石田ゆり子の天然日和っぽく書いてみたハダシストの1日

Window 1148929 640

2018年5月28日

起床時間は5時25分。セットした目覚ましの時間の時間から10分オーバー。
毎朝サッと起きれないのだから、目覚ましの時間を変えればいいのに頑なに最初に決めた時間から動かさない。

目が冷めて最初にするのは心拍数の測定。
だいたい目覚ましでビクッとなって起きるので、何度も深呼吸をして測りなおす。意味があるかどうかは分からない。もはやただのルーチン。
でも深酒をした翌朝は測定するのを忘れて飛び起きることがある。気持ちに余裕がある朝なら、もう一度寝床に戻って深呼吸からの測定。

その5分後には走りに出かけている。
毎朝30分のジョギングは、自分のコンディションを確認したり、季節ごとの空気を味わったり、近所の猫のご機嫌をうかがったり。

戻ってきてすぐにシャワーを浴びた。
毎日シャワーを先にするか前夜にかきあげたブログをアップするかで迷ってしまう。そこはルーチンにならない私。 

Berries 1846085 640

朝ごはんはシリアルとヨーグルト。それだけだとさすがに足りないので1品付けるのですが、フルーツになるときもあれば、肉まんになる日もある。最近のお気に入りは魚肉ソーセージ。
健康的なのか不健康なのか分からない、このアンバランスさが私は好き。

iPadで世の中のニュースをチェックしながら朝ごはんは、行儀が悪いのは分かっているけどやめられない。
社会のことや世界のことはあまり気にならない。
知りたい情報の9割はスポーツ。野球少年、サッカー小僧を経てのランナーですから。

朝ごはんの食器を洗い終わったら、そこからお昼まで仕事。
RUNNING STREET 365の記事をアップして、依頼のあった書き物をして、あっという間にお昼ご飯の時間になった。

10時のおやつはもうやめた…というよりも一時的にやめているだけ、きっと。

食べることは止められない。
人間はその昔、走って動物を捕まえたという。どう走ったのかよりもどう調理したのかが気になる。 

Salad 2068220 640

お昼ご飯は、玄米ご飯と納豆と味噌汁が基本で、翌日は玄米ご飯とお味噌汁にお肉とキムチを加えて雑炊にする。その翌日はカレーライス。これはもう2年半続いているローテーションランチ。

「飽きないの?」と聞かれることがあるけど、食べ物に飽きたことなんて一度もない。
美味しいものは毎日でも食べていたいし、同じものでも調味料が目分量だから毎日味がちょっとずつ違う。ときどきお酒を入れ忘れる日があって、その日はとても悲しい味になる。
醤油ならあと足しできるけど、お酒はそうはいかない。

食事の後、すぐ横になると牛になると言われているけど、いまのところ牛になる気配はなさそうで安心している。
お昼寝はほぼ毎日の日課。目覚ましはかけないのでだいたい15分くらい。

起きたらすぐに仕事開始。
特別なことが起きることはまずない。会社員時代よりも地味は働き方をしている。なんせこの時点でまだひと言も発していないのだから。

Jogging 1246596 640

17時に流れる子どもたちに帰宅を促すメロディーがランニングに行ってこいの合図。
そこから1時間のランニング。3日に1回は追い込む練習にしているけど、今は膝のケガもあるので軽めのジョギング。運が良ければ近所の猫が遊んでくれる。

その足で晩ごはんの買い物をすませて家に帰る。
5月も後半になって、6時を回っても明るいのがちょっと嬉しい。大好きな夏が近づいてくる感じがするから、梅雨前のこの時期が好き。その感じで言えば1年中、どの季節も好きということになるけど。

早く夕ご飯にしたい気持ちを抑えて、ブログを書き上げる。
湯船にお湯を張りながら晩ごはんの準備を開始すると、食事を終えたときにちょうどいいお湯の量になる。築35年のアパートに水圧なんて期待するものではない。

本当の私はカラスの行水。
でもそれではリラックスできないからと、お風呂でYouTubeを見る。時間に余裕があるときは45分の中国ドラマ。
月末でのんびりする余裕がないので、今日はバナナTVの「台湾編 イマドキ女子のビューティー旅」 を少しだけ。

お風呂から上がったら23時までまた書き物。

Coffee 2306471 640

ハダシストの1日を文章にするとこれだけ。取材や打ち合わせがないときはこれの繰り返し。そう言えば今日はまだひと言もしゃべっていないかもしれない。
よくあることだけど、それを寂しいと感じたことは一度もない私。
だからずっと独り身なのかも。
この件に関してはあまり深く考えるのは止めておこう。

おやすみなさい。
明日もよい日でありますように。 

※今回は石田ゆり子さんの天然日和っぽく書いてみました。


天然日和 (幻冬舎文庫)
著者:石田ゆり子
楽天ブックス:天然日和 (幻冬舎文庫) [ 石田ゆり子 ]

スポンサーリンク