第5回ウルトラマラソン練習会「灼熱の甲州街道」

IMG 2526

今回で5回目の開催になったウルトラマラソン練習会ですが、毎回参加してくれる人からは「グルメラン」と呼ばれるようになっています。美味しいものを食べるための寄り道をしますし、ランチはお店に入ります。

普通のウルトラマラソン練習会は、決まった距離をひたすら走るか、もしくは決まった時間を走り続けます。そういう練習会も必要ですが、わたしの場合はコンセプトから根本的に違います。

わたしがこのウルトラマラソン練習会を開催しようと思ったのは、フルマラソンを完走できる走力があれば、1日60㎞なら毎日でも走れるということを、みんなに体感してもらいたいという思いからです。

100㎞のウルトラマラソンを完走する力ではなく、毎日60㎞走れる感覚を身につけてもらいたい。毎日走るのだから食事は重要です。コンビニなんかで軽く済ませるという訳にはいきません。

IMG 2523

それができるようになるとどうなるか。走って旅をすることができます。

東海道でも中山道でも日本縦断でも難なくこなせるようになります。わたしがこのウルトラマラソン練習会に街道を選ぶことが多いのもこのためです。これは練習会であり、旅の第一歩なわけです。

さて、今回は甲州街道です。この夏に甲州街道を走るイベントをするつもりですが、その下見も兼ねての、日本橋から高尾方面を目指します。告知が遅くなったため1人ランも想定していましたが、わたし以外に4人の参加者。

2人は途中離脱予定でしたが、そのあと1人が途中参加しましたので、わたしを含めて6人でのランです。こうやって一緒に走ってくれるのは、本当にありがたいことです。

IMG 2524

スタートは恒例の日本橋。7時集合で、西へ西へと向かいます。

日本橋から内藤新宿を目指すあたりでは、東京の朝を走るという感覚があり、楽しかったのですが、問題は新宿を超えてからです。甲州街道は中央道が頭上を走りますので、景色がまったく変わりません。

さらに宿場町を示すものが、まったくないという状態です。新宿では唯一、甲州街道と青梅街道の追分にスポットがひとつあるだけ。ただ、何度も来たことのある場所なのに、このスポットの存在には気づかずでした。

こうしたちょっとした発見があるのが、旅ランの楽しさです。

IMG 2532

幸か不幸か信号も少なく、その少ない信号にもほとんどひっかかりません。いつもなら歴史スポットで立ち止まるのですが、新宿から調布までは驚くほど何にもありません。このエリアはこれまで走った街道の中でも一番残念ポイントです。

奇しくもこの日の前夜から甲州街道を走るイベントが開催され、知り合いが何人か参加していましたが、ラストのこの区間で苦しむ姿が思い浮かびます。15㎞近くある退屈なエリア。

2週間前に24時間を走った疲労は抜けておらず、さらに数日前に行ったスクワットのおかげで、お風呂の浴槽をまたげないくらいの筋肉痛。さらにわたしを襲ったのは風邪の症状。

それでも前半は主催者の意地で全逮を引っ張りましたが、きっとスピードは出てなかったのでしょう。とはいえ、気温を考えれば上出来です。午前中だけで、日本橋から調布までの25㎞を走り抜けます。

IMG 2540

調布で12時前だったので、ランチ難民にならないためにもここで昼食。

美味しいお店を引き当てなくてはいけないという、ウルトラマラソン練習会とは思えない緊張感がわたしを襲ったのですが、独断で中華料理の海南記に決定。中華料理にハズレなしで無難な路線に逃げました。

ところがこのお店、わたしたちが入った直後から、次々にお客さんがやってきてあっという間に満席。それもそもはず。ランチがなんと680円で、ご飯のおかわりが自由。いや、ご飯のおかわりなんてできないほどのボリューム。

餃子が冷めていたのが唯一のマイナスでしたが、しっかりとした中華料理屋さんでした。(なぜグルメレポートみたいになってるんだろう……)

IMG 2537

調布から1㎞だけ歩いて、そこからランニング再開。わたしは調子がまったく上がらないため、途中から参加してくれた人に引っ張ってもらうことに。午後の前半はそれでもなんとかついていくものの、足取りは徐々に重くなっていきます。

さらに気温もどんどん上昇して、水分の消耗が半端ない状態です。さらにわたしを頭痛が襲いかかります。熱中症の頭痛なのか風邪の頭痛なのかわからないのですが、とにかく黄色信号が点滅中。

とりあえず、体を冷やさなくてはいけないということで、府中駅にある武蔵野茶房でかき氷。そして大國魂神社で神様にご挨拶。

IMG 2551

このかき氷がなかったら、わたしはきっと途中で抜けていたかもしれません。ただ、府中からは明らかに体にリミッターがかかってしまいました。脳が「これ以上体温を上げるな」との司令を出しています。

心拍数を上げなければ問題なく走れますが、とにかくスピードを出せません。ここから徐々に遅れだします。離されては信号で追いつくという感じでしたが、日野の坂道で一気に離されてしまいました。

ただ、日野を過ぎたところですでに42㎞のフルマラソンの距離を超えています。ここからはウルトラマラソンの距離。やっとウルトラマラソンの練習会と名乗れます。

IMG 2560

もっともわたしが大幅に遅れだしたこともあり、本来の目的地である高尾までははるか遠く、八王子でのフィニッシュとなりました。48㎞ちょっとなので、気温とコンディションを考えればまずまずです。

調布以降は、日野の渡しがあったり、新撰組ゆかりの地があったりと、そこそこ楽しむこともできました。

この練習会は、とにかくゆっくり食べるので、10時間走っても50㎞前後しか走れません。そう考えればぼちぼちな結果でしょうか。翌週の日光ウルトラマラソンに向けて不安しか残っていませんが。

IMG 2572

走り終えたところで、一本下駄を買いたいという参加者と一緒にみんなで下駄のお店へ。その後は銭湯で汗を流して、お待ちかねのビールタイム。このためだけに走っていますから。

向かったお店は「笑丸」。だいぶオシャレな居酒屋さんです。八王子の人気店なのですが、なぜか席が空いていて、スムーズに入店。グルメランもとい、ウルトラマラソン練習会はこうやって美味しいお店に恵まれる運命にあります。

しっかり走って、美味しいものを食べて今回もいい感じに締めることができました。

IMG 2580

来月以降の予定を一応書き出しておきます。

7月9日(日):大山トレイル練習会
7月22日(土):箱根越えラン(箱根湯本もしくは小田原から三島まで)27〜33㎞
8月5日(土): 大山トレイル練習会
8月23日(土):東横線ラン(渋谷から中華街)28㎞

7月8月は暑さがあるので、距離は短めに設定しています。8月は両日とも仮で変更するかもしれません。興味がある人はスケジュールを開けておいてください。


歴史の旅 甲州街道を歩く
著者:山口 徹
楽天ブックス:甲州街道を歩く 歴史の旅 [ 山口徹(日本経済史) ]

スポンサーリンク

スポンサーリンク