笑ってしまうほど美味しい日野の自宅カフェ「cafe花豆」

P3200120

久しぶりに笑ってしまうほど美味しい料理をいただきました。

美味しい料理はよく出会います。なんせ食いしん坊なもんで、美味しいものレーダーが勝手に反応する仕組み。ただ、笑ってしまうほど美味しい料理には1年に1度会えるかどうか。

ちなみに「笑ってしまうほど美味しい」はわたしの中で最上級に美味しいということです。美味しいものを食べると、笑ってしまいませんか?わたしは完全に笑っちゃいます。

直近で美味しくて笑ったのは、愛媛の八幡浜で食べた海鮮丼だったかな。

他には愛媛の北条のお寿司屋さんでもいつも笑っているような気がします。箱根の竹屋の鰻や、三島のすみの坊の親子丼(少し前に味が変わってた・・・残念!)。

わたしの中のランキングの1位はいまはなき辻堂のマリオスです。

P3200119

そして今日、そのマリオスに並ぶのではないかと思うお店に出会いました。今日参加した「せからん甲州街道ノルディックハイキング(府中宿〜日野宿)」のランチのお店「cafe花豆」です。

わたしが笑ってしまったのは実は自分が頼んだ料理ではなく、他の人が注文した「和牛ほほ肉の赤ワイン煮」を分けてもらって、それを口に含んだ瞬間でした。いきなり笑ってしまって、周りの人たちは怪訝な顔・・・

P3200135

わたしが注文した「燻製さばのサンドイッチ」も食べてなくなってしまうのが残念で仕方がないぐらい美味しい。使っているパンがまた美味しい。八ヶ岳のコンプレ堂というパン屋さんのパンだとか。

わたしが世界一美味しい食パンと勝手に命名している三島の麦花壇の食パンと並ぶ美味しさ。

ちなみに麦花壇は三島で暮らしていたときに近所にできたお店で、場所がよくないのもあってお客さんが少なく、パンを買いに行くたびに余ったパンをおまけしてくれました。一度食パンを買いに行って、食パンをおまけしてくれるというミラクルが起きたことも・・・

そんな麦花壇も少し前に行ったときには「食パンが売り切れるお店」になっててちょっと嬉しかったという自慢話。

話を戻します。

cafe花豆は夫婦と助っ人の3人で切り盛りしてるお店ですが、料理をつくるのは奥さんだけで旦那さんがお客さんのお接待。旦那さんずっとしゃべってくれます。そういう意味ではおしゃべりが苦手な人にはNGなお店かも。

この旦那さんが作るハムやベーコンがメニューの中心。

P3200132

奥さんはどこかで料理のプロではないけど、センスというか優れた味覚の持ち主なんでしょうね。味付けが絶妙です。そして旦那さんは世界中で食べ歩いた人で、その旦那さんいわく「料理が上手だから結婚した」とのこと。

そりゃあ美味しい。

このお店はそもそも八ヶ岳の美術館の中にあったお店だったのですが、昨年地元の日野に戻ってきて土日だけ自宅でカフェを開いているということ。八ヶ岳で暮らす人たちが悲しんだであろうことは容易に想像できます。

上でも書きましたが、話し好きの旦那さんと会話がかみ合う人には最高のお店で、そうでない人にはちょっと残念な思いをするかもしれません。

でも、歴史が好きで日野本陣まで来たならぜひ行くべきお店です。

日野本陣で明治天皇が休息された部屋、いまは日野本陣にはなく日野本陣の主である佐藤家とゆかりのある有山家に移っています。そしてこの「cafe花豆」を経営しているのが有山夫妻。

ここから先はぜひおしゃべり好きな旦那さんから聞いてください。美味しい料理と楽しいおしゃべり。こんなにも居心地のいいお店は日本中を探してもそうそう見つかるものではありません。

いやぁ、これは日野市民ずるいわぁ。

cafe花豆
住所:東京都日野市日野本町1-15-9
営業日:土曜日、日曜日
営業時間:11:00〜17:00
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1329/A132903/13186793/

スポンサーリンク

スポンサーリンク