iPhone 11のデザインに神は宿っているのか 〜リンゴの引力〜

iPhone 11のデザインに神は宿っているのか 〜リンゴの引力〜

もう何度目かの離脱計画か分かりませんが、なんとかしてAppleの呪縛から逃れなきゃいけないような気持ちになっています。えぇ、iPhone 11を見てのことです。あんなのApple製品じゃないだろうと。

いまのAppleはコンテンツがすべての中心にあります。どれだけ一般受けするコンテンツを用意できるか。そのコンテンツを楽しめるスペックがあるか。そして、そのコンテンツを作り出すApple製品があること。

コンテンツの消費にしても、コンテンツの製作にしても、すべてアップル製品で完結することを狙っているのでしょう。

別にそれはそれで構わないと思います。それがAppleのビジネスモデルなのでしょうから。でも、わたしが好きだったAppleは、そこにプラスアルファの価値観を加えてきました。

言うまでもなく「デザイン」です。スタイリッシュであり、デバイスをただの道具にしない精神。どこへでも連れていきたい最高の相棒として、MacBookやiPhoneがあったわけです。

なんでしょう、iPhone 11のカメラは。

やりたいことは分かります。その技術を導入するために、あの配列になることも仕方ないかなとは思います。だからデザインがダサくなるのが許容されるかというと、そんなわけはありません。これではただの道具です。

ラインナップはシンプルになりました。

● iPhone 11
● iPhone 11 Pro
● iPhone 11 Pro Max

スマホのProって何なんでしょう?MacBook Proの13インチも、ずっと「Pro」ってなんだろうという哲学的な問題がつきまとっていましたが、2019年にその問題は解決しました。

でも今度はiPhoneです。スマホ使いのProって何?YouTuberとかそういう人たちなのでしょうか?もしかして、これで映画を撮るとか?

カメラ機能が向上したようですが、スマホのカメラはどれだけ頑張っても、スマホのカメラでしかありません。以前と比べれば格段に素晴らしいですし、細部にこだわらなければ十分かもしれません。

でも神は細部に宿るわけです。

「細部にこだわらなければ十分なんだよ」となる時点で、もはやそれはAppleの精神から逸脱しています。いや、逸脱しているとわたしは感じるわけです。無駄とも思えるほど細部にまでこだわって、最高を届けるのがApple。

そして、iPhone 11が6色、iPhone 11 Proが4色。iPhoneってみんなカバー付けてますよね?カラーバリエーションって必要なんでしょうか?

どうもチグハグしてる気がします。だったら買わなければいいじゃないかと思うかもしれません。Appleから離れればいいじゃないかとも。でも、それが難しいから悩ましいんです。

もちろん、不可能なことではありません。最近はWindowsだってスタイリッシュですし、価格も安くて魅力的です。Androidのほうが選択肢も多く、どうでもいいことですがカメラもiPhoneより優れています。

でも、すでに持っている資産があります。それを手放す踏ん切りがつきません。それに、パソコンに関してはMacでいいかなとは思います。デザインへのこだわりがあり、機能面での問題もありません。

でも、スマホは本気で考え直す必要があるかなと。現在は消去法でiPhoneになっていますが、わたしはiPhoneでゲームをするわけではありませんし、動画もほとんど見ません。iPhoneにしかないアプリも少ししかありません。

そして、中古なら意外と手頃な価格帯なわけです。今回のiPhone 11の発売によってiPhone 7の中古は2.5万円くらいになります。新品のiPhone 8は52,800円で売られています。ギリギリ手が届きます。

iPadはKindleに置き換わりました。何も困っていません。YouTubeを見ているのに使っているだけですので。でも、そんなiPadも10.2インチになって、価格は34,800円とお手頃価格。

これに手を出すとやはりAppleの支配から逃れられなくなります。見事なビジネスモデルです。

でも、やっぱりiPhone 11のデザインでいいとしたわけですから、少なくともわたしの感性とはズレているわけです。どちらの感性が優れているという話ではなく、合わないんじゃないかという話。

インスピレーションを与えてくれるのが、わたしにとってのApple。そこに期待できないとなると、やはり付き合い方を考え直さなくてはいけません。でも、代わりがないのも事実ですので、この議論はまだ数年続くかもしれません。

ちなみにApple Watch 5が登場したことで、Apple Watch 3はなんと19,800円に。絶妙に物欲をくすぐる値段設定。いや買いませんよ。腕時計をする習慣がありませんし。でもGarminより安いとなると……これが、リンゴの引力か。


ティム・クック-アップルをさらなる高みへと押し上げた天才
著者:リーアンダー・ケイニ―
楽天ブックス:ティム・クックーアップルをさらなる高みへと押し上げた天才 [ リーアンダー・ケイニー ]

GADGETカテゴリの最新記事