オリンパスのOM-D E-M10を2ヶ月近く使ってみて感じたこと

P5050625

万里の長城マラソンに行く前に購入したオリンパスのOM-D E-M10。もはやなくてはならないものになっている。ここ数ヶ月は出かけることが多かったので、写真を撮る機会もそれなりにあった。まだ使いこなせているとは言えないが、これまで使っていたE-420との違いもようやくわかりはじめたところだ。どちらが優れているということはなく、どちらも良いところがあり、悪いところもある。それでもこれからはE-M10だけでやっていけそうな気がしている。

E-420は一眼レフで、E-M10はミラーレス一眼という分類になる。一眼レフの中ではE-420はかなり小さくて軽い部類に入る。手ぶれ補正などの機能を排除して、これでもかというぐらい小さく作っている。ところがE-M10を使ったあとにE-420を手にすると重く感じる。実際の重さはそれほど違いはないはずなのに、大きくて重いという印象になる。ミラーレス一眼の最大の特徴はコンパクトにできるということにある。E-M10はそのなかでも特にコンパクトにできている。

P6070040

購入時にはE-M5と悩んだのだが、わたしには防塵防滴の機能は必要ない。そして何よりもデザインが気に入っている。E-M5もE-M10も同じじゃないかと言う人もいるかと思うけれども、わたしにしてみればまったく違う。機械設計者として、小さなデザインの違いにはこだわりがある。似ているものでも微妙な違いで美しさが保てなくなる。E-M1に関しては最悪である。もちろんわたしにとって最悪なのであって、あのデザインが好きな人も少なくない。

P5310048

E-M10に変えてから最も違いを感じたのは失敗写真の少なさだ。E-420は手ぶれ補正がないためにあわてて撮った写真はほぼぶれてて使いものにならない。それに比べてE-M10は圧倒的な手ブレ機能で、きれいに写真を撮ることができる。ミラーレス一眼はオートフォーカスが弱いと言われるが、わたしの使用範囲ではまったく問題がない。こんなに見事に撮れるのだとちょっと驚いている。

P5020252

弱点かどうかはまだわからないのだが、ちょっとピントが甘いというか解像度があまりよくない。これはレンズのせいではないかと考えている。ブログに掲載するぐらいではわからないレベルだが、拡大すると全体的にあまいなぁという画になる。実際の理由としてカメラの設定のせいなのかわたしの腕のせいなのか、それともレンズのせいなのかはわからない。これはとりあえず単焦点のレンズをひとつ買って比べてみることにする。

P5310331

そういう弱点というか不満点はあるけど、これは正直買ってよかったと思う。趣味でしかないカメラに何万円も出すのはどうかと思うのだけれども、写真を撮るというのは美しさを切り取る作業であり、美しさの追求は機械設計者として忘れてはいけないことだ。わたしはただ写真を撮っているわけではなく、感性を磨くために写真を撮っているつもりだ。効果があるのかどうかはわからないが。

ちなみに電池の持ちは可もなく不可もなく。1日半持つ感じだろうか。2泊程度の旅行に充電器を持っていくのもめんどうなので互換性のある電池を購入した。正規品でもいいのだが、やはり値段が違いすぎるので……

これからもどんどん写真を撮っていく。相棒はOM-D E-M10。ボロボロになって故障するまで使うつもりだ。

スポンサーリンク