2年ぶりにZoffでメガネを買い替える【格安メガネは消耗品】

  • 2021.07.27
  • (更新日:2021.07.26)
  • LIFE
2年ぶりにZoffでメガネを買い替える【格安メガネは消耗品】

メガネは体の一部といったCMがありましたが、私のようにメガネがないと何もできない人間にとって、メガネは本当に体の一部のように重要なアイテムです。だから本当なら、質やデザインにこだわるべきなんです。できることなら鯖江のメガネをメンテナンスしながら使い続けるなんていうのが理想ですが、身分不相応なわけでして。

私のように収入が少ない人はやっぱりプチプラアイウェアになってしまいます。これはもう仕方のないことなんです。しかも私はモノの扱いが雑。なんでもすぐに壊してしまいますので、高価なものを長く使うのがいいと分かっていても、それほど長く使うことなく寿命を迎えてしまいます。

その点、プチプラアイウェアはありがたい。フレームもレンズも1万円以下で、合わせて2万円あれば大抵のフレームは選べます。今回2年ぶりにメガネを購入しましたが、Zoffのセール中だったというのもあって、フレームは半額以下で2番目にいいレンズ(超薄型外面非球面)との組み合わせで12,800円。

とんでもないお値段です。デザインも悪くありません。そもそもデザインは絶対に妥協しない派なので、見た目が悪いメガネだったら選びません。プチプラアイウェアブランドとしてはZoff以外にもJINSがありますが、どうもJINSは私の顔には合わないようでして、以前は無印良品のメガネにしていましたが、最近はずっとZoffです。

Advertisement

今回メガネを買うにあたってこだわったのが「運動中にずれない」ということです。これまで使っていたメガネは、普段遣いをメインにデザインを選んでいたので、ランニングのスピード練習をするとズレてしまい、UberEatsの配達でも鼻眼鏡状態になっていました。今回はそれを改善したフィット感の高いZoff SMARTから選びました。

ポイントはメンテナンスがしやすいこと。これまで使っていたメガネは金属フレームというのもあって、サビが発生していますが、今回はプラスチック製にしたので軽く拭くだけできれいです。狙ったわけではないのですが抗菌モデルらしいです。別に抗菌したいわけじゃないですが、それは汚れが溜まりにくいともいえるので、ズボラな私にはありがたい。

いつかメガネのレンズに、ランニング中の情報が表示されるようになったら、それも買ってみようかと思いますが、今はこんな安いメガネを2年に1回交換するというので十分です。高級なメガネを使ったことがないのでわからないのですが、私の使い方だと2年でレンズに小さな傷がたくさん入るので、2年ごとに買い換えています。

なんでも消耗品にするのはあまり好きではありませんが、こればっかりは仕方ありません。もし自分にぴったりとくるシンデレラメガネ(この表現で合っているのか?)が見つかったら、それを使い続けるかもしれませんけどね。きっとそれは50代から60代くらいになってからかなと思います。

Advertisement

ちなみにですが、この時期は紫外線が強いのでサングラス着用してのランニングを推奨していますが、実はメガネもほとんどのものがUVカットしています。私のレンズはUV400で紫外線を99%カットしてくれます。100%カットしてくれるサングラスほどではありませんが、ちゃんとUV対策になります。

これだけはメガネランナーである数少ないメリットのひとつです。あと花粉も入り込んで来にくいので、花粉症にもなっていません(メガネのおかげかどうかは分かりませんが)。さらにメガネをしていると、小さな子どもに好かれます。根拠は分かりませんが、小さな子どもはメガネしている人が好きなようで、すぐに仲良くなれます。

コンタクトやレーシックという選択肢もあるのでしょうが、基本的に目つきがあまり良くないので、メガネでごまかす必要があります。もう私の体の一部みたいなものですから、いまさらメガネなしにする気もありません。マラソン大会のときはメガネがじゃまにならないようにコンタクトをしますが。

とにかく昨日から新しいメガネです。まだメガネをかけて走っていないので、なんとも言えませんが、レンズは以前と同じものなので視界としては問題はないはずです。あとはインターバルやペース走でずれなければOKです。今週の金曜日がインターバルの日なので、ちょっと楽しみです。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

LIFEカテゴリの最新記事