理想の旅ランについて考えてみる(ランイベントを開催する理由)

理想の旅ランについて考えてみる(ランイベントを開催する理由)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日は反省ばかりのブログだったので、今日は少しでも前向きに旅ランについて書こうかと。コンディションがいまいちなので、結局ネガティブになりそうな気もしますが(すでにマイナス思考やん……)。今回のしまなみ海道ランは1日38km×2日と、自分としては比較的短い距離の旅ランでした。でも、グループで走る場合はこれくらいが適切かなと。

どのレベルの参加者を集めるかにもよりますが、私はフルマラソンを走れるなら、その走力を活かして遊ぼうよというスタンスで参加者を募集しているので、フルマラソン×2日というのはハードルが高すぎるように感じます。そもそも旅ランというのは、長く走ればいいというものでもなく。観光スポットを巡れば10キロだって楽しいものです。

ただ、2日でフルマラソンの距離を超えないというのも達成感がありません。後で地図を見返して「こんなにも走った」と思えることが自信に繋がりますし、何よりもゴールしたときの気持ち良さが違います。私は達成感を欲しがるタイプではありませんので、個人的には達成感なんて必要ないのですが、私が異端なのでしょうからやはり、走り切ったと思える距離は大事です。

正確には距離でなくてもいいのでしょう。少しでも自分の心理的な壁を乗り越えたら、その旅ランは「走ってよかった」という思い出になります。今回のしまなみ海道はスタートとゴールが明確で、距離もちょうどいい。こういう場所を探すのは意外と難しく、イベント主催者の色が出るところでもあります。

Advertisement

私にとっての旅ラン理想は発見があることなので、あまりにメジャーな道ばかり選びたくはないのですが、かといって初めての道ではガイドできません。何よりもマイナーな場所では参加したい気持ちにもなりません。旅ランやるよと声をかけて「そこ走ってみたい」となってくれなければ、意味がありませんから。

しまなみ海道ランを走り終えて、松山に滞在している間に、滑川という場所に連れて行ってもらいました。それは、これまでに見たことのない景色でしたが、世の中にはまだまだそういうスポットが無数にあります。できればそういうところを走りたいものの、そういうところを走るならプレゼン能力が問われます。

今回の参加者から東海道を分割して走ろうよという話があり、確かにそれもいいのかなと思ったり。分割なら中山道もありです。東海道なら勝手知ったる道ですので、ガイドもできますし達成感もあります。なんせトータルで500kmも走るわけですから。ただメジャーすぎて自分の色を出しにくいというデメリットもあります。

すべてを満たすコースなんて存在しないことはわかっていますが、幸せの青い鳥を探し続けるのがイベント主催者ってやつです。論理的に正しくないからというだけで諦めるようなタイプは、みんなを集めて走ろうなんて思わないわけです。必ず青い鳥が見つかると信じて、理想の旅ランコースを探す。それは狂気に近いことかもしれません。

Advertisement

今回、しまなみ海道ランをして感じたのは、週末だけで参加できることの大切さです。スタートの尾道に行くのに、当日の朝に出発しても間に合うというのはすごく大切。そして、日曜日のうちに戻れることも。みんながみんな、仕事を休めるわけではありませんので。慌ただしくても土日で完結できると参加者も増えます。

参加者が増えすぎると私が大変なので、多くても20人くらいが理想です。知り合いばかりなら30人になってもいいのですが、そうなると知り合い同士で固まってしまうので、旅ランイベントの魅力のひとつである「出逢い」が薄れてしまいます。もっともそういうのは、集めてから考えることで、今はみんなが走りたくなる何かを用意すること。参加者は来るものを拒まずスタイルで続けることになるのでしょう。

あとは私の負担をどれだけ軽くするか。慣れないコースで初めましての人もいて、万里の長城マラソンの事務局を引き受けた当初と同じような疲労感が体の奥深くにあります。これはおそらく1ヶ月くらい引きずるやつです。万里の長城マラソンは「なんとかなるさ」の気持ちで向き合えるようになりましたが、旅ランイベントではまた1から構築し直しです。

とはいえ、そんな悩みがあること自体が幸せであり、誰でも経験できることではありません。「生きることは経験すること」ですので、いいことも大変なことも経験できることが豊かさです。失敗も悩みも喜びも全部含めて経験し、最期に楽しかったと思えればそれでよし。というわけで、試行錯誤しながらランイベントを続けて行くとしましょう。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事