朽ちていく自分をただ眺めているだけか、それとも衰えに抗うのか

Timepiece 460232 640

どうでもいい話ですが、銀歯が外れてしまいました。銀歯の下で虫歯が進行してゆるくなっていたとのこと。食パンを食べているときに、なにやら硬いものがあり「異物混入か?」と思ったのですが、混入させたのはどうやらわたしだったようです。

すぐに2軒となりにある歯医者さんに行き、歯を診てもらったのですが他にも治療したほうがいい歯がいくつもあるとのこと。そういえば、定期的に通っていた歯医者もいつの間にか行かなくなっていました。

そして虫歯があることは何となく察していたので、ここはきちんと治すべきタイミングだったのでしょう。ちょうどこの日、胃潰瘍の薬を減らすことになっていて、治療費がかなり減ると喜んでいたのですが、ひとつ去ればひとつやってくる年齢です。

こういうことがあると、健康を維持することはとても重要だなと思います。

Running 1944798 640

わたしは、すべての人がランニングをすればいいのになと思っているのですが、特に同年代の会社員の人は、仕事の時間を削ってでも走った方がいいと思います。いや、別にランニングでなくてもいいのですが、運動は絶対に必要です。

40代になると男女問わず体力がグッと低下します。でも、30代のころの意識で怠惰な生活を続けてしまいます。その結果、体のあちこちに不調が出てきます。立場上、仕事でのストレスも増えていきますし、いつもどこか調子が悪いという状態になります。

でも、自分だけは大丈夫だと思って、体のケアをせずに仕事に没頭する。そんな無理がいつまでも続くわけがありません。どこかで心も体も壊れてしまいます。

これからも定年までしっかりと働きたいのであれば、いま必要なのは運動です。体を動かしてストレスを発散し、平日の仕事で疲れないだけの体力を身に着けなくてはいけません。それに合わせて大事なのが心をコントロールするということ。

Street photography 1017885 640

マラソンを走るようになると、思うようにいかないことが次々に起こります。最初はどんどん走れるようになっていくことが楽しくなりますが、どこかで伸び悩むようになり、人によってはケガをして走れなくなることもあります。

長く走っていると、もう若い頃のように走れないという事実と向き合わなくてはいけなくなります。でも、そういう経験をすることで心を強くすることもできますし、怒りの感情などをコントロールできるようになります。

もちろん、ただ走っているだけでそのような成長ができるわけではありません。走りながら常に自分と向き合うこと。速く走れるように鍛えるのと同じように、強い心を持てるようなトレーニングをしなくてはいけません。

とはいえ正しく鍛えれば、誰でも自分の心をコントロールできるようになります。ストレスの多い現代社会において、どんな状況でも自分を保てるようになります。

そのためのトレーニングの場として、ランニングはとても適しています。

Woman 1958723 640

ラン仲間と走ることはあっても、マラソンは基本的に1人で行うスポーツです。駅伝であっても、走っているときは1人で孤独です。これだけ人的ネットワークが広がった社会で、孤独になれる時間というのはとても貴重です。

走っているときは自分という存在としっかり向き合えます。そこには誰かの意見が入ることもなく、何かに対して構える必要もありません。ただそこに自分がいて、自分の判断で前に進むのがランニングです。

最初は1kmを走るのが精一杯だった人も、継続していけば42.195kmという信じられない距離を走れるようになります。時間をかければ東海道や中山道を自分の足で駆け抜けることもできるようになります。

自分で考えて、自分の力で成長していくことを感じられる。そして、現在のストレス社会でも躓くことなく自分の足で立てるようになる。ランニングにはそんな魅力があるとわたしは考えています。

Theravada buddhism 1862177 640

走ることはそんなに難しいことではありません。最初は1分でもいいんです。大事なのは踏み出すことと継続すること。それさえできれば、弱かった過去の自分と決別することができます。これに関してはやるかやらないかだけ。

やらずに朽ちていく自分をただ眺めているだけか、それとも衰えに抗うのか。決めるのは他でもない自分自身です。


青春とは、心の若さである。 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
著者:サムエル ウルマン
楽天ブックス:青春とは、心の若さである。 (角川文庫) [ サムエル・ウルマン ]

スポンサーリンク