2000年代が20年も前で「ラブストーリーは突然に」は平成の名曲という違和感

2000年代が20年も前で「ラブストーリーは突然に」は平成の名曲という違和感

原宿でUberEatsの配達中に、モデルさんのような見た目の女の子が、「これ2000年代の帽子だから、少し深くて……」というようなことを、一緒にいた別の子に話をしているのが聞こえてきました。2000年代ってつい最近ではないかと思ったのですが、よく考えたら20年も前の話。

それとは真逆なことがYouTubeミュージックで選曲しているときにありました。平成の名曲というプレイリストを再生していたら、「ラブストーリーは突然に」が流れてきて、一瞬思考停止。確かに「ラブストーリーは突然に」は平成の楽曲なのですが、印象としては昭和の楽曲なんですよね。

平成はつい最近のことという思いがありますが、平成元年は30年以上も前のこと。このあたりの感覚というのがかなり曖昧なのは私だけなのか、それとも世の中の中年はみんな同じなのかはわかりません。困ったことに、私は18歳くらいから精神年齢があまり変わっておらず、いまだにどこか子供っぽさが残っています。

成人式に出てないからだと思ってて、きっとみんな成人式で聖水をかけられたり、20mくらいのバンジージャンプとかしたりして、精神的な大人になる儀式を通過したと思うのですが、私はそれをしていないから大人になれてないんだと思ってます。出席した方がよかったかというと、そうは思いませんが。

Advertisement

今の若い子が2000年代のファッションを、オールドファッションと捉えている(ドーナツではない)ことは、なかなか恐ろしい話です。なんせ、私はその頃からフッションがあまり変わってないから。知らないうちにトレンドから取り残されていたわけです。いや、そもそもトレンドは追っていませんが。

トレンドから取り残されて20年経ったら、オールドファッションとして、ちょっとオシャレな感じになっているかもなんて、少しだけ期待してます。そこは正直どうでもいいのですが、おそらく私は今の若い子たちとは価値観が大きくズレているはず。だって20年以上前から、自分の価値観が変わってないわけですから。

最近の若者はエコなアイテムを積極的に選ぶそうです。SDGsとかってメディアやメーカーが持ち上げてブームを作っていると思っていましたが、もうすでに地球環境について考えているメーカーのアイテムでないと、若者相手に売れない時代になっていると、メーカーの方から聞いたことがあります。

その時点で価値観がまったく違います。私なんか、自分に似合う服ならなんでもいいというのが基本スタンス。あとは清潔感を大事にはしていますが、エコであることなんて1ミリも考えたことはありません。地球のことなんて、本気で考えてるほど暇ではありませんし。

Advertisement

世の中はどんどん進んでいます。キャッシュレスの波には、ほんの少し乗り遅れかけましたがなんとか追いつきました(モバイルPASMO専門ですが)。でも、モバイルオーダーとかは不安ですし、フードデリーも使ったことがありません。こうやって、知らないうちに取り残されていく。

江戸時代だったら、山に捨てられてしまったかもしれません。それなのに時代の流れに取り残されても、どうにかして救ってくれようとするのが現代。人口が減っているから、労働力として簡単には捨てたくないだけかもしれませんが。いずれにしてもこのままだと、若者との間にある壁は高くなっていくばかり。

それを受け入れてしまえば楽になるのですが、物書きの端くれとしては世の中の流行りや新しいトレンドなどは、それなりにきちんとしておきたいところ。ファッションアイテムだって、若者のやり方をそのまま迎合する気はありませんが、知識が20年前から進んでいないというのはよろしくありません。

いつかは「もうついていけない」となるのかもそれませんが、そうなるまではきちんと世の中の「今」を把握できるように、意識的に新しいファッションやテクノロジーを取り入れていくこと。それを楽しみながらやれるといいですね。時代に取り残されるにはまだ少し早いですから。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

LIFEカテゴリの最新記事