乾燥肌対策にヤマゼンのスチーム式加湿器KS-GA25-Wを購入

乾燥肌対策にヤマゼンのスチーム式加湿器KS-GA25-Wを購入

小さな頃はアトピー性皮膚炎に悩まされてていたのもあってか、大人になっても冬は肌が乾燥しやすく、あちこちが痒くなる。それを保湿クリームなどで補ったり、お風呂に敏感肌用の入浴剤を使ったりしてきたのだが、その費用も馬鹿にならないので、加湿器を購入した。

ずっと冬になるたびに買おうか迷っていたのだが、なんとなく冬を乗り切ってしまい買わなかったのだが、流石に部屋の湿度が20%以下というのはよろしくない。加湿器1台でこの肌荒れを解消できるなら安いもの。ということで、近所の家電量販店に行き、デザイン重視でヤマゼンのスチーム式加湿器KS-GA25-Wを購入した。

Advertisement

税込で4400円くらい。加湿器には超音波式や気化式、ハイブリッド式などがあるが、それらの多くがこまめなメンテナンスが必要で、それを怠るとカビが発生するとのこと。こまめにメンテナンスすればいいだけなのだが、45年も生きていれば自分の性格くらいは把握している。人生で2回もサボテンを枯らした男だ。

メンテナンスは必要だけど頻度が少なくて済むということで、スチーム式に絞ってお店でいろいろ見てみたのだが、ヤマゼンのスチーム式加湿器KS-GA25-Wが手頃な価格で、デザインもシンプルかつ、クチコミも悪くない。悩むことなくお買い上げ。いつもなら、散々悩むところだが、とにかく部屋を加湿したいのだ。

部屋の湿度がそもそも20%以下で、うちにある湿度計では計測できない。なので、どれくらい湿度が上がったかはわからないが、運転すると35%くらいにまで上がり、スチームというのもあって少しだけ部屋の居心地が良くなる。明確に良くなるという感じはないが、人間の感覚なんてそんなものだろう。

スチーム式というのは、わかりやすく言えば、電気ポットの蓋を開けているような状態で、水を加熱して蒸気にするのだが、この過程がややうるさい。仕事中は気にならないが、寝るときは枕元に置いてるのもあって、明確にノイズとして感じる。ただ、寝れないかというとそういうわけでもなく、入眠しやすいゆらぎのあるノイズなのかもしれない。

Advertisement

そして驚きは朝にやってくる。朝の目覚めが信じられないくらい快適だ。これまでは、無理矢理5時30分に起きていたのだが、加湿器を使って寝ると起きてすぐに行動できる。2日連続だったので加湿器の効果なのは間違いない。そして、自分の顔に手を当てると、いつもと違ってカサついておらず肌触りもいい。

なぜこれまで買わなかったのか。いつも買っている入浴剤4本分の価格でこの快適さが手に入るのに。UberEatsの配達もあるので、外に出るときは乾燥からは逃れられないが、自宅仕事の日は常に程よい湿度に包まれて仕事ができるのだ。きっと痒みを感じなくなるので、集中力も違ってくるはずだ。

ただヤマゼンのスチーム式加湿器KS-GA25-Wは細かな調整機能などはない。ブルジョワなみんなは象印のEE-RQ50でも買った方が幸せになれるだろう。ヤマゼンの加湿器は7時間くらいしか連続で使えないし、機密性が高い部屋だと加湿しすぎるかもしれない。現状より20%くらい湿度が上がるが、程よいところで自動で止まらないのは残念なところ。

もっとも、そういう機能が欲しい人のために高級モデルがあるのだ。ただ、高級といっても2万円台だから、そこまで高いものではない。わたしも、ここまで効果があるとわかっていたら、もう少しいいものを買っていたかもしれない。今回購入した加湿器が壊れたら、きっと象印の加湿器を購入するだろう。

いずれにしても、乾燥による冬場の肌荒れに悩んでるなら、加湿器はありだと思う。いろいろ種類もあるが、わたしがオススメするのはスチーム式(他のを使ったことがないので、実際はなんとも言えないのだが)。お手入れをこまめにできるなら、ハイブリッド式がいいだろうし、部屋のサイズによっても選ぶべき加湿器が変わってくる。ある程度は下調べしたほうがいいだろう。

わたしにもう少し時間があれば、加湿器の紹介記事なども書けるのだが、貧乏暇なし×師走でブログも移動中に書いている。どこかで時間があれば書くかもしれないが、あまり期待はしない方がいい。とりあえず築30年の物件ならヤマゼンのスチーム式加湿器KS-GA25-Wで良いだろう。当てはまる人がどれくらいいるかは知らないが。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

GADGETカテゴリの最新記事