46歳の抱負はないけど【おそらくやってくるであろう大きな波に乗るために】

  • 2021.11.06
  • (更新日:2021.11.05)
  • LIFE
46歳の抱負はないけど【おそらくやってくるであろう大きな波に乗るために】

本当なら昨日のブログで書くべきでしたが、無事46歳になりました。こういう時代ですので何が起こるかわからない状況で、好き勝手に生きながらもきちんと誕生日を迎えられたのはありがたいことです。こういう時は46歳の抱負なんぞ書いておくべきかもしれませんが、残念ながら何も思い浮かびません。大抵のやりたいことはすでに書いていますし。

会社を辞めたのが39歳だったので、思い返せばえらく時間が経過しています。つい最近のことのように思えるのですが、それだけ充実していたというか、落ち着きがなかったというか。未来など1ミリも見えなかった船出でしたが、46歳の誕生日は目が回るくらい慌ただしく過ごしています。もちろん一時的に忙しいだけですが、会社を辞めたときにこんな未来が待っているとは思いもせず。

だから、いま46歳の抱負なんて考えても、そんなものは数日後に破棄する可能性もありますし、考えるだけ無駄にも思えます。1年後に台湾や中国で暮らしている可能性もゼロではなく、抱負なんかを語ってしまうと、開かれた未来が閉じてしまいます。言霊というものがありますが、口から出た言葉や文字にしたもののは魂があり、私の進路がそれによって定められることもあるわけですから。

大きな変化があるのではないかという期待はあります。それが何なのかはわかりませんが、新しい波が来ていることは分かります。あとはそれに乗れるかどうか。どんな波なのかも分かりませんし、乗れるものなのかも分かりません。ただ準備だけはしておこうかなと。波が来たときに準備不足で乗り遅れるというのが1番情けないことなので。

Advertisement

そもそもこだわりのある生き方をしているわけではありません。今はランニングの世界にどっぷりと浸かっていますが、それだってもっと魅力的な道があれば手放すことだってあります。私はいつだって自分が進みたい道を選んでいるだけ。いや、進みたくない道を拒絶しているだけです。そしたらこんなところに立っていたわけです。狙ってここにいるわけではありません。

ただ走り続けることは間違い無いでしょう。走ることは私の人生そのものであり、未来を切り拓くための武器のひとつですから。これを手放すことで圧倒的なキラーカードが手に入るなら考えなくもないですが、何をするにしてもランニングと両立することは可能ですし、走ることは自分の健康維持でもあるので、フリーランスである以上は走るのを止めることはありません。

でもこれから先の人生で、走ることを止める日は必ずやってきます。それは明日かもしれませんし、30年後40年後かもしれません。そのときにやるだけやったと思える自分でありたい。「あの時もっと頑張っていれば」なんて言いたくありませんし、過去の栄光に縋るつもりはありません。やり切ったのだから気持ちを切り替えて前を向く。

それは何もランニングだけのことではなく、自分の行動すべてにおいてです。私が働ける期間にだって限りがあります。60歳を超えたライターに仕事があるとは思えませんし、いつまでも食いしん坊でもいられません。まだ揚げ物も全然食べられますが、いつかきつく感じて魚と野菜ばかり食べるようになる日がやってきます。何事にも終わりはやってくるもの。

Advertisement

この世界に永遠はありません。だからこそ1日1日を大切にする。人との出会いや別れを噛み締める。そういうこと大切にする1年にしたいなとは思います。いや、新しい1年だけではなく、これからの1年でそういうことができる人になっていたいなと。まだまだ未熟で、様々なことに振り回されて自分をコントロールできていないと痛感した45歳。そこから次のステップへと進むこと。

柳のようにしなやかでありながらも、足元はしっかりと固めていく。それは私がこれから時間をかけて目指すべきところ。46年かけてようやく見えてきた頂のひとつです。そこに立ったときにどのような景色が見えるのか、今の私の興味はそこにあります。ただ道のりが険しくて、たどり着けるのかどうかもわかりませんが。

影響を受けやすいタイプですので、違う頂が気になって方向転換する可能性も否定できません。右往左往するのも私らしくていい。結局何も掴めない人生だったとしても、きっと
そう悪いものではありません。欲しいものを手に入れるだけが人生ではありませんから。むしろそれが手に入らない生き方に興味があり、そこにこそ人間的な魅力があるのだと信じています。全力を尽くしても手に入らないものがある。それはとても美しいことです。

いろいろ書きましたが、やることはひとつだけです。目の前にある自分のやることをひとつずつ片付けていくだけ。これまでそうやってきたわけです。これからもそれは変わりません。その結果、想定していない出来事が自然と舞い込んできて私を何処かへと運んでいくはずです。運ばれた先でもやるべきことをやる。愚直にそれを繰り返して、1年後に想像もしなかった場所にいる。そこがどこなのか分かりませんが、この先の未来にはほんの少しだけ期待しています。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時(2022年1月からは水曜日19時〜)
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

LIFEカテゴリの最新記事