わたしがMacBook AirとiPhone5Sにカバーを付けた理由

P7030064

最近購入したMacBook AirもiPhone5Sも中古品だ。新品を買えなくもないのだが、わたしはあまり「新しい」ということに興味がない。それと同時に「カバー」というものがあまり好きではない。とくにApple製品は裸で使いたい派だ。そんなわたしがMacBook AirとiPhone5Sにカバーを付けた理由を書いておこう。

P7030060

初めて買ったiPhone3GもiPhone4もカバーを付けなかった。これまで手にしたMacBookもだ。それはなにも付けないほうがシンプルで美しいからだ。わたしにとって美しさは絶対的なもので、美しくないものはどんな妥協をしても手にしたくない。

それでも今回手にしたMacBook AirもiPhone5Sもカバーを購入したのだ。

P7020050

理由はただひとつ。買い換えるときに美しい状態で次の人に回したいから。MacBook AirもiPhone5Sもそれほど長く使わないつもりでいる。おそらく1年ぐらいで買い換えることを予想している。iPhone6Sが販売されたら安くなるであろうiPhone6のSIMフリー機の中古に。MacBook Airの中古はスペックが重要なのでいいものが出てきたらということになるが。

どちらも長く使わないのは電池の問題が大きい。外で使うことを前提にしているので、長く使っていると電池がヘタってくる。そうなる前に新しいものに買い換える。十分な稼ぎがあるならそのサイクルを新品でするのがいいのだが、残念ながらいまのわたしはそこにお金をかけるぐらいなら海外に走りに行ってしまう。

P7030053

カバーは両方ともAmazonで購入した。MacBook Airのカバーが送料・税込みで950円で、iPhone5Sのカバーが送料・税込みで715円。まだこの国のデフレは終わっていない。

P7030061

これぐらいなら気に入らなければ外して窓から投げてしまえばいい。それは冗談としてもカバーなれしていないわたしは何を選んでいいのかわからなかったのだ。iPhoneのカバーに1万円近い値段がついていたりする。無駄にゴツゴツしたデザインのカバーが1万円でしかも人気だそうだ。意味がわからない。

だからとにかく安くてシンプルなものを選んでみた。

P7030063

MacBook Airは以前使っていた黒MacBookをイメージしてブラックのカバーにしてみた。あまり期待していなかったが、それほど違和感もなくすっきりしている。ただ、キーボードカバーがついていたのが誤算だった。わたしのMacBook AirはUSキーボードなので付属のキーボードカバーは即時、窓から投げ捨てられた。

P7030062

いい方の誤算もあった。わたしの作業机は木製で、多少波打っているのだが、新しいカバー裏面の脚の具合がいいのかわからないが、これまでガタついていたMacBook Airが安定している。まったく他人に参考にならない利点で申し訳ないが、これだけでも十分手放せないものになってしまった。

P7030056

iPhone5Sのほうは多々残念感が漂っている。お前は715円の製品に何を期待していたのだと言われそうだが、残念なものは仕方ない。わたしのiPhone5Sはブラックなのでレッドが映えると思っていた。装着してみて色合いはまぁ悪くない。カバーそのものもわたしが設計したものだったらこれを715円で売られていると知ったら泣くレベルにしっかりしてる。

P7030057

問題はiPhoneの裏面だ。ここのグレーをイメージしてなかった。ブラックとグレーとレッド。グレーと赤が最悪の組み合わせだ。センスの欠片も感じられない。これこそわたしの言う「美しくない」ものだろう。とりあえずはこのカバーをつけておくが、これから新しいカバーを探さなくてはいけない。

P7030055

値段からすればこのカバーのブラックでことが済む気もするのだが、せっかくだからいろいろなデザインを試してみよう。

いずれにしてもどちらもカバーを付けたのでこれまで通り雑に扱うことができる。道具を大切に使う気持ちはあるが、気楽にかばんに投げ入れたりできるのは雑な性格なわたしにはかなりありがたい。これからもどんどん持ち出して、いつでもどこでも仕事モードになれるようにしておくとしよう。

 



スポンサーリンク