秋にはiPhone 14 Proにする【iPhone 13 miniで撮影して感じたこと】

秋にはiPhone 14 Proにする【iPhone 13 miniで撮影して感じたこと】

旅ランにミラーレスカメラを持っていかずにiPhoneだけにしたい。そんな考えで秋にはiPhone 13 miniに買い替えました。実際に伊豆大島の旅ランにiPhone 13 miniを持っていったわけですが、軽いことはとても素晴らしいというあたり前のことに気付きました。

写真のクオリティはiPhone 7とは比べ物にならず、特にインカメラで自撮りしたものがブログなどに使えるクオリティだったというのは嬉しい収穫のひとつ。これなら動画撮影の幅も広がります。もちろん100点満点というわけではありませんが、旅ランはこれで間違いなくOKです。

ただ使ってみて感じた弱点もあります。iPhone 13 Proにしなかったのは「望遠なんていらない」と思っていたんですが、動物園で望遠がないことのデメリットを痛感しました。旅ランで動物園に行く機会がどれくらいあるのかはわかりませんが、動物が小さくしか撮れないのは不便。

ランニング中に出会った猿の群れも、望遠レンズがないから小さくて何を撮っているのかわからない状態。デジタルズームだとクオリティがかなり落ちてしまいます。これだけでもう「次はProだ」となったわけです。侵入できない場所の撮影も、やはり望遠が必要です。

Advertisement

そして、さらに大きかったのがiPhone 13 miniだとRAWで撮影できないということ。そんなのちゃんと調べておけばいいだけだったのですが、考えもしなかったんです。RAWはProでしか使えないなんて。理想はRAWで撮影してLightroomで現像するというやり方。

これはまぁLightroomアプリをインストールすればいいだけなのですが。お手軽さを考えるとやっぱり標準カメラでRAW撮影したいところ。iPhoneで撮影した画像って、どこか塗り絵感があるんですよね。色使いもOLYMPUSユーザーからすると好みではないので編集したい。

これはもう好みの範囲内なので、iPhone 13 miniでも問題ないといえば問題ない範囲。ただ、神は細部に宿るわけでして、そういうところにこだわる人間でありたいんです。買ってしまったものをすぐに手放せるほど財政的に余裕があるわけではないので、秋まではiPhone 13 miniを使いますけどね。

もう少し使ってみると、使いこなし方も見えてくるかもしれませんし。ただ「最新のカメラならOKだろう」という考え方が浅はかだったという話です。これから機材を揃えるときには、きちんと吟味する必要がありそうです。機材に限ったことではないですけどね。

Advertisement

あと1つ厄介な問題が発生しました。これはiPhone 13 miniだけの問題じゃないんですが、いつの間にかiPhoneで撮影した写真をマイフォトストリームでMacと同期できなくなっていました。JPEG撮影なら問題ないのですが、高効率(HEIF/HEVC)で撮影すると同期できません。

これによってiPhoneで撮影した写真をMacで共有するには、デジカメと同じようにデータをMacに保存してから、写真アプリで読み込むみたいな手間をかけなくてはいけなくなりました。すべての写真をiCloudに上げればいいんですが、その場合には2TBのプランに切り替えなくてはいけません。

まぁLightroomアプリで撮って、Lightroomに上げればいいだけなんですけど、それをするとiPhoneからTwitterなどにアップするのが面倒になります。これだけ時代が進んでいるというのに、まだそんな次元で面倒な思いをしなくてはいけない……すべて貧乏なのが悪いんですが。

そもそも写真アプリとLightroomの2つで写真管理をしているというのも、そろそろなんとかすべきかもしれないんですけどね。とにかく次のiPhoneはProにします。あとは2TBを契約するかどうか。1ヶ月1,000円でストレスから開放されるなら安いものなんでしょうけどね。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

GADGETカテゴリの最新記事