写真をRAWで撮る理由【ミラーレスカメラ初心者のための写真講座】

写真をRAWで撮る理由【ミラーレスカメラ初心者のための写真講座】

カメラのレンズが1つ壊れました。手元にあるレンズではしまなみ海道ランの撮影には使えないので、本格的にカメラの買い替えを決めなくてはいけなくなってきました。ただ、今日はカメラの話ではなく写真のお話です。私は基本的に写真はRAWデータで撮っていますが、その理由について簡単にお伝えします。

スマホやコンパクトカメラの多くが、撮影した写真がJPRGというファイルで保存されます。これで撮影した写真のデータを圧縮したもので、写真となったときに表現されていない部分のデータを削ぎ落としています。撮った写真が完璧ならそれで問題ないのですが、撮影環境によっては逆光で室内をきれいに写そうとすると、空が白飛びすることがあります。

それを避けるために、空が白飛びしない程度に露出を下げて撮影します。そうすると今度は室内が真っ暗になります。このときRAWデータで保存しておくと、暗くなっている部分の情報もデータに残っており、現像ソフトを使うことで空が白飛び回避しつつ室内も明るく加工できます。

言葉では分かりづらいので、実例を示します。

おそらく弥彦神社の写真だと思いますが、社殿の後ろに太陽があり、室内を明るくすると空が完全に白飛びします。すでに真っ白じゃないかと思うかもしれませんが、このような写真でもRAWで保存しておき、Lightroomなどの現像ソフトを使うと下のような写真に仕上げることができます。

現像の腕は無視してください。毎月1,000円しか稼いでいないカメラマンですので。大事なのは上のように空が真っ白な写真でも、RAWデータなら自分の目で見た青い空を取り戻すことができるということです。もしこの青空が写るように露光調整して撮影していたら、社殿の中が黒飛して復元できなくなります。

これができるのはRAWデータだからです。仮にJPRGで撮影したものを現像したらどうなるのか見てみましょう。

青い空が見えていますが、どことなくフィルムカメラで撮影したような雰囲気になって、これはこれで悪くなさそうですが、建物に立体感がなく使いどころに迷う写真になってしまいます。腕のいい人がJPEGから現像したらもっとマシな仕上がりにはできますが、仕上がりの幅がどうしても限られます。

私のような技術も基本もないカメラマンは、後でどれだけ修正できるかが大事だったりします。残念ながらJPEGで撮影した写真は私にはうまく取り扱えないので、RAWデータで保存しておき、あとは使うときに現像するといった使い方をしています。

もちろん撮影の段階で、現像が必要ないように設定して撮るという方法もあります。最新のiPhoneなら何も考えずに撮影しても、きれいに仕上げてくれます。そう考えると、いずれ写真の現像なんてプロだけが使うソフトになるのでしょうが、少なくとも現時点でのミラーレスカメラではRAW保存が必須です。

私は写真の現像ソフトにLightroomを使っていますが、カメラメーカーがそれぞれ現像ソフトを出しているので、基本的には無料で使えます。ですので、ミラーレスカメラを使っている人はRAWで撮影さえすれば、自由な雰囲気に仕上げることも可能です。

Advertisement

とはいえ最初はかなりとっつきにくく、専門用語も勉強しなくてはいけません。でも最近はYouTubeで現像例を紹介しているYouTuberがたくさんいるので、それを使えば無料で学べます。わざわざ専門書を買う必要もなく、ソフトもカメラに付属のもので十分なので、無料で遊べるわけです。

JPEGに撮影するだけでも、スマホにはない写真に仕上がるので全然構わないのですが、せっかく手元に遊べるおもちゃがあるわけですから、それを使わないのはもったいないことです。ミラーレスカメラを持っている人は、ぜひRAWでの写真撮影に挑戦してみましょう。

そして私と一緒にカメラの沼にはまっていきましょう。ちなみに最近はiPhoneでもRAW撮影できますし、AndroidもカメラアプリによってはRAW撮影できます。ただしRAWデータは容量が多いので、通常の撮影と比べて保存領域を圧迫します。できるだけ容量が大きいSDカードを購入しましょう。

もっと詳しく知りたい人は「写真 RAW 現像」みたいな単語で検索してみてください。私よりもわかりやすく解説してくれている人がたくさんいます。私もカメラを買い替えたら、解説系の記事をまた書いてみようかと思いますが、このブログでのニーズは少なそうなので、気が向いたらということで。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

GADGETカテゴリの最新記事