鶏むね肉生活を終了させる理由【欲しいのは筋肉ではなく筋力】

  • 2021.09.23
  • (更新日:2021.09.22)
  • RUNNING
鶏むね肉生活を終了させる理由【欲しいのは筋肉ではなく筋力】

1ヶ月くらい鶏むね肉を朝に100g食べる暮らしをしていました。抗酸化作用のある成分が含まれているからですが、確かに食べていると疲労感はありません。体は疲れていても「ダル重い」ということがなく、UberEatsの配達翌日でも筋トレできるなど、一定の効果を感じているので、プラシーボ効果だけでなくそれなりに効く気がします。

ただし、同時に同じく抗酸化作用のあるルイボスティーを飲む生活も始めたので、正確にはどれくらいの効果があるのかはわかりません。そして、鶏むね肉を100g食べ続けて気づいたことがひとつ。このやり方だとマッチョになってしまうということ。タンパク質をしっかりと摂って、筋トレもしてるので筋肉が付いてしまいます。当たり前のことですが、これが大きな問題。

私はマラソンを走るために筋トレをしています。体重は増やしたくないんです。体重を増やさない範囲で筋力をアップさせて、体幹を整える必要があります。それにはタンパク質は抑えた方が良さそうです。というわけで、今ある分の鶏胸肉を食べ終えたら、鶏胸肉生活を1度終わらせます。今度は逆方向に振り切って、炭水化物中心の生活にしてみるつもりです。

糖質制限ダイエットをしている人が聞いたら「あいつはアホだ」と言われかねませんが、1日15km走るか、60km以上も自転車を漕いでいるわけですから、別におかしいことではありません。普通に生活している人の基準で語られても「それで?」くらいにしか思いません。ただ、精製したものは避けておきたいところ。朝ごはんのチキンサラダを食パンに置き換えたら懐具合も良くなるのですが、普通の食パンは多分私の体には合いません。

Advertisement

だからといって全粒粉の食パンを求めるというのも違います。少なくとも鶴巻温泉で私が求めるクオリティの全粒粉食パンはないはず(食パン専門店のカフェがあったのでチェックはしておきます)。無理して探すくらいなら、チキンサラダを蒸かし芋に変えればいいのかなと。ちょうどサツマイモの季節になってきましたし、炭水化物だけでなく食物繊維も摂れます。

蒸かし芋だけを食べるかサラダにするかはこれから考えますが、朝はあまり時間がないので、とりあえずは蒸かし芋をそのまま食べる感じでしょうか。時間があればサツマイモ料理のレシピを増やすかもしれませんが。サツマイモは血糖値が上がりにくいので、仕事が詰まっている午前中でも眠くなったりしないという効果も期待できます。まずは試してみることです。

問題は昼ごはんというか夕ごはん(1日2食で15時に食べてます)。この時のタンパク質をどこまで減らせるか。流石にご飯と味噌汁だけというわけにもいきません。でも、筋肉量を落とすのにタンパク質は朝ごはんのヨーグルトだけにしたいところ。外食をしたら、お肉や魚を避けるのは難しいですし、自宅の食事くらいは気を遣いたいところです。お腹に溜まる炭水化物でごはんに合うもの。

そんなものがあるとは思えませんが、魚でもいいかなと思ったり。タンパク質を減らすというよりは、古くからに日本の食事に近づけてみたいだけなので、鰯とか鮭とかでいいかもしれません。ご飯の量を増やすという考え方もあります。ふりかけやお漬物でも用意して1回に1合食べる。そちらの方が無理なく続けられそうです。明日からやってみるとしましょう。

Advertisement

もうひとつ考えていることがあります。それはよく噛んで食べるということ。私はどちらかと言うとすぐに飲み込むタイプ。でも、よく噛むことによって、体内で発酵して酵素になったりするんじゃないかと仮説を立てています。根拠はないですが、小さい頃には「よく噛んで食べなさい」と言われていましたし、あれって日本の大切な言い伝えなんじゃないかと。いつの間にかそれをやめていましたが、少なくとも吸収はしやすくなるわけです。

栄養を考えたとき、お肉や野菜にどのような栄養成分が含まれているかばかり注目されがちですが、それと同じくらい体内での変化も大切なのではないかなと。エビデンスも根拠もありません。ただ「よく噛んで」という言葉が急に私を支配して、そして食べたものによって腸の能力が変わることも分かっています。吸収しにくい状態で腸に届けるよりは噛み砕いて届けたほうが良いに決まっています。

私たちの奥歯がなぜ平らなのかを考えれば、しっかりとすりつぶす必要性が見えてきます。私たちの体はすべて意味があってこの形をしています。しっかり噛んで食べることが、私たちの体に良いのは歯の形からも明らかで、それによって腸になんらかの変化を起こさせることができるのではないか。腸内細菌の種類で長距離のタイムが変わることもわかっていますし、決して無意味ではないはず。

鶏胸肉もやってみたから合わないことがわかりました。炭水化物多めの食事もやってみないと見えないことが多々あります。だからテストしてみればいいのかなと思っています。食べて、それだけ走ればいいだけですから。最初は太るとは思いますが、1ヶ月後にはなんらかの変化が起きているはず。その時になんらかの報告をします。私の考え方が正しければ1キロくらい体重が落ちるはず。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事