日本の伝統食こそが日本人にとって最適な栄養学の答え

A0002 011692 m

小学校時代の給食はなぜパン食だったのだろうか。長年のその謎がようやく解けました。食べ物について少し勉強しようと思って図書館で借りてきた本『「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活』。そこに謎の答えが書かれていたのです。この本の趣旨としては、日本人は日本人に合った食生活があり、それを見直そうではないかという内容なのですが、その過程で現代の日本人の食生活がどのようにして構築されていったかを説いています。自分の親世代、もしくはおじいちゃんおばあちゃん世代なら当然に知っているようなことも、わたしたち世代は知らないことが書かれていました。

パン給食の始まりは戦後直後だそうです。給食を定着させたいけど戦後すぐでお米もお金もない日本政府。一方で戦勝国のアメリカは戦争が終わったことによって生産しすぎた小麦が過剰在庫になっていたそうです。そこでアメリカは日本を支援するという名目で日本に有利な条件で小麦を提供したのです。その背景には、継続的な小麦の消費国としての日本を想定していたそうです。お米が足りないから小麦を食べるのではなく、日本の食生活に小麦を定着させることでアメリカの生産する小麦を消費できる国にしたかったとのことなのです。

おもしろいのはそのアメリカの小麦戦略に日本のマスコミやら食品業界が追随したということです。そして「お米を食べるとバカになる」のような米への攻撃もあったそうです。そしてパン食は賢くなるというイメージ戦略です。名のある学者までが公の場でそのようなことを口にするのですから、一気にお米の消費は減り、パン食が定着していきました。実はその裏にはアメリカの小麦戦略による多額のお金が動いていたわけです。

A1470 000017 m

ただ、パンというのはそれだけでは味気なく栄養価も低いので食事として成立しません。なので、たくさんの副菜を必要とします。ですので日本にパン食が定着する流れの中で、欧米風の食事も同時に定着していったわけです。その典型が国の作成した1日30品目という目標値であり、「6つの基礎食品」という栄養学です。俗にいう「バランスの良い食事」ってやつですね。『「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活』の中では、それはそれで事実だけれども、そもそも栄養学というのは欧米の食文化に合わせたものであって、日本人の食文化には別の栄養学があるのではないかと著者の鈴木猛夫さんは言うのです。

日本人の食文化というのはご飯に味噌汁に漬物。これが基本です。頑張っても10品目もいきません。だから日本人は貧しいのだというのが戦後の論調でしたが、よく考えてください。日本人は100年、1000年かけてその食文化にたどり着いたのです。不要なものは淘汰され、本当に必要な物が選ばれて残った結果がご飯に味噌汁に漬物なのです。それで何かが不足しているわけではなく、日本人にはそれで十分なはずなのです。そうでなければ、とっくの昔に日本人はこの地球上に存在していません。

以前紹介した、ドイツの医師ベルツが明治時代に日本に来た際に「日本人ほど体力のある民族は他にない」と言ったそうです。ご飯に味噌汁に漬物の食事をしている時代の日本人の体力が当時の世界で突出していたわけです。30品目も食べず、6つの基礎食品なんて知るはずもない時代の日本人がです。

ただ、ここでポイントになるのは「ご飯=分つき米」ということです。詳細は『「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活』を読んでもらいたいのですが、現代のわたしたちが口にするお米はほぼ白米であり、白米には大きな問題があります。玄米や分つき米にはビタミンB1が含まれています。このビタミンB1が不足すると脚気になります。この脚気は日本人にとって結核と並ぶほど大きな問題のひとつでした。豊かになり白米を口にするようになると、自然とビタミンB1が不足し脚気になるのです。

それを防ぐためにはやはり「バランスの良い食事」が必要になるわけです。その理屈はおかしいと思いませんか。戦前には白米は脚気の元なのでご法度になった歴史があるにも関わらず、戦後は白米が基本で副食を多彩にするべしという方針はどこか違和感があります。分つき米のご飯と味噌汁と漬物で十分なのに、白米にするから肉を食べなさい、乳製品を摂りなさい、油を使いなさいというのです。何商法っていうんでしょうね、こういうの。

すべての人にご飯と味噌汁と漬物だけの生活をしなさいなんてこと言えませんが、豊かになったことで本質的なものを見失ってないだろうかということは伝えておきたいのです。そしてそれは本当に豊かなのかということをよく考えて欲しいのです。欧米風の食生活にしたことで、欧米型の食に関する問題を抱えてしまったわけです。いまこそ少しでも日本の伝統食を取り戻すべきなんじゃないかと思うのです。少しの旬の野菜や魚と分つき米のご飯と味噌汁、そして漬物があるだけでわたしたちの健康は確保されます。そのことだけは頭の片隅に置いておいてください。

スポンサーリンク