フリーランスとして長く働き続けるためにこだわりを捨てる【東京を拠点とする可能性】

  • 2021.09.28
  • (更新日:2021.09.27)
  • LIFE
フリーランスとして長く働き続けるためにこだわりを捨てる【東京を拠点とする可能性】

UberEatsの配達をしている時に、通り掛かりの不動産屋さんで家賃をチェック。代々木駅から参宮橋周辺で家賃が5万円台の物件がちらほら。いずれも風呂トイレが一緒のユニットバスですが、都内の家賃がここまで安いとは思いませんでした。私が暮らす鶴巻温泉のアパート家賃は2万円ですが、都内まで定期を買ったら実質3.5万円。都内のマンションが共益費込みで6万円なら、全然視野に入ります。

フリーランスなので審査に通りにくいという問題もありますが、東京は家賃が高いものだという思い込みがあったのでかなり驚きです。コロナ禍というのも影響するのでしょうか。人の動きが減っているのは間違いなく、テレワークに伴い、都内から郊外に引っ越す人も増えているとか。そうなると必然的に都内の家賃も下がるわけです。特に風呂トイレが一緒のタイプの部屋は。

実際に都内で暮らすかといえば、今のところNOなんですが、人生は何が起こるかわかりません。暮らしたいかどうかではなく、暮らさなくてはいけない可能性だってあります。今のアパートだって、いつ取り壊しになってもおかしくありませんので。そうなるまでは鶴巻温泉を拠点にするつもりですが、もしアパートが取り壊しになって引っ越しが必要になったら、そのときは都内に行く可能性はあります。

5万円台の家賃ならなんとかなりますから。UberEatsの後に外食をしなくて済みますし、移動時間もなくなるのでRUNNING STREET 365の記事も増やせます。そう考えると、今すぐでも悪くなさそうですが、鶴巻温泉という環境は気に入っているので、必要性がなければ移動しません。UberEatsだって何年先まで存在するのかもわかりませんので、それに頼って都内暮らしというのはよろしくありません。

Advertisement

経験として1度くらい都内で暮らしてみたいという願望はあります。大阪から上京して、都内で暮らしたことがない。これはもったいないことです。もし仮に関東圏から出てしまったら、もう戻ってこないような気もします。だから離れる前の1〜2年くらい、人生経験のひとつとしてやってみようとは思います。きっと数年後はもっと家賃が下がっているでしょうから。理想は共益費込みで5万円。下北とかならあるかもしれません。

都内で暮らすとなると、最も大きな問題となるのが練習場所。参宮橋なら代々木公園がすぐそばなのでよさそうです。でも渋谷とか新宿とかだとそうもいきません。裸足で走る機会もグッと減るはずです。そういう意味では、裸足で24時間走れてしまう鶴巻温泉は裸足アスリートのための街。裸足であるかどうかは別として誘惑が少ないのも、ある意味では強みです。東海大の運動部が強いのも頷けます。

何をするにしても環境というのは大事です。環境が人を作ると言っても過言ではありません。私が6年間もフリーランスでいられたのは、間違いなく鶴巻温泉を選んだからです。走る環境以外はほとんど何もありません。本屋ものんびりくつろげるカフェもありません。だから仕事に集中でき、走ることとも向き合えています。東京で暮らしたことがないので明言はできませんが、都内は誘惑がいくつもあります。

人によってはそういうところで刺激を受けて、モチベーションを高めるほうが合っています。単純に私の場合は何もないところが適しているというだけのことで、会社を辞めたあとの拠点としては間違いなかったと思います。ただ、この世の中に変わらないものなどありません。6年前はUberEatsをやる未来なんて1ミリも想像していませんでしたし、コロナ禍というものがくるなんてことも想定外。この1年半で世界は大きく変わり、当たり前が当たり前でなくなりました。

Advertisement

そのような状況下で変わらずにいることは無理。むしろ積極的に変わっていくべき。新しくやりたいことも出てきますし、反対にできなくなったこともあります。できないことを嘆いたところで何も得られません。世の中が悪いと愚痴をこぼしたところで、世界が自分にだけ都合のいいように変わってくれることもありません。だから、与えられた環境でできることを探す。今だからこそできること、やらなくてはいけないことを探す必要があります。

いや、そんな面倒なことはしなくてもいいんですよ、普通に生きている人は。私がそうだというだけのこと。面白おかしく、好きなことだけをして生きるためには、時には変化を受け入れる、変化に適応することが求められます。それがいいか悪いかという話ではなく、しなくてはならない。フリーランスの多くが数年で廃業しますが、彼らは変化が出来なかったんでしょう。自分のやりたいことに固執したから、稼げなくなったときに身動きが取れなくなった。

変化さえできれば、仕事などいくらでもあります。そういう意味ではスペシャリストほどフリーランスでは失敗しやすいのかもしれません。士業のようなスペシャリストは別として、絵を描くスペシャリストや写真を撮るスペシャリスト、野球をするスペシャリスト。みんなその道ではトップクラスの人材ですが、応用が効きません(全員がそうとは言いませんが)。私のような何をやっても中途半端だと何も固執しないから食いつなぐことができます。

もちろんある程度の戦略は立てました。鶴巻温泉を選んだのもその戦略のひとつですし、稼ぐ方法もいくつかリストアップしました。その中でライティングが当たっただけのこと。ただ、ライティングは素人なので固執せず頼まれた仕事はなんでもやり、仕事がないと判断したらUberEatsにも手を出す。ベースにあるのは拘らないということ。それは仕事だけでなく、生き方すべてにおいて。変化する自分を楽しむ。そのためには都内で暮らすのもいいかもしれません。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

LIFEカテゴリの最新記事