北海道マラソン前日!新たなるハダシストの挑戦がここから始まる

 P8260014

北海道マラソンで札幌に滞在中。

正直夏はずっと北海道で暮らしたいくらい空気がキレイで、ご飯が美味しくて居心地がよくて、なんで夏の北海道はこんなにも素敵なのでしょう。

寒いのが苦手なのと、走れない日々は困るので冬は沖縄がいいな。鶴巻温泉をベースに世界厨を駆け巡るようの生き方が、わたしの理想ですがそれはまだ先のこと。

いつも快適な環境でずっと走っていられたらとは思いますが、日光街道ランのように多少厳しい環境だからこそ楽しかったりもするので、これはもうただのないものねだりでしょうね。

でも、今日はほとんどいつも通りに仕事ができましたし、どこにいても仕事ができるというのはかなりありがたいこと。あとは来週北京でも仕事ができれば完璧です。

そんな中での北海道マラソンですが、キロ5分で走り切れたらいいかなとは思うものの、ひとつだけ不安要素が・・・

P8270066

右足の親指がちょっと痛い。

これが走りだしてからどこまで痛みを抑えられるかがカギを握るはず。ただなんで痛いのかまったく思い当たるフシがないのがちょっと不安要素です。

膝や筋肉の痛みならなんとなく最後まで誤魔化せそうですが、親指が痛いというのはさてどうしたものでしょう。やってみなければわかりませんし、レース中に対応できる自分がいるのかもちょっと楽しみです。

そして何よりも和紙布シューズのレースデビューです。

いやレースデビューは先週済ませましたから、フルマラソンデビューというところでしょうか。

ItoiteXの和紙布で作られたシューズが、フルマラソンでいったいどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。ItoiteXとマイロード靴総合設計とハダシストがひとつのチームとなって立ち向かうフルマラソン。

もっとも何かを背負って走ることができるほど、わたしは器用にできていませんので、42.195kmを一歩もムダにすることなく何かを感じながら走ること。ただそれだけです。

P8270095

目標はキロ5分なので3時間半。2014年の青島太平洋マラソン以降そんなタイムで走っていないので、夏のマラソン大会で3時間半を出せるのかという大きな疑問はありますが、できなくても命を奪われるわけでもなく。

むしろ3時間半で走ったけど、何も手にせずに帰ってくるよりも、結果的に4時間かかっても何かを得て帰ってこれる方がいまの私には重要。

ハダシストとして結果を出すのは2年後くらいでいいんです。

いまは課題をたくさん出すことが重要です。北海道まで来て、北海道マラソンを走って手ぶらで帰るわけにはいきません。いくつもの課題を持って帰ってこそ2年後につながります。

P8260019

これまではいつも目の前のレースばかりしか見ていなかったような気がします。

ひとつのレースでの結果に一喜一憂していましたが、これからは遠いゴールに向けての着実な一歩を踏み出す。40歳でようやくそんは大人の走りの重要性がわかってきました。

ハダシストとしてのサブ3への挑戦の新たなる第一歩が、晩夏の北海道の地から始まります。

いい走りをして、美味しいビールとジンギスカンを楽しむぞ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク