Appleが導く旅人スタイルとわたしに与えた影響

Blogger 336371 640

Appleが新製品を発表しましたが、Appleの製品発表でワクワクしなくてなってからどれくらい経つのでしょう。新しい革新的なチャレンジが生まれることなく、ただの大企業となって何十年後かに衰退していくのを待つだけ。

じゃあApple製品を使わないかというと、iMacもMacBook AirもiPhoneもiPadも使っています。

なぜか?他に変わるものがないから。Windowsのあのへんてこなフォントを見ながら文章を書くなんて、わたしには絶対に無理。あのフォントではまず気分が乗りません。

Androidも使っている時期がありましたが、やっぱりiPhoneのほうがしっくりきます。iPhoneは3Gが発売されるとすぐに購入していますから、やっぱり馴染みやすいのでしょう。

Mobile 616012 640

でもAndroidのようにデュアルSIMではないですし、不便に感じることは多々あります。

そして今の環境もベストかと言われると決してそうでもありません。例えば新しく発表されたMacBookがありますが、あれ1台でいまの2台あるMacをひとつにまとめることが出来ます。

ただし、理想の形にカスタマイズすると214,300円です。MacBook AirとiMacの両方を手放すとなんとかなりそうな気もしますが、やはり高価すぎます。

iPadだってもう文字入力が苦痛になるくらいの動作の遅さになっているので、新しいものに変えたい。iPhoneもそろそろ限界を感じています。でも全部を変えられるほど裕福ではありません。

Workplace 1246677 640

とはいえ、いずれなろうと思っている旅人になるときにはもっと貧乏なわけです。スナフキンはいつだって同じ服を着て、同じ帽子をかぶっています。

ひとつのところに留まらない生き方をしたいのであれば、たくさんの物を持つわけにもいきません。これと決めたものだけに絞ってその中で生きていかなくてはいけません。

もしわたしが限られたものしか持てない旅人になるなら、持ち物はこんな感じでしょうか。

パソコン:MacBook
デジカメ:OM-D E-M10
スマホ:iPhone SE

きっとこれだけあればいいような気がします。あとはその時に必要なものをその時だけ持つ。シューズはなくても走れますし、FLOPEEZEのサンダルがあればどこでも走れます。

Computing 1084939 640

これに2セット分の衣類と2枚の手ぬぐいがあれば、世界中どこにいても生きていくことができます。それなのになぜいまはこんなにもモノに囲まれているのだろう。ときどき不思議に感じます。

Appleの製品にドキドキするような魅力を感じなくなりましたが、無駄なものが削ぎ落とされたそのデザインやコンセプトには安心感があります。そして、自分がモノを持ちすぎていることへの危機感も感じます。

その危機感を持ちながら、新しいMacBookが欲しかったり、iMacを買い替えたくなるという矛盾を含んでいるのですが、まだこれはいらないはとは思えないほどの姿は保っています。

新しいスピーカーのHomePodにはまってく魅力を感じませんが。なぜそれを作ろうと思ったのかすら理解できません。もちろんそれは、わたしが音楽を生活の中の重要なものとしていないからで、他の人には魅力があるのかもしれません。

Busy 1972091 640

わたしがあまり物に固執しなくなったのは、やはりAppleの製品に触れてきたということも大きく影響しています。スタイリッシュで、独自路線を貫く姿は自分のライフスタイルを確立させるために必要なものでした。

おそらくこれからもしばらくは必要なのだと思います。

Appleはいまでこそ時代の主流にいますが、そもそもは異端児たちのアイテムでした。わたし自身が異端児とは思いませんが、自分らしさは忘れずにはいるつもりです。そのためにはまだまだApple製品は使っていきます。

今回の新製品の発表で、自分の理想とする未来にほんの少しだけ近づけたような気もしますので、わたし自身も旅人へとシフトしていけるようにゆっくりと準備を進めていこうと思います。

Tablet 1075790 640

もっともまだわたしの理想とする旅人というものの姿も曖昧で、追うべき姿もはっきりとは見えていませんが。

まだまだたくさんある、暮らしの中の不要なものを、少しずつ減らしてもっと自由になること。いくつもあるものをひとつにまとめたり、想い出の品を形ではなく記憶として留めておくことなど、すべきことはいっぱいあります。

それを支えてくれるのがAppleの製品です。

ワクワクすることはなくなりましたが、それでもな新しいものが出れば気になります。そんなAppleの製品に負けないだけの魅力ある仕事をすることが目先の目標です。今はその先にある留まらない生き方をするための足場づくり。

道具に使われることなく、道具を使いこなせるように日々頑張っていこう。新しく発表された製品たちをみて、そう強く誓いました。


旅人よ どの街で死ぬか。 男の美眺
著者:伊集院 静
楽天ブックス:旅人よ どの街で死ぬか。 男の美眺 [ 伊集院 静 ]

スポンサーリンク

スポンサーリンク