楽天Koboの端末を新型電子書籍リーダー「Kobo Nia」に買い替え検討

楽天Koboの端末を新型電子書籍リーダー「Kobo Nia」に買い替え検討

電子書籍を使っています。楽天Koboのサービスが始まる以前から、スマホで読めるサービスを使っていましたし、楽天Koboのサービスが開始してからもKobo Touchを購入し、2015年からはずっとKobo auraを使っています。途中でケースが壊れてから裸で持っているので画面がボロボロです。

どこかのタイミングで買い替えたいなと思っていたら、安価モデルの「Kobo Nia」が発売されるということ。あと4,000円足せばワンランク上のKobo Clara HDを買えるのですが4,000円分の本を買ったほうが賢い気がして……というわけで明日発売の「Kobo Nia」を検討中。

Advertisement

Kobo auraで感じている不満

これまで使っていたKobo auraですが、USBのコネクタ部が弱くなっているのか、手持ちのMacのいずれとも有線接続ができません。ですので、自炊本などをKobo auraで読むために、毎回MicroSDカードを抜き差ししています。これがなかなか面倒。

また、読書中にフリーズすることも珍しくなく、以前はいつでもリセットボタンを押せるように、常にピンを持ち歩いていました。5年使っていれば、そりゃあ不具合も出てきます。本を読めないほどではありませんが、カバーが壊れてから、画面は擦り傷がいっぱい。

解像度の1014×758(211ppi)には不満はありません。そりゃ300ppiのモデルのほうがきれいです。でも小説を読むなら大きな違いはありません。漫画を読むとなると解像度の高いモデルのほうが幸せになれますが、そんなには漫画を読むこともないので。

ただMicroSDのメモリ拡張できるという点だけは気に入っています。そもそも自分で持っていた自炊本を読むために電子書籍のある生活を始めましたが、そのデータは容量が大きいのでMicroSDに保存しておけるのはかなり便利です。

ちなみにラン仲間がKindleをくれたので、そちらも使っています。アマゾンプライムで無料で読める本用に使っています。

電子書籍をスマホやタブレットで読まない理由

楽天KoboにしてもAmazonのKindleにしても、スマホやタブレットで読むことができます。でもわたしは電子書籍端末にこだわっています。液晶のように発光しないので目に優しいというのがその理由で、なおかつ本を読むことにしか使えないので読書に集中できます。

持っているスマホが小さいというのもありますし、電子書籍にちょうどなサイズのタブレットも持っていません。読書をするのにE Inkの電子書籍端末はサイズ感もよく、満員電車でも片手でさっと操作できるのも魅力です。

自分の持っている本が、すべて1つの端末に詰まっているのも、未来っぽくて好きです。以前は毎週のように本を買いあさり、本棚が埋まると新しく本棚を作るというスタイルでしたが、もう本棚を持つ必要さえなくなりました。おかげで1Kのアパートでも狭さを感じません。

本を減らすだけならスマホでも十分なのでしょうが、これはわたしの性分みたいなものです。実は紙の本から電子書籍に移るときに、本好きの1人としてやや抵抗感もありました。「本はやっぱり紙でなきゃ」なんてことも言っていましたが、電子書籍端末の登場で抵抗はかなり薄れました。

そして今では、どこに行くのもKoboを持ち出しています。

Advertisement

Kobo Niaはエントリーモデル

今回発売になるKobo Niaは数あるKobo端末の中で、エントリーモデルになります。価格は税込みで10,978円ですので税抜で1万円を切る価格帯。わたしがKoboを買い始めたときは5,000円程度で買ったような記憶があるのですが……

ワンランク上のKobo Clara HDは1万5180円です。アメリカだと119.99ドルなので、これはちょっと納得がいかないのですが、きっと円安のときに値段設定をしたのでしょう。1.2万円でKobo Clara HDを買えるなら、もちろんそちらを選びますが、4,000円以上の差は大きい。

Kobo NiaとKobo Clara HDの違いは2つだけ

  • Kobo Clara HDのほうが解像度が高い
  • Kobo Clara HDのライトはナチュラルライト機能付き

ちょっとだけKobo Clara HDのほうが優れています。解像度は300ppiですし、ライトはComfortLight PRO でフロントライト内蔵だけでなく、ナチュラルライト機能を搭載していますので、暗いところでも自然な明るさで読書ができます。

そして6gほどKobo Clara HDのほうが軽いのですが、これは誤差の範囲内。内蔵メモリはどちらも約8GB。その他の部分もほぼ同じです。おそらくCPUなどに違いはありますが、きっと気にするほどのことではありません。計算をするわけでもないので。

要はKobo Niaで十分なのです。カバーを付けても1.5万円以下ですので、かなりお買い得です。

楽天ポイントが入ったら買い替える

1.5万円ですのですぐに変えないわけではありません。手持ちの楽天ポイントも1万ポイントくらいありますので。でもこのあと、楽天モバイルへの移行と、楽天ひかりへの移行でつくポイントが入ってくる予定なので、それを使おうかなと。

今年はMacを含めいろいろと買い替えの予定があるので、できるだけ現金は手元に残しておきたいんです。ここまでスマホは1円で買い替え、Wi-Fiルーターは無料で交換、TVチューナーは楽天ポイントでと、非課税世帯らしく節約節約で新しいものに換えてきましたので、Kobo Niaも出費を抑えていきたいなと。

なんでも好きに買える人はこんな苦労はしないのでしょうが、まぁ貧乏ゆえにいろいろと工夫をするわけです。

カバーがちょっとダサいのが玉に瑕ですが、また5年使うならカバーは必須。モノの扱いが雑なわたしは、カバーなしだとまたきっと画面を傷つけてしまうので……カバーが出るのを待つというのもありですけどね。とりあえず買い替えはするものの慌ててはおらず。

ただ、電子書籍でもいいかなと思っている人がいるとは思うので、新作が発売になりますよというお知らせです。しかし、これが1日分のUberEats配達とほぼ同じとなると、やっぱりちょっと気が引けるな……どこかに中古のKobo Clara HD売ってないかな。

追伸

中古でなくてもAmazonでKobo Clara HDが12,980円で売られてる……2,000円の差なら……あぁ悩む。

GADGETカテゴリの最新記事