思った以上のスピードで衰えていく体【老化に抗うためのポイント】

  • 2021.07.01
  • (更新日:2021.06.30)
  • LIFE
思った以上のスピードで衰えていく体【老化に抗うためのポイント】

40代になってから筋力の低下が気になるようになりはじめましたが、45歳になってから走力の低下スピードの早さに困惑しています。ある程度の低下は想定していましたが、現在私が向き合っているのは、まるで直滑降のようなスピードで、瞬きする時間もないほどに走れなくなっています。

2日前に400mのインターバルをしましたが、これまで72〜74秒くらいで走れていたのに、76秒前後しか出せません。たった2秒じゃないかと思うかもしれませんが、この2秒がいかに大きいかは追い込んでトレーニングをしている人なら分かってもらえるかと思います。

スピード練習をほとんどしていないというのもありますが、それにしてもここまで走れないかと驚いてしまうくらい。そもそも走り方も不安定になっていて、以前はもっと安定したフォームで走れていたつもりですが、今はそれがバラバラで美しさのかけらもありません。なんとも情けない。

老化することは仕方ないこと。頭ではわかっていても、それを受け入れるのは簡単なことではありません。少なくとも気持ちの部分ではまだ若いつもりなので、余計に気持ちと体のギャップを悩ましく感じます。2〜3年もすれば受け入れるしかなくなるのでしょうが、まだ抗いたい気持ちが残っているので。

Advertisement

では老化に抗うにはどうすればいいのか。できることはそうは多くありません。

  • フィジカルトレーニングを週2回行う
  • 抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂取する
  • しっかりと寝る

基本の柱はこの3つくらいでしょうか。走力を高めるためなら、他にもやれることがありますが、老化に抗うためにすることはこの3つ。それも中途半端ではなく、本気で取り組まなくてはいけません。筋力アップのためにフィジカルトレーニングを行い、抗酸化作用のある食べ物を選んで体が錆びるのを防ぐ。そしてしっかりと眠る。

睡眠時間は以前よりもかなり確保しています。睡眠時間が7時間以下になることはほとんどありませんし、寝不足で頭が回らないなんてこともないので、これは継続していくだけです。フィジカルトレーニングは週1回になっているのを走る日を減らしてでももう1回増やさないといけません。走る日は減らしたくないからランニング後に行うつもり。

あとは抗酸化作用のある食べ物、例えば鮭や緑黄色野菜、ポリフェノールを積極的に摂取することです。でもこれには限界があるような気がします。そんな食生活をしている人はいくらでもいるのに、老いに抗えている人はほとんどいないわけですし。抗酸化作用のある食べ物では止められないくらい、私たちの体は酸化が進んでいるのかもしれません。

Advertisement

ランナーですと日焼けがかなりマイナスです。日焼けは肌だけに影響を与えているのではなく、体の酸化を促進してしまうという問題があります。いくら鮭や緑黄色野菜を摂取しても、日焼けをしてしまえばすべてが水の泡です。さらに走れば走るほど体内は酸化していきます。ようするにランナーは老化から逃れるのがかなり難しいわけです。

もちろん防ぐことは可能です。でも、思った以上に大変で、結局は覚悟の問題なのかもしれません。本気で老化に抗いたいなら、体が酸化するのを徹底して防ぐ。それこそアルコールは飲まないようにして、ウェアは長袖しか着ない。多少お金がかかっても飲む日焼け止めを使う。そういう覚悟があるかどうか。

まだそこまでの覚悟はないのですが、これは先送りすれば先送りするほど老化は進んでいきます。体のあちこちがすでにSOS信号を出しているのはわかっていて、今年になってからそれがいっきに吹き出してきた感じがあります。日常生活を送るだけなら問題ないけど、ランナーであり続けたいなら手を打たなくてはいけません。

まずはできることから始めるとしましょう。休養はしっかりと摂れているので、筋トレを積極的に行って筋力を取り戻すこと。そして面倒でも肌のケア、日焼け対策をすること。もう対策をしてもしょうがないくらいに焼けていますが。夏がやって来るので日中のランニングも控えるようにします。生活リズムを替えなきゃですが、サマータイムということで。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

LIFEカテゴリの最新記事