facebookやSNSの利用者が減っていくことについて語ってみる

Social media 1795578 640

1年前くらいにも書いたと思うのですが、facebookの利用者がずいぶんと減っています。見ているだけという人もいるかもしれませんが、そういう人たちも自然と減っていくのでしょう。

人間は情報を発信する人と情報を受信する人に分かれます。

ほとんどの人が情報を受信する側で、テレビでいえば視聴者になるわけです。ところがSNSができたことで、誰もが情報発信できる時代になり、それぞれが思い思いに情報発信を始めました。

とても貴重な情報発信もあれば、今日何を食べたというような内容の情報発信もあります。

Phone 1172330 640

みんな初めてのことで楽しんでやっていたわけですが、あるとき気づくわけです。他の人の発信も別に面白くないし、いいねを押すのも面倒に感じたときに、もしかしたら自分の発信もそうなのではないかということに。

わたしは情報発信なんていうのは誰でもできることで、もっと気軽にやればいいのになとは思うのですが、上手に文章を伝えられるかどうかというのは、誰にでもできることではありません。

本や文章を読むことが好きで、たくさんの活字に触れてきた人でなければ、上手に情報を伝えることができません。

もっと言えば、「この表現では伝わらないかもしれない、誤解されるかもしれない」と思いながら文章を書けるかどうかも重要です。これは上手な文章を書くことに加えて、相手の立場になって考えることができなければいけません。

Keyboard 758101 640

これはもう本当に手間のかかる作業です。それなりに書ける人でもfacebookで何かを伝えるというのは大変です。

わたしがfacebookでつながっている人の数を見てみました。知らないうちに494人にもなっています。本来であればタイムラインはあっという間に流れていくものですが、残念ながらそうでもありません。

毎日習慣のように投稿している人が決まって投稿しているだけです。

過去にこまめに投稿していた人たちも、いつの間にかいなくなっています。facebookがそのあり方を根本から見直さないかぎり、そう遠くないうちにfacebookは完全に廃れてしまうでしょう。

Cell phone 791365 640

前は「だからみんな気軽に投稿しようよ」と言っていましたが、すでにそんな段階は過ぎ去っています。facebookはもう消えていくのを待つばかりの状態です。

facebookがなんらかの手を打てば、これまでとは違うプラットフォームのひとつとして残る可能性もありますが、いまのところは何も感じられません。

もっともfacebookがなくなっても何も困ることなんてありません。LINEもtwitterもあります。

ただ、SNSそのものがもっと違う形になっていくのかなとは思います。Instagramのように有名人のアカウントを追うだけの、新しい形のメディアとなるのが最終的な落ち着きどころな気がします。

Social media 763731 640

いずれにしれも5年後10年後には新しい時代がやってきているはずです。それがどんな時代かはわかりませんが、案外以前のようにブログ全盛期の時代がもう一度やってくるかもしれません。

どんな時代になっても情報発信がなくなるということはありません。人に好奇心や向上心があるかぎり、知らないことを知りたいと思い、本能的に刺激としての情報を求め続けます。

facebookがすぐに消えてなくならないのは、そのような欲求を満たす新しいものがまだ生まれていないからに過ぎません。新しいプラットフォームが出てくれば、mixiのように忘れられた存在になるはずです。

もちろんそれでも一部の人は使い続けるのでしょうが。

情報発信をして生活をしているものの端くれとして、新しいプラットフォームについては常に気にはしているものの、とりあえず悩んでも仕方ないから、少しでも質の高い記事を作り続けるしかないかなと開き直りつつあります。

Laptop 958239 640

誰もが情報発信をする必要もなく、誰もがSNSにハマらなくてもいい。情報発信は情熱を燃やし続けられなければいつか燃え尽きてしまいます。

ほとんど動いていないfacebookアカウントはその燃え尽きた一つひとつです。

わたしよりも面白い情報発信をしていた人はいっぱいいました。わたしよりも為になる情報発信をしていた人もたくさんいました。でも多くの人が燃え尽きてしまいました。

飽きっぽい性格のわたしはなぜか情報発信とランニングだけは続いています。

こういうのはもう向き不向きの問題か、絶望的な言い方をすれば才能があるかないかの問題です。才能がないのにそこに留まり続けなくてはいけないということほど残酷なことはありません。

Women 2143800 640

SNSに向いていなくたって人生は面白おかしくできますし、何も問題はありません。

正直なところ、面倒だなと思ったらスパッとSNSをやめてみるのもひとつの選択肢です。これまで背負っていた見えない荷物がなくなって気持ちが楽になるかもしれませんよ。

人間に与えられた1日はみんな等しく24時間です。そして限られた寿命があり、使える時間は有限です。その有限な時間を何に使うのか。何をしているときに自分が一番心地よさを感じるのか。

SNSにかけている時間をそこに費やしたほうが、人生はきっと充実した物になります。

facebook利用者が減っていくこと。情報発信をする側からすると若干寂しいことですが、世の中の総和としてはいい方向を向いているのではないかと思います。


絆ストレス 「つながりたい」という病
著者:香山 リカ
楽天ブックス:絆ストレス 「つながりたい」という病 (青春新書インテリジェンス) [ 香山リカ ]

スポンサーリンク

スポンサーリンク