複数あるものをひとつにまとめることでモノを減らす

IMG 0776

WindowsのPCを手放してMac mini 1台体制に移行した。MacにParallelsというソフトを入れることでMacとWindowsを共存させることができるので、2台持っている必要がなくなったのだ。このParallelsはかなり前からあるソフトで、いまさら感はいなめないが、使ってみるとこれまで移行を渋っていたことを悔いるレベルで便利だ。これまではMacからWindowsにリモートアクセスしていたので、使い勝手はそれと変わらないが、1台でクローズしている安心感、安定感がずば抜けている。

Windowsをこれまで残していたのは毎年のe-Tax対応のためだ。もちろん来年もe-Taxで確定申告をするのだが、このe-TaxもParallelsで起動したWindowsでできる。本来ならMacでもe-Taxできるのが一番いいのだが、日本のガラパゴス仕様にAppleが合わせてくれるわけもない。10年後にはまた変わっているだろうが、いまのところWindowsを手放すことは出来ない。ただPC本体を手放せたことは大きな一歩だ。

将来は旅するように暮らしたい。だからノートパソコンを使うことになるのだろう。おそらく今の会社を辞めて、新しいことにチャレンジするタイミングでMacBookProでも買うのかもしれない。でも、個人事業主としてWindowsを持っていないというのはかなり不便だ。これまでなら、2台持つかという発想になっていたのだが、Parallelsのおかげでそんなことを考えなくてよくなった。ノートパソコンとしてMacBookProですべてまかなえてしまう。素晴らしい時代だ。

MacBookProとデジカメとiPhoneがあれば地球上のどこにいても仕事ができる。新しいiPhoneのカメラで満足するなら、デジカメも不要かもしれない。MacBookProにSIMカードを入れることができて、本体で通信ができるようになったらiPhoneすらいらない時代がやってくる。なおかつMacBookProでiOSが動いたらもう完璧だろう。そういう未来は意外とすぐそこにまで来ている。

複数のものをひとつにまとめる。当然、メリットもデメリットもある。あれもこれも手に入れようとすると身動きがとれなくなることもある。本来ならいらないものを削っていくほうが美しいのは承知している。それでもモノを減らす過渡期としては、複数のものをひとつにまとめることは有効な手法だろう。

仕事用の靴と普段履きの靴をひとつにしたり、ランニング用のウェアとピラティス用のウェアをひとつにしたり。紙で持っている本をデジタル化して電子書籍にまとめるというのもそれにあたる。モノが減ると探しものをしなくなるし、どこになにがあるか、どういう状態なのかを把握しやすくなる。休んでいるモノが減りモノが活きてくる。

これだけ豊かな時代になったのだから、モノを溜め込まずにモノを活かす暮らしを目指してみてはどうだろうか。着ない服が何着もあっても仕方ない。試供品の化粧品を溜め込んだって使うことはほとんどないだろう。もったいない?使わずに溜まって淀んでいくほうがよっぽどもったいない。

惰性でモノを持ち続けていないか。複数あるものをひとつにできないか。いつも考えていたい。シンプルに無駄のない暮らしまではまだ遠いが、考え続ければいつかたどりつけるだろう。モノは少なければ少ないほうが豊かになれると信じている。

スポンサーリンク