どんな理由があろうとも自殺は絶対に認めない

A1180 014762 m

どんな理由があろうとも自殺は認めない。自殺する人それぞれに理由があるのだろうけど、どんな深刻な理由であっても絶対に認めない。笹井副センター長の自殺についていろいろと報道されていくのだろうけど、彼の善悪は正直どうでもいい。ただ、自殺をする人間だけは許せない。きっとわたしには想像できないような苦しみがあったのだと思う。それであっても許すことは出来ない。わたしは人間が生きる目的はただ「生きる」ことだけにあると考えている。生きるために生まれ、生きるために生きる。それが人間だ。

わたしたちはこの世の中で地位や名誉を得るために生きているわけじゃない。社会的な成功が欲しいわけでもない。お金もないと困るけど、お金を手にしたくて生きているわけじゃない。お金も地位も名誉も成功も全部命が尽きるその瞬間には不要なものになる。生きている間も時としてそれらは足かせにしかならない。いらないとは言わないが、それらがなくてもわたしたちは生きていけるし、生きていかなければいけない。

死者に鞭打つつもりはないが、わたしは自殺する人を軽蔑する。それが親友であっても愛した人であっても軽蔑する。その人のために涙を流すこともないだろう。

この国では1年間に3万人もの人が自ら命を絶っている。おかしくないか。死ななくてはいけないほど現状に絶望している人が本当にたくさんいるということになる。そしてそうなったときに考えるのが死である世の中はどう考えてもおかしい。世の中に絶望したなら、世の中を変えるか、その世の中から抜け出せばいい。どうせ死ぬならそのうえで討ち死にするなり、野垂れ死にすればいい。

徹底して自殺者を批判しなければいけない。自殺することがいかに無意味なことなのかアナウンスしなければいけない。そうしなければこの国から自殺者が減ることはないだろう。マスコミがするべきことは自殺の原因探しなどではない。自殺を面白おかしく取り上げることでもない。自殺は悪だとマスコミが言い続けなければいけない。

命を絶つほど苦しんでいるなら、いますぐに逃げ出してください。もうちょっと頑張れるなんて思わないでください。繰り返しになりますが、わたしたちは生きなければいけないのです。かっこわるくても、夢や目標を持てなくても生きなければいけません。生きていればそれでいい。だから絶対に無理はしないでください。自殺もしないでください。がむしゃらじゃなくてもいい、淡々とでもいいから生きようよ。

スポンサーリンク