Xiaomi Mi Band 2はもういらない!Xiaomi Mi Band 3に不満なし

PB150003 2

Xiaomi Mi Band 3を購入しました。これまで中華ガジェットのDT NO.1で睡眠時の心拍数を測っていたのですが、充電器が壊れてしまったので使えなくなり。

当初はXiaomi Mi Band 3を買うべきかHuawei Band 3 Proを買うかで迷っていましたが、やはりお財布に優しいというのと、HuaweiよりもXiaomiのほうが好みだったのもあってXiaomi Mi Band 3を選びました。

これまでXiaomi Mi Band 2を使っていたので、スマホアプリを継続して使えるのも大きな理由のひとつです。ただ、それほど期待はしていませんでした。5,000円もしない活動量計にあれこれ望むのは無理がありますから。

でも正直、これは購入して正解でした。

PB020347

その理由を書こうと思うのですが、その前にひとつだけ注意があります。Mi Band 3は技適を通過していません。Mi Band 2は技適を取っているのでこちらもいずれは取得するのだとは思いますが、その点だけは気をつけてください(細かくは書きません)。

このモデルは日本語表示にも対応していますので、日本での販売も視野に入れているのは間違いありません。そうなると、技術的な問題がない限り技適を取るのは時間の問題かと思います。

Xiaomi Mi Band 3でわたしがやっているのは、睡眠時間の管理と睡眠時の心拍数測定、目覚まし機能がメインです。Mi Band 2では睡眠時間の管理ができましたが、睡眠時の心拍数測定を測定できませんでした。

PB020345

心拍数の測定そのものはできてましたが、常時表示するには別アプリが必要でしたので使わず。このため、Mi Band 2は寝るときだけ使っていました。

わたしはライターという職業柄、どうしても装飾品を手や腕に着けるのを嫌います。タイピングをするのに邪魔になるからというのがその理由で、Mi Band 3でも仕事中は使っていません。

でも、ランニング中には使うようになっています。運動時の心拍数を測れるだけでなく、カロリー消費や運動時間を測ることができます。意外と便利なのが運動時間の測定です。

わたしは朝ランで毎日適当に走っていますが、決まったコースを走っていますので、自分のコンディションの確認ができるのですが、どれくらいの時間で帰ってきたかを確認できます。

20181116

夕方は反対に1時間ジョグをしているのですが、単純に1時間走ったら切り上げればいいわけです。普段は時計を持たずに走っていましたので、これまではわざわざスマホを使って確認していましたが、その必要がなくなりました。

さらに、1日の有酸素運動の時間と無酸素運動、そして最大酸素摂取量での運動時間をチェックできます。これは目安程度だと思っていますが、練習の負荷が視覚化できるのでそれなりに便利に使っています。

これまでのMi Band 2で使っていたのは、睡眠の質を確認するのと目覚まし機能だけでした。目覚まし機能がなければ、なくても困らないような存在でした。

ところがMi Band 3は、わたしのライフログ、ランニングログとして必須のガジェットになっています。他に天気予報やストップウォッチ機能もあるようですが、ほとんど使っていません。

PB020350

最初はLINEやFacebookメッセンジャーの通知ができるようにしていましたが、仕事中には外していますし、睡眠中に通知が来ると起きてしまうので通知は解除しています(ナイトモードで通知オフにできるようですが)。

正直なところMi Band 2は「活動量計なんてこんなものかな」という程度のガジェットでしたが、Mi Band 3になったらちょっと驚きのガジェットに進化しました。これだけの機能があって画面も見やすくなって、お値段は4000円ちょっと。

そう、画面が大きくなってものすごく見やすくなったのも、持ち出したくなる理由のひとつです。走りながら心拍数を見ることもできますし、運動時間のチェックも止まらずにできます。夜だから見やすいというのもありますが。

欲を言えば、これでiPhoneの音楽を操作できると嬉しいですし、GPSだって付いていればそれに越したことはありません。でも、それで1万円になったのでは意味がありません。

PB020354

Mi Band 3の素敵なところは、お手軽価格だということです。

しかも、中国では人気のアイテムですので、交換バンドが豊富に用意されているのが嬉しいところです。標準のバンドはシンプルで嫌いではないのですが、今回はちょっと主張するバンドが欲しくて追加で購入しています。

完全にApple Watchのスポーツバンドをパクったデザインですが……

おどろくことに、このバンドは送料込みで469円です。中国から送られてきました。いったいどういう送料設定になっているのでしょう。中国の配達はものすごい安値で受けていると聞いていましたが、ただただ驚きです。

PB150002 2

Mi Band 3は活動量計なので、目的を持っていないと購入しても意味がありません。ですので、誰にでもおすすめというわけではありませんが、Mi Band 2からの買い替えを悩んでいるなら、これは間違いなく「買い」です。

いつまでも古いモデルを使い続ける意味はありません。価格も含めて一切の不満がありません。

すみません、ひとつだけ不満がありました。初期設定をするときに、なぜかアップデートに失敗し続けて、睡眠時間が2時間くらい削られました。ですので、初期設定は時間のあるときに片手間でやることをおすすめします。

それ以外は何も問題ありません。久しぶりに購入してよかったなと思えるガジェットでした。こうなるとXiaomiの体組成計も欲しくなったり。でもでも、そうなってくると次はXiaomiのスマホでしょ…

PB020001

中国好きというのもありますが、ここまでくるとちょっと病的かな。でも、Mi Band 3はがっつりハマって、やっぱりXiaomiはいいなということを再確認できました。興味がある人はAmazonでぜひ!



スポンサーリンク