GO TO 第59回愛媛マラソン【#11 愛媛マラソンの目標を上方修正】

  • 2021.11.17
  • (更新日:2021.11.16)
  • RUNNING
GO TO 第59回愛媛マラソン【#11 愛媛マラソンの目標を上方修正】

ぐんまマラソンで愛媛マラソンの目標であるサブ3.5を達成してしまうという凡ミス。いや、ミスというかそこまで回復しているのは想定外で、こうなると愛媛マラソンの目標をサブ3.5にするのは面白くありません。もう少しハードルを上げておかないと、練習の質も上がりません。

そこで愛媛マラソンの目標を2年前の記録、3時間12分16秒(ネットタイム)に設定します。これは逆に無謀な目標ではありますが、3時間20分や3時間15分を目標にしても、どことなく気持ち悪いじゃないですか。体力を元に戻すことがとりあえずの到着点ですので、じゃあ2年前の記録というのがいい落とし所。

ただしシューズはアディゼロ アディオスプロじゃないシューズを履く予定です。まだここでは書けないシューズのテストをしており、倉敷はそれを履いて走りましたが、思った以上にいい出来だったので、ネタ的にもシリアスに走る愛媛マラソンがちょうどいいかなと。

私の場合は「何を履いても一緒でしょ?」と言われるくらい、どんなシューズでもそこそこ走れます。シューズのポテンシャルを引き出せば、大抵のシューズはそれなりに走れてしまうので。でもやっぱりアディゼロ アディオスプロやナイキのヴェイパーフライは速く走れます。キロ10〜20秒は違います。

Advertisement

だから愛媛マラソンで2年前の記録を抜いたところで、アディゼロ アディオスプロを履いたのなら「当然」のことになります。本来ならサブ3を狙うと豪語すべきところ。そういうことをしないのが、私の魅力のなさなのですが、できないことはしないのがマイルール。手が届かないところに実った桃を、無理して取る必要はありません。

では愛媛マラソンで3時間12分16秒を出すには何が必要か。このタイムで走るには、キロ4分30秒で走り続ける必要があります。スピードはそれほど問題ありません。問題は耐えられる足になっているかどうか。それに関しては倉敷を走ったことで、少しだけリカバリーした気がします。速さはないもののLSDになった感じがあります。

昨日は軽く体を動かすために10km程度のジョグをしましたが、意識しなくてもキロ5分30秒のペースにまで上がりました。疲労が残っているはずなのに、このペースが出るのは何かを取り戻したから。12月にもあと2〜3本長い距離を走れたら、きっとキロ4分30秒を維持して42km走れるはずです。

ちょっとここ数週間ほど慌ただしく過ごしてきたので、自律神経が乱れている感じがあるので、そこだけが不安要素。マラソンは心身ともに健康な状態じゃないと結果が出ません。まだいくつか解決していない課題もありますし、ここは少し踏ん張りどころ。ただ睡眠時間だけはしっかり確保します。

Advertisement

体重はやや減っていたのですが、6日間の旅で一旦リセットです。旅はこれがあるから困りもの。美味しいから食べてしまうわけですが、当然太るに決まっています。100km以上走ってるのに太る仕組みの解明は、最新のコンピュータで導き出す必要があります。きっと多くのウルトラランナーがこの問題に苦慮しているはずです。

前回、天草に行って増えた2kgはなかなか落とせずに尾を引きました。今回もそれだと困ります。今日からの伊豆旅を終えたら食事もしっかり管理しましょう。11月中に53kgの前半まで戻しておきたいところ。マラソンは練習も大事ですが、結局のところ体重です。51kg台にまで落とせば3時間12分16秒はきっと余裕。

逆に55kg台になっていたら、サブ3.5も怪しいところ。筋力も筋持久力もそれなりの状態にまで戻っていますが、体重がそれらを簡単に覆します。ただ食べないことには質の高い練習もできませんし、仕事にも影響が出ます。無理ない範囲でコツコツと落としていくとしましょう。

3時間30分でよかったのに、ぐんまマラソンで走れてしまったがために目標を上方修正。正直ヤレヤレな気分です。2年かけて元に戻ればいいと思っていたのに、これだと2023年の愛媛マラソンでは、またサブ3狙いをしなくてはいけなくなりそうです。まぁ追い込むのは好きだからいいんですけどね。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週土曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週土曜日午前8時30分〜10時(2022年1月からは水曜日19時〜)
場所:日比谷公園
参加費:2,000円
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事