リラックスした状態で最高の結果を出すことに全力を尽くす

Legs 434918 1280

穏やかな1日でした。

理由はよく分かりませんが、独立してからこんなにも穏やかだった日は初めてです。胃袋以外は完全にノーストレスでした。今日納期の仕事も大きな問題なく終わらせることができましたし、短い距離ですがランニングもできました。

また明日になったらドタバタしてそうですが、ほんの少しだけ心にゆとりができてきたかもしれません。収支も3月はギリギリプラスになりそうですし。カツカツには違いありませんが、軌道には乗っています。

まだ仕事以外のことをする余裕はありませんが、きっとあと2ヶ月もすれば作りかけのガンプラに手を出せるような気がします。でも「急ぎの仕事があるんです」って頼まれたら引き受けちゃうんでしょうね。これはも性分だからしかたない。

わたしが欲しいのはゆとりのある時間ではなく、胃がキリキリするような追い詰められた環境で自分のベストを尽くすというような感覚。ただそういうものはゆとりがあるから成り立つのだと最近わかってきました。

ゴムは伸ばしっぱなしだと元の形に戻らなくなってしまいます。ずっと追い詰められていると、それが日常になり胃がキリキリするようなこともないでしょう。実際は胃潰瘍だから年中キリキリしていますが。

いつも全力でいるために、全力でない瞬間を作る。全力でない時間を全力で作る。

ちょっと何を言っているのか分かりません状態ですが、最高の結果を出すための準備も含めて全力でありたい。100%で走り続けて結果が伴わないのであればそれは自己満足でしかありません。それでも100%で走り続けていたのが昨日までのわたし。

Shell 1031290 1280

いまはなぜか肩の力がちょっと抜けています。気負っていない感じ。

でもいまのほうが間違いなくいい仕事できます。仕事中の集中力が昨日までにないぐらい持続しています。理由はまったく分かりません。突然覚醒した?

なんとなくわたしのランニングフォームに似ています。以前は前向きにがむしゃらにスピードを出そうとしていたけど、いまは後傾にしてリラックスした楽な姿勢で以前よりも速く走れます。

野球のピッチャーがボールを投げるとき、力まないことが大切だと言われます。サッカー選手がシュートを打つときもそうですね。力を抜いてリラックスした状態こそが最高の状態。

そこに全力で持って行くのがプロ。全力で筋肉をこわばらせるのが素人。わたしのライターとしての力もゆっくりとではありますが、プロのそれに近づいてきた・・・ならいいですね。

とりあえずリラックスした状態が少しでも長く続くように頑張ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク