僕らに必要なのは炭水化物だ!【糖質で太るなら、それは練習量が足りていない】

  • 2021.10.19
  • (更新日:2021.10.18)
  • RUNNING
僕らに必要なのは炭水化物だ!【糖質で太るなら、それは練習量が足りていない】

炭水化物を多めに摂るようにしてから、着実に体重が落ちできました。糖質制限をしている人からしたら嘘みたいな話かも知れませんが、今回の食生活の切り替えで私なりにはっきりしたのは「糖質(炭水化物)を摂って太るのは練習不足」ということです。糖質が太るのは体内に貯蔵されるときに、水分も一緒に貯め込むため。だから糖質を抜けば水分も減って痩せるというわけです。

でも、そもそも糖質がそんなにも貯まっているのは練習によるカロリー消費が少ないから。きちんと走っていれば糖質で体重が増える量などたかが知れています。もちろん、これはランナーに関しての話であって、運動をしない人の糖質制限は関係ありません。そんなものは好きにすればいいと思うだけ。ただ、ランナーの糖質制限は人間の体の作りからして成立しないんじゃないかなと。

糖質制限をする人は「体脂肪で走れる」と言います。それは否定しません。テクテクのんびり走るなら、体脂肪は最高のエネルギーになります。でも、フルマラソンで自分の限界を越えようとしている人が「体脂肪で走れる」というのなら、もう少し勉強した方がいいです。なぜツールドフランスを走る人たちは塩味のパスタしか食べないのか。

もし太るのが嫌で糖質制限をしているなら、それよりも体脂肪を落としたほうが賢明です。フルマラソンを体脂肪だけで走るとしても、必要な脂肪の量なんて僅かなもの。何キログラムも付いている脂肪のほとんどは無駄ですし、それこそ錘を付けて走っているようなもの。ランナーが削り落とすべきなのは糖質ではなく体脂肪です。

Advertisement

体脂肪を落としたら免疫力が下がるじゃないかという反論に対しては、これまでも何度も説明してきました。この世の中に、体脂肪を減らしたら免疫力が下がるなんてエビデンスはどこにもありません。体脂肪が落ちるような負荷の高いトレーニングをするから免疫力が落ちているだけで、体脂肪そのものと免疫力には直接的な関係はありません。好きなだけ落としてください。腕枕したら骨が痛いって言われるくらいの不便さはありますが。

ランナーに必要なのは、バランスの良い食事ではありません。とにかく糖質(炭水化物)で、これがないことには練習量を増やせません。そしてフルマラソンを走り切るためのトレーニングを積んでいるときには、糖質をお腹いっぱい食べても太りません。食べた炭水化物はすべてトレーニングで使い切るわけですから。もし太ったなら、それは練習不足です。

繰り返しになりますが、これはフルマラソンで自己ベスト更新を狙うための考え方であり、健康になる考え方とは違います。むしろ不健康になっていく考え方であり、本気でマラソンと向き合うのでなければ、おすすめしません。何としてでも過去の自分を超えたいと本気で思うなら「米を食え」です。それもできれば玄米を。パスタでも良いのですが、日本人は米で育ってきたので、論理的に考えて米のほうが適しています。

もちろん個人差はあります。パスタの方が好きなら全粒粉のパスタを選んでください。炭水化物を摂取しながらも、腸内環境を整えることも大切。そのためには食物繊維が有効ですので、玄米か全粒粉パスタ、全粒粉パンという選択肢になります。お米をお勧めするのは味噌汁に合うから。味噌汁は塩分が多いので、トレーニングで失ったミネラルを補給できます。そして必要最低限のタンパク質も。

Advertisement

タンパク質は体づくりをするときには有効ですが、私のように筋肉が付きやすいタイプが体を絞りたいときには、出来るだけ取らない方がいい。リカバリーが遅れるので、別に抗酸化物質になる食材を摂らなくてはいけませんが、そんなものはいくらでもあるので、そこまで気にする必要はありません。とにかく絞りたいときにタンパク質は不要。少なくとも私の場合は。

逆に筋トレをしっかりして体を作るときにはタンパク質が必要です。私の場合は専門のトレーナーが付くわけではないので、走るのに必要な筋肉を鍛えるときに、走るのに必要ない筋肉まで一緒に鍛えてしまいます。専門家が付いていれば、必要な筋肉だけに働きかけることもできるのかもしれませんが、私はまずは大雑把に周辺の筋肉もまとめて強化し、そこから不要な筋肉を落としていくようにしています。

それほど難しいことではありません。走っていれば必要な筋肉が残り、不要な筋肉は落ちていきます。ただ、落とすためにはタンパク質の量を減らさなくてはいけません。今の私がまさにその状態。タンパク質を減らしたら2.5kg以上も体重が落ちています。もちろん体脂肪も落ちていますが、不要な筋肉が落ちたことが最も影響しています。走りもこの数週間で随分と安定してきました。

他のランナーさんが何を食べようと、どんな方針で食生活を送ろうと、私がとやかく言うことではありませんが、未だに糖質制限なんてしているランナーが少なくない状況があり、「そろそろやめたら?」と提言しておこうかなと。いえ、やめなくてもいいですよ、それで自分のポテンシャルを100%引き出せるなら。いや、他の人がポテンシャルを発揮できなくても私は1ミリも困らないので、別にどうでもいいのですが。大事なのは自分がどうするかということ以外ありませんから。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時(2022年1月からは水曜日19時〜)
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事