これからプライベートな仕事で大阪に向かいます

仕事というと会社や職場に行って働くような感覚がサラリーマンの基本なんだろう。でもおいらには公の仕事とプライベートな仕事がある。そういう感覚でいたことに今日気がついた。公の仕事はサラリーマンとしての仕事。プライベートな仕事は、こうやって情報発信したり人の手伝いをしたりすること。遊びとはまた違った感覚なので線引きは難しいけど、例えば裸足マラソンを広めようというのは仕事。裸足で走ることは仕事ではない。サラリーマンは生活のためのものでもあるので生業というらしい。

そんな生業でない仕事で、これから大阪に向かう。詳細は後日書くけど、人に会いに行く。会うのは日曜日の午前中なので、別にこれから出る必要はないんだけど、明日六甲山縦走の続きをしたいのと、話のネタになると思って今夜は夜行バスに乗ることにした。決して貧しいわけではない。飛行機にしたって1万円で大阪まで行けるんだからバスが8400円だと思うとあんまり節約にもなってないからね。ただ、面白いネタが書けるんじゃないかと思っただけ。あとは朝の7時半に大阪駅に到着するメリットはでかい。六甲山縦走は残り距離がだいぶあるので1日がかりだしね。

この大阪行きでおいらの仕事は大きく変化しそうな予感がある。決してお金になるものではないけど、生涯をかけて打ち込める何かが見つかるんじゃないかと思ってる。その第一弾として大阪で打ち合わせ。おもしろいことに今年になって、生業でない仕事の比重が増えつつある。しかも自分の意志よりも流れに身を任せてたらそうなってた感じ。とりあえずこれから旅の準備です。可能なら明日六甲山縦走のレポートをホテルで書きます。

スポンサーリンク