夏風邪?昨日から突然の体調不良です

IMG 0056

なぜだか分からないが、いきなり風邪をひいてしまった。気温が高かったり低かったりするなか、窓全開で素っ裸同然で寝ていたから…という理由は認めたくない38歳。体温が少し高いぐらいでそれほど問題はないのだが、なぜか体のあちこちが痛む。筋肉が弱っている感じがする。昨日は階段から降りる途中にふくらはぎがピキッといってバランスを崩しかけた。もちろんバランスの申し子と言われたわたしが転ぶことはない。ただ危なかった。

実はふくらはぎはずっと前から調子が悪く、だましだまし走ってきた。最初に異変を感じたのは春先ぐらいかな。時々痛む程度だったけど、とうとう限界がやってきたのか、それともこの微熱のせいで弱っているのか。同じく背中も筋肉が張っている。これは最近背中を意識して走っているから疲労が溜まっていただけか。そう、疲労がたまっている筋肉が傷んでいる……ただの老化か。

一人暮らしで何が困るかというとやっぱりこういった体調不良だろう。やる気が起きなくてもご飯は自分で作らなきゃいけない。掃除もしなければ部屋はどんどん荒れていく。誰かが代わりにブログを書いてくれるということもない。もちろん結婚しててもブログは誰も代わりには書いてくれない。寂しいというのはまったくないのだが、いろんなことがめんどくさいというのはある。

こういうときに寂しいなと思える人がきっと結婚できる人なんだと思う。面倒なことをなんとかしたいだけならメイドさんでも雇えばいいだけだ。6畳1Kのアパートにメイドさんがいるというシュールさ……想像しないほうがいいなこれ。いずれにしても自分がやりたくないことのために人に助けを求めるのはなんか違う気がする。しかも自分の調子が悪いとき限定っていうのは最悪だろう。

とはいえ逆に寝込んでいる人の世話をするのは嫌いじゃない。そんなシチュエーションなんて過去にそんなにあったわけではないけど、弱っている人を見るとなんとかしたくなるのは親の教育の賜物……ということにしておこう。まぁ事実子どものころに周りの人が困っていて見て見ぬふりをしようものなら平手が飛んできていただろう。反対の頬を差し出す前に反対の頬も叩かれるシステム。

それはともかく、一人暮らしで寝こむのはきつい。だから多少無理してでも会社に行く。会社はエアコンも効いていて快適だしね。夜の10時になっても室温が30℃を超えているわが家に比べたら会社は天国だ。こんなところで寝込んでいるよりも会社で働いている方が回復するというものだ。まわりの人にうつさないようにすることだけ心がけておかなきゃいけないが。

そんな感じでいろいろと調子がいまいちだ。でも着実に回復している。生姜汁をわけがわからなくなるほど飲んでいるおかげかノドの痛みも引いてきた。明日も無理せずに働けば週末には回復かな。土日は走りに行きたいのでふくらはぎも含めて絶対治す!病は気からですからね。

スポンサーリンク