iPhone5SとiPhone5Cが発表されました!北京に行ったときに買おうかな

A0150 000136 m

ガジェット好きとしては発表されたからには書かずにいられない。新しいiPhoneの発売が決まりました。iPhone5SとiPhone5C。おそらくどちらも買うことはないと思うけど、Appleの新しい製品が発表されるのは嬉しくなる。ただし、どちらもほぼリークされていた情報どおりだったので、秘密主義のAppleはもう遠い昔なんだなと残念でもあります。だって、リークされていなければiPhone5Cはサプライズになったわけです。サプライズというワクワク感がAppleの魅力のひとつだったわけなので、発表会があっても購買意欲は掻き立てられにくくなっています。

軽くリークがあったとはいえ、今回のサプライズという部分ではdocomoでiPhoneを扱うようになったことでしょうか。docomoからauやソフトバンクにどんどん人が流れていったことを考えれば、docomoもいつまでもiPhoneを扱わないわけにはいかなくなったといったところでしょうか。これでdocomoの加入者減がおさまるのは間違いありません。ただ、ここからは価格競争に入る可能性もあります。スマホも含めて、むやみに上がった通信費が落ち着くことをかなり期待しています。携帯電話ごときに通話料抜きで月6000円近くも払っているなんてどうかしています。

IMG 1971

docomoがiPhone販売網に加わったことで、日本のiPhoneがsimフリーになってくれるのを願っているのですが、きっとこれは叶わないでしょう。香港なんかでは法律でsimロックが禁止されているらしいのに、日本ではsimロックが常識。どう考えてもあるべき姿じゃないし、エコでもない。例えば、ソフトバンクからdocomoに移ろうとしたら、ソフトバンクで使っていたiPhoneは使えなくなるわけです。そしたら手元にiPhoneが2台になります。まぁ普通の機種変更でも同じことなのですが。そうなると、おそらく中古市場が活気づくんでしょうね。

iPhone5CはiPhone5のモデルチェンジだと考えて良さそうです。中身はiPhone5でデザインだけ変更したようなイメージです。カラフルになったので若者ウケしそうな感じがします。iPod touchで通話ができるようになったようなデザインなのかな。iPhone5Sよりも全体的に丸みを帯びているので持ちやすそう。おいらはiPhone5SよりもiPhone5Cのほうが好みです。iPhone5CのCはColorのC、ChinaのC、CheapのCと言われていますが、意外と人気が出るかもしれません。多くの人がいまのiPhoneのスペックに満足しているので、安くてそれなりに高性能でカワイイ。売れる要素満載です。

iPhone5Sはどうでしょう。見るべきところは指紋認証と64bit対応ということぐらいでしょう。CPUも速くなりましたが、とりあえずいまのスマホにはオーバースペック気味。Macで言えば、MacBook Proのような位置にあるのかもしれません。最高品質であるけど、それを必要としているのは一部の人だけ。でも、ガジェット好きは最高品質が欲しいんです。いずれスマホもすべて64bit対応するのは間違いありません。そのための布石以外に深い意味はないと考えてよいでしょう。数年後に、iPhone5S以降の機種しかiOSのバージョンアップに対応しないということが予想されますが、そのときはそのときの新しいiPhoneを買えばいいだけです。

なので、iPhone5Sを選ぶかiPhone5Cを選ぶかは完全に好みの問題です。店頭で触ってみて気に入ったものを買えばいい。まぁ実際にはほとんどの人がカバーをつけるので、本当にどっちでもいいんです。どっちを買っても後悔しないと思います。docomoのツートップならぬAppleのツートップ体制になったので、iPhoneの入手はしやすくなるかもしれません。発売直後は混乱するかもしれませんが1ヶ月ぐらいで落ち着くのではないでしょうか。どちらも買わないおいらには関係のない話ですが。

ただ、絶対に買わないとも言い切れません。iPhone5CのCはChinaのCと書いたように中国でも発売されます。もちろんsimフリーなわけです。iPod touchの代わりに買わないとは言い切れません。特に毎年北京に行っているのでそのタイミングで財布との相談ですが、購入する可能性はわりと高いでしょう。なんやかんや言って、やっぱり欲しいんです。手にしたいんです。ジョブスのかけた魔法は思った以上に強力な魔法だったようです。おいらの熱をさませてくれる白馬の王子さまは現れるのでしょうか?Appleだけに…

スポンサーリンク