ハダシスト重松の2018年総括

P3040076

今朝から東西対抗東海道ウルトラマラソンを走るため、このブログが年内最後の投稿ということになります。そういえば、2018年の振り返りをしていなかったなと思い、2018年の総括をしておくことにしました。

とはいえ、わたしは1年という単位をそれほど重視していません。2018年から2019年になって何かが急に変わるということはなく、明日は今日までの積み重ねの先にあるという考えは若い頃から変わっていません。

そんなカッコつけの言葉はともかく、2018年を振り返るとしましょう。

まず大きいトピックとして挙げられるのが、愛媛マラソンでアスリート枠を取り戻したということです。何年も連続で失敗していた愛媛マラソンでのサブ3.5。万全の準備をして、なんとか3時間23分でクリアしました。

P2040021

その後、3月に南横ウルトラマラソンで入賞できたのは、これに向けてしっかりとトレーニングを積んでいたからでしょう。

ただし、わたしとしてはこの南横ウルトラマラソンまでが凡人の領域だったと思っています。4月からはハルカススカイランに向けての肉体改造が始まり、これまでとはまったく違うアプローチでトレーニングを始めました。

筋トレが中心になるので、必然的にトレーニングに強弱が付きます。結果的に超回復理論を利用した形になり、「練習はがむしゃらにすればいいのではない」ということを学びました。

ただし、結果が出始めたのは夏以降で、宮ヶ瀬湖24時間リレーマラソンを走ったときに、明らかに以前とは違う感覚になっているのに気づきました。ただし、ハルカススカイランは惨敗でした。

P4130047

トレーニングしてきた筋肉と階段で使う筋肉がまったく違うという痛恨のミス。

ただ、圧倒的な努力は必ず報われるものです。ワークマンの980円シューズで軽く走った国宝松江城マラソンでサブ3.5を達成したのは記憶に新しいところです。その後、花蓮太平洋縦谷マラソンで裸足で久しぶりにサブ4でした。

ハルカススカイランでは結果が出ませんでしたが、ランナーとしては愛媛マラソンのときとは比べ物にならないくらい走れる体に仕上がっています。

あらためて思うのは、練習が大事だということでした。

P8190301

物書きとしては新しいことはほぼありませんでした。RUNNING STREET 365で書いたワークマンのランニングシューズ記事がバズったくらいでしょうか。

このブログをSNSから切り離したので、アクセスはかなり減りましたが、のびのび書けるようになったのも意外と大きいことかもしれません。この国では表現の自由がない状態にあり、常に誰かに気を使って言葉を綴らなくてはいけません。

そういう環境から少しでも離れて、自分の思うがまま書ける場を持つというのはとても重要なことでした。その結果がRUNNING STREET 365のバズった記事につながっているのだと思います。

今年は海外に行った数がかなり少なかったような気もします。台湾に2回と北京に2回。普通の会社員の人と比べると多いのかもしれませんが。

P5010086

春の万里の長城マラソンではかなり北京を散策したので、より深く北京を楽しむことができました。それがベースに合ったのでラン仲間と行った秋の万里の長城マラソンは、充実したものになったように感じています。

そして、この1年で台湾人の仲間がたくさんできました。これは縁としか表すことができませんが、人の縁とはなんとも不思議なものです。

そして、やはり今年最大のトピックは花蓮を知ったということです。これまでわたしが好きな街は、北京と台北と言ってきましたが、台北が花蓮に置き換わりました。北京・台北・鶴巻温泉が北京・花蓮・鶴巻温泉といったところでしょうか。

もちろん台北も好きな街ですし、美味しいお店をかなり知ることができたので、行くのは楽しみです。ただ、花蓮を知ったことで、台北は自分の街ではないかなという感覚があります。東京と同じようなものですね。

PC140120

もしかしたら、中国でも北京に変わる場所が見つかるかもしれません。

そういう意味では鶴巻温泉も、平泉に置き換わりそうになっています。奥州きらめきマラソンを走ったときに行った平泉。この世にある極楽浄土とでも表現すればいいでしょうか。あんなに透明感のある町をわたしは他に知りません。

こうやって振り返ってみると意外といろいろありましたね。

いま思い出せないだけで、他にもいろいろありましたし。八丈島に行ったり、東京坂道ランを始めたのも今年です。かなり東京の道に詳しくなりました。ランレコードのメダルスタンドも徐々に売れるようになってきました。

P9170137

はじめましてのラン仲間もたくさんいましたし、そういえば長く会っていない友もいます。

やりたいことはたくさんありますが、やるべきことが多すぎて、積んでいたガンプラは妹の旦那さんに譲りました。きっと2019年もこんなふうにして流れていくのでしょう。

2019年に何をするかは、東海道を走りながら決めようかなと思います。たっぷり4日もありますから。今日の7時からリアルタイムで居場所が分かりますので、下記リンク先をたまにチェックしてくださいね。

それでは良いお年を。

http://www.trailrouteview.com/user/ewtu2018/map/view.html


きょうのできごと、十年後 (河出文庫)
著者:柴崎友香
楽天ブックス:きょうのできごと、十年後 (河出文庫) [ 柴崎 友香 ]

スポンサーリンク