万里の長城マラソン2017秋の裸足完走に向けてすべきこと

The great wall 2190047 640

万里の長城マラソン2017秋の参加案内ページとエントリーページを作成しました。あとは自分が走れる体をつくるだけです。

万里の長城マラソン参加案内ページ

今からしなくてはいけないことは、言うまでもなく減量です。52kg台まで落としていた体重が、好き放題した結果としてMAXで57kg台にまで上がっていました。

レースは10月22日ですので、あと3ヶ月でその体重にまで落とさなくてはいけません。現在の体重が56kgくらいですので、1ヶ月でマイナス1.3kgくらいです。55kgまでは簡単に落とせそうですが、そこからはかなり難しそうです。

特に今回は脂肪だけでなく筋力も付けたこともあって、これまで以上に苦しい減量になるでしょう。

Weight loss 2036969 640

わたしは減量する期間というのが嫌いではありません。むしろ、この期間のために走っているんじゃないかと思うことがあります。自分がどんどん研ぎ澄まされていく感覚。

誰かに勝ちたいという気持ちはこれっぽっちも持ち合わせていませんが、自分の可能性はもっと高いところにあると信じたい。体を絞っている過程ではそのことをはっきりと感じることができます。

裸足で挑戦するのですから、裸足も鍛え直さなくてはいけません。

万里の長城マラソンを裸足で走りきれなくなるのは、いつだって足裏に限界が来てしまうためです。上りはいいのですが、下りの石畳で思った以上の消耗をします。

Stairs 2203290 640

上り坂や上り階段の練習はもちろんですが、裸足ゆえに下り坂や下り階段の練習が必要です。

シューズでも厳しいと言われるコースに裸足で挑む。そこに大した意味なんてありません。ちょっと古くさい言葉でいうならば、ロマンがそこにあるということくらいでしょうか。

男のロマンなんて、他の人にしてみれば本当に小さくてアホらしいことでしかありません。

でも、男なら夢やロマンを持って生きるべきだと、わたしは思います。周りからどう思われようと、自分だけの目指すべきところに向かってひたすら駆け抜ける。

Jogging 2343558 640

女性の夢やロマンについてはわかりません。男と女で生き方に違いがあるべきなのかもわかりません。ただ、懸命に何かに取り組んでいる女性はただただ美しいと感じます。

懸命な男はあんまり美しさを感じません。泥臭さというか、もっと地面に這いつくばるような感じで、それはそれで好きなのですが、美しさとは別物です。

全力で何かと向き合うとき、その人の本質的な部分が現れますし、迷いがなくなっているいい顔をします。

わたしは自分の中にそういう部分を残しておきたい。何歳になっても、本気で向き合う何かを持っていたいと考えています。できることなら、目の前にあるすべてのことに全力で向き合いたい。

Qi 1583809 640

そうすると時間も体力も限界が来ます。ここ最近、やけに自分に余裕を感じます。限界まで自分を追い込んでいないからかもしれません。どこかで自分を出し惜しみしているのか。

出し惜しみをした肉食動物は、おそらく餌にありつけなくなり、地上から消えていくのでしょう。

そうなってはいけない。そんな危機感が徐々に高まりつつあります。淡々とこなす自分を持ちつつも、もっと飢えた自分も持ち続けたい。そういう部分ではときどき自分を欲深いと感じることがあります。

でも、誰かに褒められたいというような思いはありません。誰かに見てもらいたいという思いも。

Kettle bell 592905 640

自己顕示欲というのは人間が人間らしく生きるために必要なものかもしれません。でもさすがに41歳にもなって自分を目立たせたいとは思いません。目立つべき人間ならすでに輝いているはずです。

twitterなどに自撮り画像ばかり上げているので、自分好きだという印象があるかもしれません。自分好きというのはほんの少しも否定しませんが、他の人に「自分を見て〜」というような思いはありません。

「自分を見て笑って」という元関西人の思いは多少はありますが。

話が大きくそれました。もうそれたままでもいいんじゃないかと思いますが、一応修正しておきます。万里の長城マラソン2017秋に向けて自分がすべきこと。

Silhouettes 640383 640

これまでにない厳しいトレーニングを積んだら、どうなるのかも試してみようと思います。

もう嫌だと思うくらいの厳しい練習。立ち上がれなくなるまで自分の体をいじめ抜いて、万里の長城を楽だと思えるだけの質の高いトレーニング。できるかどうかではなく、これに関してはやるだけです。

少なくとも夏の期間は、徹底して追い込みます。10時間動くためのトレーニングは9月中で間に合うはずです。8月までは徹底した体づくり。サボり続けてきましたから、伸び代は十分あるはずです。

そして厳しい練習を耐えるための食事作り。体の早期回復をサプリメントに頼らず食事で行えれば理想的です。痛みに対する適応をするために、あまり得意でない辛いものも取り入れつつ。

Noodles 2150181 640

さすがにこの歳になると、いつだってベストコンディションというわけにはいきません。きついことをしたら休養が必要になります。その休養をどこまで減らすことができるか。如何にすぐ回復させるか。これも課題です。

本番までここから3ヶ月。

ちょっと目の色変えて、万里の長城マラソン2017秋に挑もうと思います。


DVD付き 自宅でできるライザップ リズムトレーニング編
著者:RIZAP
楽天ブックス:DVD付き 自宅でできるライザップ リズムトレーニング編 [ RIZAP ]

スポンサーリンク

スポンサーリンク