それでも私がランニングイベントを続ける理由【コロナ禍におけるランニング】

  • 2021.04.24
  • (更新日:2021.04.23)
  • RUNNING
それでも私がランニングイベントを続ける理由【コロナ禍におけるランニング】
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

渋谷・表参道Women’s Runが開催中止になりました。都内に緊急事態宣言が出るということなので、運営としては残念な選択をするしかなかったのでしょう。1度延期しており、2度目の延期をするほどの資金もない。まさかこんなに早いタイミングで緊急事態宣言が発令されるとは思ってもみなかったのでしょう。

私もこんなに短期間で緊急事態になるなんて考えておらず、5月末には旅ランイベントを開催する予定でしたが、日帰り旅に変更しました。さすがに宿泊するというのは無理な流れですので。ランイベントは人が集まらなくても気にはしませんが、集まりにくいだろうなというのは感覚的にわかります。

みんな遊んでいるのをSNSなどにアップするのを避けています。雉も鳴かなければ撃たれないわけです。遊んでいたとしても、どこにも書き込んだりしないというのは賢明な判断です。そうなると、ランイベントみたいなものには参加しづらくなるというのは当然のこと。私は「走っているよ」を伝えたいだけ。

それはともかく、秋マラソンもこんな感じで土壇場になって開催できないということがあるのでしょう。むしろ、今の流れを考えれば収束していると判断する方がおかしく、ワクチンの接種が始まっても、これから何度も緊急事態宣言を繰り返すことのなるはずです。たまたま解除されていれば開催できますし、そうでなければ中止になります。

Advertisement

日本陸連は思い切って「数年間は市民マラソンは開催しない」と宣言してくれたら、ランナーも楽になれるのですが、日本陸連もお金がないから大会を開催しないわけにはいかないのでしょう。ただ、自分たちで決めた開催条件のハードルは想像以上に高く、開催したくてもできないのが現実。八方塞がりなわけです。

どうしてもフルマラソンを走りたい人は、手当たり次第エントリーしておく必要があります。3〜4レースにエントリーしておけば1レースくらい走れるはずです。ただそれも運次第という状況。さらにマラソン大会の参加費が上がっていることを考えると、やはり二の足を踏んでしまいます。少なくとも私は今のところ、おかやまマラソンしかフルマラソンはエントリーしていません。

とはいえ、毎月なんらかのランイベントは走っています。来月は24時間裸足チャレンジですし、再来月は白龍走です。よく考えたら裸足でしか走ってません……シューズを履いていいタイムを出せるコンディションではないので、全然いいのですが。1年かけて落とした走力を取り戻すには、どう考えたって1年はかかります。

大事なのは走り続けていることを示すこと。それを見て周りがどう思うかは分かりませんが、ほんの少しだけ「自分も走ろうかな」となるといいなという思いはあります。誰にも響かなくても、そもそもは自分のために走っているので、気にすることもありません。この状況下では、ランニングがハブとなって人が繋がることはありませんので。

Advertisement

新しい出会いが少ないのは、何もランニングの世界に限ったことではありません。この1年で「はじめまして」の人がどれだけ減ったことか。知り合いが増えればいいというわけではありませんが、新しい出会いはいつだって刺激的で、私に新しい風を送ってくれます。ランイベントを開催するのは、そういう体験を共有したいから。

私はランニングにたくさんの出会いを授けてもらいました。普通に生きていたら、きっと会うこともなかった人たちとの繋がり。同じような体験を周りの人にもしてもらいたい。それは私のエゴだとはわかっているので、強要することはありませんが、出会いの場を用意したい。ランイベントも万里の長城マラソンもそんな思いで開催しています。

万里の長城マラソンはさすがに何もできませんが、ランイベントは私の匙加減ひとつ。たとえ参加者がいなくても、私1人でも開催できます。そうすることで、また次回の開催に繋がるわけです。24時間を1人で走るというのも、きっと今は見えない未来に繋がっているはずです。動き出さないと未来は変わりませんから。

私のランナー人生もどこまで続くかはわかりません。案外簡単に終わってしまう可能性もあります。ただ走れる限りは走り続けたい。出来るだけ周りを巻き込んでいきながら。だってその方が楽しいじゃないですか。たった1度の人生ですから、難しい顔して生きるよりも、たくさん笑っていたいから。だから、私は走り続けます。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事