五街道制覇目指して奥州街道・白河から日本橋まで195km

Cae47c9765782555ace557ab32e7c849 m

年賀状も大掃除も終わっていませんが、来年の話。

2年前の年末年始は大阪から東京までの東海道57次546.3km、1年前は大阪から伊勢神宮までの伊勢本街道170kmの歴史街道。そろそろ街道を走りたい虫が騒ぎ始めています。

今年の夏に日光街道を走っているので、五街道制覇も視野に入れたいところ。

というわけで1月3日から5日までの3日間で奥州街道を走ってこようと思います。ただし、条件としては雨や雪の予報にならないこと。そして右足裏が走れるレベルまで回復することです。

奥州街道は正式には福島の白河から宇都宮までの約80kmなのですが、どうせ五街道制覇をするならすべて日本橋制覇をしたいところです。ですので白河から日本橋までの約195kmを3日間で走ります。

2日の夜のうちに白河に入り、3日の早朝から1日70kmくらいを走れば3日で計算が合います。ただ、初日は宇都宮まで戻ってこないと宿になる場所がないため80kmの長丁場です。

残り2日で60kmずつですから初日さえ乗り切ればなんとかなるはずです。

Acd9e82e298b9a36d6581db1661222bd m

今回奥州街道を制覇しておけば、夏もしくは来年の冬に甲州街道。そして再来年には中山道で完全制覇になります。中山道だけは冬に走ることができませんので、もしかしたら来年の夏に挑戦するかもしれません。

中山道は530kmですから1日60km計算で9日間。もう少し短めに区切って、仕事をしながらというのも面白いかもしれません。だとしたらあえて暑い夏にする必要はなさそうですが。

五街道制覇している人は何人もいるのでしょうが、ほとんどの人が定年退職をした後、老後の楽しみとして行っています。そして情報発信をしている人はそこからまた少ないのが現状です。

若いとは言えませんが40代で五街道制覇したランナーはそう多くはないはずです。五街道制覇を達成した暁には、五街道を走って制覇するためのコンテンツをRUNNING STREET 365の中に作ろうかと考えています。

走る前に作るというのもありなのですが、それをすると走るワクワク感が減ってしまいます。どうなっているかわからないところを走るから旅ランは面白いのであって、知っているコースを走るのは近所を走るのと変わりません。

そして今回は3つ目の街道としての奥州街道です。

1日80kmが難しいことは現在進行中の東西対抗東海道53次ウルトラマラソンでもよくわかります。人間は1日60kmまでなら毎日でも走れます。80kmというのはその先の世界です。

Ec4c0ef4507da6a090e7049d5461336c m

東海道57次をしたときの2日目が約80kmでした。前日に飲みすぎたのと、いま思えば胃潰瘍が進行していたのもあって、ひどい1日でしたが走りきれたのは自分1人ではなく、ラン仲間が一緒だったというのもあります。

とりあえず今回も誰も誘っていませんが、初日だけ走れば本来の奥州街道は完走できますので、もし走ろうかなという人がいれば声をかけてください。

おそらくみんなは4日から仕事でしょうし、フルマラソンシーズンにウルトラマラソンの距離を走りたくないでしょうからあまり期待していませんが。それでも走りたいというクレイジーなランナー募集します。

とにかく初日の80kmだけはなんとしてでも走りきる必要があります。

失敗しても命を落とすわけではありませんので、それほど切羽詰まっているわけではありませんが、年に数回の旅ランですから、気持ちは高めておきたいところです。

まずは年内の東西対抗東海道53次ウルトラマラソンで、2人の挑戦者の走りに刺激を受けて、年始をいい感じで迎えて、1年の願掛けのつもりで走ってきます。

もし時間があれば5日のゴール後に美味しいビールでもご馳走しに日本橋まで来てください。中止になったり日程をずらすときはまたブログにて連絡します。


日本の街道ハンドブック
著者:竹内 誠
楽天ブックス:日本の街道ハンドブック新版 [ 竹内誠 ]

スポンサーリンク

スポンサーリンク