Xiaomi Mi Band 3を買うべきかHuawei Band 3 Proを買うべきか

Smart watch 821565 640

カラダづくりのためには睡眠が重要ということで、わたしは活動量計を使って睡眠の質や、睡眠中の心拍数を計測・記録しています。

ただ、わたしが最初に購入したXiaomi Mi Band 2は睡眠中の心拍数が測れないので、中華ガジェットのDT NO.1というスマートウォッチを使って、心拍数を計測しています。

普段はタイピングのじゃまになるのと、装飾品が苦手というのもあって何も付けてないのに、寝るときだけ左右の腕に時計がついている滑稽な状態が続いています。

ところがDT NO.1を前回充電したときに、充電部品が発熱して壊れてしまいました。さすが中華ガジェット…一歩間違えればボヤ騒ぎでしたが、匂いでおかしいと気づいて事なきを得ました。

Pillows 1031079 640

もちろん、もう充電はできませんが、充電部品を買う気にはなりません。また同じことが起こるかもしれませんので。

まだ、その充電したときの電池が残っているので計測できていますが、そろそろバッテリー切れします。そうなると心拍数を測れないので、代わりのアイテムが必要になります。

そこで候補になっているのがXiaomi Mi Band 3とHuawei Band 3 Proです。Xiaomi Mi Band 3は現在使っているXiaomi Mi Band 2の後継機で、評判もよく心拍数も24時間測れるようになっています。

Huawei Band 3 Proは最近中華スマホで勢いのあるHuaweiのスマートウォッチで、GPSが内蔵されているためランニングのログを取ることができます。




機能だけならHuaweiのスマートウォッチです。価格はHuaweiのほうが3倍くらいしますが、それでも13000円くらい。ヨドバシのポイントがあったと思うので、おそらく半額くらいで買えます。

でも個人的にXiaomiが好きなんです。理由はありません。石田ゆり子さんが好きだというのと同じくらい感覚の問題です。

Huaweiのスマホよりも、やっぱりXiaomiのスマホの方がいいなと思うわけです。Huaweiを持っている人が多く、Xiaomiを持っている人が少ないというのもその理由です。

わたしは昔から、少数派を選ぶタイプです。乗っていたバイクはヤマハのSRX250。SRでもなければSRX400でもありません。バイク乗りでも「そんなのあったっけ?」って言うような珍しいバイクです。

Biker 407123 640

プロ野球チームは南海ホークスが好きでした。1週間に1回か2回しか勝てないチーム。大阪と神戸で暮らしていたので、同級生はみんな阪神タイガースファンだったのに。

わたしのスマホはiPhoneですが、「あんなもの使い物にならない」と言われていた、iPhone 3Gの発売と同時に購入しています。ようするに、逆張りの人生なわけです。みんなが右を向くなら、わたしは左を向くわけです。

どう考えたってHuawei Band 3 Proのほうが魅力的です。朝起きてそのまま走りに出れば、そのログが残るわけです。でもこうも思うわけです。「ログなんか残してどうするのだ」と。

このブログの名前は「月間走行距離なんて知りません」です。わたしは、もう何年も月間走行距離なんて数えていません。それは走行距離が不要だと言っているのではなく、真面目に練習していたら距離は勝手に伸びるし、距離を走って満足したくないという意味が込められています。

Smartphone 1284501 640

それは余談ですが、走った距離を計測できても対して役には立ちません。1km走やインターバルには使えるかもしれませんが、それはガーミンやスマホで十分です。

でも見た目はやっぱりHuawei Band 3 Proがいいんですよね。4千円の商品と1万3千円の商品を比べても仕方ないのですが。機能面での違いはGPS以外では大したことありません。

そうなってくるとやっぱりXiaomi Mi Band 3なんでしょうね。体重計もXiaomiにすれば体重管理も全部スマホでできます。思い切ってスマホもXiaomiにしてしまおうか。

昔からXiaomiの製品が気になっているんですが、実際のアイテムはなかなか購入できずにいます。唯一持っているのがXiaomi Mi Band 2というわけです。

さてどうしたものでしょう。とりあえずもう数日悩んでみます(本当はアップルウォッチが欲しいというのは、ここだけの秘密です)。

スポンサーリンク