楽天で予約したkobo auraが届いたぞ!これで電子書籍が数倍便利に♪

PC080025

楽天で予約した「楽天Kobo電子ブックリーダーkobo aura」が昨日届きました。kobo auraは楽天の電子書籍端末です。電子書籍端末ならすでに持っているではないかと言われそうだけど、おいらが持っているのはkobo touchという、もはや2世代前の端末なのです。PCやカメラと違って、歴史が浅いぶん1世代違うと性能がまったく違います。kobo touchの次がkobo gloでそして今回のkobo auraとなっていますが、kobo aura>kobo glo>>>>>>>>>>kobo touchというぐらい性能差があります。本を読むだけならまだなんとかなるのですが、ページ切り替えがうまくできなかったり、漫画の表示がおどろくほど遅かったり。なんとなくごまかしながらの運用だったのです。

まず、現在kobo touchで買い替えを検討している人はすぐにでも買い替えましょう。別にkobo gloでもいいですよ。もうね、kobo auraでようやく電子書籍端末のスタートラインに立った気分ですよ。ジムに乗って1年戦争を乗り切るようなもんですよ。ニュータイプだったとしても生き残れませんよ。わかりにくい例でゴメン…でもとにかくkobo touchはよく販売したなと思うほどの品質です。これしかなかったから気づかなかたっというか、そういうものだと思っていましたが。

PC080028

kobo touchを使っている人ならわかると思うのですが、kobo touchは自炊と小説用の端末としてはそんなに悪くありません。逆に言えばそれにしか使えないのです。ネットに繋がりますが、買ったばかりのときに繋げて以降一度も使う気には慣れませんでした。wi-fiのパスワード入力すらイライラするレベルです。それがようやく、我慢してなら使えるようなレベルになりました。漫画も少し引っかかりますが読めます。kobo auraにはたぶんブラウザはないのでネットはできませんが、そもそも必要ない機能です。

PC080026

届いた商品を見て最初の驚きは、説明書が付いていることです。アップル製品を真似て説明書を付けなかったkobo touchの二の舞を演じないためでしょう。これはkobo gloでもついていたのかな。もっともおいらはほとんど目を通していません。ホームボタンがなくなったので、その代用がどうなっているか確認しただけです。説明書なくてもいいだろうという感覚はわからなくはないのですが、万人向けではないですね。

セットアップはあっという間に終わります。言語を日本語に設定して、wi-fiに接続して楽天のIDとパスワードを入力で完了です。あのkobo touchの苦労は何だったのでしょう。これがあるべき姿です。これが最初であればkobo touchのような騒動は起きなかったでしょう。そういう意味でkoboの電子書籍端末はようやくスタートラインに立ったということになります。

PC080034

サイズはkobo touchよりも縦が少しだけ短くなりました。どうってことないです。端末そのものは安物感が少し薄れましたね。もちろん高級感もありませんが。12,800円に相応しい機器だと思います。とうぜんそこらへんのタブレット以下ということでもあります。予約特典でカバーも付けたので、そもそも端末の見た目はまったく関係なくなりました。解像度も上がっているそうですが、kobo touchで困っていたわけではないので感動はまったくありません。いや、だから12,800円の製品に感動するほうがどうかしています。

でも、決して非難しているわけじゃないですよ。むしろ、じんわりと嬉しいです。タッチには確実に反応してくれますし、まだ使っていないけどフロントライトもついてて寝る前に布団の中で本を読むことも出来ます。着実に便利になっているのです。反応が早いからライブラリの確認も楽です。kobo touchでのライブラリ確認なんてあれはなんの罰ゲームだったのでしょう。

PC080036

これでようやく電子書籍中心で考えられそうです。がんがん本を読めそうです。しかもkoboストアは1ヶ月に数回クーポンが送られてきて、本を30%OFFとか40%OFFとかで買えます。最新刊であってもです。すごくないですか。通常は定価だけど、「電子化したんだから安くなるべきだろ」という未来が実際にやってきたのです。作家さんにとっていいことなのかどうかはわかりませんが、読書が好きな人にはありがたい話です。

電子書籍端末に興味があるけど、どうしようかなぁと悩んでいる人はぜひkobo aura買ってみてください。端末代なんてあっという間にクーポンの割引で取り戻せます。もう読み返しもしない本を何冊も物理的に持っておく時代ではなくなりつつあります。持たない暮らしのひとつの姿としてどうでしょうか。ほんとうの意味で快適に読書を楽しむにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、この端末であればそう後悔はしないと思います。

スポンサーリンク