休むこと、鍛えること【走り続けるために休息も必要なのか】

  • 2022.01.30
  • (更新日:2022.01.29)
  • RUNNING
休むこと、鍛えること【走り続けるために休息も必要なのか】

実家に来てまだ1回も走っていません。何なら散歩を1回しただけ。想定以上に仕事に追われてしまい、とても島ランなんてしている状況でもなく。それでもこの調子でいけば、なんとか1日は走れそうなので、お遍路を走ってみようかと。

休んでいると調子がいいですね。骨も少しはくっついてくれたでしょうか。指を押しても痛みは少ししかありません(少しはあります)。本当ならこのままノーランで過ごすのが正解なのでしょうが、私の場合は走るのも仕事みたいなところがありまして。

今回1日でも走りたいのはシューズレビューのため。愛媛に向かう2日前にアディダスさんからシューズを2足いただきまして、そのレビューのために20kmくらい走りたいんです。LSD用のシューズなので10kmではダメなんです。そのために島ランをしたいなと。

でもLSDならお遍路のほうがしっくりくるんじゃないかと。お遍路は1200kmとか1400kmありますから、LSDのイメージにぴったりです。我ながらいいアイデア。写真を撮りながらの20kmで、寄り道もしたら5時間くらいでしょうか。いい写真が撮れたらこちらにもアップします。

Advertisement

ここまで数日走っていないわけで、体は重たいですが足へのダメージはほぼゼロ。走り出したら、思ったよりもスピードが出そうですが、スピードを出したら前回の二の舞いです。前回は伊豆で2日連続20kmを走り回ったのが最初の失敗。そして20kmのペース走りがとどめ。

今回は骨折した足を抱えているわけですが、きっと骨が折れていなくても、これまでの普通の練習量は体に負担をかけていたのでしょう。筋肉痛として現れている疲労以外のもっと見えにくい疲労。体の酸化とかそういう蝕まれていく感じ。

でもやっぱりスポ根世代なので、やっただけ結果が出ると思ってしまうタイプでもあります。そして長い距離を走るのが好きということもあります。ずっと走っていたいんですよね、前世はもしかしたら回遊魚だったのかもしれません。留まるのが苦手。

上手く休むというのは私にとっては永遠のテーマなのかもしれません。フリーランスになってから「今日は休み」とか言いながら、やれることはやっておこうといって、何らかの仕事をしてしまいます。そして気がつけば夕方で、見ようと思っていた動画も見れず。

Advertisement

このまま休めないタイプの人間として生きていくのか、それともどこかで折り合いをつけるのか。自分でも未来のことはわかりませんが、きっと休めないタイプの人間として生きていくんでしょうね。休みは年金をもらえるようになってから考えるとしましょう。

ただランニングに関しては、最適解を導きたいという思いはあります。毎日追い込む練習をするのはNGということはさすがに今の私でもわかります。でも自宅で仕事をしている以上、健康維持のために毎日いくらかの距離は走る必要はあります。

そうなると疲労はゆっくりと蓄積されるわけでして。これも上手く折り合いを付けなくてはいけません。1日走らない日を作って、その日は仕事もせずに旅に出かける。それくらいの劇的な変化をしないと、走ることも働くことも止めそうにありません。

今のペースで2022年の仕事が続くなら、毎月数日旅に出かけるくらいのことは出来そうなんですけど、コロナ禍というのはそこそこ厄介です。でもどう転ぶにしても、そろそろ流れは変わるのかなと思うので、2月はどこか旅に出かけるとしましょう。

RUNWAY練習会開催中

効率のいい体の使い方を中心とした練習会を毎週水曜日に日比谷で開催しています。記録が伸び悩んでいる人や、ケガをしにくい走り方を身に着けたいという人のための筋トレ&走り方講座中心のトレーニングを行っています。

日時:毎週水曜日19時〜20時30分
場所:日比谷公園
参加費:2,000円(第1・3水曜日は無料)
申込:こちら

RUNNINGカテゴリの最新記事