ガジェット好きのわたしがiPhone6よりもワクワクする製品はこれだ!

Panasonic lumix cm1 lede

iPhone6とiPhone6 Plusが発売されました。ぜんぜん羨ましくないもん!とちょっと強がっておきます。欲しいか欲しくないかで言われると、そりゃまぁ欲しいですが毎月1万円も払ってまで欲しいかと言われると完全に拒否です。いくらApple製品が好きでもそこまでアホにはなれません。手放す生活のおかげでしょうか、衝動的にモノを欲しくなる気持ちがかなり抑えられています。でも、ちょっと気になるもの見つけてしまいました…

Relonch Camera Case for Apple iPhone 5

「LUMIX CM1」と「Relonch Camera」です。「LUMIX CM1」はスマホなのですが、メインは電話機ではなくデジカメです。高級コンパクトデジカメがスマホになったというちょっととんがった製品です。「Relonch Camera」はiPhoneと合体する高級デジカメです。これもかなりとんがっています。こういう「えっ?」ってなる製品が好きです。しかも私はデジカメが好きですから衝動買いしてしまいそうです。

[Photokina 2014]パナソニックがデジカメ搭載スマホなど新製品  
【Photokina 2014】スマホ、タブレット連携のカメラ機器

とはいえ、すぐに買えるものではなく、どちらもドイツ・ケルンメッセで開催されているPhotokinaで展示されている製品です。どちらも発売が予定されていて、「LUMIX CM1」は11月に欧州で発売され、「Relonch Camera」は2015年の秋以降になるそうです。「LUMIX CM1」はパナソニックの製品なので発売は間違いないでしょうが、「Relonch Camera」は…どうでしょう、実際に発売されるかすらあやしいというのが正直なところ。

でも、こういう商品は本当にワクワクします。MicrosoftのSurfaceが出たときもワクワクしましたが、これはそれ以上の興奮です。何がすごいかなんてどうでもいいんです。新しい発想で何かをやろうとする姿勢が好き。15年前はソニーがその役割を果たしていたのですが、そのソニーはというと完全に迷走中です。栄枯盛衰。どんな企業もいつまでも輝き続けることはできないのでしょう。Appleもしかりです。

それでも、いつの時代もワクワクがなくなることはありません。わたしのような庶民の発想力をはるかに超えたものを生み出す人がいるのです。ジョブズがいなくたって、次の誰かが世の中を変えてくれます。その誰かが自分でないことだけが悔しいのですが、凡人には凡人なりの輝き方があるのです。凡人が輝くために、天才が生み出した発明品を利用すればいいのです。

とは言うものの、手放す生活をしていると携帯電話すら本当に必要ない気がしてきます。しばらくは、本当に必要なモノは何なのかという思いと、ワクワクする製品との間で右往左往しようと思います。

スポンサーリンク