「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」を飲んでみた【#EじゃなくてもAじゃないか】

「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」を飲んでみた【#EじゃなくてもAじゃないか】

話題になったものには乗っておくのがブロガーの常識です(いま作りたての常識ですが)。「LAGER」を「LAGAR」と表示して、発売前に回収された「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」が再びファミリーマートに並んだということなので、乗っておかなくてはと。

いえ、決して「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」を飲みたかっただけとか、そういうわけではなく。最近はビール派ではなくて、ミルクティーにラムを入れて飲んでいますし。ミルクティーとラムって意外と合うんですよ。いろいろ試しましたが、日東紅茶のロイヤルミルクティーが1番です。

何の話でしたっけ?そうそう「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」です。これはサッポロビールの商品ですが、ファミリーマートのみの発売となっています。「古くから用いられていた伝統的な製法」を採用して作られたということで、濃醇なビールに仕上がっているとか。

「濃醇」ってなんでしょう?そんな言葉は、手元にある岩波国語辞典には記載されていません。デジタル大辞泉によると「口当たりが、深くしっかりとしてこくがあること」らしく、日本酒の味わいを表現するのに使う言葉だそうです。そういえば芳醇という言葉は耳にします。

Advertisement

ポイントは「醇」にありそうです。こちらはちゃんと岩波国語辞典に記載されています。

  1. まじりっけがない味のこい、うまい酒。
  2. うすめていない
  3. うすくない。こい。人情があつい

なるほど濃い味わいが特徴のビールということです。回収後にSNSでハッシュタグ「#EじゃなくてもAじゃないか」 で話題になった部分も「醇=人情があつい」と重なって、まるで最初から作られたような話ですが、あまり深くは突っ込まないようにしましょう(別に炎上商法とか思ってませんって)。

どの業界でもバズるというのがとても重要で、新商品をバズらせるために賢い人たちが知恵を出し合っているわけです。わたしがワークマンのアンバサダーなのも、バズったことで2匹目のドジョウを狙ったワークマンが、わたしをマーケティングに活用しただけのことです。

ちなみに、少し前にRUNNING STREET 365で取り扱ったワークマンの新作厚底シューズは、Google Discoverにピックアップされたのもあり、1万PVを超えました。普通のレビュー記事なら1000〜2000PVがいいところですので、なかなかバズった記事ということになります。

Advertisement

いかにして注目度を高めるかというのが、新商品を発売するときのポイントになるので、もしかしたら「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」だって、わざとスペルミスをした可能性だって無きにしもあら……いえ、それを言うのは無粋というもの。踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆ならですよ。

難しいことは考えず、祭りに参加するのが人生を楽しむコツです。というわけで前置きが長くなりましたが、ようやく飲んでみます。

濃醇かどうかは分かりませんが、かなりしっかりとした飲みごたえがあります。水のように飲むのではなく、しっかり味わいながら飲むのが合ってそう。どっしりとしているので料理を選びそうですが、鍋なんかが合いそうです。この時期に発売したということは、冬の料理に合うということなのでしょう。

おでんなんかも相性が良さそうです。もしかしたら寒ブリのお刺身なんかも。それって日本酒に合う料理ということなのですが、もしかして昔のビールは和食に合うようようにアレンジされていたのかもしれません。真実はわかりませんが。限定醸造ということで数が限られているので、近いうちに数本買いだめしておくとしましょう。

話題の品なので、すぐになくなりそうな気もしますが。気になっているという人は早めにファミリーマートでお買い求めください。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
申込:こちら

LIFEカテゴリの最新記事