ワクチン接種やPCR検査が必須の大会には出場しないというスタンス【ぐんまマラソン】

  • 2021.09.27
  • (更新日:2021.09.26)
  • RUNNING
ワクチン接種やPCR検査が必須の大会には出場しないというスタンス【ぐんまマラソン】

ぐんまマラソンがワクチン接種済み、もしくはPCR検査で陰性だったことを条件に開催する方向で話が進んでいるようです。まずはエントリーした人のワクチン接種率などを調査するとのことですが、もしそのような条件になるなら参加しないという判断をするかもしれません。私のスタンスは「そこまでしてマラソン大会をやる必要はない」ですので。

ワクチンは未接種なので(なんならぐんまマラソンを走るために未接種なんですが)、PCR検査を受けて陰性になればいいだけなのですが、面倒じゃないですか。検査だって無料ではないでしょうし、検査を受けに行かなくてはいけません。万が一陽性だったらどうするかとか、考えると面倒なことばかり。そこまでして走りたいかというとそうでもなく、仮に参加費が返ってこなくても構わないかなと。

大会側が安全を考えて、このような条件を設定したくなる気持ちはわかります。でも、条件を後出しするのはよろしくない。東京マラソンや湘南国際マラソンを参考にしたのかもしれませんが、すでにエントリーを行なっているのであれば、その条件でやるかやらないかだけ。それが契約というもので、条件を変えるというのは将来に渡っての信頼を失う行為だと考えています。

これが成り立つなら、この先どのような条件変更も許されることになります。例えば「ボランティアの安全のためにハーフマラソンに変更する」ということもできます。もちろん、コロナ対策が必要だということは理解しています。ただ「先に言っておけ」とは思うわけです。申し込みの時には、そのことをまったく想定していなかったということ。その見通しの甘さは、きっと大会そのものにも見え隠れするはず。

Advertisement

これ以上は大会を批判している感じが強くなるので止めておきましょう。とにかく、私は参加しない前提で今後の方向性や着地点を見ていこうかなと。どうにかして走りたいという気持ちはそこまで強くありませんので、浮いた宿代と交通費で島原か平戸にでも行ってこようかと(完全に予算オーバーですが)。繰り返しますが、そこまでしなきゃ走れないなら開催しなくてもいいんじゃない?というのが私のスタンスです。

そこまでして開催しなくてもと思う理由はいくつかありますが、今回のケースではワクチンによる血栓発生リスクがあるということ。後出しで「ワクチンが必要」と言われたら、慌てて打つ人もいるでしょう。下手したら大会前日に2本目を打つなんてこともあり得ます。その場合のリスクは決して小さなものではありません。まとまった数の参加者がいて負荷の高いマラソンをする。1人くらい倒れてもおかしくありません。

実際にワクチンを打ってから7日は激しい運動をしないようにというガイドラインを設けている国もあります。別に脅しているわけではありません。このリスクに対してどう対応するかは個人の自由。私のようなフリーランスは生活の保障がありませんので、どんな小さなリスクも可能な限り排除しなくてはいけません。もちろんコロナに感染するリスクもあるので、ワクチンを接種するというのもリスク回避のためにするつもりです。

コロナに感染しないためにワクチンを打つ(リスク回避その1)。血栓のリスクを回避するために接種後1週間は激しい運動をしない(リスク回避その2)。これが私の考え方。だから私基準で考えると、マラソン大会がワクチン接種を条件にするなら「開催1週間までに接種」と「開催直前1週間での接種はNG」という条件をつけることになります。でも現実的ではないので、結局のところ「そこまでするなら」中止するしかないわけです。

Advertisement

湘南国際マラソンは最初からワクチン接種とPCR検査を必須としていますし、東京マラソンもPCR検査をする可能性があることを明記していました。どちらも後出しにならないのですが、東京マラソンはそれでも入金しなかった人が一定数いました。そこまでして走りたくないと考えたわけです。かなりの費用も発生しますし。それが完全な後出しのぐんまマラソンですればどうなるか、容易に想像付きます。

そもそも検査費用を誰が負担するのか、陽性になったときの対処をどうすればいいのかなど、まだ見えていない部分が多いので、あれこれ言うのにはまだ早すぎるのですが、旗色くらいは示しておこうかなと。ぐんまマラソンに限らず、ワクチン接種もしくはPCR検査を必要とする大会には参加しません。これは私の旗の色。別にこの旗の下に集まってほしいわけではありません。

そしてその条件で開催することを否定もしません。それぞれに立場というものがあり、見えている景色も違いますので、外野がどうこう言う話でもありません。賛同するかどうかというだけの話で、賛同できない条件を出されたらどの大会も走らない。それだけのことです。個人的に大切なことは、その軸をブレさせないということ。マラソン大会はもっと世の中が落ち着いてから参加すればいいだけのことです。

愛媛マラソンがその条件を出してきたら悩みそうですけどね。色々理由をつけて走ってしまう気もします。愛媛マラソンは特別なので。私の信念なんてその程度のものなので、これを読んだ人も「そうだ、いまマラソン大会を走る必要はない」なんて思わずに、この状況下でその大会を走りたいかどうかだけを基準にしてください。私は他の人の人生に責任を持つことはできませんし、するつもりもありません。後で恨まれたくもないので、きちんと自分で判断してください。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事