シャンプーなし、ボディソープなしの石鹸生活、そしてその先には…

  • 2014.09.26
  • (更新日:2019.11.13)
  • LIFE
シャンプーなし、ボディソープなしの石鹸生活、そしてその先には…

IMG 0426

シンプルライフを目指してモノを手放しはじめて26日経過。まだ26個しか手放していないので部屋が目に見えて片付いたりはしないのですが、生活そのものは徐々に変わりつつあります。まずモノを買わなくなりました。ここまで2個購入する権利を持っていますが買ったのは1個だけ。最初に買ったモノついてはまた書くことになるのでここでは触れないでおこう。それとは別に、「これがなかったらどうなるだろう」と考えるようになりました。その結果、手放したのがシャンプーとボディソープでした。

ボディソープは石鹸で問題ないことはわかっています。問題がありそうなのは石鹸がシャンプーの代わりになりうるかということでした。とは言うものの幼少時にアトピーがひどかったわたしはシャンプーはずっと石鹸を使っていました。これが本当にアトピーによいことなのかどうかはわかりませんが、石鹸でシャンプーはわたしにとってはそれほどハードルが高いものではありません。

でも、そもそもシャンプーと石鹸の違いは何なのかという疑問がわきてきました。

最大の違いは石鹸がアルカリ性でシャンプーが弱酸性ということでしょうか。アルカリ性の石鹸で髪を洗うと髪を守っているキューティクルが開き、髪が傷みやすくなります。このため石鹸や石鹸シャンプーで髪を洗う場合、酸性のリンスで中和することが必要になってきます。そして何よりもシャンプーを石鹸に切り替えた直後の髪のゴワゴワ、キシキシ感がすごいです。これは完全に髪を痛めているという感じがします。

IMG 0428

それでもわたしはシャンプーを手放しました。だってお風呂場に洗濯用の石鹸と洗顔用の石鹸とボディソープ、シャンプーがあるってどう見たってシンプルじゃないですから。そもそもリンスは使っていなかったのでまだましですが、ほとんどの家庭ではボディソープ、シャンプー、リンスの3点セットがあるのではないでしょうか。いや、それでいいんです。あって普通です。でもわたしは旅するように暮らしたいわけです。石鹸だけのほうがシンプルで荷物にもなりません。

当然、リンスは使いません。石鹸をしっかり泡立てるのと、すすぎをきちんとすれば髪が短いわたしには何の問題もありません。髪の長い女性なら酸性のリンスは必須かもしれません。そういう意味ではシンプルな暮らし、モノが少ない暮らしというのは男のほうが向いているのかもしれません。

ちなみに福山雅治さんやタモリさんはボディソープはおろか石鹸すら使わないそうです。ボディソープや石鹸を排除することで皮膚のバリア機能を保護するのだそうです。石鹸やボディソープで洗うことで必要な善玉菌まで流してしまう。ならば最初から水洗いだけでいいじゃないかということです。これはかなり興味があります。よくよく考えれば江戸時代に石鹸やシャンプーがなかったわけですから、水洗いだけでもうまくいきそうな気がします。

もっともそれで匂いがきつくなるようではいけません。こういうことは他人に迷惑をかけてまでやるようなことではありません。ただ、石鹸すら必要なくなると思うとこれはちょっとした自分革命です。湯船に浸かる季節になったら試してみるとします。まずはシャンプーなし、ボディソープなしの石鹸生活始めました。

LIFEカテゴリの最新記事