テレワークが老け顔を招く?頬のたるみが気になったのでメンテナンスはじめました

テレワークが老け顔を招く?頬のたるみが気になったのでメンテナンスはじめました

鏡に映る自分を見て、ずいぶんと老けたなと思うことがあります。歳相応とはいえないくらいの老け方で、肌の手入れとかをサボってきたツケが来たかと思いましたが、単純に筋肉が落ちてきただけではないかという推測。この1年、会話が随分と減っているので頬の肉とかが弛んでる気がします。

足の筋肉だって使わなければ落ちるわけです。喋るための筋肉や、表情を作るための筋肉だって落ちてしまいます。見た目が老けるのは構わないのですが、筋肉が落ちるとなると別問題です。気づいた時から、顔の体操を始めました。まだ、変化は見られませんが、継続していこうかと。

もともと会話が多い方ではない仕事ですが、コロナ禍はさらに喋ることが減り、表情もほぼ固定です。UberEatsの配達がある時はまだいいのですが、それでも「Uberです」「お待たせしました」「ありがとうございます」しか言いません。試しに早口言葉を言ってみましたが、ほぼすべて噛みます。これではいけません。

ただ、これは私だけではなく、多くの人が抱えている悩みでもあり、見た目が老けてくる大きな要因のひとつではないかと考えています。学生時代はとにかく会話が多いので、しっかりと筋肉が付きます。でも歳をとって定年退職をするとなると、会話が激減します。言うまでもなく、頬などが弛んできます。

Advertisement

いやいや、そんなことないからと思っている人は鏡をチェックしてみてください。この1年間、テレワークだった人はそれなりに老けているはずです。30代はまだいいかもしれませんが、40代以降は頬の肉が重力に負けて下がり気味に……いや、私だけかもしれませんよ。この数年間、ずっと会話の少ない生活をしていたので。

でも同じことがテレワークをしている人には起きるはずです。今ならまだハリのある顔を取り戻せますが、放っておくと取り返しがつかないことになります。取り返したからどうなんだという話は置いておいて。ただ、私に秘策があるわけではなく、インターネットで顔の体操方法を調べて実行しているだけです。

そもそも感情が昂ることも少なく、表情豊かなタイプではないので、いざトレーニングをしてみると、思いのほか大変です。こういうのは、若いうちからコツコツすべきものですね。誰かによく見られたいという感覚がないので、見た目はほとんど無視してきた結果、根本的に顔の筋肉を使えなくなっているという大きな問題が。

そう思うと俳優さんはすごい仕事だなと。顔のちょっとした表情で演じたりするわけです。芸人さんも表情だけで笑いをとったりしますよね。自由自在に顔の筋肉をコントロールできるのは、小さな頃からずっと鍛えてきたからなのでしょう。それは意図的なのか偶然なのかはわかりませんが。

Advertisement

ただ芸人さんは、たくさん喋りたくさん笑うわけで、普段から顔の筋肉が鍛えられているのかもしれません。だとすれば顔の体操なんかするよりも、お笑いの動画でも見て、腹の底から笑っていた方がいいのかもしれません。笑うことで、ポジティブにもなれるわけですから。さらに顔を動かすために落語なんぞ……いや、そんな時間はありません。

落語はともかく英会話や中国語会話はありです。必ず役に立ちますから。どちらも続いた試しがないのですが。でも過去は勉強のためにやっていたので、続きませんでしたが今は顔の筋肉を思い通りに動かせるようになるためという別のモチベーションがあります。ラジオの英会話と中国語会話を調べるとしましょう。

いずれにしても使わない筋肉は落ちていきます。それは足の筋肉でも顔の筋肉でも同じこと。足の筋肉だけしっかりしていて、顔の筋肉がダルダルなんて悲しすぎます。出来ること、いろいろ試してみるとします。それでも老けてきたら、それは受け入れるしかありません。今はまだ抗ってみます。どこで運命の出会いがあるかわかりませんので。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

LIFEカテゴリの最新記事