Creative Cloudのクラウドストレージが不足してきたので対策を考える

  • 2022.03.01
  • (更新日:2022.02.28)
  • GADGET
Creative Cloudのクラウドストレージが不足してきたので対策を考える

私は写真の管理にLightroomを使っています。Creative CloudのフォトプランでPhotoshopも使っています。通常プランはクラウド容量が20GBなので、そんなものは一瞬で使い切ったので、いまは1TBプランに加入しています。その1TBの容量がもう足りなくなるとのアナウンス。

調べてるとこれ以上は容量を増やせそうにないので、近いうちに対策が必要そうです。でもそれを考える時間がないので、とりあえずいつもどおりに、ブログを書きながら決めていこうかなと。まぁ慌てることではないのですが、先送りしても未来が明るくなるわけでもないので。

Advertisement

そもそもプロはどうやって写真を管理しているのか

私はアマチュアカメラマンですので、そこまで写真も増えないだろうと思って1TBのプランに加入したわけですが、ここまで流れを考えると、どうも1TBはまったく足りないようです。7年分の写真で約900GBなので、1年間に130GBくらいの計算になります。

これから15年働くと考えて、余裕を考えても3TB必要になります。でもカメラのプロはもっと写真を撮っているわけです。その写真はいったいどのように管理しているのでしょう。まさかプロがCreative Cloudで写真を保存しているとは思えません……いやいるもんですね、調べてみたら。

  • Lightroom + Creative Cloud
  • Lightroom Classic + SSD + HDD

プロのカメラマンですのでLightroomではなくCapture One Proを使っている人のほうが多いのでしょうが、私のようなアマチュアカメラマンだと写真管理もできるので、Lightroomは手放せません。プロでもLightroomを使っている人もいて、そういう人の多くはHDDを2台体制でバックアップ。

もしくはHDDを2台体制でそれぞれにバックアップで4台体制。確かにそれが理想ですが、私の最終目的地は「旅人」。写真を管理するのにHDDを4台も持って移動する旅人なんて聞いたことありません。荷物は限りなく少なくしたいところです。

SSDで管理するのは無謀か

もうひとつ気になるのはHDDの遅さです。今はMacBook AirのSSDがメインですので、読み込みが遅いのは耐えられそうにありません。ただ、SSDは値段が高くて容量も一般的なのは2TBくらいがいいところ。4TBもありますがまだ高額です。

SSDを外出先での一時的な保存先に使って、自宅に戻ってRAIDを組んだHDDというのが主流でしょうか。確かにそのほうが管理としてはスマートではあります。ただ、外出先と考えるとMacBook Airに保存すればいいだけなので、私の場合はHDDを用意すれば話はおしまい。

でも、やっぱりスマートじゃないんですよね。時代はもうSSDなわけです。いまさだHDDなんて戻れない体になってしまったので、保存先はSSDかなと。SSDの4TBが5万〜8万円といったところ。まだ高いですね。家賃の2.5〜4ヶ月ぶんですから。

そうなると2TBがベスト。とりあえず2TBでやりくりして、5年後に4TBに移行する感じでしょうか。これなら2万円ちょっとなのですぐにでも購入できます。せっかくなので物も決めておきましょう。

  • WD Elements SE SSD 2TB:22,460円
  • WD My Passport SSD:28,730円
  • BUFFALO USB3.1Gen1 ポータブルSSD 1.9TB:19,874円
  • crucial X6 CT2000X6SSD9:20,680円

こんなところでしょうか。困ったことにデザインがどれもいまいちです。あえて選ぶならWD My Passport SSDでしょうか。デザインに妥協しないならソニーのSSDもありなのですが6万円くらいするんですよね。それはちょっと違う

Advertisement

そもそもLightroomをLightroom Classicに移行できるのか

ここまで書いて気になったのは、データがクラウドにあるLightroomをLightroom Classicに移行できるのかという問題。できないわけがないのですが、これに関してはAdobeが、ソフトウェアの未来をどう考えているのかにもよります。

調べてみたら、世の中の流れはまったく逆でLightroom ClassicをLightroomにというのが主流です。当然ですよね、LightroomにすればiPadなどでも編集できるわけですから。でも今の私にその選択肢はないわけです。

本当なら最新のデータだけクラウドで管理して、iPadやMacでいじれるというのが理想でしょうか。もっとスマートな管理の仕方はないものでしょうか。でも、そのようなわけのわからない状態になっているから、プロでもLightroom Classicを使っているわけです。

ただ理屈の上ではできないことはありません。一度ローカルにダウンロードしておいて、それを外付けSSDに移動させてLightroom Classicに読み込ませてもいいわけです。いや、それだとこれまでの編集がムダになります。

これはもう少し検討が必要そうです。これを書くのに2時間も悩んでしまって、本日の確定申告の時間がなくなってしまいました。ただ基本の流れは「Lightroom Classic + SSD」ですね。あとはいかにしてスムーズにこの環境に移行するか。

Lightroom Classic + SSD」をベースにもう1回検討してみるとしましょう。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円(第1・3水曜日は無料)
申込:こちら

GADGETカテゴリの最新記事