和倉温泉ダブルフルマラソン1日目【粘りきれずに30kmで終了】

  • 2021.10.10
  • (更新日:2021.10.09)
  • RUNNING
和倉温泉ダブルフルマラソン1日目【粘りきれずに30kmで終了】

能登に来ています。いろいろ説明するのは大変なのですが、能登を走っています。年末年始の東西対抗東海道53次ウルトラマンのサポートをしてくれている会社が和倉温泉でスタンプラリーをしていて、それを使ってランニングをしてみようということで。本来ならバイクで巡るイベントなんですが。

当初の計画では2日間で40kmちょとずつ。なのでダブルと命名しましたが。結論からすれば初日は30kmで終了。思った以上にハードなコースだったのと一緒に走ったラン仲間と2人で夜行バスだったのもあって、思った以上に走れない状態で、今日のスタンプラリーノルマをクリアしたところで電車に乗って移動。

30kmで終了です。初日の最低限のノルマをこなしたのでまぁいいかなと。ただ、旅ランとしては過去最高かもしれません。スタンプラリーのチェックポイントになっている場所が、とにかくこれまで自分が知らなかった歴史を学ぶきっかけになりましたし、日本人なのにその歴史を知らなかったことを恥じる。

この国にはいったいどれだけの歴史があるのでしょう。今回のように知らずに行った場所で、自分が知らなかったことに出会えるのは旅ランの醍醐味ですが「この歴史を知らなかったことを恥じる」と感じることが多々あります。少し前に行ったあまくさもそうですね。島原の乱について語れる日本人はどれくらいいるのでしょう。

Advertisement

語れるべきだと言っているのではなく、これが今の日本の実情。過去にこの国でどのような歴史があったのかを私たちは十分に学んでいないわけです。でも、学校で教えられることには限界があります。だからこそ大人になってから学ぶことが大事なのですが、それでもすべてを知れるわけではありません。

今回は金沢経由で七尾に行き、初日は七尾周辺を走りました。今日は和倉温泉と能登島を走ります。見るものすべてが新鮮で、そしてそこで暮らしている人がいる。そして過去の歴史がある。それだけで私はこれ以上なく満たされるわけです。まだ半日しか過ごしていませんが、来てよかったと確信しています。

どれくらいの人が和倉温泉や七尾と相性がいいのかはわかりませんが、少なくとも来て失敗だったと感じることはないはずです。なぜなら食べ物が抜群に美味しいから。詳しいレポートはRUNNING STREET 365で紹介しますが、とにかく何を食べても美味しいですし、どのお店も楽しい。

地元の人は穏やかだし、旅行でやってくる人も同じような空気感の人が多くて楽しいわけです。そういう人たちとの交流がとにかく楽しい。走ってスタンプラリーのポイントを巡って、新しい発見があり、居酒屋や食事処で一期一会の出会いがある。これ以上何を望むというのでしょう。

Advertisement

このブログでも戻ってから細かなまとめを書きますが、私はやっぱり旅が好き。神様がもたらしてくれる旅での巡り合わせがとにかく楽しい。これがあるから旅ランはやめられません。そして和倉温泉のスタンプラリーはその旅ランに適しているのは間違いありません。

スタンプラリーは11月末までですが、11月後半になれば紅葉の季節になり、おそらく私が目にした光景よりもさらに美しい景色が広がっているはずです。これを知らないまま人生を過ごすのは、大いなる損失です。初日は七尾でしたが、きっと今日走ることで、その思いは強くなるはず。

ランニングはきつかったのですが、疲労感がありながらも開放感があります。ずっと山の中を走っていたのでデトックスされたのかもしれません。そういうコースも一期一会。もちろんまた走りたいなと思うものの、今回のような強烈な出会いがあると、他にもこういう場所があるのではないかという気持ちになります。

だとしたらそこも巡ってみたい。もちろん七尾にもまた来ることになるはずです。今回はあくまでも導入でしかありません。ここから自分なりの旅ランに仕上げていく。もっと詳しく歴史に触れて、その土地を好きになっていく。まだ半日ですが、これはきっと運命だと思っています。能登は私が思っている以上に魅力的な地域でです。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事