときには給水しますし、暑い日は5kmごとにスポーツドリンクを飲みます。ただ、この日のかすみがうらマラソンくらいなら、給水は必要ありません。

それくらいの状態だったので、マイカップは使えても使えなくてもいいかなと思いながら、記事のためにもいつもよりも多めにエイドによることにしました。

ただ、最初のエイドで気づいてしまいました。

マイカップはボランティアさんからすれば面倒だということに。目の前のテーブルでコップに水やスポーツドリンクを入れている場合はいいのですが、ボランティアさんの後ろのスペースで給水作業をしていると、その作業の流れを断ち切ることになります。

もちろん嫌な顔をされることはありませんでした。でも、最初にそれに気づいてからはエイドの状況を見ながら、お願いできそうな場所を選んで「これに入れてください」とマイカップを渡していました。

P4150160

マラソン大会でマイカップ文化を根付かせるには、まずはエイドそのものが対応しないといけません。でもこっちが勝手にマイカップにしているので、マイカップに対応して欲しいなんてことは言えません。

特別なことをしてくれる必要ありません。スポーツドリンクでも水でもランナーが自分で給水できるようになっていればそれでいいんです。マイカップ用のペットボトルがひとつか2つあればOKです。

でも、そもそもマイカップ文化がほぼありませんので、そんな対応はしてもらえないでしょう。そうなると、マイカップ持参したのはいいけど、使うことができない大会も出てきます。

P4150096

ランナー側にしてみれば、それなりに強い想いがないとマイカップが続きません。

わたしは、今回のかすみがうらマラソンで散乱した紙コップを見て、これからもマイカップを続けていくことを強く誓いましたが、それは意識が変わったからであって、南横ウルトラマラソンに行く前までは、散乱した紙コップを仕方のないことだと思っていました。

全員がマイカップにする必要はないと思いますが、10%でもマイカップのランナーが出てくれば、あのごみの山も少しはマシになります。

エコなんてしょせんエゴですので人に誇るようなことではありませんが、それでも1人1人の「これは良くない」という思いが積み重なると、環境は大きく変わる可能性があります。

P4150097

正直、どこかの大会で参加賞をマイカップにして、それを持って走ることを義務付ければ流れが変わりそうですが、きっとしばらくはないのでしょう。

Tシャツを作るよりも低コストでオリジナルのマイカップを作れると思います。もう多くのランナーがTシャツは不要だとしている状態ですので、大会のロゴの入ったマイカップのほうが絶対に喜ばれます。

しかも邪魔になりませんので、コレクションにもなります。

どこかの大会で思い切ってマイカップを参加賞にして、エイドではマイカップ制にしてくれないものでしょうか?

ただ、それは小規模な大会では無理なのかもしれません。まずオリジナルのマイカップを作るコストが数百個レベルではきっと割高になります。数千個作るからこそ価格メリットが出てきます。

P3240035 2

そしていきなり数千人がマイカップを持つことに大きな意味があります。

トレランやウルトラマラソンではマイカップ推奨の大会が増えているそうですが、文化として定着させるには数千人規模、数万人規模の大会での推奨が必要です。

ポイ捨てを嫌う京都や奈良といった地域なら成功しそうですが、一定数の批判も出るでしょうからすぐに全面導入というわけにはいかないかもしれません。

やっぱりこういうものは、小さく活動をしてマイカップの魅力を伝えていくしかないのかもしれません。

ちなみにわたしの使っているカップは「Lixada AONIJIE 200ml BPA ソフトウォーターカップ」はamazonなら570円で購入できます。この他に下にあるようなSALOMONやOMMなどの柔らか素材のマイカップもamazonで売られています。

[サロモン] ハイドレーションパック SOFT CUP 150ml/5oz SPEED L39389900

さすがSALOMONは倍近い値段がしますがちょっとかっこいい。これならランニングショップなどでも販売してもらえそうですが、文化がないことには売れないでしょうし、仕入れもしないのが現実かもしれません。

ショップも慈善事業ではありませんので、売れないというリスクを避けてしまうのは仕方のないことです。

とりあえず大会側が対応するのはしばらく先のことになるとは思いますが、毎回マラソン大会で散乱している紙コップに「いかがなものか」と思っている人はマイカップどうでしょう?

自己満足なエコ活動でしかありませんが、いま自分にできることから始めてみませんか?


Lixada AONIJIE 200ml BPA ソフトウォーターカップ

スポンサーリンク

かすみがうらマラソン2018レポート〜気持ちよく裸足で完走!〜

P4150062

かすみがうらマラソンは2年前から裸足ランナーが集まる大会となっていて、今年も30人以上の裸足ランナーが集結しました。

昨年は暑さもあって、途中でワラーチを履いたりリタイアしたりと、とても難しいレースになりました。そこで、わたしは大会前にかすみがうらマラソン完走のための練習会を開催しました。

サポートをするからには練習会だけというわけにはいきません。その流れで今年は初めてかすみがうらマラソンの申込みをしました。

強風で電車が遅れるおそれがあるため、始発で鶴巻温泉を出発します。秦野から土浦まではかなりの距離がありますが、2回の乗り換えで土浦まで行けてしまいます。しかも一度も改札を出ずに。

P4150066

それはともかくかすみがうらマラソン。完全にノープランで乗り込みました。最後尾からスタートして、そのときの気分で5時間くらいで走ればいいかなと。

前日に大山トレランで5時間山を走っているのもあって、そもそもそんなにいいペースでは走れそうにありません。土浦駅に到着するまでに足はかなりガチガチに固まっていましたし(完全に言いわけですが)。

もっとも、裸足で走るときにタイムを気にするのは、もう何年も前にやめています。裸足ランニングとの取り組み方は人それぞれですが、わたしは気持ちよく走れればそれでOKです。痛いのも苦しいのもNG。

ただ、今回は周りにたくさんの裸足仲間がいるので、あまりにみっともない走りはしたくないところ。練習会のメンバーも3人いますので、コーチという立場もあります。

P4150074

スタートはFブロックの最後尾。最近の定位置ではあるので緊張感はありません。ゆっくりとペースを上げて、1人ずつ抜いていけばいいだけです。

ノープランではあるものの、最近はレースを3分割にして走るのがわたしの定番。序盤は自分のコンディションの確認ですので、14kmまでは無理な追い抜きをせずに周りに合わせた走りをします。

小雨が降ったりやんだりで、路面状況はかなりいい感じでした。

P4150090

05km:33分55秒
10km:31分58秒
15km:29分46秒

最初の5kmが約34分ですので、最後尾にも関わらず1kmを7分切るペースで入っています。どうかんがえてもFブロックのランナーは7分台で走るべきなのに、明らかに飛ばしすぎです。わたしにしてみれば好都合ですが。

10−15kmが30分を切っていますが、これは路面がきれいで道幅が広かったためです。

15km手前で、5時間のペースランナーの集団にぶつかります。その集団をパスするために、少しだけ強引に抜きにかかったとき、視界に入ってこなかった大きな石を右足で思いっきり踏んでしまうトラブル。

P4150101

今回唯一の失敗かもしれません。かすみがうらマラソンのコース幅はとても狭く、人を抜くのには慎重にならなくてはいけないと分かっていながら…

しばらくは激痛を騙しながら、レース中盤の14−28kmに向かいます。

途切れ途切れながらも、裸足ですので沿道からの声援が聞こえてきます。ただし、裸足ランナーが多いので「また裸足」の声もちらほら。裸足ランナーのやる気を奪う言葉が「また裸足」えぇ後方にいる自分が悪いんです。

P4150156

15km以降は荒い路面も出てきましたが、雨の影響で白線が滑りやすいため、白線は避けて道路の轍を選んで走ります。アスファルトは一見すると同じように見えますが、車のタイヤが通過する轍は路面が削れてフラットになっています。

轍が明らかに荒れている場合は、今度は路面の乾いている部分を走ります。乾きが早いところほど路面はきれいになっているため、足裏に負担がかかりません。

P4150150

20km:31分50秒
25km:30分12秒
30km:31分00秒

この14kmはなかなかうまくまとめました。ここは基本的に退屈で、ついつペースを変えたくなります。でもきちんと自分と向き合います。はやる気持ちを抑えつつ、疲労がでない一番いいところで走ります。

とはいえ、想定よりもかなり早いペースです。時計をしていなかったので、実際にはどれくらいで走っているのかは分かりませんでした。ただ6分/kmちょっとくらいかなという予想。そこそこ合ってますね。

28kmを超えたところからがマラソンの醍醐味です。

P4150169

今回は無理をせずに中盤までを走りましたので、もしかしたら最後までペースを落とさずに行けるかなという予感はありました。ただ、前日のトレイルで溜めた疲労がどこで出てくるかが心配です。

それほど強烈ではないにしても、ときどきふくらはぎに電気が流れます。

30kmを超えたところで一瞬ゾーンに入りかけてしまいましたが、さすがに12kmを残してのそれは危険です。強引に現実世界へと自分を連れ戻します。

P4150183

35km:29分46秒
40km:29分47秒

それでもこの区間はやはりペースが上がっています。周りがペースダウンをしているから、余計に自分がかなり速い感覚になりますので、脳内が勝手に盛り上がっていきます。

残り2kmとなったところに設置されていた時計を確認すると4時間17分台。スタートで約9分ロスがあったはずなので、もしかしたら4時間20分を切れる感じがします。

ここからさらにペースを上げます。思ったよりも余力が残っていたみたいで、ゴール直前で4時間30分のペースランナーを抜いて、気持ちよくゴールに駆け込みました。

P4150198

FINISH:4時間19分39秒(ネットタイム) 

想定外の4時間20分切りでした。筋力アップは実感していましたが、前日の山でオールアウトしていることを考えれば上出来というか、これ以上望みようがありません。

自分もまだまだ走れるもんだと、ちょっと驚き。順位が5321位ですので、およそ9千人のランナーを抜いてのゴール。9千人のランナーに裸足ランを見てもらえたことになります(ならんか)。

ただ、もっと嬉しかったのは、練習会に来てくれた3人とも完走で、1人は裸足のPBを大幅に更新してくれました。裸足向きのコンディションというのもありましたが、練習会を開催した者としては自分の結果よりも嬉しいことです。

P4150207

来年以降にまた自分で走るかどうかは分かりませんが、また来年裸足で挑戦するという人がいるなら、やはり練習会でサポートしたいところ。個人的には終わった後の打ち上げにだけ行ければ満足なんですが…


マラソンランナーへの道
著者:鍋倉賢治
楽天ブックス:マラソンランナーへの道 賢く走るための理論と実践 [ 鍋倉賢治 ]

スポンサーリンク

裸足ランナーは雨のレースでどう走るべきか

,

,

Barefoot 1835661 640

明日のかすみがうらマラソンは雨と風ということです。かすみがうらマラソンには裸足ランナーが大集合しますが、路面が暑かった昨年よりも楽になると喜んでいる人もいるかと思います。

でも雨の裸足フルマラソンは、暑い日や寒い日とはまた違った難しさがあります。いや、難しいというよりは、根本的に走れなくなる人がでます。練習量が問われるとてもシビアなレースになります。

雨なら足裏が冷やされて走りやすいのでは?

そう思う人もいると思います。実際に10km程度なら乾いた路面よりも走りやすいのは事実です。ただし、フルマラソンで4〜6時間も走っていると足がふやけてしまいます。

Bydgoszcz 700128 640

足がふやけるのは、角質層が水を含んでしまうためです。角質層がふやけると何がまずいのか。本来はある程度の固さのある角質層が柔らかくなると、皮膚の表皮にある痛点と路面までの距離が近くなります。

薄皮1枚ですが、裸足ランナーの足を強くしているのが角質層です。裸足でしっかり走り込んでいれば、この角質層はやや厚くなっているはずですが、走り込みが少ないと角質層は薄いままです。

簡単な話が、角質層が薄い人ほど足裏がふやけやすく、痛みがダイレクトに足裏に入ってきます。

これは走り方などのテクニックでどうこうできる問題ではありません。雨の日のレースまでに、しっかり練習してきたかどうかがすべてです。

Water 815271 640

実際にかなり裸足のベテランランナーでも雨の日に撃沈するということがあります。

あえて当日出来る対策があるとすれば、ふやける前に完走をするか、足裏を守るようにゆっくり走るかのどちらかです。悩ましいのはゆっくり走れば走るほどふやけるということです。

でも、やはりゆっくり走るのがベストです。急いで走ろうとして、地面を蹴ったのでは足裏の消耗が早まります。

柔らかい着地と重心位置による前進。言うは易く行うは難しですが。そして、いきなりレースでできることでもありません。そういう意味では総合的な裸足力が問われます。

はっきり言えば、自信がない人はワラーチなどのシューズを持って走るべきです。もちろん雨のレースで完走した実績のある人は別です。あまり練習ができていなくて、裸足のフルマラソンができない人は、シューズになるものが必須です。

Road 2631249 640

重要なのは早めに判断するということです。判断を遅らせば遅らすほど、ワラーチなどに切り替えても痛みを引きずってしまいます。その判断がとても難しいのですが。

迷いそうな人に魔法の言葉をひとつだけ。

「裸足でフルマラソンを完走できるかできないかは個性でしかない」

別に裸足でフルマラソンを完走できる人が人間的に優れているというわけでもなければ、偉いというわけでもありません。多少は「すごい」かもしれませんが、人に自慢する類のものではありません。

Umbrella 3087101 640

完走できる人はそういう個性であり、完走できないのも個性です。レース中はその個性に従うようにしましょう。無理なら無理して裸足で完走する必要はありません。

リベンジの機会はいくらでもありますし、足がふやけてダメになったのであれば、次はそれだけの準備をしてレースに挑めばいいだけです。その個性を認められるかどうか。大事なのはそれだけです。

まぁそれでも完走したいでしょうし、無理もするかと思います。

そういうときは、自分を信じて一歩一歩足を前に出すだけです。幸い明日の雨は前半で止むそうです。前半に無理せずに後半に足を残すように心がけてください。


雨ニモマケズ: 外国人記者が伝えた東日本大震災
著者:ルーシー バーミンガム / デイヴィッド マクニール
楽天ブックス:雨ニモマケズ 外国人記者が伝えた東日本大震災 [ ルーシー・バーミンガム ]

スポンサーリンク