iPhone SEと9.7インチのiPad Proが発売されるよ!

Iphone 410324 1280

新しいiPhone「iPhone SE」と「9.7インチのiPad Pro」が3月24日から発売されます。

全然新しくないです。iPhone 5Sと見た目はほぼ同じ。ローズゴールドのカラーが増えただけ。もちろん高性能にはなっていますが「新しいiPhone」ではありません。

それでいいと思うんです。「iPhone 6Sは大きすぎる」っていう人がわたしを含め大勢いましたから。「iPhone 6Sは高すぎる」という人もいましたね。

iPhone 6Sの64GBで税別9万8800円。

iPhone SEの16GBで税別5万2800円。
iPhone SEの64GBで税別6万4800円。

もう日本ではiPhone 6S売れない・・・大きい画面がいいという人にはいいけど、3万円以上の差は大きい。iPhone SEがかなり挑戦的な値段ということになるのですが、いまの日本の庶民は景気の良さを感じていないから安い方を買うのでしょう。

iPhone 6Sとほぼ同等のスペックで、3割も安いなら当然ね。そしてiPhone 5Sの中古市場がとんでもない値段に暴落しそうな気がします。でもこの値段ならさすがにiPhone SE選ぶ。iPhone SEはiPhone 6Sよりもバッテリーが長持ちするらしいし。

ちなみにiPhone SEの16GBは地雷です。よっぽど賢い人でないと使いこなせません。購入検討をしている人はiPhone SEの64GB一択ですよ!

Ipad 605420 1920

9.7インチのiPad Pro・・・意味がわからない。

iPad Airはやめたのか?iPad miniはどうするんだ?ラインナップがごちゃごちゃしすぎています。いまのiPadのラインナップは以下のとおり。

12.9インチiPad Pro
9.7インチiPad Pro
iPad Air 2
iPad mini 4
iPad mini 2

9.7インチiPad ProとiPad Air 2はサイズも重さも同じ。Airと同じ重さのPro・・・Airってなんだよ。MacBook AirもMacBookよりも重いことを考えると、アップル的には「空気はみんなが思っている以上に重いんだ!」ということか。

「空気は軽くない」を定義した世界で最初の会社、アップル・・・なんて革新的なんでしょう。

9.7インチiPad ProとiPad Air 2の値段差は1万円。スペックが違いすぎることを考えると、あえてiPad Air 2を選ぶ理由はないでしょう。わたしもMacBook ProがMacBook Airと同じ重さならMacBook Pro買うよ。

Macbook 577758 1280

iPad Proはそこそこ売れそうな気がしますが、もう以前のようにアップル製品に熱狂する人たちが減っているため、爆発的には売れな気がします。iPhoneとiPadしか選択肢がなかった時代とはもう違います。

タブレットでいえばマイクロソフトのSurfaceという強力なライバルがいます。iPhone人気は高くてもAndroidも「これはダメだ」というようなモデルはほとんどなくなってきました。

わたしが使っているフリーテルの1万9800円の安いAndroidでも不満はあってもそこそこ使えます。

iPhone SEはそういうAndroid端末に対抗するための価格設定なのでしょう。そしてアップルとしてはそれほど売れないだろうと思っています。やる気のないラインナップを見てもわかります。でも価格設定もあり、きっとアジアでだけは爆発的に売れるでしょう。

アジア人と欧米人では手のサイズがまったく違いますから。

わたしも半年後ぐらいにはiPhone SEを手にしているかもしれません。革新さはなくなったアップルでも、慣れ親しんでいるぶんやっぱり使いやすいですから。

あぁアップルさん間違ってわたしの家にiPhone SE送ってこないかなぁ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク