神・時間術〜毎朝5時に起きて30分走るということ〜

Jog 595995 640

最近ずっと5時起床にしています。仕事として請けている書き物を午前中に終わらせて、午後を完全にフリーにするライフスタイルに移行しようと思いまして。

5時に起床してそのまま30分走りに行きます。戻ってきたらシリアルで軽く食事をしてからシャワー。運動直後の食事も心がけています(まるでアスリートのよう)。

昨日の朝もちゃんと5時に起きたのですが、外は土砂の雨でした。

「走りに行かなくていいから、仕事が1時間前倒しになる」

午後から都内で取材でしたので、仕事が前倒しにできるのはありがたいこと。すぐに作業机に向かって書き物を始めました。ところが思うように書けません。

Reading 925589 640

ライフスタイルを変えるきっかけになった本「神・時間術」では、起床後の2〜3時間が最も集中力が高い時間で、その時間を逃してはいけないとありますので、本当は効率よく働けるはずなのに、現実は遅々として進まない筆(キーボード)。

そういえばシャワーを浴びて目を覚まさせる必要があると書いてあったのを思い出して、熱めのシャワーを浴びてみましたが効果なし。いつものように集中力が高まりません。

そこで気づいたのは、朝30分のジョギングタイムがいかに大事だったかということです。

朝ランはかなりゆっくりのスピードで、スタートはキロ8分くらいで入ります。寝起きですから仕方ありません。そもそも朝ランは減量のために始めましたので、ガツガツ走るつもりはもとかならく。

Japan 970705 640

でも、そうやって走っていると3kmくらいすると頭も体もすっきりして、思考がかなりクリアになるのが分かります。最終的にはキロ6分台くらいまでペースは上がります。

これまでは習慣として何も考えずにそうやって走っていましたので、そのことに気づきませんでした。でも朝に走れなかったことで朝ランの重要性を認識することに。

実は昨日の朝の段階ではまだ「神・時間術」を途中までしか読んでなかったのですが、午後の移動中に残りを読んだらまさにそのことが書いてあるわけです。朝30分の散歩やランニングが有効であるということ。

朝がゴールデンタイムなのは間違いありませんが、目が冷めていないことには脳が動いてくれません。そのためにできることはいくつかありますが、そのひとつが朝の運動だったというわけです。

Shoes 2847466 640

世の中には知らなければいいことがあります。残念なことに、わたしは朝ランの重要性を知ってしまったので、これからは雨でも走りに行かなくてはいけません。効率よく働くために。

もっともスクワットでも同じ効果が得られますので、昨日のような大雨の日でも絶対に走らなくてはいけないというわけではないんですが。そのあたりは臨機応変に。

問題は雨ではなく冬です。

いまは5時でも外が明るいのでいいのですが、冬になると5時は真っ暗です。しかもわたしは寒いのが大の苦手ときています。ちゃんと起きれるのでしょうか?走りに行く勇気を振り絞れるのでしょうか?

やってみないと分からないことを悩んでも仕方ないので結論は冬まで先送りしますが、一抹の不安は残ります。

Watch 1267420 640

ただ、時間管理と集中力の効果を意識するだけで、こんなにも生活が劇的に変わるとは思いませんでした。「神・時間術」はビジネス書というような位置づけですが、忙しくて走れないというランナーさんにこそ読んでもらいたい。

本の後半は、健康のために走ることの重要性がしつこいくらい書かれてて、「これ何の本だっけ?」となるくらい、走るモチベーションが上がる1冊です。

もちろん、不思議の国のアリスに出てくるウサギのように、いつも時間に追われているという人にも読んでもらいたい内容です。読んでも実践しないと意味はありませんが、「忙しい」が口癖の人はぜひ。

信じるか信じないかは……まぁ自由ですが。


脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術
著者:樺沢 紫苑
楽天ブックス:神・時間術 脳のパフォーマンスを最大まで引き出す [ 樺沢紫苑 ]

スポンサーリンク